Safari Online

SEARCH

WATCHES ウォッチ

2019.11.29

実はビジネスシーンでも効果的。
スマートで誠実な印象は青文字盤におまかせあれ。

ビジネスシーンでつける時計は目立ちすぎず、“信頼できる”がひと目でわかることが肝要。そのへんを心得ている人はシンプルなデザインを選択。文字盤もシルバーや黒、白を選んでいるのでは? そんな中、近年人気がジワッと高まっているのが青文字盤の時計。深く落ち着いた青なら、知的で誠実な印象あり。 特にネイビーのスーツやジャケットには、文字盤が同色系ということでとても馴染みがよく、お洒落な印象も手に入る。もちろんそんな見た目ならば、好印象が大事なビジネスシーンでは大きな武器に。そろそろ「頑張った自分にご褒美時計を」と考えている人は、今こそ青文字盤の時計を候補にしてみてはいかがだろう?

[カルティエ]
CARTIER
“サントス ドゥ カルティエ”

ケースサイズ47.5×39.8mm、自動巻き、SSケース &ブレス(クィックスイッチシステムにより、ワンタッチで交換できるネイビーブルーのカーフストラップ付属)、10気圧防水。72万5000円(カルティエ/ カルティエ カスタマー サービスセンター)

クラシック&スポーティでどんなスタイルにもフィット。


20世紀初頭に、数々の飛行記録を打ち立てたブラジル人飛行家アルベルト・サントス-デ ュモン。そして祖父から受け継いだハイジュエリー&ウォッチメゾンを発展させたルイ・ カルティエ。パリで活躍した2人の男の友情から生まれた〝サントス ドゥ カルティエ〞は、〝世界初の男性実用腕時計〞としてあまりにも有名だ。その最新モデルは、伝統のローマ数字インデックスのクラシックなテイストと、 ブルーのダイヤルが美しく融合。また、メゾンの特許技術〝クィックスイッチシステム〞も搭載。写真のブレスレットと付属するカーフスキンストラップは、ボタンを押すだけで カンタンに付け替えができる。だから、フォーマルなスーツスタイルから週末の大人カジュアル、スポーツウエアまで、あらゆるスタイルにフィット。これこそアクティブなビジネスマンのための完璧な1本といえるだろう。

[ハリー・ウィンストン]
HARRY WINSTON

“HW エメラルド・オートマティック 33mm”

12月発売。ほかにもクォーツモデルも展開。また、RGケースモデルやダイヤをあしらったタイプも選択可能。ケースサイズ39.3×33.3mm、自動巻き、18KWGケース、ブルーアリゲーターストラップ、3気圧防水。230万円(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)

ブルーとエメラルドシェイプが紳士の手元を華麗に彩る。


〝キング・オブ・ダイヤモンド〞として名を馳せる世界最高峰のハイジュエリーブランド であり、腕時計の世界でも最高峰を自負する〈ハリー・ウィンストン〉。独創的な複雑時計で時計好きを魅了し続けている。そんな名門の最新のブルーダイヤルウォッチは、 これまでレディス用で展開していた〝HW エ メラルド・コレクション〞初のラージサイズモデルであり、八角形のケースが印象的。その形はダイヤモンドの〝エメラルドカット〞から着想を得たもの。このブランドらしさが息づいている。機能的にはシンプルだが、宝石を彷彿とさせる美しく磨き上げられたケ ースエッジや、エメラルドカット形の日付表示の窓など、ディテールへのこだわりも相当なもの。サンレイ仕上げのブルー文字盤から浮かび上がる18KWGのインデックスの高貴でシャープな輝きも印象的だ。

[A.ランゲ&ゾーネ]
A. LANGE & SÖHNE

“オデュッセウス”

ステンレススチール製ブレスのフォールディングバ ックルには落下防止機構が組みこまれ、最大7mmまで長さを調整できる仕組みになっている。2020年3月まで〈A.ランゲ&ゾーネ〉のブティックでのみ先行取り扱い。ケース径40.5mm、自動巻き、SSケース &ブレス、120m防水。310万円(A.ランゲ&ゾーネ)

ブランド初のスチールケースで待望の本格スポーツモデル。


ドイツの最高峰ブランド〈A.ランゲ&ゾー ネ〉。1845年にドイツ・ドレスデン郊外のグラスヒュッテで創業。第2次世界大戦、東西 冷戦による事実上の消滅を経て、1990年に奇跡の復活を果たした伝説のブランドだ。これまでは防水性の高いスポーツモデルは1 本もなかったが、この秋、待望のスポーティウォッチファミリー“オデュッセウス”が誕生した。これはその第1号モデル。ドレスウォッチや複雑時計と同様、時計愛好家を魅了する〝機械へのこだわり〞はそのままに、120m防水を実現した初のSSモデルとなっている。 文字盤3時位置には看板の〝アウトサイズデイト〞を、さらに9時位置には大型の曜日表示も備え、それぞれネジ込み式リュウズの上下のボタンを押すことで簡単に修正ができる。スポーツシーンにもつけていける初の〈A.ランゲ&ゾーネ〉の1本として見逃せない。

[オーデマ ピゲ]
AUDEMARS PIGUET

“CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック”

斜めから見ると、文字盤が湾曲したように見えるのは楽しい視覚効果。時刻を確認するたびに、革新的な意匠にびっくりするはず。落ち着いたネイビーカラーも大人好み。ケース径41mm、自動巻き、18KWGケース、 ブルーアリゲーターストラップ、30m防水。280万円(オーデマ ピゲ/オーデマ ピゲ ジャパン)

ベーシックな見た目に隠れた最先端デザインに驚く。


複雑時計の世界で歴史的な傑作を生み出し続ける、1875年創業の〈オーデマ ピゲ〉。クラシックな〝ジュール オーデマ〞に代わる 〝現代的なクラシックウォッチ〞として、2019年に登場した新コレクションが 、〝 CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ〞だ。これは、 そのラインナップの中でも最もベーシックな3針モデル。だが、丸型ケースに八角形のミドルケースを備え、さらにベゼルやケースバックと一体構造のオープンワークのラグを組み合わせたケース構造、文字盤の12時位置から6時位置までアーチ型に縦方向に切削したドーム型のサファイア風防を採用するなど、すべてが革新の塊。文字盤に光が当たると、これまでにない輝きに驚く。一方で、ジェンダーフリー(男女を区別しない)な製品展開も画期的。未来を先取りした、 2019年最大の話題作といえよう。

[ウブロ]
HUBLOT
“クラシック・フュージョン チタニウム ディープブルー”

丸型ケースながらも、エッジーでシャープなフォルムで手元を飾る1本。都会的なスーツ姿によく似合う。ケース径42mm、自動巻き、チタンケース、ブルーヴィンテージアリゲーター&ブラックラバーストラップ、5気圧防水。84万7000円(ウブロ/ LVMH ウ ォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ)

ビジネスシーンによく似合う日本限定のブルー時計。


セレブに愛される〈ウブロ〉。1980年にスイス・二ヨンで創業し、どこにもないスポーツウォッチを求めるセレブたちのために、ヨットの舷窓をケースのデザインモチーフに開発したスポーツウォッチがはじまり。2004 年にブランドを引き継いだジャン-クロー ド・ビバー(現会長)によって、セラミックやラバー、カーボンなど先端素材を融合(フュージョン)させるというコンセプトで、翌年 “ビッグ・バン”を発表し、大ブレイク。創業当初からラバーをストラップに採用するなど、現代のスポーツウォッチの先駆けといえる。〝クラシック・フュージョン〞はその原点スタイルを継承するコレクション。深みのある美しいブルーグラデーション文字盤のこのモデルは、日本だけで買える特別な1本。ケースにチタンを使っているので、つけ心地も軽快。ビジネスユースにもぴったり。

[ヴァシュロン・コンスタンタン]
VACHERON CONSTANTIN

“フィフティーシックス・コンプリートカレンダー”

スイス・ジュネーブ製時計の中で、最高品質を証明する〝ジュネーブ・シール〞を取得済み。ケース裏はシースルーバック仕様で、美しいムーブメントが鑑賞できる。ケース径40mm、自動巻き、SSケース、ミシシッピ・アリゲーターストラップ、3気圧防水。228万円(ヴァシュロン・コンスタンタン)

1956年、ゴールデンエイジの傑作のスタイルを継承。


スイスの時計作りは、17世紀から18世紀にユグノー(新教徒)の時計師たちがジュネーブに亡命したところからはじまった。1755 年創業の〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉 はこの時代から現在まで、休むことなく時計作りを続けてきた、現存する時計ブランドの中でも最も長い歴史を誇る名門。そして〝フィフティーシックス〞は、その260年を超える歴史の中で生まれた数多くの傑作の 中から、スイス時計の黄金時代に作られた 1956年のモデルにインスパイアされて生まれた最新コレクション。このモデルはその製品ラインナップの中でも最も実用性の高い月、日、曜日表示に加えて、ロマンチッ クなムーンフェイズ表示も備えた、現代のダンディのための1本となる。派手さを抑さえたブルーの文字盤カラーもエレガント。 世代を超えて受け継ぐ価値のある逸品だ。

[ベル&ロス]
BELL & ROSS

“BR05 ブルー スティール”

若々しいサンレイ仕上げの青文字盤タイプのほか、 黒とグレーの文字盤モデルも展開。また黒文字盤モデルでは、18Kゴールドケースモデルも選択可能。 全モデルでラバーストラップも選べる。ケースサイズ40mm、自動巻き、SSケース&ブレス、10気圧防水。55万円(ベル&ロス/ベル&ロス ジャパン)

都市の冒険者のために生まれた“腕につける計器”。


コックピットクロックの機能的なデザインと、フランス・パリの洗練されたセンスを融合させた〈 ベル & ロス 〉の定番 、〝 BR 〞 コレクション。創業者のひとりでデザイナーのブルーノ・ベラミッシュの会心作だ。2019年 のバーゼルフェアで発表された最新シリーズ〝BR05〞は、5年の歳月をかけて開発。ケースとブレスレットが一体化したフラットなフォルムには、ほどよいミリタリーテイストと1970年代の自由なムードが薫り、これまでのBRシリーズになかったドレッシーなテイストを醸し出す。その中でもこのモデルは、ツヤと輝きのある文字盤のブルーが、フラットでシャープなエッジを持つSSケース に見事にマッチ。アクティブでモダンな印象を手元から発信してくれる。都会をアクティブに駆け巡るビジネスマンにはお誂え向き。品格も十分にアピールできるはず。

Information

●カルティエ カスタマー サービスセンター
TEL:0120-301-757

●ハリー・ウィンストン クライアント インフォメーション
TEL:0120-346-376

●A.ランゲ&ゾーネ
TEL:03-4461-8080

●オーデマ ピゲ ジャパン
TEL:03-6830-0000

●LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ
TEL:03-5635-7055

●ヴァシュロン・コンスタンタン
TEL:03-4461-8180

●ベル&ロス ジャパン
TEL:03-5977-7759

『Urban Safari』Vol.13 P14-15掲載

文=渋谷康人 text:Yasuhito Shibuya

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!
SPONSORED
2019.11.26

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!

年に一度のスペシャルな日は目前。まだ彼女へのプレゼントに悩んでいる人も多いかと。だったら思い切って ペアアクセを狙うのもアリだけど、なんだか照れくさい……。いえいえ、モチーフをさりげな~く揃えるだけなら、 そんな心配は無用。しかもそれ…

TAGS:   Fashion
大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!
SPONSORED
2019.11.25

大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!
街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!

似たような服を着ていても、なんとな〜くまわりと違うというのがお洒落の極意。たとえば冬に大活躍する定番の黒ダウンも、街には街の、海には海の素材を選ぶことで、ぐっとこなれた印象になるって知っていた? そんな大人選びを実践するなら、頼りになるの…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!
SPONSORED
2019.11.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!
彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!

普段はアクティブ派でも、彼女と部屋でまったり過ごす時間がぐっと増えるホリデーシーズン。そんなときセンスが問われるのが、ルームウエアのチョイス。これが安っぽくて部屋着感丸出しだと、ドン引きされるのがオチ。その点、〈ポール・スミス アンダーウ…

TAGS:   Fashion
ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!
SPONSORED
2019.11.25

ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!
格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!

フード付きのアイテムは、"子供っぽく見えそうだから敬遠している"、なんて大人は多いよう。でも、それは大きな間違い。ほら、コチラの写真の〈ベルルッティ〉のフーディをご覧あれ。どちらも大人の風格たっぷりで、小僧な雰囲気なんて微塵もなし! こん…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!
SPONSORED
2019.11.26

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!
海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!

若造サーファーと同じようなスウェットパーカに物足りなさを感じるようになったら、アップデイトのタイミング。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけたニットフリース仕立ての1着で差をつけてみては!? 後ろ姿でさりげに個性…

TAGS:   Fashion
冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!
SPONSORED
2019.11.25

冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!
ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!

冬の海アメカジは個性出しが難しい。よ~く考えてみて。アウターが必要ない時季ならロゴ入りトップでインパクトが出せるけど、アウターを羽織るとそれも台無し。でも大丈夫。そんなときはラフな前開けコーデでしっかり見える、センターロゴのスウェットやパ…

TAGS:   Fashion
正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!
SPONSORED
2019.11.25

正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!

ダウンのイメージをいい意味で裏切る上品なチェック柄が目を引くこの2着は、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作。しかも、品格あふれるコーデに映えるコートは防水・防風性に優れ、カジュアルに合うブルゾンは色彩豊かなプリントが印象的。どち…

TAGS:   Fashion
タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!
SPONSORED
2019.11.25

タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!
見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!

たとえばデニムであっても、ストレッチを効かせることで穿き心地のよさを追求するように、“本物”であっても“快適さ”を犠牲にしないというのが、現代的な考え方になっている。それは時計も同じこと。審美性と機能性を併せ持ったタフウォッチは、最も今ど…

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion
今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!アクティブ男は上質“黒”ダウン!
SPONSORED
2019.11.12

今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!
アクティブ男は上質“黒”ダウン!

その暖かくて保温性に優れるダウンは、アクティブ男が波乗りに行くときに着る、ベストなアウターといってもいい。ただ、機能性ばかりを重視してしまっては、ちょっと物足りなさを感じる。もちろんそれが悪いワケではないが、いい年の大人であれば、やはり見…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ