Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2022.06.19


【エルヴィス・プレスリー】アメリカの光と影を映し出すロックの王様!

世界で最も多くのレコードを売り上げ、キング・オブ・ロックンロールと称される男、エルヴィス・プレスリー。7月に映画の公開も控え、今再び脚光を浴びているアメリカン・レジェンドを、モーリー・ロバートソン流の新鮮なアングルで読み解く!


[エルヴィス・プレスリー]
Elvis Presley

【エルヴィス・プレスリー】アメリカの光と影を映し出すロックの王様!エルヴィスは、好きな人と嫌いな人で評価が全く異なる人物です。好きな人にとっては、天使のように素晴らしい。嫌いな人にとっては、人種差別の象徴。その間の微妙なところの考察は、あまり見かけません。だから彼の音楽だけを取り出して話すのは、少しもったいない。なぜヒットしたのか、どういう社会背景で、どんな気持ちで人々が熱狂したのか、それを追体験したいですね。

エルヴィスを売り出した人たちは、いわゆる黒人音楽であるブルースやR&Bに商業的な可能性を感じて、この熱狂は白人の若者にも届くと考えた。映画『アメリカン・グラフィティ』に出てくるように、母親が「黒人音楽は聴くな」というのを、若者は親に借りたクルマでドライブインに行き、こっそり聴いていた。黒人音楽が隔離されていた時代に、その扉を開けたのがエルヴィスです。彼がいたからビートルズのサウンドがあったし、クラプトンやストーンズもあった。公民権運動は’70年代までもつれますが、音楽では先に強力な市民権を得ました。

ただ、それはエルヴィスの影響におけるソフトな面。ハードにいくなら、やはり黒人と白人の文化が隔離されていた背景を見なきゃなりません。当時のアメリカは戦後の好況に沸く一方、黒人は低所得の仕事に固定されていた。マーケット規模で考えると、黒人の音楽を白人に拡大するのは、ひとつの大きなヤマでした。そのための何人かいる候補の中で、エルヴィスがドンピシャだったわけです。

さらにこの時代は、プロテスタントの白人の、禁欲的に勤勉に働き、財を成して子孫繁栄みたいな、非常に実直なフォーミュラがありました。これに対して黒人は、“ジュークジョイント”と呼ばれるバーで泥酔したり、喧嘩したり、非常に享楽的だと。もちろん白人の偏見もありますが、当時のメディアではそう捉えられていた。だから白人プロテスタント的な勤勉さからすると、非常に恐怖感と嫌悪感があったわけです。でも、当時の若者が熱狂してしまうのは、まさにそのリズムやグルーブ、あるいはいかがわしさ。そのギリギリを攻めると儲かるぞ、と。健全な娯楽との紙一重、そこを巧みに突いていったのだと思います。音楽による快楽と熱狂があり、その一方では黒人街の近くに住みたくないというような差別意識がある。だから社会に不公平がある限り、エルヴィスはどうしても二面性をもって語られてしまうのです。

それからもうひとつ。エルヴィスは従軍体験を通して“オール・アメリカン・ボーイ”、つまり模範的なアメリカ人の代表になる夢をもったんじゃないかな。大人に眉をひそめられていた男が、正当な権威として市民権を得る。まさに白人プロテスタントの価値観に沿った、清い人物像です。スターに押し上げてくれたアメリカに報いたい気持ちと、そこにしがみつきたい気持ちと。もしかすると彼の中に、その筋道が見えていたのかもしれません。そういう意味でもエルヴィスは、アメリカの古きよき黄金期、でも期間としては短く、後に混迷や黄昏もある白人男性のアイデンティティが強烈に輝いた時代を象徴する人物なのです。

エルヴィスに関する個人的な思い出としては、メリーランド州のボルチモアでパンクバンドをやっていた頃のことが印象的です。当時、仲間で誰かの広い家に集まっては酔っ払っていたのですが、そこでずっとエルヴィスの最後のコンサートのビデオを流していた。もう完全にむくんじゃって、かろうじて歌っているエルヴィス。それを見て「これが人間の理想だ」と話していた3つ上のドラマーがいました。彼は本当にエルヴィスに憧れて、その生き方を実践した結果、昨年アルコール依存の合併症で亡くなりました。彼にとっては、晩年のダメになってしまったエルヴィスのほうがリアル。ある種のアンチヒーローだったんですね。

【エルヴィス・プレスリー】アメリカの光と影を映し出すロックの王様!エルヴィスは1958年にアメリカ陸軍への徴兵通知を受け、いっさいの特例措置を受けることなく2年間の兵役についた。西ドイツの駐留部隊に配属され、ファンに迎えられる中’60年に帰国。後ろに写っているのは、“パーカー大佐”の通称で知られるマネージャーのトム・パーカー。映画『エルヴィス』ではトム・ハンクスが演じる

【エルヴィス・プレスリー】アメリカの光と影を映し出すロックの王様!1959年に当時14歳だったプリシラ・アン・ボーリューと出会い、8年後の’67年に結婚。翌年には娘のリサ・マリーが生まれたが、’73年に離婚。ただ、離婚後も友人関係にあった

 エルヴィス・プレスリーの歴史 

【エルヴィス・プレスリー】アメリカの光と影を映し出すロックの王様!全世界のレコード・カセット・CDなどの総売り上げは5億枚以上とされ、公式リリース音源は800曲以上。また、32本の映画出演作すべてに主演している。没後も、楽曲がカバーされたり、映画の題材になったりと、その影響力は計り知れない。

映画公開情報
『エルヴィス』

【エルヴィス・プレスリー】アメリカの光と影を映し出すロックの王様!©2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
世界を一変させたエルヴィスの誰も知らなかった真実の物語。バズ・ラーマン監督に「エルヴィスそのもの」といわしめた、新星オースティン・バトラーの圧倒的な演技と歌唱に注目!
監督:バズ・ラーマン 出演:オースティン・バトラー、トム・ハンクス 7月1日(金)より全国公開 配給:ワーナー・ブラザース映画

【エルヴィス・プレスリー】アメリカの光と影を映し出すロックの王様!教えてくれたのは
[モーリー・ロバートソン]
Morley Robertson
1963年、NY生まれ。日米双方の教育を受け、東京大学とハーバード大学に現役合格。東大を1学期で中退し、ハーバード大に入学。東大在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。現在はタレント、国際ジャーナリスト、音楽家として幅広く活動している。

この偉人になりたい度数
66/100
もがき苦しんだ晩年を追体験するのは……
「トップでありたい、主流に認められたいと、懸命にもがき苦しんだ彼の思いを感じてしまいます。それを追体験するのは、ちょっとパスですね。ただ、作品は素晴らしいです」

Information

雑誌『Safari』7月号 P184~185掲載

文=野中邦彦
text : Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.) photo by AFLO
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ