Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2020.09.24


奥行きある美しさに男心がくすぐられる!?

ビジュアルがいいクルマならいくらでもある。でも、できる大人の男なら、そこにストーリーも求めたい。〈フェラーリ〉ローマなら、その願いを叶えてくれるはず。


[フェラーリ ローマ]
FERRARI ROMA

お洒落で美しいデザインのクルマが〈フェラーリ〉から登場した。今回スポットを当てるローマである。よくよく考えてみると、フェラーリのデザインはどちらかというとストイックなものが多い。クルマを速く走らせるためのテクノロジーを積極的に取り入れ、エアロダイナミクスを中心にデザイン構成されているといった感じだ。エンジンやブレーキの冷却効率を高め、最適なダウンフォースで高速走行時のクルマの浮き上がりを抑えながらトラクションをしっかり稼ぐことが念頭に置かれる。

こうした傾向が強いのは当然のことだ。レースで培ったノウハウをアップデイトして市販車に搭載するのが彼らの流儀であり、カスタマーもそれを期待しているからだ。「時速200㎞になるとここのフラップが開いて空気の流れを変えます……」、なんてウンチクが購買意欲を高めるってものだろう。 

 
ところが今度出たローマは違う。名前の由来となったのはまさにローマという街。1950年代から’60年代のそこに住む人々の自由なライフスタイルをモチーフにしてデザインされた。戦後の復興から時間がたち心と財が豊かになってきた頃で、芸術やエンターテインメント、食文化が盛り上がっていた時代だ。アメリカで言うな1920年代と’50~’60年代あたり。いろいろなカルチャーが生まれた“古きよき時代”である。

そんなローマにつけられたキャッチコピーは“La Nuova Dolce Vita”。直訳すると“新しい甘い生活”となる。1960年に公開された映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニ監督の代表作『甘い生活(LA Dolce Vita)』を現代的に解釈した感じだ。 

 
ということで、このクルマはその世界観を演出する。妖艶なデザインはまさにそこから生まれた。新しさの中にどこかレトロさを感じるのは、その時代のテイストを取り入れた結果である。

と同時に、このクルマには’60年代のフェラーリ製GTカーへのオマージュも含まれている。衝突安全規制がなく、のびやかにデザインが許された時代の産物だ。クラシックカーがかっこよく見えるのは、そうした背景があるからだ。そんなローマのデザインはキラリと光る。このクルマの誕生で、今後のGTカーデザインは変わるかも。それにしても、’50年代のローマにスポットを当てるなんて、昔のほうが人々の生活に余裕があったってことだろうか。なんかうらやましい。 

 

ほかにもある!
このクルマの楽しみ方&使い方


ローマには、美しいプロポーション、バランスの取れた優美なボリューム感が落とし込まれている。それは、︿フェラーリ﹀のミッドフロント・エンジン・グランドツーリングカーの伝統に基づくもの。その美しい見た目と反するように、スペックは、最高出力620cvの8速D C Tギアボックスを備える新パワートレイン。だからこそ、パワフルでドライビング・プレジャーにあふれるモデルに仕上がっている。

また、コンポーネントの70%が新設計というのは見逃せない。基本骨格となるボディシェルとシャーシにも手が入っている。主な目的は軽量化。クルマを軽くし、より高い運動性能を引きだしながら、日常での運転のしやすさを実現している。きっとこの辺の技術も、長年トップで居続けたレースで培われたものからきているのだろう。本当に彼らのテクノロジーは、まさに日進月歩である。

それにフェラーリとしてはこのクルマを単なる追加モデルに終わらせたくないという思惑があるのではないか。アストンマーティンやベントレーなどハイスペックGTカーが台頭する中で、自分たちの存在をもう一度アピールする必要があるからだ。50年代彼らはGTカーをヒットさせた実績がある。それにこの分野はマーケットが広いから当たればドル箱だ。

そんなローマのワールドプレミアは昨年11月ローマで行われた。なんかオシャレなんだよね。そういうところも。

ココにもソソられる!


01 メーター&ステアリングホイール
見せ方にもこだわります!
軽量化など走りのスペックもそうだが、インターフェイスの進化も止まらない。ローマの液晶メーターは最新技術が満載で、様々な情報をかっこいいグラフィックで見ることができる。この辺の“見せ方”のこだわりも今回の目玉と言えそう。

02 620cvのV8ツインターボ
最高のエンジン+最速のTM
エンジンは3.9ℓ V8ツインターボで最高出力は620cv。4年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを獲得したV8ターボファミリーの一員だ。エンジンに組み合わされるトランスミッションも8速DCTに変更されている。

03 ツインコックピット
温故知新的なコックピット
’50年代のレーシングカーをモチーフにしたデュアルコックピットを取り入れながら、ダッシュボードやセンターコンソールを新デザインに進化させた。もしかしたらその辺のデザインは今後登場するモデルでデフォルトになるかもしれない。

SPECIFICATIONS
フェラーリ ローマ
●全長4656×全幅1974×全高1301㎜
●ホイールベース:2670㎜
●エンジン:3.9ℓ V8 DOHCターボ
●最高出力:620 cv/7500 rpm
●最大トルク:77 . 5㎏m/3000 - 5750 rpm
●トランスミッション:8速デュアルクラッチ
●最高速度:320㎞/h、0 - 100㎞/h加速:3.4秒
●車両重量:1472㎏
●駆動方式:RWD
●定員:4名
●ハンドル位置:左
●価格:2682万円~(税込み) 

  

Information

●フェラーリジャパン 
https://www.ferrari.com/ja-JP

雑誌『Safari』10月号 P210~211掲載

“ドライブは楽し!”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

文=九島事務所
text : Kushima Office

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉のワザありアウターどこから見てもサマになる楽ちんスタジャンが週末の相棒!
SPONSORED
2020.09.25

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉のワザありアウター
どこから見てもサマになる楽ちんスタジャンが週末の相棒!

冬アウターを羽織るには早すぎるし、シャツやロンT1枚だけではなんだか心もとない……。そんなときに頼れるのが着心地のよいスウェットだが、プルオーバーやパーカだとマンネリになりがち。とくれば、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注したスウ…

TAGS:   Fashion
〈ビーセカンド〉で見つけた、海外セレブ愛用の〈ボーラー〉!チビロゴで差をつける格上の贅沢フーディ!
SPONSORED
2020.09.25

〈ビーセカンド〉で見つけた、海外セレブ愛用の〈ボーラー〉!
チビロゴで差をつける格上の贅沢フーディ!

フーディといえばついビッグロゴに頼りがち。だが、セレブの休日を覗いてみると案外、無地やチビロゴのシンプルな1枚だったりする。確かに素材感やデザインが上質なら、その選択はより大人っぽい。オランダのプロサッカー選手が手掛けた〈ボーラー〉なら、…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロウライフ〉のマルチカラーの1着!フードの着脱で印象が変わる2WAYパーカで週末を遊ぶ!
SPONSORED
2020.09.29

〈ムータ〉×〈ロウライフ〉のマルチカラーの1着!
フードの着脱で印象が変わる2WAYパーカで週末を遊ぶ!

海男が大好きなアイテムといえばパーカ。でも、スウェット素材は冬を乗り切れない!?でも、〈ロウライフ〉が〈ムータ〉に別注したボンディング素材なら、ど〜んと来い!ウェットスーツのような素材だから軽くて暖かく、シーンに応じてフードの着脱も楽しめ…

TAGS:   Fashion
男たちのリアルなJEEPライフ! Volume 02仕事にも波乗りにも頼れる風格ある1台!
SPONSORED
2020.09.25

男たちのリアルなJEEPライフ! Volume 02
仕事にも波乗りにも頼れる風格ある1台!

スタイリストとして本誌『Safari』でも活躍する浅井秀規さん。撮影などで都内を奔走する平日、そして大好きな波乗りに出向く貴重な休日。相棒になっているのは風格たっぷりの〈ジープ〉"グランドチェロキー"。彼の愛車選びの基準とは?

TAGS:   Cars Lifestyle
澄んだ空気のような〈ブルガリ〉の新作フレグランス!頂上を目指す大人に似合う気高い"エアー"の香り!
SPONSORED
2020.09.28

澄んだ空気のような〈ブルガリ〉の新作フレグランス!
頂上を目指す大人に似合う気高い"エアー"の香り!

山の頂に登った者だけが知っている、雪の結晶のように澄み切った空気。自然界のエレメントにインスパイアされた‟ブルガリ マン”コレクションから新しく登場したフレグランスは、そんな‟エアー”がテーマ。類いまれなエナジーを体現するフレグランスは、…

TAGS:   Health&Beauty
アクティブライフを丸抱え!冒険の頼れる相棒は〈ランドローバー〉ディスカバリー!
SPONSORED
2020.09.25

アクティブライフを丸抱え!
冒険の頼れる相棒は〈ランドローバー〉ディスカバリー!

クルマ選びは「まずはSUVから」、なんてご時世。でも、クルマ選びの要点は“自分のライフスタイルに合っているかどうか”ってこと。最近じゃカタチだけのSUVも多いから、そこで選択を誤ると、“ただ流行に乗ってしまっただけ”ということになりかねな…

TAGS:   Cars
ペア使いもシェアもできる〈ティファニー〉の新アイコン!彼女と使えるジュエリーなら2人の絆はもっと深まる!?
SPONSORED
2020.09.25

ペア使いもシェアもできる〈ティファニー〉の新アイコン!
彼女と使えるジュエリーなら2人の絆はもっと深まる!?

〈ティファニー〉を象徴する‟T”を、上品かつ力強い新アイコンとして表現した‟ティファニーTワン”。第1弾の登場は4月なので、ハイセンスな女性なら当然知っているかも。今回紹介する新作はそのジェンダーレスなデザインを踏襲。ペア使いやシェアにも…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルで〝大小〞を選べる〈MCM〉の新作!週末を華やかにする大人のための品格バッグ!
SPONSORED
2020.09.25

ライフスタイルで〝大小〞を選べる〈MCM〉の新作!
週末を華やかにする大人のための品格バッグ!

ちょっとした外出にはミニバッグがちょうどいいけど、ジム通いなどには容量のある大きなバッグがやっぱり便利。どちらを使うにしても、こういう普段使いのバッグに特別感があることって、週末を楽しくする演出として意外と大切なことかも。そこで〈MCM〉…

TAGS:   Fashion Lifestyle
体操界をリードする内村航平選手が共感する〈ロンジン〉の新作!挑戦し続ける男に似合うパイオニア精神の宿る1本!
SPONSORED
2020.09.25

体操界をリードする内村航平選手が共感する〈ロンジン〉の新作!
挑戦し続ける男に似合うパイオニア精神の宿る1本!

技の難易度と精度、そして美しさを追い求めるのが体操競技。日本体操界の“生きるレジェンド”である内村航平選手は、その競技人生において、過去に誰も成し遂げていない偉業を達成し続けてきた。歴史的な冒険者たちへの敬意を込めた〈ロンジン〉の新作時計…

TAGS:   Fashion Watches
星条旗柄が効いた今季の〈パーリーゲイツ〉!〝アメリカ~ン〞な気分ならゴルフはもっと楽しい!
SPONSORED
2020.09.25

星条旗柄が効いた今季の〈パーリーゲイツ〉!
〝アメリカ~ン〞な気分ならゴルフはもっと楽しい!

スコアにこだわらず、ゴルフを思いっきり楽しんでプレイするなら、まずはウエアから気分を上げていくのが一番手っ取り早い方法!? で、そんなエンジョイゴルフに最適なブランドといえば、やっぱり〈パーリーゲイツ〉。今シーズンは、“アメリカ~ン”な星…

TAGS:   Fashion
〈Gステージ〉の異素材ミックスなら遊び心たっぷり!デニムシャツのように羽織るダウンで脱・マンネリ!
SPONSORED
2020.09.25

〈Gステージ〉の異素材ミックスなら遊び心たっぷり!
デニムシャツのように羽織るダウンで脱・マンネリ!

アメカジ好きの大人なら、これまで何本もデニムを穿いてきたはず。ならば、この秋は“羽織る”デニムを新たに加えてみては!? といっても、Gジャンやデニムシャツではなく注目したいのが、〈Gステージ〉のダウン。長年着こんだデニムの味を生地とプリン…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ