Safari Online

SEARCH

STAY&TRAVEL ステイ&トラベル

2022.09.18


【デナリ国立公園】大型動物が闊歩し、偉大なる山がそびえるアラスカの大地

人を拒絶するようなツンドラの荒地、そびえ立つ神の山デナリ。野生動物たちが目の前で躍動するアラスカの大地は圧倒的なスケールでビジターを驚かせる。そんな孤高の国立公園、デナリへ案内しよう。


カリフォルニア州
デナリ国立公園

【デナリ国立公園】大型動物が闊歩し、偉大なる山がそびえるアラスカの大地9月上旬、ツンドラ帯は秋を迎えて赤や黄色に色づく。まもなく訪れる冬を前にした短い秋は、デナリ国立公園が一瞬の美しさを見せる季節だ

デナリ国立公園は、いくつかの点で桁外れの存在感を示す。まず、2万4585㎢という広大な面積。これはヨセミテ国立公園の8倍に相当する広さ。北米最高峰のデナリ山は、600mの平地から立ち上がり比高5500mの威容を誇示する。これはなんと、エベレストの比高3700mよりはるかに高い。

パーク内のほとんどの敷地はマイカーの乗り入れが禁止。これは、グランドキャニオンやヨセミテが観光客であふれ、商業的に成功しているのとは対照的にストイックに自然を尊重していることの表れ。人やクルマを排除したことで、真の主役である手つかずの自然が際立つというわけ。グリズリーベア、ムース、カリブーなどの大型野生動物が躍動し、ツンドラの荒地を可憐な花が彩る。想像をはるかに超える異次元の空間がここにある。

シャトルバスを利用する観光スタイルもユニークだ。ドライバーのおしゃべりを聞きながら針葉樹林帯を出発したバスは、永久凍土に覆われたツンドラ帯へ。と、突然、カリブーの群れに遭遇してバスが止まる。……実はドライバーたちは動物が現れるポイントを熟知。乗客たちが写真撮影を終えるのを待って、バスはゆっくりと次のポイントへ向かう。約8時間のバスの旅は、ハイキングコースで途中下車することも可能。次に来るバスに手を挙げれば自由に乗ることができる。このシステムをうまく利用して、効率的に楽しむのが旅のテクニックだ。

さて、お目当てのパークを象徴するデナリ山だが、そう簡単に会うことはできない。霧や雲が出やすく、夏の観光シーズンにきれいに姿を現す確率は20%とか。デナリとはネイティブ・アメリカンの言葉で“グレート・ワン”の意味。もしも、偉大な山を自分の目で見届けることができたなら、アラスカの神がくれた幸運に感謝するべきだろう。

【デナリ国立公園】大型動物が闊歩し、偉大なる山がそびえるアラスカの大地秋になると国立公園のエリアでも、オーロラが観測される。ビジターセンターの情報をチェックし、チャンスを逃さないようにしたい

紅葉とオーロラ、劇的な初秋の極地へ!

Point 1
神の山、デナリ!


【デナリ国立公園】大型動物が闊歩し、偉大なる山がそびえるアラスカの大地北米最高峰のデナリ山は約6190mを誇る。1897年に第25代大統領ウィリアム・マッキンリーに因んでマッキンリー山と名づけられた。しかし、厚い信仰を寄せるネイティブ・アメリカンの呼び名を尊重する動きが生まれ、1980年に国立公園の名称を変更。2015年に山の名前も正式に“デナリ”となった。日本人にとっては、探検家の植村直己が登頂成功後に消息を絶ったことで記憶に残る。今も年間に800人ほどの山男がピークを目指す。

Point 2
園内巡りはシャトルバスで!


【デナリ国立公園】大型動物が闊歩し、偉大なる山がそびえるアラスカの大地パーク内はマイカーの乗り入れが完全に規制されているため、シャトルバスかツアーバスを利用する。シャトルバスはスクールバスを改造した車両を利用。乗り心地は劣るが途中下車してハイキングを楽しむことができる。バスドライバーが動物を見つけると臨機応変に停車して撮影タイムになるのも醍醐味だ。ときに乗客が先に動物を発見して叫ぶこともある。料金も安い。一方、ツアーバスは乗り心地がよく、運転者による解説もつく。

Point 3
最奥部に建つ伝説のロッジ!


【デナリ国立公園】大型動物が闊歩し、偉大なる山がそびえるアラスカの大地パーク内の宿泊施設は多くない。せっかくの大自然を満喫するなら、園内を走るジョージ・パークス・ハイウエイの終点、カンティシュナにある〈キャンプ デナリ〉に泊まりたい。かつて金鉱として栄えたカンティシュナは、デナリ国立公園の最奥部。ロッジ式の施設は周囲の景観ともマッチしており、これ以上の立地はない。送迎などのサービスも5つ星で、最高の思い出となるはずだ。
●キャンプ デナリ
住所:P.O. Box67, Denali National Park, AK 99755
TEL:+1-907-683-2290
URL:https://campdenali.com

Point 4
アラスカの“ビッグ5”を狙え!


グリズリーベア

ムース

オオカミ

ドールシープ

カリブー

数ある国立公園の中でも、デナリ国立公園ほど野生動物との遭遇確率が高いところはない。グリズリーベアは地球上最大の熊だが、親子で遊ぶ姿は思いのほか愛らしい。500㎏を超えるシカ科の王者ムースの存在感は、一度見たら忘れられないはず。繁殖期を迎える秋には、雄々しい姿を目撃する確率もアップ。写真家の星野道夫が愛し、追い続けたカリブーの群れ、荒地を行くアラスカオオカミ、岩の斜面に現れる真っ白なドールシープなど、大型動物の“ビッグ5”が次々と目の前に現れる。

Point 5
車窓から絶景を望めるアラスカ鉄道


【デナリ国立公園】大型動物が闊歩し、偉大なる山がそびえるアラスカの大地アラスカ鉄道はキーナイ半島南部のスワードとフェアバンクスを結ぶ貨物鉄道。夏の観光シーズンだけ旅客車両を運行している。アンカレッジからデナリ国立公園駅まで、のんびりと7時間半をかけて針葉樹林を進む姿は旅情にあふれる。ルーフがシースルーになったドームカー(展望車)は、是非体験したい。また、豪華な座席と食事が提供されるゴールドスターサービスもおすすめだ。

Denali National Park and Preserve
本部:Mile 237 Highway 3, Denali Park, AK 99755
TEL:1-907-683-9532
URL:https://www.nps.gov/dena
開園:年中無休(冬期間は天候によって道路、施設が閉鎖されることがある)
入場料:16歳以上$15 ※7日間有効
国立公園指定:1917年2月26日
面積:2万4585㎢


旅の準備
デナリ国立公園の最大の楽しみは、大型野生動物との出会い。双眼鏡、カメラの望遠レンズは必携。ハイキングをするときには、安全のため熊除けの鈴が必要。

旅のヒント
シャトルバスの予約は6カ月前から始まる。早めに計画を立て、まずバスと宿を押さえるのが肝心。キャンピングカーで周辺のキャンプ場に泊まるのも楽しい。

注意点
山の天気は変わりやすい。パッカブルのウインドブレーカー、レインウエアは忘れずに。シャトルバスは8時間以上の長丁場。水や食料も十分に用意したい。

ベストシーズン
シャトルバスが本格的に稼働する6月上旬からハイシーズンとなり、8月がピーク。人出が落ち着く9月上旬がおすすめ。ツンドラが色づき、オーロラ観測も可能だ。

行き方
【デナリ国立公園】大型動物が闊歩し、偉大なる山がそびえるアラスカの大地国際線が発着するアンカレッジが旅の基点。デナリ国立公園まではレンタカーかアラスカ鉄道での移動となる。また、タルキートナまで飛行機の便もある。宿泊、バスを含むツアーも便利。

旅に関するオススメ記事はコチラ!
壮大な景色がすぐ目の前! 眺めのよいホテル!
海リゾートが呼んでいる!
映画を巡る旅に出よう!
クルマで“オーベルジュ”へ出かけよう!

Information

雑誌『Safari』10月号 P188~191掲載

“アメリカ ナショナルパークへの旅”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

文=牧野森太郎
text : Shintaro Makino photo by AFLO
上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作はいつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!
SPONSORED
2022.09.25

上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作は
いつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!心地よい色と素材で大人の休日を!
SPONSORED
2022.09.24

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!
心地よい色と素材で大人の休日を!

センスのいいカラーアイテムを取り入れて、着こなしに磨きをかけたい秋。ならば、〈ゼニア〉が得意とする“オアジ カシミヤ”に注目を。〈ゼニア〉の拠点がある北イタリアの自然公園“オアジ ゼニア”にちなみ、その豊かな自然をイメージしたナチュラルな…

TAGS:   Fashion
玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!大人の男に似合う存在感のある名作時計!
SPONSORED
2022.09.24

玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!
大人の男に似合う存在感のある名作時計!

2002年に誕生するや瞬く間に時計業界に一大センセーションを巻き起こした“タンブール”。20周年を迎えた〈ルイ・ヴィトン〉のウォッチコレクションのシンボルともいえる名作を、俳優・玉木 宏が身にまとった。挑戦し続ける精悍な男の腕には、今なお…

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!定番の着こなしが見違える格上アウター!
SPONSORED
2022.09.24

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!
定番の着こなしが見違える格上アウター!

秋冬のお洒落を左右するのは、なんといってもアウターの存在感。シンプルなデニムとTシャツの着こなしでも、アウターひとつで格上に見せることができる。そこで注目したいのが、イタリアらしい洒落心と機能性が融合した〈ヘルノ〉の新作アウター。バリエー…

TAGS:   Fashion
身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!
SPONSORED
2022.09.24

身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!
遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!

身近な存在のデニムだからこそ、ちょとした遊び心ひとつで印象が変わるもの。そこで注目したいのが、魅力的なアイテムが揃う〈ディーゼル〉の新作。得意とするデニムアイテムに、やりすぎにならない程度の絶妙なヒネリを効かせて個性的にアレンジ。いつもの…

〈ベル&ロス〉から日本限定色のデュアルタイム時計が登場!休日は旅気分が楽しめる心躍るタイムピースで!
SPONSORED
2022.09.24

〈ベル&ロス〉から日本限定色のデュアルタイム時計が登場!
休日は旅気分が楽しめる心躍るタイムピースで!

ラグスポウォッチといえば一番に思いおこすのが〈ベル&ロス〉の名品“BR 05”。航空計器を思わせる機能と洗練されたデザインは、つけるだけで普段の着こなしをワンランクアップしてくれる。その名品時計から、日本限定色のアンバーダイヤルのモデルが…

TAGS:   Fashion Watches
〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー
SPONSORED
2022.09.24

〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!
ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー

ラウンド中のスタイルは、どうしたってスポーティにりがち。でも、もう少し大人の色気や貫禄のあるゴルフコーデを楽しみたいって人も多いはず。そんな人なら、1929年から続くイタリアの老舗ジュエラー〈フォッぺ〉に注目。最新技術と熟練した職人技が生…

TAGS:   Fashion
エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!
SPONSORED
2022.09.24

エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!
秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!

夏ゴルフと違って、コンディションのいい秋のゴルフは落ち着いた見た目でスマートにこなしたい。加えて、アクティブな印象と実際の動きやすさも欲しいところ。となると、ちょうどいいのが"アスレジャー"風のスタイル。カラーで大人っぽさを、スポーティな…

TAGS:   Fashion
ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!
SPONSORED
2022.09.24

ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!
週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!

あなたのゴルフの楽しみ方は、仲間とわいわい楽しむエンジョイ型? それともスコアを追求するアスリート型? でも、意外にその日の気分やメンツで変わる“どっちも”型が多いんじゃない!? だったら、それに合わせてウエアだって着替えるのが正解。〈テ…

TAGS:   Fashion
センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!
SPONSORED
2022.09.24

センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!
ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!

ゴルフウエアってなんだか派手すぎ!? 日頃からそう感じている人も多いかも。そんな中、高品質でベーシックなアイテム作りに定評のある〈アー・ペー・セー〉が、ついにゴルフウエアを発表。ターフ上に馴染むうえに、街使いもしやすそうなアイテムが豊富だ…

TAGS:   Fashion
過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!
SPONSORED
2022.09.24

過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!
伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!

派手なコーデ提案が多いゴルフファッション。でもこの秋、〈マンシングウェア〉が一石を投じるかも!? 今シーズンは“トーン・オン・トーン”をベースに、クラシカルなデザインと快適機能素材を上手に融合させたアイテムが豊富。ほのかにレトロでいい雰囲…

TAGS:   Fashion
今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?
SPONSORED
2022.09.24

今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!
ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?

これまでチャレンジングなデザインや柄で、ゴルフファッションの未知なるトレンドを切り拓いてきた〈パーリーゲイツ〉。そんなこのブランドが、今シーズン提案するのはなんと意外にも“黒”! ひょっとしてコレ、華やかさ全盛の近頃のゴルフファッションに…

TAGS:   Fashion
〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!
SPONSORED
2022.09.24

〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!
アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!

アリゾナ生まれの〈ピン アパレル〉。その“ネイティブライン”のテーマは、“色で遊ぶ”。星条旗やネイティブ柄などアメリカンモチーフをゴルフウエアに投入して、アクティブでポップなスタイルを提案。アメカジ好きにササるデザインは、今シーズン注目を…

TAGS:   Fashion
〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!
SPONSORED
2022.09.24

〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!
楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!

ゴルフ場のクラブハウスはドレスコードが厳しめ。行き帰りはジャケット姿が望ましいが、堅苦しい1着だと運転で疲れる。そこで頼りになるのが、〈Gステージ〉の“G-ゼロ”。重力を感じさせないニット素材のセットアップなら楽ちんで上品。アクティブ派に…

TAGS:   Fashion
ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!大人のフリースはちょっと差がつく1着で!
SPONSORED
2022.09.24

ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!
大人のフリースはちょっと差がつく1着で!

たとえ何着持っていても、シーズンごとについ買い足してしまうのがフリース。ところが、ワードローブを見返してみると、無地の定番色ばかりで新鮮さを感じられない。ならば、今期は〈タトラス〉が狙いめ。差のつく色柄や素材、ディテールを備えた1着を選べ…

TAGS:   Fashion
〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!
SPONSORED
2022.09.24

〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!
大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!

生地感や味わいが好みのデニムに出会ったら、いつでもどこでも穿きたくなのがデニム好きの性分。ただ、いい年の大人がそれをやるのはいただけない。そこで頼りになるのが、映える場面が異なる3つのシルエットが揃った〈エドウイン〉の“503”。これを穿…

TAGS:   Fashion Denim
快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。
SPONSORED
2022.09.21

快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。
見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。

今期のアウターはどんなものがいいのか? 見た目のよさはもちろんだが、やはり快適で機能的というキーワードは大事にしたい。〈アルファタウリ〉はファッションとテクノロジーの融合を掲げ、あのレッドブル社が設立したブランド。いずれのアウターも快適で…

TAGS:   Urban Safari Fashion
モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。ビジネス映えする王道デニムを知る。
SPONSORED
2022.09.21

モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。
ビジネス映えする王道デニムを知る。

生活スタイルの変化に寄り添い、その時代に合ったベーシックデニムであり続けてきた〈エドウイン〉の“503”。なかでも注目したいのは、現代的な着こなしや体型を分析し、より洗練されたストレートに生まれ変わったレギュラーフィット。変にカジュアル見…

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!
SPONSORED
2022.09.08

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!

日々競争社会で頑張っている人こそ息抜きが大事。となると、週末はのんびりと過ごす!? いやいや。実は、本当に求めているのは“心の解放”のはず。“なにもしない”もいいけれど、爽快でスリリングな体験を味わってこそ「英気を養える」ってこともある。…

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ