Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.12.04

第7回“アスリート ドレッサーアワード”スポーツクライミング 楢﨑智亜
新たな頂点を目指す、クライミング界の絶対王者

サーフィンと同じく、2020年の東京五輪の追加種目として選ばれたスポーツクライミング。その競技において、海外選手から“ニンジャ”と呼ばれ、恐れられている日本人選手がいる。それが、今回受賞者の1人となった楢﨑智亜選手だ。

“フィジカルモンスター”と呼ばれるとおり、そのクライミングスタイルはダイナミックかつアグレッシブ。本人も自分自身のスタイルについて、「壁面でぴたっぴたっと止まるのではなく、リズムをとり続けて登って行きます。
リスクのある動きもするので、勇気がいるし、メンタルの状態で順位にも大きく影響してしまうスタイルではあるんです。」と自己分析。その登り方は、実際に観戦すると見るものをぐっと引きこむような面白さがある。
 

NEXT 世界が注目する日本のトップクライマー

2/3PAGE

 

世界選手権やW杯でも優勝経験がある凄腕

東京五輪の追加種目に選ばれていることもあり、スポーツクライミングの人気はぐんぐん上昇している。しかも日本のクライミング界は男女ともにレベルが高い。
なかでも楢﨑選手は、2016年に日本人として初のボルダリング世界王者に輝く実力派。東京オリンピックでの金メダル獲得も期待されており、世界が注目する日本のエースクライマーである。
2020年の東京五輪では、ボルダリングに加え、リードクライミング、スピードクライミングを加えた3種目の“コンバインド種目”が採用され、総合得点を競うことになる。楢﨑選手は、2017年にボルダリング年間2位、リードでもワールドカップで2度の準優勝を果たし、3種目複合では年間優勝を飾っている。

去る9月には、前哨戦となる世界選手権ではじめてこのコンバインド種目が採用された。最初の種目、スピードではフライングに悩まされ、1位を目指せる6秒697の自己ベストを持ちながら、決勝6人中最下位発進に。得意のボルダリングは3位、リードでは4位と、その後の2種でも巻き返せなかった。だが、ボルダリングでは世界を制した圧倒的な強さを誇るだけに、改善点を修正すれば好成績が期待できることに違いはない。
ちなみに楢﨑選手は、無駄な贅肉を削ぎ落とした筋肉美の持ち主で、顔つきも注目の的に。同じくクライマーの弟、明智選手とともに“イケメン兄弟”と女性からも注目度は高い。 

NEXT 楢﨑選手の受賞コメント

3/3PAGE

 

オシャレにも気を配っていきたい

楢﨑選手は受賞についてこう語る。
「えっ? 自分⁉ と聞き返してしまうほど驚きましたが、今回の受賞はとても嬉しく思います。クライマーが登り以外でもかっこいいと思ってもらえるように自分もプロとして身だしなみやお洒落に気を配っていきたいと思います。普段は競技ウエアで人前に出ることが多いので、ちょっと恥ずかしいですが貴重な機会ですので受賞当日を楽しみにしています。」

今回の授賞式の舞台での“お洒落対決”での戦いぶりも楽しみにしたい。

PROFILE

1996年生まれ。スポーツクライミング選手。幼少期に器械体操で培った空中感覚を武器に独自のクライミングスタイルを貫く。ダイナミックなムーブで“NINJA”と呼ばれ、世界を魅了。プロ転向2年目の、ワールドカップ初優勝を皮切りに、日本人男性初のボルダリングワールドカップ年間優勝。同年の世界選手権では日本人初の優勝を成し遂げ、名実ともに世界一の称号に輝く。オリンピック追加種目となったコンバインドで、2018年初代日本チャンピオンに。今最も金メダルが近いクライマーとして注目される。

楢﨑 智亜選手ら受賞者6名が一堂に会する
“アスリート ドレッサー アワード”は12月8日開催!

Information

●第7回 アスリート ドレッサー アワード
日時:12月8日(土)15:00~17:00
場所:有楽町マリオン センターモール(阪急メンズ東京前)
※授賞式&トークショーのほか、マイケルカネコによるミュージックライブ、ファッションスタイリングショーなどもあり。会場には〈テスラ〉モデル3を展示。観覧無料。

文=遠藤 匠 text:Takumi Endo photo by AFLO
ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!
SPONSORED
2019.04.25

ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!
夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!

夏といえば灼熱の太陽に青い海、輝く白い砂浜。そして、いつもより大胆になれる、陽気な“柄モノ”を着て出かけたい季節では? たとえばマドラスチェックだったり、トロピカル柄だったり……。そんな海に似合う夏気分な柄アイテムを〈ブルックス ブラザー…

TAGS:   Fashion
大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!
SPONSORED
2019.04.25

大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!
ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!

初夏の日差しが気持ちいいビーチには、やっぱりリントTが似合う。そして、そこらへんの小僧サーファーと同じにならないプリTを選びたいなら、〈シーグリーン〉のロゴTがいい。海好きにササるモチーフを西海岸っぽくアレンジした1枚は、ビーチでひと際目…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!
SPONSORED
2019.04.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!
バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!

年齢を重ねると、旅先での格好も「大人としてだらしなくないか」などいちいち人目が気になったりする。でもリゾートの一番の目的は、のんびりすること。服だって“いかに心地よく過ごせるか”が大事なはず。だから、ちょっと意外かもだけど上質なルームウエ…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!
SPONSORED
2019.04.25

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!
夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!

きちんと感の演出のために、暑い夏でも重そうなジャケットをヤセ我慢して着るなんて考え方はもはや時代遅れ。涼しげな素材をジャケットやインナーに投入して、爽やかな季節にふさわしいお洒落を楽しむのが、今どきのスタイル。で、注目したいのが〈ブラック…

TAGS:   Fashion
〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!
SPONSORED
2019.04.25

〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!
遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!

ユーモアや遊び心がわかるということは、心に余裕があるってこと。いい年の大人なら、それを見た目でも感じさせたい。そこでマークしたいのが、〈ビーセカンド〉がセレクトしたアメリカ生まれの〈チャイナタウン マーケット〉の新作。おやっ!?とお洒落心…

TAGS:   Fashion
夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!
SPONSORED
2019.04.25

夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!
西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!

“たかがTシャツ、されどTシャツ”とはよく言ったもので、夏カジュアルはTシャツ選びが最大のヤマ場。ついプリントだけで選びがちだが、実は色も大事だって知ってた? そう、シーンに応じて色を使い分ければ、いつものTイチ姿も見違えるはず。おまけに…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!海好き男の週末はマリンなパーカが主役!
SPONSORED
2019.04.25

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!
海好き男の週末はマリンなパーカが主役!

モチーフや色使いから、潮風を感じられる服。夏が近づくと一段と、マリンテイストのアイテムが恋しくなってくる。そんな人にこそ是非袖を通してほしいのが、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけた新作パーカ。都会的センスのボーダー柄やキャ…

TAGS:   Fashion
〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!
SPONSORED
2019.04.25

〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!
大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!

〈BMW〉の走りの遺伝子を受け継ぐロードスター。クルマ好きなら知らない人はいないあの“Z”の系譜に、新型モデルがお目見えした。と、ここまではご存知の人も多いかと。しかしこの新型“Z4 M40i”の登場に合わせて、30台限定の特別限定車も存…

TAGS:   Cars
コレで毎日がもっと刺激的になる!週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】
SPONSORED
2019.04.25

コレで毎日がもっと刺激的になる!
週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】

昼間はすでに夏を感じる陽気でも、朝晩が冷えこむこの時季の気候は、憧れの西海岸とそっくり。ということは、まだまだお洒落を楽しめるってこと。そんな季節だからこそ、改めて身のまわりを確認して、脱・マンネリを狙える個性派アイテムを揃えておくべき。…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ