Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.09.01


『ハツカネズミと人間』×サリナス

舞台は1930年代、大恐慌時代のカリフォルニア。自分たちの農場を持つ夢を追う2人の労働者が個性的な人物たちと出会い、物語は動き出す。ひょんなことから夢は現実味を増すのだが、夢の実現を目前にした彼らを悲劇が襲う……。誰もが憧れる黄金の大地を舞台に困窮する主人公たち。だが、彼らの美しい友情とたくましさは、過酷な現実の中でよりいっそう際立ち永遠に輝き続ける。まるで黄金の大地のように。必読の名作だ!


カリフォルニアの過酷な時代を舞台に
文豪の温かい眼差しが光る永遠の名作!


冒頭は、「緑色をして深く流れている」サリナス川の描写ではじまるが、その後も登場するのはスズカケ、ヤナギ、トカゲ、ウサギ、アライグマといった動植物。この連載でこれまで紹介してきたカリフォルニアのアイコンである、気前のいいビキニを着たブロンド美女も、気取った物言いのハードボイルド探偵も、サングラスもドラッグもマリファナも、冷えたビールさえも出てこない。 

本作の舞台は、カリフォルニア州中部にあるサリナス近郊の街、ソルダード。なかでも、ほの暗い淵の茂み、蹄鉄投げしか楽しみがない農場、馬屋の小さな差し掛け小屋が主なロケーション。作者ジョン・スタインベックの、土と草と汗の臭いがページに染みつくかのような筆致は、ピューリッツァー賞を受賞した次作『怒りの葡萄』と共通する世界観だ。

主な登場人物は、世界大恐慌下のアメリカで職を求めて彷徨う季節労働者のジョージとレニー。「小柄で機敏、顔が浅黒く、ぬけ目のない目をして」いるジョージと「これと正反対の大男で、顔にしまりがなく、大きな薄青い目と幅広いなで肩をしている」レニー。「いろんな色のウサギを飼おうね、ジョージ」「赤や青や緑のウサギをな、レニー」「毛のふさふさしたのをな、ジョージ」「ああ、毛のふさふさしたのをな」「おら、どこかさ行っちまったって、いいんだよ、ジョージ」「地獄へ行っちまったっていいよ。さあ、もう黙れ」

こんな序盤の2人の掛け合いは、西海岸の弥次喜多と呼びたくなる雰囲気だ。2人は農場で、働き者のラバ使いのスリム、ボスの息子の元ボクサー・カーリーと美しいその新妻らと出会う。多額の貯金を持つ孤独な老人キャンディとは「小さな土地を持つ」という共通の夢を抱くことになり、物語は動き出す。

ジョージは語る。「そこは十エーカー(中略)小さな風車がある。そこに小さな家がたち、ニワトリ小屋もある。炊事場も果樹園もある」

レニーも続ける。「おれたち、土地のくれるいちばんいいものを食って、暮らせる」

そしてキャンディが総括する。「みんな土地を欲しがっているさ。多くでなく、わずかでいいから、だれもが土地を欲しがっている。(中略)だれからも追い出されないところをな」

この主張こそが当時のアメリカンドリームなのではないか。当時、働くことは死ぬことと生きることに直結していた。希望と諦念はコインの裏表。彼らの渇望する「すてきなもの」の正体とは?

そして、ささやかな夢を実現できるのだろうか? スタインベック自身が戯曲化した『二十日鼠と人間』が今秋、三宅健主演で舞台公演が開催される。ジョージとレニーの切なく儚く愛おしい旅がどう再現されるのか非常に興味深い。

Information

●『ハツカネズミと人間』
ジョン・スタインベック 著 大浦暁生 訳 新潮社 430円

雑誌Safari』10月号 P215掲載

文=竹田聡一郎 text : Soichiro Takeda

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!
SPONSORED
2019.07.26

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!
大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!

もうひととおりのデニムは持っていて新たにどんなデニムを買っていいかわからない。似たり寄ったりのデニムではもうトキメキがない。そんな人でもナットクできる、ちょっと“ワザあり”の〈ディーゼル〉の新作デニムをピックアップ。といっても、やりすぎの…

TAGS:   Fashion Denim
手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!
SPONSORED
2019.07.25

手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!
王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!

ほかにはない唯一無二のオリジナリティと革新的な技術、そしてファッション性を兼ね備えた〈ウブロ〉は、時計愛好家ばかりでなく、アクティブな男たちの心を捉えて離さない。スポーティでいて、ラグジュアリー。その魅力はいつものアメカジを格上げするとと…

TAGS:   Watches
プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!
SPONSORED
2019.07.25

プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!
自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!

大自然から発想を得たデザインと、都会でも自然の中でも活躍する機能性。この2つをうまく融合させたアイテムを展開する〈ロエベ〉のライフスタイルライン“アイ/ロエベ/ネイチャー”。その魅力を伝えるべく今回登場してくれたのはプロサーファーの市東重…

TAGS:   Fashion
さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!
SPONSORED
2019.07.25

さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!
街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!

ダイバーズウォッチのハイスペックに、ラグジュアリーなスタイルを併せ持つ。それが“クロノオフショア1”だ。海での実力はもちろんのこと、街でもそれを持て余すどころか、むしろ秘めたポテンシャルがスタイリッシュに映る。“街ダイバーズ”は、まさに海…

TAGS:   Watches
オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!
SPONSORED
2019.07.25

オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!
遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!

昼も夜もオフの日は本気で遊ぶのが、アクティブな大人の信条。となれば、手元のお洒落もそのときどきに合った印象に着替えたくなるはず。そこで頼りになるのが、ナイロンと革のバンドを簡単に付け替えられる〈トゥルーム〉時計だ。どちらも素材や仕立てにこ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!
SPONSORED
2019.07.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03
心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!

セレブたちのライフスタイルに憧れを抱くのは、決して贅沢な旅をしているからではないと思う。おそらくそれは、彼らが人生も旅も自分らしく自由にゆとりを持って楽しんでいるからなのだ。そんな“自分らしさ”を大切にしたバカンスに共感し、実現したいと思…

TAGS:   Lifestyle
オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!
SPONSORED
2019.07.25

オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!
“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!

週末は大好きな趣味を存分に楽しむ。そんなリフレッシュ上手な大人が増えている。でももっと手軽にシーンを選ばずリフレッシュできたら、いいと思わない? 炭酸がほどよく効いた爽快な飲み口と、高麗人参をはじめとした栄養成分を配合した〈タフマン リフ…

TAGS:   Gourmet
最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!
SPONSORED
2019.07.25

最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?
サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!

海外のビーチリゾートにも憧れるが、もっとお手軽に夏を楽しむことはできる。たとえば愛車の四駆を駆って、ただひたすら、いい波を探しに行くサーフトリップもそのひとつ。目的地も宿の予定も、すべては波まかせ。海好き男なら誰もが羨む、そんな旅の相棒は…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ