Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2018.11.01

カラダが喜ぶヘルシー料理! Vol.11ファロ
ランチコース“美味しいのその先にあるもの”

銀座の中央通りのアイコンのひとつである東京銀座資生堂ビル。2018年10月1日、その10Fにオープンしたのが“ファロ”。伝統的な手法と先進性を兼ね備えた現代イタリア料理をベースに、日本の食材、そして文化を重ね合わせた、オリジナリティあふれる全く新しい食体験の発信基地だ。ここはさっそく、彼女を誘ってヘルスコンシャスなランチとするのがよさそう。

ランチタイムは、カラダへの優しさ、美しさを考え、ヴィーガンを意識したランチコース“美味しいのその先にあるもの”のみ。旬の野菜、ハーブ、フルーツ、そして穀物などをふんだんに使った独創的なレシピの料理が4品。香りや食感、盛り付けの面白さもあり、肉や魚を使わずとも十分に満足できる構成となっている。ランチコース8000円。

まずは前菜。前菜をひと品と数えるのははばかられるくらい楽しい、4~5皿が供される。香りのよさ、食感の面白さ、味わい深さなど様々に楽しめる。

NEXT 見た目も美しくて驚きがある!”

2/2PAGE

 


ランチコースより前菜"色彩豊かな食彩の饗宴"の一例。

この日は、ビーツと林檎のスープ ミント風味、海藻サラダ 米麹ドレッシング、赤大豆のファラフェル、豆乳モッツアレラのカプレーゼ、無花果と柿のサラダタコス、橘胡椒と黒胡麻のウームス、カラメリゼした蕎麦がき、五穀米のチップスとコリアンダーのマヨネーズ、自家製グリッシーニという内容だ。

料理に合わせるドリンクは、シャンパーニュやワインもいいけれど、最初の1杯に続いては“ファロ”のソムリエやスタッフセレクトによるノンアルコールのフリーフロー(2500円)をオーダーしたい。たとえば、フレッシュフルーツとハーブを使ったデトックスウォーターからスタートし、オキナワティーファクトリーによるオリジナルブレンドティーをアイスで、あるいは、福岡の奥八女産のオーガニック玉露を水出しし、甘みと旨みの濃いグリーンティーを。スタッフに相談して、フリーフローの中から、料理とのペアリングを提案してもらってあれこれ合わせてみるのも面白い。

前菜に続いては、"クラシックな時間"と銘打たれた2品目のパスタ。3種類ほどのパスタとリゾットなどからひとつを選ぶ。

ランチコースより一例で栗とリンゴのタリアテッレ

ランチコースより一例で大和当帰のカザレッチェ

ランチコースより一例でカリフラワーと山葵菜のリゾット

メインは1種。あるいは、チーズワゴン(ワゴンより好みのチーズ5種類)を選ぶこともできる。美味しく良質な動物性たんぱく質を補給したいならチーズワゴンを選ぶという手もありだ。

ランチコースよりメインの一例で菊芋のボルペッテ トマトのケッパーソース

締めのスイーツもカラダに優しい味わい。

ランチコースよりデザートの一例で米の未来

テーマは月替わりだが、週やその日の食材の入荷次第ではメニューが変わり、いつ訪れても新鮮な驚きが待っている。

銀座の街を照らす灯台のような存在、“ファロ”。大地から海、空に連なる壮大な色彩を絶妙なグラデーションで表現した店内。

さらに、夜のディナーコース(2万円)は、昼とは全く趣きの違う、食へのさらなる高みと探求を体験することができる。訪れた者だけが知る10品前後の美味なるお楽しみ。まずは彼女と健康的なランチを味わってから、一緒に夜の予約を入れるのがいいだろう。

Information

●ファロ
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル10F
営業時間:12:00~13:30(LO)、18:00~20:30(LO)
※価格は消費税込み、サービス料別。
TEL:03-3572-3911
定休日 日曜、祝日、夏期(8月中旬)、年末年始。月曜(2019年1月から)
https://faro.shiseido.co.jp/

文=はまだふくこ text:Fukuko Hamada
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
PR
2019.04.19 NEW

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ