Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2022.03.31


走り好きがとにかく絶賛!〈アルピーヌ〉A110は一体なにがいいのか?

「最近のクルマはどれも優等生で、キャラ的に面白みがない」。もしアナタがそう思っているなら、是非一度乗ってほしいクルマがある。それが〈アルピーヌ〉A110だ。というのも、このクルマに乗った人はとにかく絶賛。ほかのスポーツカーと比べても、「段違いで楽しい!」という声が後を絶たない。そしてこの〈アルピーヌ〉A110が、さらに個性を磨いた新型の受注を2月から開始している。果たしてどのようにアップデイトされたのか、さっそくフォーカスしてみよう。

そもそもA110は、1963年に登場した、ライトウェイトスポーツで知られる名車がルーツ。レースでも数々の戦績を残していて、FRPボディにルノー製エンジンを積んだA110は、1973年に開催されたWRC(世界ラリー選手権)では初代王者に。そんな輝かしい栄光と美しいボディデザインは、今でも多くの人を惹きつけてやまないのはご存知のとおりだ。 


そんな背景を持つA110だが、今回受注を開始した新型のポイントは、まずグレードが整理されたこと。これまでA110 ピュア、A110 リネージ、A110 Sだったラインアップが、新型ではA110、A110 GT、A110 Sに再構成された。もちろん中身も一部改良。各グレードの個性がさらに際立つ展開になっているのだが、やっぱりこのクルマのよさは、なんといっても基本性能の高さにある。

写真はA110

写真はA110 GT

写真はA110 S

軽さが生み出す異次元の走りに唸る!

たとえば、最もシンプル&ベーシックで、クラシックA110の正当な後継者とされるA110は、車両重量がなんと1110kg。ボディを含む重量の96%がアルミ製で、前後重量配分は44対56と理想的。そこにミッドに積まれた最高出力252PSの1.8ℓ直列4気筒ターボエンジンを組み合わせ、0-100km/h加速は4.5秒を誇るというのだから楽しくないはずがない。

もちろん傑出したハンドリングに貢献する足まわりもしっかり。ダブルウィッシュボーンサスペンションが高い接地性を生み出し、しかもダンパー内にセカンダリーダンパーを備える“ハリドロリック・コンプレッション・ストップ”を採用。クルマのキャラクターをスペックで読み解ける人なら、すぐに「ワインディングで走らせてみたい!」と思うのではないだろうか? さらにそんなクルマの特性は、最高出力300PS、最大トルク340N・mと大幅にスペックアップされたA110 GT、A110 Sともなると、グッと別次元に誘ってくれるのは言うまでもない。 

 

色褪せることのない
タイムレスなデザイン!

高性能ライトウェイトスポーツの楽しさを存分に味わえるA110だが、一方で見るたびに「かっこいい!」と感動を呼ぶボディデザインも心を捉えて離さない。強烈な個性を放つオリジナルのA110を現代に蘇らせたデザインは、流麗、エレガントでスピード感にあふれるもの。ちなみにチーフデザイナーのアントニー・ヴィラン氏によると、往年の〈アルピーヌ〉の歴代モデルをデザインスタジオ全員で実物大スケッチ。そうする過程の中で、アルピーヌ・ブランドのDNA、過去と未来を繋げるエレメントを炙り出していったという。「スタイル面で決定的だったのは、外に向かって威張る感じより、攻撃的でなくエレガントであることこそ〈アルピーヌ〉らしい、ということでした。〈アルピーヌ〉のもたらす純粋なプレジャーとはマスを削り、”light is right”であること。300~400PSが当たり前の世界でパワーを誇示することでなく、200PSちょっとでも受け入れられるクルマであることです。あとひとつ言えることは、”未来のクラシック”になるもの、時間の経過に流されないもの、としたかったのです」

さらにアントニー・ヴィラン氏にとって、難しかったのは外装よりもむしろ内装のほうだったようだ。
「往年のA110の雰囲気をそのまま移すと、今日の新車としては快適性に乏しく、スパルタンにすぎます。サーキット用のクルマと異なる官能的なマシンであることを、軽さとピュアさの中で表現しつつ、快適で洗練されている必要があったのです。多くの高級スポーツカーは洗練されていますが、やはりスチールボディの上にプラスチックとモケット、ウレタンを重ねた通常どおりの内装であることは否めない。だから〈アルピーヌ〉は思い切って、すべて剥ぎとるところからはじめました。もともとアルミのボディの上に、アルミと革とカーボンを載せただけ、というミニマルさです」 

 こうやって完成したA110のデザインだが、ご覧のとおり華美な装飾はなく、純粋に走る楽しみを具現化しているよう。さらにアントニー・ヴィラン氏は、
「時間性、時代性を感じさせないデザインであることが目標でしたし、今後も同じA110を継続していくことがマーケティング、エンジニア、そして工場との共通認識ですから」と語っている。

そのほか新型A110では、すべてのグレードで新たにマルチメディアシステムを採用。“Apple CarPlay”、“Android Auto”に対応し、インフォテイメント環境が大きく向上したのはニュースだ。これにより、日常のドライブがよりいっそう楽しいものになっている。

とにかく往年のデザインを引き継ぎつつも、ライトウェイトスポーツだから実現できたエキサイティングな走りが楽しめる新型A110。クルマを操る本当の醍醐味を味わいたいなら、素通りできない1台なのは間違いない。 

 

気になるスペックは?

★DATA 〈アルピーヌ〉A110全グレード共通
●全長×全幅×全高:4205×1800×1250mm
●ホイールベース:2420mm
●エンジン:1.8ℓ直列4気筒DOHCターボチャージャー付き
●トランスミッション:7速AT
●駆動方式:後輪駆動(MR)

アルピーヌ〉A110
●車両重量:1110kg
●最高出力:185kW(252PS)/6000rpm(ECE)
●最大トルク:320N・m(32.6kgm)/2000rpm(ECE)
●0-100km/h:4.5秒
●最高速度:250km/h
●車両本体価格:811万円

アルピーヌ〉A110 GT
●車両重量:1130kg
●最高出力:221kW(300PS)/6300rpm(ECE)
●最大トルク:340N・m(34.6kgm)/2400rpm(ECE)
●0-100km/h:4.2秒
●最高速度:250km/h
●車両本体価格:893万円

アルピーヌ〉A110 S
●車両重量:1120kg
●最高出力:221kW(300PS)/6300rpm(ECE)
●最大トルク:340N・m(34.6kgm)/2400rpm(ECE)
●0-100km/h:4.2秒
●最高速度:260km/h
●車両本体価格:897万円

※諸元はすべて参考値 

 

Information

アルピーヌコール 
TEL:0800-1238-110
URL:https://alpinecars.jp



〈ジミー チュウ〉の香りが爽快派にウケている理由とは?
SPONSORED
2022.08.05

〈ジミー チュウ〉の香りが
爽快派にウケている理由とは?

仕事にも遊びにも全力で前向きな人は、自分らしいリフレッシュ法も心得ているもの。好きな本を読む、美味しいものを食べる、最近はサウナなども人気だろう。そのやり方は千差万別だが、なかでも手軽かつ効果抜群なのは“心地いい香りに包まれる”という方法…

TAGS:   Fashion
〈アウディ〉RS 3が都会派に選ばれる理由!
SPONSORED
2022.08.01

〈アウディ〉RS 3が都会派に選ばれる理由!

コンパクトで驚くほど速く、見た目もかなりいい。〈アウディ〉RS 3の魅力がそこにあるのは間違いない。ただしコレ、半分正解。確かに“RS”の名を冠するだけあって、息をのむようなパフォーマンスには心が躍り、精悍な見た目にもゾクゾクする。でも、…

TAGS:   Cars
クラフツマンシップが宿る〈コーチ〉の新作!大人のお洒落はバッグで印象が決まる!
SPONSORED
2022.07.29

クラフツマンシップが宿る〈コーチ〉の新作!
大人のお洒落はバッグで印象が決まる!

〈コーチ〉のバッグは、その佇まいからNYの香りが感じられ、手間と時間をかけたレザー製品にしか出せない風格が漂っている。新作のスポーツ カーフ コレクションもまさにそう。こんなバッグが似合う大人でありたい、と思わせてくれる秀作が豊富だ。しか…

TAGS:   Fashion
夏カジュアルに差をつける〈アルファ〉のイニシャルジュエリー!海上がりで断然映えるのはちょっと控えめなYG!
SPONSORED
2022.07.26

夏カジュアルに差をつける〈アルファ〉のイニシャルジュエリー!
海上がりで断然映えるのはちょっと控えめなYG!

素肌にパイルパーカ1枚、な~んて装いが海上がりのカラダには理想的。その胸元にさらりと加えたいのが、日灼け肌に映えるイエローゴールドのネックレス。とはいえ、これみよがしなトップはラフなカジュアルに似合わない。ならば、イニシャルジュエリーの〈…

TAGS:   Fashion
夏の日差しにも負けない〈オリス〉の新作ウォッチ!大人のTシャツ姿によく映えるあざやかカラーの腕時計!
SPONSORED
2022.07.25

夏の日差しにも負けない〈オリス〉の新作ウォッチ!
大人のTシャツ姿によく映えるあざやかカラーの腕時計!

高気圧が張り出し、ピーカンの青空。そんな日はTシャツが大人の男の正装だ。そして、そんな気取らない着こなしに必要になるのがさりげなく手元でリッチ感を添えるラグジュアリースポーツウォッチ! 時計としての真価を宿しながらもとびきりスタイリッシュ…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ