Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.04.18

AMERICAN BOOKS カリフォルニアを巡る物語
『カリフォルニア・ガール』×今月のテーマ オレンジカウンティ

ベトナム戦争に大統領暗殺、ヒッピー文化にロックとセックス。これら1960年代を表すキーワードは、西海岸にどんな影響を与えたのだろうか? オレンジカウンティを舞台にした本作。主人公であるベッカー兄弟の言動は雄弁だ。読後感には、魅惑的に笑うオレンジのピンナップガールの印象が一変するはず。西海岸ミステリーの現在地を探るにもおすすめの1冊だ!


現代の実力派ミステリーテラーによる
’60年代のオレンジカウンティが舞台の名作!

著者のT・ジェファーソン・パーカーは2001年の『サイレント・ジョー』で、アメリカ文学のミステリー最高峰の賞であるエドガー賞(MWA/アメリカ探偵作家クラブ賞)を受賞。そして、′04年発表の本作も同賞を受賞する栄誉を果たした。ふたつの作品に共通するのは、主要人物の真実に迫る真摯で堅実、あるいは鬼気迫った姿勢だ。ミステリーにおける要石とも呼べる登場人物たちの言動に引きこまれているうちに600ページ超えの長編を読破してしまう。

特に本作『カリフォルニア・ガール』は、万人に読みやすいテーマとはお世辞にもいえない。表題や、舞台となるカリフォルニアのオレンジ工場からは、いわゆる“西海岸ボーイ・ミーツ・ガール”な物語(たとえば、同じ時期の同じエリアで繰り広げられていた、映画『アメリカン・グラフィティ』的な青春活劇)を想像する人も多いのでは? そんな予想はすぐに打ち破られるが、それでもページをめくる手が止まらないのは、この作品が史実に沿っているからだろうか? 物語はオレンジ出荷工場の廃屋で、ヴォン家の次女・ジャニルの死体が見つかることから動き出していく。ベッカー兄弟はその真相を暴こうとするが、真相にはなかなかたどりつけない。真犯人とその動機の輪郭が判明していくたびに、登場人物たちは厳しい決断を迫られる。そのあたりは、ミステリーというよりもドラマの要素が大きいだろう。

この作品の時代設定は1968年。当時のアメリカは、それまでの純粋無垢な星条旗万歳な時代が終わりつつあった時期。ベトナム戦争やヒッピー文化、そして大統領暗殺など、反体制がキーワードとなる時代だ。そして舞台は西海岸のオレンジカウンティ。現在であれば、陽光差しこむ“ザ・南カリフォルニアな場所”、あるいは、海外ドラマにも登場する高級住宅地というイメージだろうか? しかしながら、作品に登場するこの街は、そんな一筋縄にはいかない。ポジティブな対象としてではなく、“変わりはじめてしまった土地”といわんばかりの、陰や鬱のイメージを帯びた描き方をされているのだ。「丘の中腹に広がる貧民街を通り過ぎ、さらに闘牛場と癌治療の専門病院を通り過ぎると、断崖と荒海を見おろす海岸沿いの道に出た」といった描写や、「まわりに分譲住宅が次々にあらわれるようになると、彼らの家はかつて美しかった叔母のように急速に老けていった」などの描写は、ジェファーソン作品ならではの街の息吹を伝えるものだ。

物語は終わりに近づくにつれて、さらに熱を帯びていく。幼い頃に見た原風景を胸に正義を見つめる刑事、ジャーナリズムを追う記者、赦しを問われる牧師。異なる立場のベッカー兄弟だが、それぞれが抱える矜持のどこに共感とカタルシスを受けるかは、読み手に託されることになる。ミステリーでありながら啓発の役割も持つ傑作であることは間違いない。

Information

●『カリフォルニア・ガール』
T.ジェファーソン・パーカー 著
七搦理美子 訳
早川書房 952円

雑誌Safari5月号 P295掲載

文=竹田聡一郎 text : Soichiro Takeda
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
PR
2019.04.19 NEW

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ