Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2017.07.29

AMERICAN BOOKS カリフォルニアを巡る物語
【Vol.32】『青鉛筆の女』×LAダウンタウン

時は2014年のカリフォルニア。解体予定の家の屋根裏から発見された、推理小説と編集者からの手紙、そして手書きの原稿用紙。それら3つは太平洋戦争が開戦し、反日感情が高まるさなかに残されたものだった。そして、その3つの断片が絶妙に絡み合い、ストーリーが展開していく。作家デビューを望…

時は2014年のカリフォルニア。解体予定の家の屋根裏から発見された、推理小説と編集者からの手紙、そして手書きの原稿用紙。それら3つは太平洋戦争が開戦し、反日感情が高まるさなかに残されたものだった。そして、その3つの断片が絶妙に絡み合い、ストーリーが展開していく。作家デビューを望んだ青年の姿から見える、当時の日系人たちの悲しみ。驚愕の結末とともに、歴史の重みも網羅したミステリーだ。必読の1冊。

西海岸の史実をもとにした日系人の悲劇は巧みなプロットが出色の絶品ミステリー!


1941年12月7日、日系アメリカ人のサム・スミダがLAダウンタウンで映画を観ていると、突然映画館の灯りが落ちる。しばらくして再開された映画は全く別ものとなり、不審に思って外に出ると、世界は翌年の1月22日に変わっている。これはどうしたことか?

この小説には3つの物語の流れがあり、スミダの物語はそのひとつである。これは日系アメリカ人の新人作家、タクミ・サトーが書いている推理小説。それがNYの出版社によって出版されることになるのだが、その直後に真珠湾攻撃が起こり、日本はアメリカの敵となる。そのため編集者は日系人の物語を世に出すのは好ましくないと考え、サトーに主人公と著者名の変更を提案する。第二の流れはこの編集者がサトーに対して修正を指示する一連の手紙だ。そして第三の流れは、サトーが編集者の指示に従い、白人の名前で書いたスパイ小説である。この3つの流れが相互に影響し合いながら進んで行く本書は、知的スリルに富んでいる。

最初に構想された物語は、妻キョーコを殺されたスミダが犯人を突き止める話だった。ところがその話がボツにされ、サトーは朝鮮系のFBI捜査官、ジミー・パークが邪悪な日本人スパイ組織と戦う物語への変更を強いられる。第一の流れは、物語世界から唐突に弾き出された主人公の物語なのだ。時代が突如として真珠湾攻撃の後になり、スミダは周囲が敵意を剥き出しにしてくることに驚愕する。しかも、自分やキョーコが存在している(していた)証拠さえなくなっている。行き場をなくしたスミダは、手がかりを求めてLAのリトル・トーキョーを訪ねる。「ほかの二世たちとサケを飲んではおもしろおかしく英語と日本語をちゃんぽんにして冗談を言い合った」ところで、「あの界隈ではいまだにどこを見ても彼女の存在が」感じられるのだ(P156)。

こうした調査の結果、スミダはキョーコが日系人スパイ組織の殺し屋としてまだ生きていることを知る。これはつまり、サトーが物語の変更を余儀なくされ、キョーコをジミー・パークの物語で使ったため、スミダが登場する物語も変わってしまったことを意味する。キョーコがロングビーチの遊園地に潜んでいることを突き止め、スミダはそこに向かう。ジミー・パークの物語でも、パークが彼女を追ってこの遊園地に来る。客たちの喧騒と花火の騒音のなか、3人は対決する・・・・・・。

差し挟まれる編集者の手紙から、読者は作者のサトーが不本意ながら修正を受け入れていることを知る。編集者は利益優先で、ときには嘘までつき、相手の人格を無視した要求を続ける。唐突に世界から追放されたスミダの物語は、作者サトーのやるせない思いの反映なのだ。サトーはその後、マンザナー強制収容所に送られ、さらに日系人部隊に志願して、ヨーロッパ戦線に送られる。極上の娯楽小説でありながら、時代に翻弄された日系人の悲劇が浮かび上がる作品だ

Information

●『青鉛筆の女』
ゴードン・マカルパイン著 古賀弥生 訳 創元推理文庫 1000円

雑誌Safari9月号 P239掲載

文=上岡伸雄 text : Nobuo Kamioka
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
PR
2019.04.19 NEW

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ