Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.05.30


【早出し!】これが“メルセデス”初のピュアEV! 〈メルセデス・ベンツ〉EQC

自然をこよなく愛するみなさんなら、すでにはじめているかもしれない、エコロジーでオーガニックなライフスタイル。「他人にも地球にも優しく生きていく」、そんなムーブメントはファッションにまで広がりを見せていて、いまや西海岸系セレブだって、なにかしらを実践している人も多い。ここ日本に住む我々もハートは同じ。だからこそ「クルマ選びだってもちろんそうありたい。でも気に入ったクルマがないかも」。そんな思いがあるのもよ〜くわかる。しかし、年内〜来年にかけて日本に到着予定のコレなら、リッチなアーバンライフを犠牲にしないクリーンなカーライフを楽しめるかも!

それが〈メルセデス・ベンツ〉初のピュアEV、EQC。そう、自動車の生みの親〈メルセデス・ベンツ〉が電気自動車を作ったっていうんだから、エコはともかくクルマ好きにとっても、これって実は超ビッグニュースなのだ。プレミアム欧州勢でいえば、すでに〈アウディ〉がeトロン、〈ジャガー〉がIペイスを発表し、ピュアEVセグメントは急激な盛り上がりを見せている。一刻も早くチェックしなくちゃ気が済まない!? そんなわけで、はるばるノルウェーの報道陣向け国際試乗会に出向き、そのドライブフィールを真っ先にキャッチ。早出しの情報をお届けしよう。
 

 
 

NEXT ベース車両は〈メルセデス・ベンツ〉GLC!

2/4PAGE



ベース車両は〈メルセデス・ベンツ〉GLC!


今回試乗したのは、EQC 400 4MATIC。EQCは同社のSUV“GLC”をベースにしている。同プラットフォームを使用し、ボディサイズも全長がほんの少し長いだけでほぼ同じ。しかし、猛々しい雰囲気のGLCに比べ、どこか癒し系な存在感を放つのがEQC。ツルンとした独特なエクステリアはかなり個性的だ。
 

 
EQとは“エレクトリック・インテリジェンス”を意味する言葉で、今後どんどんラインナップを増やすとのこと。このデザイン、EQファミリーの共通デザイン言語になる予定だ。インテリアもEQシリーズ専用となるところ多数。なかでもすっかり日本でもお馴染みになった「ハイ、メルセデス」の音声認識システムMBUXは、EVオーナーなら気になる充電ポイントを目的地上に最適なタイミングで表示させるなど、ブラッシュアップされた賢さを見せる。
 
 
 

NEXT で、実際どうかって? とにかくトルクがスゴイ!

3/4PAGE



で、実際どうかって? とにかくトルクがスゴイ!


「EVになっても、腹立たしいほど〈メルセデス・ベンツ〉に仕上がっている」に尽きる。
車両の前後にモーターを2基搭載し、総合出力300kWの四輪駆動。フロア下に敷き詰められたバッテリーエネルギー容量は80kWhで、実はライバル勢を見渡せば、「え? そんなものでライバル出し抜けるの?」と拍子抜けするほどの数字ではある。しかし、圧倒的なのは最大トルクで、なんと765Nm。他を寄せつけない圧倒的な飛び出しを見せる。0-100km/h加速は5.1秒。そう、これはスポーツカーじゃなくSUVボディのEVだってこと、アクセル踏みつけたら忘れちゃうくらいだ。まるで脳みそをその場に置き去りにするような、鮮烈で瞬間的な加速は、このEQCでしか体感できないモノ。
 

 
さらにそんなパワーを受け止め、しっかりとしなりながら路面をいなしていくサスペンションの味つけこそ「さすが〈メルセデス・ベンツ〉!」と唸るポイントでもある。モーター×バッテリーという重量物のせいで総重量は3トンにも迫る勢い。しかし、EQCはどこまでもひらり、ひらりとフィヨルドの脇を抜けていく。ハンドリングも軽快そのもの。鈍重さのカケラもないんだから、ため息が出そうになった。
 
 
さらなるEQの利点は、〈メルセデス・ベンツ〉の誇る先進予防安全装備と相性ピッタンコなこと。センサーやアラートなど、電気モノはコンピュータとベストマッチングすることは想像しやすいでしょ? おかげでほかのエンジンモノより、最新の安全技術を手に入れている。

今は充電スポットも増え、ずいぶんハードルの下がったEV。EQCなら走りにも妥協なし!
 

NEXT 動画もお楽しみください!

4/4PAGE



Information

●メルセデス・コール 
TEL:0120-190-610

文=今井優杏 text:Yuki Imai

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!
SPONSORED
2019.07.26

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!
大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!

もうひととおりのデニムは持っていて新たにどんなデニムを買っていいかわからない。似たり寄ったりのデニムではもうトキメキがない。そんな人でもナットクできる、ちょっと“ワザあり”の〈ディーゼル〉の新作デニムをピックアップ。といっても、やりすぎの…

TAGS:   Fashion Denim
手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!
SPONSORED
2019.07.25

手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!
王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!

ほかにはない唯一無二のオリジナリティと革新的な技術、そしてファッション性を兼ね備えた〈ウブロ〉は、時計愛好家ばかりでなく、アクティブな男たちの心を捉えて離さない。スポーティでいて、ラグジュアリー。その魅力はいつものアメカジを格上げするとと…

TAGS:   Watches
プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!
SPONSORED
2019.07.25

プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!
自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!

大自然から発想を得たデザインと、都会でも自然の中でも活躍する機能性。この2つをうまく融合させたアイテムを展開する〈ロエベ〉のライフスタイルライン“アイ/ロエベ/ネイチャー”。その魅力を伝えるべく今回登場してくれたのはプロサーファーの市東重…

TAGS:   Fashion
さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!
SPONSORED
2019.07.25

さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!
街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!

ダイバーズウォッチのハイスペックに、ラグジュアリーなスタイルを併せ持つ。それが“クロノオフショア1”だ。海での実力はもちろんのこと、街でもそれを持て余すどころか、むしろ秘めたポテンシャルがスタイリッシュに映る。“街ダイバーズ”は、まさに海…

TAGS:   Watches
オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!
SPONSORED
2019.07.25

オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!
遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!

昼も夜もオフの日は本気で遊ぶのが、アクティブな大人の信条。となれば、手元のお洒落もそのときどきに合った印象に着替えたくなるはず。そこで頼りになるのが、ナイロンと革のバンドを簡単に付け替えられる〈トゥルーム〉時計だ。どちらも素材や仕立てにこ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!
SPONSORED
2019.07.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03
心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!

セレブたちのライフスタイルに憧れを抱くのは、決して贅沢な旅をしているからではないと思う。おそらくそれは、彼らが人生も旅も自分らしく自由にゆとりを持って楽しんでいるからなのだ。そんな“自分らしさ”を大切にしたバカンスに共感し、実現したいと思…

TAGS:   Lifestyle
オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!
SPONSORED
2019.07.25

オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!
“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!

週末は大好きな趣味を存分に楽しむ。そんなリフレッシュ上手な大人が増えている。でももっと手軽にシーンを選ばずリフレッシュできたら、いいと思わない? 炭酸がほどよく効いた爽快な飲み口と、高麗人参をはじめとした栄養成分を配合した〈タフマン リフ…

TAGS:   Gourmet
最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!
SPONSORED
2019.07.25

最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?
サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!

海外のビーチリゾートにも憧れるが、もっとお手軽に夏を楽しむことはできる。たとえば愛車の四駆を駆って、ただひたすら、いい波を探しに行くサーフトリップもそのひとつ。目的地も宿の予定も、すべては波まかせ。海好き男なら誰もが羨む、そんな旅の相棒は…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ