Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2018.08.26

ホテルの名物メニューを彼女と♡ Vol.16〈ホテルオークラ東京〉“桃花林”
海鮮冷やしそば

続けて紹介してきた涼麺だが、今回が最後。暑い夏も終わろうとしている今日この頃だけど、残暑はまだ続きそうだし、冷たい冷麺が恋しいという日も続きそうですよね。で、最後のトリを飾る涼麺は、広東料理の先駆けとなった老舗のこだわり涼麺。もちろんデートコースに組みこめば彼女の笑顔も見られるはず。う~ん、コレを食べなきゃ夏も終われない⁉

〈ホテルニューオークラ東京〉にある“桃花林”。こちらでは日本人の舌にもあった中国料理が人気。そして、注目は夏の定番である涼麺で、なんと4種類も提供されている。リピーターが夏の風物詩として必ずオーダーする涼麺だ。

NEXT おすすめの涼麺は.......

2/3PAGE

 


右上:チャーシューや海老など具沢山の“五目冷やしそば”(2160円、税込・サ別) 左上:品のよい上湯から作られたスープが印象的な“冷やし坦々麺”(2160円、税込・サ別) 右下:コクのあるごまソースが癖にある“バンバンジー冷やしそば”(2160円、税込・サ別) 左下:魚介類好きにはたまらない“海鮮冷やしそば”(2700円、税込・サ別)

それぞれ個性豊かだが、この夏一番の必食メニューは、魚介類好きにはたまらない“海鮮冷やしそば”!

タラバガニまで加えた豪華を極める涼麺

“海鮮冷やしそば”は海老、帆立貝、イカ、クラゲ、海藻といったオーソドックスな魚介類に加えて、タラバガニまで加えた豪華を極める涼麺。タラバガニの太くてぷりぷりとした身は、ずっしりとした食感と凝縮された味わいがあって、これだけで十分な満足感! 海老の旨味と帆立貝の甘味、イカのなめらかな食感と海藻の潮の香りとが相まって、複雑ながらも涼しげで心地よい食味に。

タレにはちょうどいい甘酸っぱさが感じられ、わずかに加えられた山椒によってピリリとした抑揚あるアクセント。麺は小麦が感じられる自然な味わいなので、タレの旨味を引き出している。白髪ネギのシャキシャキとした食感と細切りされたパプリカの甘味は、“海鮮冷やしそば”にメリハリを与える、素晴らしい脇役だ。

さらに、点心とデザートがついた“特選冷やしそば セットメニュー”(3100円、税込・サ別)も用意されているのが嬉しいところ。

NEXT “桃花林”は広東料理の先駆けとなった老舗

3/3PAGE

 

ちなみに、〈ホテルオークラ東京〉は日本のホテル御三家のうちのひとつであり、食のホテルともいわれている。1962年にオープンし、その開業時からこちらの“桃花林”も続いている。ホテルのレストランにおいて、はじめて広東料理を採用し日本人好みの中国料理を生み出してきた“桃花林”は、総料理長である陳龍誠のもと、東京を代表する中国料理の名店と高い評価を得ている。

常時200種類以上のア・ラ・カルトに加えて、ゲストからのリクエストで様々な裏メニューも提供。〈ホテルオークラ東京〉伝統の点心師による蒸し物や自慢のスイーツも食べられるので、お得であることは間違いナシ。

広東料理好きの女性は多いので、その先駆けとなった老舗で彼女と一緒に涼麺を食べてみてはいかが!?

Information

●中国料理 桃花林
住所:東京都港区虎ノ門2-10-4 ホテルオークラ東京 12F
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:30
※“海鮮冷やしそば”が提供されているのは2018年6月1日から9月17日の11:30~15:30
TEL:03-3505-6068
URL:http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/tohkalin/lunch2/

文=東龍 text:Toryu
1976年台湾生まれ、後に日本国籍。ブッフェ、フレンチ、鉄板焼、ホテルグルメ、スイーツをこよなく愛する。テレビ東京「TVチャンピオン」で2002年と2007年に優勝。テレビや雑誌で活躍し、料理コンクール審査員、講演、プロデュースも多数。
2017年8月「一般社団法人 日本ブッフェ協会」設立、代表理事就任。
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
PR
2019.04.19 NEW

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ