Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.02.15


映画にも負けないワクワク感が味わえる!

“映画の中から抜け出してきたような……”なんて形容詞はよく使われがち。でも新しいカマロは、まさにそんな乗って楽しい、見て楽しい進化したアメ車だった!?


[シボレー カマロ]
CHEVROLET CAMARO


アメリカの映画製作会社マーベルスタジオの作品で、『アベンジャーズ』という映画がある。すでにシリーズ化されているのでご覧になっている人も多いだろう。ヒーローのてんこ盛りである。なかでも好きなキャラクターがアイアンマン。わがまま三昧のセレブリティ的立ち振る舞いが見ていて楽しいし、どこか寂しそうなところもまたいい。日本のヒーロー観に似ている。それに登場するクルマもバラエティに富んでいる。〈アウディ〉のプロモーション要素は強いが、R8のかっこよさが伝わってくる。


違うスタジオの作品だが、『トランスフォーマー』という映画もある。こちらは2007年公開、マイケル・ベイ監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で話題になった。そもそもは1980年代から発売されはじめた玩具、コミックシリーズの実写映画版である。

そしてこの映画にもまたクルマがたくさん登場する。目立っているのは今回紹介する〈シボレー〉カマロ。バンブルビーと呼ばれるロボットに変態するカマロは、はじめは1976年型だったが、ストーリーの途中で2009年型にスイッチする。要するに生産を一時中止していたカマロ復活の狼煙となる映画だ。もちろんタイアップではあるが、クルマ好きにはたまらない。ほかにも〈フォード〉Fシリーズや〈ハマー〉などが登場する。どれも変にデフォルメされることなくリアリティがあるのがいい。


そのバンブルビーとして登場した5世代目〈シボレー〉カマロがフルモデルチェンジし、’16年6世代目に生まれ変わった。そして今回それをマイナーチェンジ。’18年11月22日、日本で発表された。


特徴はさらに鋭くなった顔つきとワイド&ローなボディ。フロントグリルとバンパー中央部はブラックに塗られ、ヘッドライトユニットには個性的なLEDライトが埋めこまれた。洗練されたエクステリアデザインは、少しヨーロッパナイズされた気もする。とはいえ、コンセプトは大きく変わっていない。5世代目が人気だっただけに、そのまま正常進化したカタチとなっている。そう考えると、それこそこのまま映画のようにトランスフォームしそうな雰囲気だ。見ているだけでワクワクする。ともかく、SUV全盛のアメリカで、こうしたビッグクーペがちゃんと用意されているところも立派。特に〈シボレー〉はピックアップトラックからコルベットまであるからね。新型カマロは要チェックだ。


ほかにもある!

このクルマの楽しみ方&使い方


今どきの新型車はIT化が進んでいるのはご存知のとおりだろう。自動運転やら、コネクティビリティやらといったワードが多く語られる。

それじゃあ、どの国が進んでいるかといえば、まずはドイツあたりが頭に浮かぶ。でも、アメリカを甘く見てはいけない。なんたって、彼の国はシリコンバレーを有するIT国家。今日我々がお世話になっているSNSのほとんどがアメリカの会社が生み出したものだ。なので、新型カマロもその辺は抜かりない。スマートフォンをクルマに繫ぐと、Apple CarPlayやAndroid Autoによって、電話、メッセージの送受信、ミュージック、マップなどの機能を簡単に使える。ダッシュボードの8インチモニターはタッチスクリーン式だし、音声入力も備えているので、操作もスムースだ。しかも、複数のユーザープロファイルを設定することもできれば、2名でBluetoothを利用することもOK。モニターに助手席の彼女のユーザープロファイルを設定すれば、いつも聴いているプレイリストからの再生をリクエストできる。要するに、2人の距離はより近くなるってもんだ。

また、今回はインテリアのライティングをムーディに演出することも可能。24色から好きな色を選んで、ダッシュボードやセンターコンソール、ドアパネルを統一してライトアップできる。そんな遊び心もアメリカ車の特権かもね。


ココにもソソられる!


01 LEDヘッド&テールランプ
進化のアピールは光って感じる!

これまでも鋭い視線を放つカマロのヘッドライトはクールなデザインだった。で、マイチェンでさらにそれを強調。LEDがエンジンスタートとともに鋭く光る。リアもそう。3D的なLEDライトの輝きが未来感を醸し出し新鮮さをアピールする。

02 インテリア
伝統とデジタルの融合はここに!

2+2のシートレイアウトはこれまでと同じ。フロントシートは大きくスペースも広い。メーターはアナログ式だが、ダッシュボードセンターのモニターがデジタル化が進んでいることの証。太いセンターコンソールは初代から継承する。

03 コンバーチブル
小さいエンジンでも余裕のドライブ

今回も電動フルオープンのコンバーチブルは用意された。日本仕様のエンジンは2ℓ直4ターボで最高出力は275ps。V8エンジンはクーペだけの搭載となる。とはいえ、オープンエアを気持ちよく走るだけのパワーは直4でも十分にある!

Information

SPECIFICATIONS
シボレー カマロSS
●全長×全幅×全高:4780×1900×1340㎜
●ホイールベース:2810㎜
●エンジン:6.2ℓ V8
●最高出力:333kW(453ps)/5700rpm
●最大トルク:617Nm/4600rpm
●トランスミッション:8速AT
●車両重量:1710kg
●駆動方式:後輪駆動
●定員:4名
●税込み価格680万4000円~
●GMジャパン・カスタマーセンター
TEL:0120-711-276

雑誌Safari 3月号 P176・177掲載

文=九島事務所 text : Kushima Office
Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!
SPONSORED
2019.07.11

Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK
『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!

今春に大規模リニューアルした、有楽町の〈阪急メンズ東京〉でのスペシャルウィークが決定! 洗練されたファッションと、磨き上げたボディの融合。さまざまなプロダクトを実際に体験できる貴重なチャンスを見逃すな!

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!
SPONSORED
2019.06.26

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!
さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!

夏の海が大好きでたまらないアクティブ派ともなれば、そのウキウキ感を都会にもビーチにも持ちこみたくなるかと。かといって、小僧っぽい派手さはご法度。そこでおすすめは、〈ロイヤル フラッシュ〉が別注でオーダーしたショーツとバッグ。軽快なカモフラ…

TAGS:   Fashion
冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!
SPONSORED
2019.06.25

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3
贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!

かつては波乗りでもがむしゃらになって海に挑んだものだが、今はゆったりと海と向き合うことが多くなった。そんな気持ちの余裕とリラックスした時を楽しむことが、新しいラグジュアリーのスタイルなのかもしれない。

TAGS:   Watches
実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”
SPONSORED
2019.06.25

実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!
海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”

ハイスペックな機能を備え、海を愛する大人を魅了しつづける“クロノオフショア1”。ダイバーズといえば、計器のような武骨なデザインが多いが、この名シリーズには、見た目にも華がある。だから海に限らず、陸をフィールドに独自の世界観が自由に楽しめる…

TAGS:   Watches
西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!
SPONSORED
2019.06.25

西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!
ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!

いよいよ、待ちに待った夏本番。この短い季節を存分に楽しむためにも、今一度、買い足すべきアイテムを再確認しておきたいところ。とりわけ、夏カジュアルの主役となるTシャツは、何枚持っていてもいい。だったら、〈カリフォルニアデプト〉に足を運んでみ…

TAGS:   Fashion
〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!
SPONSORED
2019.06.25

〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!
海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!

サーフィンなどのマリンスポーツがライフスタイルの中心にある大人にとって、海はかけがえのない存在。だから、男の“名刺代わり”でもある腕時計には、高い性能に加え、海との繋がりを感じられる“物語”も求めたい。海洋保全活動に長年取り組んできた〈オ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!
SPONSORED
2019.06.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02
夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!

本誌で紹介している西海岸的ライフスタイルの根っこにあるのは、人生を自分らしいスタンスで楽しみたいと願う自由な価値観。そのマインドに共感するみなさんなら、きっと旅にだって自分らしさを求めたくなるはず。そこで〈アメリカン・エキスプレス〉の会員…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ