Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.11.15

ドライブは楽し! Vol.41
最先端を行けばクルマも“ボーダーレス”になる!?

電動化、自動運転……。クルマの進化が止まらない。となると、もはやクルマのジャンルすら意味を持たなくなってくる!? 進化した〈アウディ〉はついにここまで来た!


[アウディ A7 スポーツバック]
AUDI A7 SPORTBACK


ステレオタイプという言葉がある。「一般的にいわれている」ことや、「社会通念的な概念」をたとえる言い方だ。ときとしてネガティブに使われることがあり、流行りの歌の歌詞にもよく見受けられる。面白いのは、この言葉とオーディオのステレオは関係ないということ。個人的にずっとスピーカーから流れるステレオサウンドに関する言葉だと思っていたが、どうやらそうではないらしい。どうもこの場合のステレオは印刷技法に関することらしいのだ。詳細はここでは省くので、興味のある方はこれを機会に是非ググってみてはどうだろう。


それはともかく、自動車業界もまたステレオタイプには物事が進まなくなってきた。昔は4ドアといえばセダンだし、2ドアといえばクーペやオープンカーを指していた。が、今4ドアで思い浮かべるのはSUVもあればミニバンもある。ドアの枚数だけではクルマのジャンルを計れなくなってきたのだ。


今回スポットを当てる〈アウディ〉A7スポーツバックもそう。ボディタイプはまさに4ドアクーペ。2ドアに負けないくらいシュッとしたスタイリングをしている。この新型は2010年にリリースされた初代からのフルモデルチェンジになる。特徴はやはりそのデザインで、先代で好評だったフォルムをそのままに細部を徹底的に見直した。一見して違いがわかるのはテールエンドで、シェパード犬にたとえられた低いテールを33㎜だけ上げ、ルーフラインからの流れをなだらかにしている。従来のモデルもあれはあれでいいのだが、今となっては少しクラシックにすら思える。


全体的にはキープコンセプトながら新型はプラットフォームが最新のものに変わっているのも見逃せない。A8、A4、Q5、Q7にも使われるMLB evo(エム・エル・ビー・エヴォ)と呼ばれるのがソレだ。軽量かつ高剛性で、様々なタイプのクアトロシステムが使える。

A7 スポーツバックのエンジンは3リッターV6ターボのみで、最高出力は340psを発揮。で、ここで注目したいのがグレード名。A7 スポーツバックの後に55TFSIクアトロ云々と続く。ではなぜ“55”という数字がつくのかというと、今後排気量のない電気自動車に対応するため。EVもこういった数字でくくればガソリン車に置き換えてイメージできるからだ。これから各メーカーもきっとこうしたカテゴリーを作るだろうが、この辺は〈アウディ〉の先見性が光る。


ほかにもある!
このクルマの楽しみ方&使い方


A7 スポーツバックには〈アウディ〉らしい先進技術がたっぷり注入されている。それはエンジンをスタートさせた直後からそうで、“HDマトリクスLEDヘッドライト”と“LEDリアダイナミックターンインディケーター”が、独特のサインで起動をまわりに知らせてくれる。まるでサイボーグが目覚めるように。

そしてインテリアではブラックアウトされていたメーターパネルやダッシュボードセンターのモニターがデフォルト画面を映し出す。しかもセンターは上下2画面。走りに関しての様々な情報を得るのが上で、エアコンを中心とした快適なキャビンを作り出すのが下の画面での操作となる。どちらも直感的に操作できるタッチスクリーン式だ。

個人的に便利だと思ったのはスマートフォンとの接続で、一部コンテンツを画面に表示させ操作することができる。〈アウディ〉専用の“my Audiアプリ”というのを使うとナビの目的地をクルマに送信することも可能だそうだ。また、“アウディコネクトナビゲーター”というのもいい。24時間365日専任のオペレーターが施設検索や予約手配をしてくれる。もはやこの辺は高級車のデフォルトかもしれないが、使い勝手がいいのは確か。使い出すとクセになるほど役に立つ。

といった気になる装備はここには書ききれないほど。〈アウディ〉の先進性は知れば知るほど驚かされるから脱帽だね。

ココにもソソられる!


01 スタイリング
レジャーにも使えそうなハッチドア

先代から受け継いだクーペラインをさらに妖艶にした新型。エレガントさは格別。リアゲートを開けると大型ハッチバックのように使えるのもこのクルマの優位点。4ドアのフォーマルさも残しながら多岐にわたる実用性の高さを感じさせる。

02 ドライブアシスト
クルマ全体でドライバーをアシスト!

交差点の先の見えないエリアに対してレーザースキャナーやセンサー、カメラを駆使して接近する車両を監視したり、右折時のドライバーの死角をレーダーが監視したりと、ドライバーをアシストする安全装備はてんこ盛りこれで安心!

03 マイルドハイブリッド

このクラスで好燃費も期待できる!

このクルマには48V(ボルト)のマイルドハイブリッドシステムが搭載される。これによりエネルギー回生と加速アシストが実現され燃費向上が見こまれる。時速55~160㎞ /hの間でのコースティング中ではエンジン停止されるのもグッド。

Information

SPECIFICATIONS
アウディ A7 スポーツバック55 TFSI quattro S line 
●全長×全幅×全高:4975×1910×1405㎜
●ホイールベース:2925㎜
●エンジン:3ℓ V6 DOHCインタークーラー付きターボ
●最高出力:250kW(340ps)/5200-6400rpm
●最大トルク:500Nm /1370-4500rpm
●トランスミッション:7速Sトロニック
●車両重量:1900kg
●駆動方式:四輪駆動
●定員:5名
●税込み価格1066万円
●アウディ コミニュケーションセンター
TEL:0120-598-106

雑誌Safari12月号 P298・299掲載

文:九島事務所 text : Kushima Office
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
PR
2019.04.19 NEW

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ