Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2020.07.02


デザイン、コスパの高さは想定外!? 〈トヨタ〉ハリアー

『Safari Online』の読者たるもの、やっぱりトレンドには敏感でなくては。となると“注文殺到”な〜んてキーワードは、やっぱり見逃せないんじゃない? だったら今、コレはいち早くチェックしておいて間違いなし! 噂によればすでに納車6カ月待ちともいわれている、国産プレミアムSUV〈トヨタ〉新型ハリアーだ。

完全刷新の新型は、とにかく流麗で端正なルックスがウリ。ハリアーとしての性格をきっちりと踏襲しているにもかかわらず、完全に既視感のない先進性を存分に発揮する。薄型ライトはフロントフェイスだけでなくリアにもあしらわれていて、全体的にワイド&ローな雰囲気を漂わせている。そう、今回のハリアー、前にも増してかなり都会的なのだ。 

 
“面構成”を意識したデザインは、国産と思えないほどのお洒落さ。これなら輸入車からの乗り替え層をも取りこみそう。特にこのリアエンドの美麗さは、何度見てもうっとりするほどの作りこみだ。


 


インテリアも完全刷新。まず、ドアパネル内側にはかつての“ハリアーエンブレム”がしっかりあしらわれている。そう、今回からボンネットの鼻先には〈トヨタ〉マークが冠されることになった。そうなると、旧来のハリアーファンは一抹の寂しさを感じることだろう。しかし乗りこめば、そこにはちゃ〜んと過去の系譜がエンボスされているのでご安心いただきたい。

さらに、新意匠として、コンソール形状が“馬の鞍”を意識した、丸みを帯びたデザインに。何度見て、触っても心地よいマテリアルを実現している。随所に仕込まれたアンビエントライトも、価格を考えれば驚くほどの高質感。そう、今回のハリアーのコスパは、マジでスゴイのだ。

 

 

都会で乗るのがふさわしい!?


パワートレインはFFと四輪駆動を展開する、2.5ℓハイブリッドと2.0ℓガソリンエンジンの2種類。お財布に余裕があれば、個人的にはパワフルでトルキーなハイブリッドをオススメしたいが(そう、最近の〈トヨタ〉のハイブリッドは、ただエコなだけじゃなくかなりパワフル!)、FFガソリンエンジンも、価格を考えれば満足度は十二分。しかも鼻先がかなり軽いので、都心部中心に乗る諸兄は、正直これで生活のすべてを網羅してくれるだろう。

その走行を支えるのはトヨタのプラットフォーム戦略、TNGA世代に進化した基本骨格だ。オンロードに割り切った車高の低さ、サスペンションストロークながら、フレームがかなりしっかりしているため、見た目以上のコーナリング性能を見せてくれた。もちろん、直進安定性の素晴らしさはピカイチ! 

 
さらに予防安全も完璧だ。最新世代のトヨタセーフティーセンスを搭載するほか、なんとエンジン始動時には車両の前後画像を録画する“デジタルインナーミラー”を用意。もしものあおり運転にも備えてくれたのは嬉しい。

 

 

気になるスペックは?


★DATA 〈トヨタ〉ハリアー Z “レザーパッケージ”ハイブリッド ・E-Four
●全長×全幅×全高:4740×1855×1660mm
●車両重量:1690kg
●ホイールベース:2690mm
●エンジン:2.5ℓ直列4気筒
●最高出力:131kW(178PS)/5700rpm
●最大トルク:221Nm(22.5kgm)/3600~5200rpm
●フロントモーター最高出力:88kW(120PS)
●フロントモーター最大トルク:202N・m(20.6kgf・m)
●リアモーター最高出力:40kW(54PS)
●リアモーター最大トルク:121N・m(12.3kgf・m)
●トランスミッション:電気式無段変速
●駆動方式:電気式四輪駆動
●税込み価格:504万円

Information

●トヨタ自動車 お客様相談センター 
TEL:0800-700-7700

文=今井優杏 text:Yuki Imai

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。