Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2024.03.02

悪夢映画はどう観たらいい?
新作『ボーはおそれている』と難解映画の世界(1)


『ボーはおそれている』(2024年)

『ヘレディタリー/継承』(2018年)、『ミッドサマー』(2019年)と、観る者の心を激しくざわめかせる作品を撮り続け、日本を含めた世界の映画ファンから、とにかく“気になる存在”として熱い支持を集めるアリ・アスター監督。その最新作ということで、しかも『ジョーカー』(2019年)でアカデミー賞に輝いたホアキン・フェニックスを主演に迎えたとあって、『ボーはおそれている』には大きな期待がかけられていた。

日本でも2月16日に公開がはじまり、多くのアリ・アスター・ファンが劇場に詰めかけているが、これまで以上に観た人の“ざわめき度”が半端ない……という印象。『ヘレディタリー』や『ミッドサマー』でも際立っていた悪夢や狂気の要素が、さらに加速。むしろ『ボーはおそれている』は悪夢や狂気そのものを描いていると言ってもいい。
 

  

 

『ボーはおそれている』(2024年)
『ボーはおそれている』のストーリー自体はシンプル。中年男の主人公ボーが、遠方に住む母親から「いつ帰ってくるの?」と電話で催促された後、その母親が事件に巻き込まれて死んだことを知らされる。一刻も早く母親の元に駆けつけようとするボーだが、アパートの外へ出ると街の様子が明らかにおかしくなっており、さまざまな事態が悪循環を起こして、彼はなかなか実家にたどり着けない。その“旅”が、179分という上映時間で、全4章+αの構成で展開していく。
 

  

 

『ボーはおそれている』(2024年)


ボーが母親の産道を通って、この世に生まれてくる。そんな冒頭のシーンからして、観ているこちらを挑発してくるのが、アリ・アスターらしい。『ヘレディタリー』も『ミッドサマー』もメインのキャラクターは、必ずと言っていいほど精神的に不安定だったが、今回のボーは不安定どころか、強迫観念の塊で、それをホアキンが神経過敏的に怪演するので、ひたすらこちらの不安も煽られる。これこそアリ・アスター作品の真骨頂で、今回はボーに襲いかかる出来事が、現実で起こっているのか、あるいは彼の妄想なのか、そのボーダーも曖昧なため、狂気のレベルがアップされた印象だ。

アリ・アスターの作品は、基本的に異様な緊張感とテンションが保たれ、ポイントとなるシーンで衝撃的な描写が唐突にぶっこまれるのも特徴的。『ヘレディタリー』の交通事故や、『ミッドサマー』の崖のシーンは、トラウマ的に脳裏に刻み込まれた人も多いはず。『ボーはおそれている』でも何度かそうした瞬間は用意されており、“頭のない死体”“屋根裏部屋”といった、アスター作品でトレードマーク的な描写もあるが、前2作に比べて主人公以外の人物の怪しさ、狂気がやけに目立っているのも事実。彼らの言動が観ているこちらの神経を逆撫でするのだ。そのためか、悪夢の世界を旅する主人公のボーに共感してしまう時間も多く、ここはアスター作品の新境地かもしれない。
 

  

 

『ヘレディタリー/継承』(2018年)

そして、『ボーはおそれている』の前2作との違いに、観る人によって大きく分かれる反応も挙げられる。アリ・アスター監督が作品の肝に置くのは“家族”で、今回も母と息子の関係が作品全体を支配しているのだが、この関係にどれくらいシンパシーを感じるかで、作品への没入度も変わっていくようだ。アリ・アスターは「家族とは?」と聞かれ、「煩わしいもの。終わりのない義務感」と答えており、その意識が『ボーはおそれている』に表出したのだろう。

『ヘレディタリー』『ミッドサマー』の成功もあって、製作費も潤沢だったためか(『ミッドサマー』の約4倍の3500万ドル)、アスターはこれまでやりたかったイメージを全編に注ぎ込み、アニメーションの挿入などビジュアル的にもこだわり、過去の名作へのオマージュも入れ込んだ結果、何を観させられているのか混乱が深まり、カオス状態になっていくのも事実。ゆえに、そのカオスを好意的に楽しめるかどうかが、本作への評価にかかわってくる。観る人それぞれの感覚、考察、推理が試されるうえで、“映画的”ではある。
 

  

 

『ミッドサマー』(2019年)

『ヘレディタリー』や『ミッドサマー』には、カルト的な宗教、教祖が出てきて、それらに巻き込まれ、洗脳される恐怖が描かれた。このあたりもアリ・アスターの志向のひとつだが、この前2作は、われわれ観客は「洗脳されなければ大丈夫」という、どこか客観的な安心感で作品に向き合うことができた。だから他人事として映画の恐怖を楽しんだ。

『ボーはおそれている』は宗教観はあるにせよ、教団や教祖めいたものは登場しない。しかしボーの母親が所有する巨大企業グルームMWが教団的イメージも喚起したりして、日常に張り巡らされた“何かによる支配”を感じさせ、そこがちょっと怖かったりもする。そんな風に観る者の潜在的な不安を刺激することで、ボーが巻き込まれる不条理な悪夢や狂気的事件を、“もしかして明日は我が身に起こるかも”と感じさせる。それこそが『ボーはおそれている』の本質で、アリ・アスターの狙いなのではないか。
新作『ボーはおそれている』と難解映画の世界(2)に続く
 

  

 

文/斉藤博昭  text:Hiroaki Saito
Photo by AFLO
Always, My Dear Ocean海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。
SPONSORED
2024.03.29

Always, My Dear Ocean
海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。

いつか、海の近くに住んでみたい。そんな夢を思い描いている人は多いよう。というのも、仕事のリモート化が進んでからというもの、実際に海沿いの家の人気はうなぎのぼりだからです。ただ、都会の暮らしを手放したくないのも事実ですよね。だからといって、…

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック
SPONSORED
2024.03.29

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!
いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック

本格ピックアップトラックとして世界中で愛されてきた〈三菱自動車〉の“トライトン”が、12年ぶりに国内投入。三菱がラリーの世界で磨き抜いた4WDシステムで高い走破性を実現する一方、唯一無二の個性を主張する精悍なデザインは、「“冒険”の定義を…

TAGS:   Cars
俳優・山﨑賢人が〈サンローラン〉の新作レザーブルゾンを語る! 惹かれるのは大人の 色気と武骨さが漂う1着!
SPONSORED
2024.03.25

俳優・山﨑賢人が〈サンローラン〉の新作レザーブルゾンを語る!
惹かれるのは大人の 色気と武骨さが漂う1着!

〈サンローラン〉のシグネチャーアイテムといえるレザーアウターが、今シーズンもバラエティ豊かに出揃った。羽織るだけでさりげなく漂う、大人の色気と武骨な男らしさ。しなやかにカラダを包み込むラムスキンの風合い。そして緻密に計算された美しいシルエ…

TAGS:   Fashion
100周年を迎える〈カルティエ〉“トリニティ”の新作!タイムレスな魅力で日灼け肌を彩り続ける!
SPONSORED
2024.03.25

100周年を迎える〈カルティエ〉“トリニティ”の新作!
タイムレスな魅力で日灼け肌を彩り続ける!

〈カルティエ〉のアイコンジュエリーである“トリニティ”が、今年で100周年を迎える。3本のリングが描く独特なフォルムは、友人やパートナー、親子や家族など様々な愛のカタチを彩ってきた。そんなタイムレスな魅力をもつ“トリニティ”に、100周年…

TAGS:   Fashion
〈ヘルノ〉なら大人に似合う新作が揃っている!品があって爽やかなマリンカジュアル!
SPONSORED
2024.03.25

〈ヘルノ〉なら大人に似合う新作が揃っている!
品があって爽やかなマリンカジュアル!

春から初夏のビーチには、上品で爽やかなマリンカジュアルがよく映える。上質素材のカットソーに薄軽なアウターを羽織って、ボトムにはすっきりした大人ショーツなんて着こなしがソレっぽい。そこで注目すべきが〈ヘルノ〉の新作。マリンカジュアル気分もた…

TAGS:   Fashion
〈ベル&ロス〉の新作で男の手元にグッと個性出し!優しげコーデの引き締めに深緑ブロンズ時計!
SPONSORED
2024.03.25

〈ベル&ロス〉の新作で男の手元にグッと個性出し!
優しげコーデの引き締めに深緑ブロンズ時計!

優しげな淡いトーンの着こなしは、春らしさ感じる人気色のひとつ。でもワントーンでこなすほどに、少しだけ“物足りない”って感じる人も多いはず。そんなときは、深みのあるグリーンブロンズ時計のアクセント使いが頼りになる。ニットのアイボリーと、時計…

TAGS:   Fashion Watches
シーンレスで着まわしたい〈Gステージ〉の新作!無重力の着心地が叶う快適素材のセットアップ!
SPONSORED
2024.03.25

シーンレスで着まわしたい〈Gステージ〉の新作!
無重力の着心地が叶う快適素材のセットアップ!

リモートワークや旅先のレストラン、ゴルフ場のクラブハウスなど、大人のいろんなシーンにはセットアップが必要だ。さらにこれからの暑い時期は、より快適に着られる1着が理想的。であれば、〈Gステージ〉の“G-ゼロ”が狙いめ。着ていることを忘れてし…

TAGS:   Fashion
熟練時計師の情熱が宿る〈ロジェ・デュブイ〉の“エクスカリバー”。仕事の成功を後押しする創造的で華麗なパワーウォッチ。
SPONSORED
2024.03.21

熟練時計師の情熱が宿る〈ロジェ・デュブイ〉の“エクスカリバー”。
仕事の成功を後押しする創造的で華麗なパワーウォッチ。

天才時計師と讃えられたロジェ・デュブイが1995年にジュネーブで創業したマニュファクチュールが〈ロジェ・デュブイ〉。そこにはクラフトマンシップに支えられた高級時計の伝統が息づき、ハイパフォーマンスと独創的な美学で磨きをかける。それは現代を…

50周年を迎えた〈ムッシュ ニコル〉の洗練カジュアル。しなやかさを追求した軽快かつ上質なライダース。
SPONSORED
2024.03.21

50周年を迎えた〈ムッシュ ニコル〉の洗練カジュアル。
しなやかさを追求した軽快かつ上質なライダース。

1974年にメンズウエア界に進出した〈ムッシュ ニコル〉は、今年50周年を迎える。長く愛用されファンも多いこのブランド。今シーズンのイチオシは、今回紹介するシングルライダース。日本のメンズブランドといえば真っ先に名前が挙がる〈ムッシュ ニ…

TAGS:   Urban Safari Fashion
Urban Safari CLOSE-UP BRAND ブルネロ クチネリ“Gentle Luxury” ビジネスを超えた心地よいスーツ選び。
SPONSORED
2024.03.21

Urban Safari CLOSE-UP BRAND ブルネロ クチネリ
“Gentle Luxury” ビジネスを超えた心地よいスーツ選び。

TAGS:   Urban Safari Fashion
ISETAN IT's a “NEW” Watch Wonderland. OMEGA挑戦を後押しする〈オメガ〉の“スピードマスター”。人類初の偉業を支えた名作がビジネスの強い味方に。
SPONSORED
2024.03.21

ISETAN IT's a “NEW” Watch Wonderland. OMEGA
挑戦を後押しする〈オメガ〉の“スピードマスター”。人類初の偉業を支えた名作がビジネスの強い味方に。

社会や価値観の変化が激しい現代においては、ビジネスにおいても挑戦することが重要な意味を持つ。そんなチャレンジの一歩を踏み出すとき、月面着陸をはじめ人類初の偉業に立ち会った〈オメガ〉の“スピードマスター”が手元にあれば、勇気を与える存在にな…

TAGS:   Urban Safari Watches
ISETAN IT's a “NEW” Watch Wonderland. GRAND SEIKOジャパンメイドの最高峰〈グランドセイコー〉の新作。スーツ姿の手元が華やぐ春めくメカニカルウォッチ。
SPONSORED
2024.03.21

ISETAN IT's a “NEW” Watch Wonderland. GRAND SEIKO
ジャパンメイドの最高峰〈グランドセイコー〉の新作。スーツ姿の手元が華やぐ春めくメカニカルウォッチ。

うららかな陽射しが心地いい季節は、なんだか気分が上がるもの。だから、あれこれ華やかなアイテムを身につけたくなるけれど、まずは、いつものスーツ姿に欠かせない時計を新調するのはどうだろう? なぜなら〈グランドセイコー〉の傑作モデル“62GS”…

TAGS:   Urban Safari Watches
ISETAN IT's a “NEW” Watch Wonderland. LONGINES〈ロンジン〉から名品“コンクエスト”70周年記念モデルが登場。リーダーシップを発揮する日こそ 優美なドレスウォッチで。
SPONSORED
2024.03.21

ISETAN IT's a “NEW” Watch Wonderland. LONGINES
〈ロンジン〉から名品“コンクエスト”70周年記念モデルが登場。リーダーシップを発揮する日こそ 優美なドレスウォッチで。

ビジネスシーンでスーツ同様のマストアイテムといえば、品格あるドレス時計。なかでもレトロモダンな顔つきと、個性を併せ持つモデルがあれば頼もしい。〈ロンジン〉の“コンクエスト ヘリテージ セントラル パワーリザーブ”は、文字盤中央の回転ディス…

TAGS:   Urban Safari Watches
ISETAN IT's a “NEW” Watch Wonderland. TAG HEUER〈タグ・ホイヤー〉の名作は新色が魅力。唯一無二のダイヤル色が冒険心を鼓舞してくれる。
SPONSORED
2024.03.21

ISETAN IT's a “NEW” Watch Wonderland. TAG HEUER
〈タグ・ホイヤー〉の名作は新色が魅力。唯一無二のダイヤル色が冒険心を鼓舞してくれる。

スポーツに限らず、ビジネスでも失敗を恐れず、冒険心を持って向き合う必要に迫られることがある。そんなとき、〈タグ・ホイヤー〉の名作スポーツ時計をまとっていたら、気持ちを鼓舞してくれるはず。新作の“タグ・ホイヤー カレラ”と“タグ・ホイヤー …

TAGS:   Urban Safari Watches
ISETAN IT's a “NEW” Watch Wonderland. ZENITH名ムーブメント搭載の〈ゼニス〉の“クロノマスター”。物語のあるタイムピースをビジネスパートナーに。
SPONSORED
2024.03.21

ISETAN IT's a “NEW” Watch Wonderland. ZENITH
名ムーブメント搭載の〈ゼニス〉の“クロノマスター”。物語のあるタイムピースをビジネスパートナーに。

ビジネススタイルのアクセントに、時計はスポーティなクロノグラフを選ぶのも一手。ワル目立ちせず、同時に貫禄を演出するなら、世界初の高振動自動巻きクロノグラフムーブメント“エル・プリメロ”を1969年に発表した名門、〈ゼニス〉の注目作が理想的…

TAGS:   Urban Safari Watches
浅草と鬼怒川温泉を結ぶ〈東武鉄道〉のスペーシア X。大人旅の新しい目的は贅沢な移動時間を過ごすこと。
SPONSORED
2024.03.21

浅草と鬼怒川温泉を結ぶ〈東武鉄道〉のスペーシア X。
大人旅の新しい目的は贅沢な移動時間を過ごすこと。

旅先での過ごし方に限らず、移動時間さえもが贅沢なひとときに。浅草と日光・鬼怒川温泉を結ぶ〈東武鉄道〉の新型特急スペーシア Xに乗れば、そんな大人旅の新しい楽しみ方を発見できる。特急スペーシアが築いた伝統を継承し、より上質に進化を遂げたフラ…

〈フレデリック・コンスタント〉世界限定88本のワールドタイマー。グローバルに活躍する洗練されたビジネスパーソンへ。
SPONSORED
2024.03.21

〈フレデリック・コンスタント〉世界限定88本のワールドタイマー。
グローバルに活躍する洗練されたビジネスパーソンへ。

デジタルツールと同様に、世界を股にかけるビジネスマンに欠かせないものは格式のある機械式時計。なぜならそれは“信用ある人物”の証左となる。〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック ワールドタイマー マニュファクチュール”は、まさにその代…

TAGS:   Urban Safari Watches
町田啓太が体感した〈Audi〉A3の魅力とは!?
SPONSORED
2024.02.29

町田啓太が体感した
〈Audi〉A3の魅力とは!?

エモーショナルな佇まいと先進の装備で人気を博す〈Audi〉A3を、今をときめく町田啓太さんがインプレッション! 意外にも免許取得以来一度も自分のクルマを所有したことがないそうだが、〈Audi〉が誇るプレミアムコンパクトは、彼の琴線に大いに…

TAGS:   Cars
ラグジュアリーブラックが抜群にかっこいい! 〈ベアブリック〉×〈MCM〉の最新コラボ
SPONSORED
2024.03.14

ラグジュアリーブラックが抜群にかっこいい! 〈ベアブリック〉×〈MCM〉の最新コラボ

コレクターから根強い人気を持つ〈ベアブリック〉。これまで登場したコラボ作は数知れず。シンプルなフィギュアの上に重なる唯一無二のデザインは、収集癖をいっそう掻き立てる。その新作として、とびきりスタイリッシュなデザインが誕生した。

TAGS:   Fashion Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ