Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2022.10.13


【スティーブ・ジョブズ】カリスマの“魔法”は世界をどう変えたのか!?

アップル社を率いて、IT社会の扉を開いた稀代のカリスマ、スティーブ・ジョブズ。あらゆる面に強いこだわりがあり、ときには気分屋、策士とも表現される。数々の伝説に彩られてきた男を、長年のMacユーザーでもあるモーリーはいったいどう見ている!?

【スティーブ・ジョブズ】カリスマの“魔法”は世界をどう変えたのか!?2007年9月5日、サンフランシスコにて、第3世代のiPod nanoを紹介しているスティーブ・ジョブズ。彼のプレゼンテーションは“魔法”とまでいわれた。しかし同時に、プレゼン前に何時間も繰り返しリハーサルを行っていたことも有名

ジョブズはコンピューターに革命を起こし、僕もそれに胸を躍らせたクチ。ただ、高級ブランドみたいな売り方だから、とにかくお金がかかりました。それで最低価格のものを買うと、常になにかが足りない。ほとんどのユーザーが処理能力の限界や機能制限を味わい続けてきたはずです。一方でハイエンドを買った富裕層は、あまり使わない。だからマックは“貧しさを感じさせる豪華さ”なんですよ。初期の頃はソフトがほとんどなく、売られているものも不安定。MIDI(電子楽器の演奏データを転送・共有するための共通規格)の機器を繋ごうとするんだけど、これが非常に難しい。繋がるという約束はあるものの、ハッカーレベルの知識がないと理論を実現できないプラットフォームでした。

だから僕のようなマック初期世代は、とにかく散財しました。“マック貧乏”という言葉があったけど、当時出演していたラジオのギャラも相当使いましたよ。ただし、いろいろ買っても動作が不安定で、約束は守られない。その連続です。“もう少しで見える未来”のイメージが先行して、これはいけると20万円くらい投資する。でも、実はその機能には最低でも50万は必要だとか、そもそも専用スタジオじゃないと無理という話になってくる。ひたすら蜃気楼を追いかけるようにできているんです。ただ、ジョブズのデモはいつも素晴らしいので、みんなその魔法というか手品に魅了され、崇拝する人まで出てきます。彼が作った想像上のテーマパークですね。当時は1メガのメモリを2メガに増設するのに、10万円くらいかかりましたからね。でも、なにも変わらない。メモリが増えても、結局はフロッピーの速度で読み書きしていますから。もう、わけがわからない(笑)。

’90年代にジョブズがアップルを追われて、NeXTという会社を作りました。ビジネス的には成功しませんでしたが、フランスに国立の電子音楽センターがあり、そこにNeXTのワークステーションがずらっと並んでいたんです。非常に高価なものを国家予算で買って、音響や残響などのハードな計算をやっていた。独自開発した専用音響ボードを積んでね。で、それを模倣しようと思って、20万円近いボードを買って自分のマックに挿してみたんです。完璧にダメ。ゲームボーイみたいな音が出ましたね。

僕の中で熱病のような憧れや期待が冷めはじめたのは、ピクサーが『トイ・ストーリー』を出した頃。あのツルンとした感覚は、間違った方向なんじゃないかと思った。ガレージで手作業していたアップルの文化が、巨大資本のものになったというかね。ひとつの音を出すのに苦労していた僕らからしたら、ふざけるな、もう騙されないぞと(笑)。ジョブズの夢は十分に理解できるし、傍観者としては面白い物語だと思います。ただ、その夢には多大なる迷惑が伴う。彼の時代はそれでよかったですが、現代において個人の想像力をかき立てる方法は、カリスマの物語以外にもあるはずですから。

ジョブズは禅が好きでしたが、そこを徹底して追求した感はありますね。俗世にまみれて清濁あわせ呑むというか、その割り切り方がすごかった。アップルを追われたとき、そのまま第一人者として研究の道に進む選択肢もあった。でも、野心の塊でね。そこはとても面白い。僕がフォーカスしたいのは、彼が指し示した方向と感性というか、その傾き加減です。到達点というより加速度。その瞬間最大風速を感じたい。小さく満足しないで、荒野に出てビッグにやれと。その精神は、おそらくインドの人たちに受け継がれると僕は思っています。彼らのあっけらかんとした明るいエナジーはすごい。本気のイノベーションや表現力の懐深さというのは、もしかしたら南アジアに移っていくのかも。僕からすると、彼らのパワーこそがジョブズ的に見えます。

モデルとしても活躍する娘・イブも注目の的!

【スティーブ・ジョブズ】カリスマの“魔法”は世界をどう変えたのか!?ジョブズには4人の子がいるが、ファッション界隈で注目なのが末娘のイブ。現在24歳で、大学卒業を機にモデルとして活躍中。6歳から乗馬を嗜み、U-25の世界ランク5位になったことも。東京五輪にも出場予定だったが、開催が延期されたため断念。ジョブズの娘というブランドだけでなく、まさに才色兼備な魅力を発揮している

スタンフォード大学でのスピーチは今でも語り草!

【スティーブ・ジョブズ】カリスマの“魔法”は世界をどう変えたのか!?ヒッピー雑誌の最終号から引用した「ステイ・ハングリー、ステイ・フーリッシュ」で有名な、スタンフォード大の卒業式でのスピーチ。2005年に行われたが、当時すでにガンが悪化していた

 スティーブ・ジョブズの歴史 

【スティーブ・ジョブズ】カリスマの“魔法”は世界をどう変えたのか!?ジョブズはボブ・ディランの大ファン。高校生の頃、5つ年上のスティーブ・ウォズニアックとともに遠征しては、ブートレグ盤を買い漁っていたという。アップル社のプレゼンテーションなどでも、ディランの曲や詩が印象的に使われた。

気になる話題!
親交も深かった三宅氏が惜しまれながら逝去

【スティーブ・ジョブズ】カリスマの“魔法”は世界をどう変えたのか!?ファッションでも注目を集めたジョブズ。特に〈イッセイミヤケ〉の黒タートルネックを愛用していたことで有名。その三宅一生氏が、今年8月に惜しくも亡くなられた。ジョブズとの親交も深く、彼のために100着もの黒タートルを作ったとか。

【スティーブ・ジョブズ】カリスマの“魔法”は世界をどう変えたのか!?教えてくれたのは
[モーリー・ロバートソン]
Morley Robertson
1963年、NY生まれ。日米双方の教育を受け、東京大学とハーバード大学に現役合格。現在はタレント、国際ジャーナリスト、音楽家として幅広く活動している。日本テレビの情報番組『スッキリ』の毎週木曜日のレギュラー出演でもお馴染み。

この偉人になりたい度数
44/100
熱に浮かされていたあの頃には戻れない!
「彼の世界観やエナジーは尊敬するし、その恩恵の中に生きているけれども、あらゆる“約束”を多くのユーザーともども浴び続けた。もうなにをいわれても乗れません!」

前回の“アメリカ偉人伝は”
【アンディ・ウォーホル】ポップアートの奇才はなにを企み、なにを夢見たか!?

Information

雑誌『Safari』11月号 P240~241掲載

“アメリカ偉人伝!”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

文=野中邦彦
text : Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO
町田啓太が体感した〈Audi〉A3の魅力とは!?
SPONSORED
2024.02.29

町田啓太が体感した
〈Audi〉A3の魅力とは!?

エモーショナルな佇まいと先進の装備で人気を博す〈Audi〉A3を、今をときめく町田啓太さんがインプレッション! 意外にも免許取得以来一度も自分のクルマを所有したことがないそうだが、〈Audi〉が誇るプレミアムコンパクトは、彼の琴線に大いに…

TAGS:   Cars
品があって洒落感が出る〈ヘルノ〉の新作!大人の余裕は春アウターで決まる!
SPONSORED
2024.02.24

品があって洒落感が出る〈ヘルノ〉の新作!
大人の余裕は春アウターで決まる!

分厚い冬アウターを脱ぎ捨てて、身も心も軽やかになるこの季節。でもだからこそ気を抜かずに、しっかり大人の品格を意識して春アウターを選びたい。そこで注目したいのが〈ヘルノ〉の新作。品があって洒落ているうえ、ほどよくトレンドを加えた格上の1着が…

TAGS:   Fashion
槙野智章が着る〈ディーゼル〉の春スタイル!ラフなデニム姿こそアクティブ派の正装!
SPONSORED
2024.02.24

槙野智章が着る〈ディーゼル〉の春スタイル!
ラフなデニム姿こそアクティブ派の正装!

サッカー日本代表選手として活躍し、引退後も精悍なルックスと軽快なキャラクターでメディアを賑わす槙野智章。アクティブ派としての印象も強いだけに、ラフなスタイルがよく似合う。カジュアルなお洒落の定番、デニムアイテムに〈ディーゼル〉らしい現代的…

TAGS:   Fashion Denim
大人に似合う1着は〈タトラス〉にあり!海で差がつく映えるアウター
SPONSORED
2024.02.24

大人に似合う1着は〈タトラス〉にあり!
海で差がつく映えるアウター

少しずつ暖かくなってきて、週末のビーチ通いが待ち遠しくなる季節。海に映えるデザインで、サッと羽織れる春アウターがあれば、これほど心強いことはないのでは? であれば、チェックすべきは〈タトラス〉の新作。素材、デザイン、機能性のすべてを満たす…

TAGS:   Fashion
〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!
SPONSORED
2024.02.06

〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!
【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!

さる1月16日(木) 、パリにて開催された〈ルイ・ヴィトン〉2024 メンズ・ファッションショー。メンズ クリエイティブ・ディレクター ファレル・ウィリアムスが手掛けるショーとしては、2023年6月のパリ、11月30日の香港に続き3回め。…

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ