Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2022.06.23


一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RX

6月はじめに、世界で最も売れている〈レクサス〉のデザインや商品詳細が公開された。すでにニュースにもなっているから、ご存知の諸兄も多いだろう。そう、5代目となる新型RXがお披露目されたのだ。日本での発売は今年の秋頃。「それまで待てない!」というわけで、当連載でもそのデザインをじっくりチェック!

一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RX

この新型RXでは、ズバリ“デザインの変革”が行われている。じっくり見てほしい。なんだかお馴染み“スピンドルグリル”が、すごく変わったと思いませんか? そう、これこそが新意匠の“シームレスグリル”。外板がいつの間にかグリルに変わっているかのような、流動的でグラフィカルな新アイコンになっているのだ。

一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RX一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RX一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RX一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RXさらに、折り目の強いボンネットや、グラマラスな空力ボディも特徴。今回、スピンドルグリルはもとより、抑揚が強く、また塊感をよりいっそう高めた“スピンドルボディ”なるデザインを敢行。これにより、より〈レクサス〉らしい個性を際立たせることを目指したという。

一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RX一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RXサイドビューでは、ボンネットフード先端を上げ、逆にバックウインドウ後端を下げることで、室内空間は全く犠牲にしていないのにも関わらず、ややクーペライクなデザインを叶えているのが面白い。特に前後ウインドウからリアに向かってブラックアウトされたピアノブラックのラインが、まるで墨を流したかのようにリアエンドへの潮流を作っている。ドアパネルあたりの抑揚のある面構成も、ウインドウ直下の強いキャラクターラインによって、よりコントラストを強めているように感じられる。

リアコンビネーションランプも新意匠になった。一文字のシグネチャーランプを採用することで、ボディをワイドに、そして地面に沿うような接地感を表している。

一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RX一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RXインテリアもまた、新世代〈レクサス〉にふさわしいリッチ×シンプルさだ。新型NXからはじまった“次世代〈レクサス〉”への変革だが、実は走りへのこだわりがそのコアにある。それにより、華美な装飾よりも、運転席でのドライビングへの集中にこそデザインの心血が注がれているのが興味深い。

一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RX一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RX一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RX一体なにが変わったのか? 〈レクサス〉RX人間中心の設計のため、“手綱”に着想を得た“Tazuna Concept”が採用され、ステアリングスイッチとヘッドアップディスプレイを高度に連携させ、視線移動などを極力なくしたという。センターディスプレイには14インチのタッチディスプレイが採用された。

とはいえリッチな演出も忘れていないのが〈レクサス〉。ダッシュボードの奥にはアンビエントライトが仕込まれ、間接照明のようにふんわりと包み込まれるような暖かさを演出してくれるのだ。

パワートレーンは4種類。なかでもRXにはじめて設定されるハイブリッドのRX500hは走りに大いに期待! 試乗が叶ったら、レポート予定。お楽しみに!

気になるスペックは?


★DATA 〈レクサス〉RX(プロトタイプ)
●全長×全幅×全高:4890×1920×1695mm
●ホイールベース:2850mm
●パワートレーンラインナップ:
2.4L-T HEV DIRECT4(RX500h)
2.5L PHEV E-Four(RX450h+)
2.5L HEV E-Four/FF(RX350h)
2.4L-T AWD/FF(RX350)
※価格、その他は未公表

Information

●レクサス インフォメーションデスク
TEL:0800-500-5577

話題のクルマを品定め!の記事をもっと読みたい人はコチラ!

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ