Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2022.05.21


今なぜ“デイパック”が人気!? 選ぶならやっぱり本家アメリカ製!

懐かしいアイビーやプレッピースタイルに注目が集まる昨今。ボタンダウンシャツやカレッジロゴスウェットといったアイテムが、トレンドとなっている。そんな潮流は、バッグ事情においても。それが、デイパック。アウトドア生まれにして、スクールバッグとしても定着したデイパックは、シンプルながら使い勝手がよく、今大人にも人気。なかでも選ぶなら、やっぱり貫禄ある本家アメリカ製にこだわりたい。

■“デイパック”のどこがいい?■

特徴1:普段使いにちょうどいいシンプルな作り
特徴2:どんなコーデにも馴染みやすい
特徴3:軽くて片持ちもサマになる

デイパックとは、日帰りトレッキングなどにちょうどいいサイズのバックパックのこと。“1日用=デイ、持ち運ぶ=パック”ってワケだ。1960年代にアメリカで生まれ大流行し、アウトドア業界だけでなく、学生バッグとしても支持を拡大。アイビーやプレッピーにおける定番アイテムとなった。

アーバンアウトドアスタイル人気によって、すでに数年前から人気を集めていたデイパックだが、アイビーやプレッピーがトレンドとなったこの春、さらに注目度が上昇中。様々なバッグブランドから展開がされているが、やはりその真髄を楽しむにはデイパックの本場であるアメリカ製にこだわりたいもの。

アメリカにはアウトドアブランドが数多いが、その中にはデイパックによって名を馳せたブランドがいくつもある。今回は、そんなアウトドアブランド以外からもチョイス。すでに名作系は持っているという人も、この春の新調候補に是非とも入れてもらいたい。

《USメイドの“デイパック”!》
[ブルックス ブラザーズ×アウトドアプロダクツ]
BROOKS BROTHERS ×OUTDOOR PRODUCTS

W37×H47×D20cm。2万3100円(ブルックス ブラザーズ×アウトドアプロダクツ/ブルックス ブラザーズ ジャパン)

名門と名作の奇跡の共演
大人好みなデイパック


‘70年代に誕生した、アメリカンデイパックの名作である〈アウトドアプロダクツ〉の452U。それをベースに、アメリカントラッドの名門〈ブルックス ブラザーズ〉が別注したコチラは、強度に優れたコーデュラナイロンを採用。アメリカ国旗に着想を得たトリコロールカラーのジップ持ち手に加え、背面上部には〈アウトドアプロダクツ〉のラベルとともにゴールデン フリースを型押ししたレザーラベルが。 

 

[エムアイエス]
MIS

W33.5×H41.5×D16.5cm。1万8700円(エムアイエス/カメイ・プロアクト)

アウトドアじゃなく
ミリタリー顔というのも新鮮!


まるでMA-1を想起させる光沢感のあるナイロンは、耐水コーティングが施された420デニールのナイロン。さすが、アメリカ軍が定めるミルスペックに対応したファクトリーで生産するブランドとあって、シンプルにしてタフな作りになっている。ベルクロにより2重になったフロントポケットに加え、内側にはメッシュポケットを採用。普段使いにおける使い勝手も抜群。 

 

[ブリーフィング]
BRIEFING

W26×H47×D17cm。各5万600円(以上ブリーフィング/ブリーフィング 表参道ヒルズ店)

タフであることもまた
アメリカ製の魅力だったりする!


米国国防省が定めるミルスペックをクリアするファクトリーで生産すると言えば、ココも有名。コチラは、ミリタリーパックをベースにしたフレイター・アサルト・パッカー。摩擦や引き裂きに強い500デニールのコーデュラナイロンを採用するなど、タフスペックが自慢だ。ウェビングテープ使いや背面クッション、またメインは2室仕様といった高い機能性もミリタリーベースらしい。 

 

[バトルレイクアウトドアーズ]
BATTLELAKE OUTDOORS

右:W40×H51×D17cm。ベージュ2万900円 左:W33×H43×D24cm。ブラック1万8700円(以上バトルレイクアウトドアーズ/メイデン・カンパニー)

アメリカ製に加えて自社での
生産にこだわる生粋の愛国ブランド

アメリカ・ミネソタ州で創業し、自国内&自社ファクトリーでの生産にこだわり続ける数少ないブランド。星条旗のタグに、そのプライドが示されている。左は、コーデュラナイロンを採用。フロントポケット横にはペットボトルポケットも配され、実用的な作りになっている。右は、一般的なデイパックと比べて、やや大きめなサイズが見どころ。夏のリゾートバッグとしても重宝しそうだ。

Information

●カメイ・プロアクト
TEL:03-6450-1515

●ブリーフィング 表参道ヒルズ店
TEL:03-6459-2448

●ブルックス ブラザーズ ジャパン
TEL:0120-185-718

●メイデン・カンパニー
TEL:03-5410-9777

写真=正重智生 スタイリング=田川 匠 文=安岡将文
photo : Tomoo Syoju(BOIL) styling : Takumi Tagawa  text : Masafumi Yasuoka
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ