Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2018.01.15

銀座に泊まって、銀座をもっと楽しむ!
新名所“ハイアット セントリック”とは?

新旧の文化が重なり合い、上質さの漂う銀座。その街の楽しみ方は、ちゃんと知っておきたいところ。であれば、銀座のど真ん中に1月22日にオープンする〈ハイアット セントリック 銀座 東京〉は絶好の拠点となるホテル。ここを上手に活用すれば、銀座の様々な魅力を味わい尽くせるかも⁉



銀座冒険への出発点となる
新スタイルのホテル!

ラグジュアリーブランドの旗艦店や星付きのレストランが軒を連ねる銀座は、大人にとってはある意味、“遊び場”のような街。ショッピングや食事で頻繁に訪れているという人は多いかもしれないけれど、そんな銀座慣れした人ほど「たまにはいつもと違った目線でこの街を楽しんでみたいな〜」なんて思うことがあるんじゃない? であれば、いっそのこと“泊まってしまう”というのはどうか? なぜそんな提案をするのかというと、アジア初上陸の新しいライフスタイルホテルブランドとして話題の〈ハイアット セントリック 銀座 東京〉が、1月22日にオープンするからだ。


銀座の中心にして
心地よく開放的な空間!

その所在地は、銀座6丁目。まさに銀座のど真ん中ともいえる並木通り沿いにある。買い物でも足を運ぶ機会の多いエリアという好立地がなんとも魅力的だけど、ほかにも大人のツボを抑えたポイントが盛りだくさん。客室は35㎡のスタンダート、47㎡のデラックスともに、間仕切りのない開放的な空間が特徴で、部屋の中心にはメイクアップやダイニングに加え、仕事もこなせてしまうマルチファンクションテーブルが備わっているという実用的な作りが魅力。さらに最上階の“ナミキ スイート”には、銀座のビル群を前にしたテラスやダイニングスペースも用意。自宅のような心地よさを感じながら、ゆったりとした空間で銀座探検へのエネルギーを蓄えることができる。



レストランはデートにも最適!

さらにシティホテルならではの楽しみのひとつがレストラン。こちらに関しても、舌の肥えた美食家も納得のラインナップだ。3Fのエレベーターを降りて目に飛びこんでくる全長約7mのバーカウンターと、4Fとの吹き抜けになった大階段を通り抜けると、そこには活気に満ちたダイニングエリアのショーキッチンが出現。この一角は総面積630㎡を誇るダイニング&バーの“NAMIKI667”になっていて、築地で買いつけた新鮮な魚介類や黒毛和牛の秋川牛といった東京都産の食材を、新感覚のオーブン料理として堪能させてくれる。店内には並木通りに面したテラスも完備されていて、時間帯によって様々な表情を見せる銀座の街を眺めることも。食事に限らず、カフェとしても利用できるのでショッピングの骨休めに気軽に足を運んでもよさそうだ。

いつも銀座でデートしている彼女に、「こんなところ知ってた!?」な〜んて感じで連れていってあげたらきっと喜ぶし、自分自身も新鮮な気分で銀座を楽しめるはず。銀座の新名所になること必至なので、早めに足を運んでみて!



中央に設置された大きなオーブンから食欲をそそる香りが漂うダイニング&バーの“NAMIKI667”。バーエリアでは、ハーブやスパイスなど、多彩な食材を盛りこんだカクテルを提供。世界的に人気再燃中のジンを使い、日本流にアレンジしたという6種類の特別なカクテルも是非味わってみたい。

Information


●ハイアット セントリック 銀座 東京

住所:東京都中央区銀座6-6-7
TEL:03-6837-1234(宿泊予約)
URL:ginzatokyo.centric.hyatt.com

文=遠藤 匠 text:Takumi Endo
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
SPONSORED
2019.04.19

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
SPONSORED
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
SPONSORED
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
SPONSORED
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
SPONSORED
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
SPONSORED
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
SPONSORED
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
SPONSORED
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
SPONSORED
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
SPONSORED
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ