Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2019.06.06


愛する家族のおかげで新しいチャレンジができる

サーフィンをはじめ、モーターサイクル、スケートボードなど趣味の延長でプロフェッションを極めるスコッティ・ストップニック。プロサーファーでありながら、モーターサイクルの分野でも名を馳せ、自身のクルーでありブランド〈サイクルゾンビーズ〉のリーダー格として活躍。今回は、そんな彼の半生を紹介しよう。

●今月のサーファー
スコッティ・ストップニック[SCOTTY STOPNIK]

横ノリの申し子はハンティントン育ち


多くのサーファーがそうであるように、スコッティもまた幼少の頃から海に通い、サーフィンをはじめたひとりだった。はじめはキッズ用のボードに乗って練習をし、徐々にロングボードやミッドレングス、ショートなどオールマイティに乗りこなすようになったという。

「サーフィンをはじめたのは6歳頃かな。それまでは近所の友人とスケボーで遊び、横ノリの面白さを知ったよ。そのせいかパドルアウトしてすぐにボードに立てた。サーフィンのコツはわりと早く掴んだね」

スコッティが波乗りをはじめたのと同時期、弟のターキーやタイラー、いとこのチェイスらも波乗りをはじめ、気がつけばサーフィンにどっぷりのめりこんでいた。

「学校から帰ってくると、波があれば海へ行って陽が暮れるまで波乗りし、波がなければ近所でスケボーや、BMXなどの自転車を力尽きるまで乗りまわしていたよ」

ハンティントンの近くで育ったスコッティ。この一帯にはサーフスポットが多くあるが、なかでもボルサ・チカビーチは昔からよく通っているホームポイント。波乗りの後は海の目の前のパーキングでスケボーを楽しんだそう。クルマの免許を取った16歳以降は、弟やいとこ含め、仲間たちとよりよい波を求めて遠出もするように。そんな、波乗りに夢中の10代を過ごしたスコッティ。当時は大会にも出場しほかのサーファーと競うことも楽しんだ。しかし、現在はフリーサーファーとして波乗りそのものを楽しむというスタンスに転向。今では、多くのサーフブランドやアパレルブランドはもちろん、ヘアワックスブランドや、アウトドアブランドなど、多岐にわたるブランドのアンバサダーとして活躍している。

とはいえ、スコッティのサーフスタイルが変化したわけではない。彼のライディングは昔と変わらずキレがよくアバンギャルド。たとえば、メローなイメージのロングボードだが、予想外のタイミングで大胆なボトムターンを仕掛けたり、ワイプアウトする際のアクションにも華がある。そして、そんな自由なスタイルはモーターサイクルにまたがっているときも同じ。彼が時折披露する、バイクのシート部分に両脚で立ちサーフボードのように乗りこなす独特のアクションは、水の中でなくとも“サーフィン”を楽しむという、既成概念にとらわれないフリーダムな彼のマインドを象徴しているといえるだろう。

いまや中堅としてカリスマ度を増してきたスコッティ。それでもスポンサー主催のトリップは最低でも年に2~3回はあり、過密なスケジュールをこなしているという。


彼の代名詞、〈サイクルゾンビーズ〉


プロサーファーとして長年活躍しているスコッティだが、彼を語るうえでバイクも外せない重要なファクターだ。モーターサイクル好きが高じて、彼の父(通称、ビッグスコット)を中心にスコッティ、そして彼が幼少期から一緒に波乗りへ行っていた次男のターキー、三男のタイラー、いとこのチェイスを中心に構成されたのが、〈サイクルゾンビーズ〉だ。

ビッグファミリーで構成されたモーターサイクル集団であるが、そもそも〈サイクルゾンビーズ〉とは“古いモーターサイクルを廃車状態から蘇らせる”という意味。いまやリビルドしたオリジナルのモーターサイクルにまたがり仲間とツーリングするだけでなく、販売も行っている。現在スコッティの自宅近くには大きなガレージが設けられ、大量のバイクを収納するショールームのようになっている。そもそもスコッティがバイクにまたがりはじめたのは10代の頃。バイクマニアでビルダーとしても名高い父の影響だったという。自然とメカニックやビルドのスキルを身につけていき、父を筆頭に家族で〈サイクルゾンビーズ〉をはじめるに至ったのだ。

「スワップミートで安く手に入れたヴィンテージやユーズドのパーツを集めてリビルドしているんだ。タイムレスなアイテムを組み合わせてクールなスタイルに仕上がったときは、静かに興奮するね」

今では多くの顧客を抱え、日本からもわざわざオーダーしに来るマニアがいるほど。いつの間にかオリジナルの服も人気に火がつき、日本でも一部セレクトなどで購入可能。趣味からはじまった〈サイクルゾンビーズ〉が大きなムーブメントになったのも、ひとえにスコッティの“好き”を突き詰める力にあるかもしれない。


父としての自覚と喜び

最近赤ちゃんが生まれ、3女1男の父になったスコッティ。待望の男の子に家族全員新たな興奮に満ちていた。かつてはスコッティのマニアックなこだわりが随所にちりばめられていた家の内装もリフォームされ、まるでショールームのようにすっきりとしていた。

「家族がどんどん増えているからね、大きなスペースが必要になったんだ。ここなら食事をしながら、リビングで遊んでいる子供たちの様子もチェックできるし、家族連れのゲストも招いてちょっとしたパーティも可能だよ」

すっかり父としての威厳を放っているスコッティだが、忙しい日々は変わらない。朝は家族と朝食をとった後に、波チェック。波がよければ、近くの海でサーフィンをして昼前には帰宅。そこから自宅近くのガレージに向かい〈サイクルゾンビーズ〉の仕事に精を出す。モーターサイクルのメンテナンスやクライアントとの打ち合わせ、それにオリジナルの在庫チェックからデザインまで行う。実は、父ビッグスコットもここでメカニックとして働いているので、案件によっては父子で相談しながら進めることもあるのだとか。

「自宅に戻れば最愛の妻リンジーと子供たちが迎えてくれるのがなによりの幸せ。みんなで夕食をとってその日の出来事を話し、いろんな話題を家族で分かち合う時間が心の糧になるんだ。それが、サーフィンやモーターサイクルを突き詰め、仲間との絆を深める原動力でもある」

そう笑顔で語るスコッティ。いつの間にか素敵な父親として、また次世代のサーファーやライダーに影響を与えるリーダーとして、カリスマ性が一段と高まったように思えた。

ホームポイントはココ!
ボルサ・チカ[BOLSA CHICA]
ハンティントンビーチの海岸沿いにあり、ボルサ・チカ生態保護区にほど近い。3マイルほど続くビーチブレイクにレイドバックした空気感でロングボーダーや初心者に人気だが、サイズによってはショートボードも楽しめる
 

50本以上ものボードが所狭しと収納されている自宅ガレージ。最近ではオールドスクールのスタイルを継承したモダンなショートボードがお気に入り

リビングの壁には家族の写真。フレームを付けて飾ったのは手先の器用な妻リンジー

スコッティの自宅内にあるスタジオ兼書斎。ここで仲間とセッションすることも

玄関前のスケートランプでは娘たちとスケートやローラーブレードで遊ぶ

お気に入りのコレクションのひとつ、’50年代のハーレー。これで波チェックしに行くことも

〈サイクルゾンビーズ〉用に借りた巨大ガレージではビルドやカスタム、メンテナンスなどすべて行われる。様々なヴィンテージモーターサイクルやパーツなどを収納

 

Information

雑誌『Safari』7月号 P220・221掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!
SPONSORED
2019.07.26

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!
大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!

もうひととおりのデニムは持っていて新たにどんなデニムを買っていいかわからない。似たり寄ったりのデニムではもうトキメキがない。そんな人でもナットクできる、ちょっと“ワザあり”の〈ディーゼル〉の新作デニムをピックアップ。といっても、やりすぎの…

TAGS:   Fashion Denim
手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!
SPONSORED
2019.07.25

手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!
王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!

ほかにはない唯一無二のオリジナリティと革新的な技術、そしてファッション性を兼ね備えた〈ウブロ〉は、時計愛好家ばかりでなく、アクティブな男たちの心を捉えて離さない。スポーティでいて、ラグジュアリー。その魅力はいつものアメカジを格上げするとと…

TAGS:   Watches
プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!
SPONSORED
2019.07.25

プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!
自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!

大自然から発想を得たデザインと、都会でも自然の中でも活躍する機能性。この2つをうまく融合させたアイテムを展開する〈ロエベ〉のライフスタイルライン“アイ/ロエベ/ネイチャー”。その魅力を伝えるべく今回登場してくれたのはプロサーファーの市東重…

TAGS:   Fashion
さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!
SPONSORED
2019.07.25

さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!
街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!

ダイバーズウォッチのハイスペックに、ラグジュアリーなスタイルを併せ持つ。それが“クロノオフショア1”だ。海での実力はもちろんのこと、街でもそれを持て余すどころか、むしろ秘めたポテンシャルがスタイリッシュに映る。“街ダイバーズ”は、まさに海…

TAGS:   Watches
オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!
SPONSORED
2019.07.25

オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!
遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!

昼も夜もオフの日は本気で遊ぶのが、アクティブな大人の信条。となれば、手元のお洒落もそのときどきに合った印象に着替えたくなるはず。そこで頼りになるのが、ナイロンと革のバンドを簡単に付け替えられる〈トゥルーム〉時計だ。どちらも素材や仕立てにこ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!
SPONSORED
2019.07.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03
心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!

セレブたちのライフスタイルに憧れを抱くのは、決して贅沢な旅をしているからではないと思う。おそらくそれは、彼らが人生も旅も自分らしく自由にゆとりを持って楽しんでいるからなのだ。そんな“自分らしさ”を大切にしたバカンスに共感し、実現したいと思…

TAGS:   Lifestyle
オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!
SPONSORED
2019.07.25

オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!
“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!

週末は大好きな趣味を存分に楽しむ。そんなリフレッシュ上手な大人が増えている。でももっと手軽にシーンを選ばずリフレッシュできたら、いいと思わない? 炭酸がほどよく効いた爽快な飲み口と、高麗人参をはじめとした栄養成分を配合した〈タフマン リフ…

TAGS:   Gourmet
最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!
SPONSORED
2019.07.25

最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?
サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!

海外のビーチリゾートにも憧れるが、もっとお手軽に夏を楽しむことはできる。たとえば愛車の四駆を駆って、ただひたすら、いい波を探しに行くサーフトリップもそのひとつ。目的地も宿の予定も、すべては波まかせ。海好き男なら誰もが羨む、そんな旅の相棒は…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ