Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2022.12.17

珠玉のフレンチと日本酒最高峰のマリアージュ!
特別なスパークリング日本酒“アラン・デュカス スパークリング サケ”

山梨の老舗酒造〈七賢〉が、世界11カ国で約30のレストランを統括するアラン・デュカス氏、〈アラン・デュカス〉グループのエグゼクティブ シェフソムリエ、ジェラール・マルジョン氏とのコラボレーションにより、2021年春に完成させたのが“アラン・デュカス スパークリング サケ”。さらに今秋、フランス料理とのマリアージュをパリ、モナコ、そして東京でお披露目。日本酒の世界的な地位向上にも一役買っている。

七賢 アラン・デュカス スパークリング サケ ストーリー

“アラン・デュカス スパークリング サケ”は、ジェラール・マルジョン氏の描く味わい深いディレクションを受け、〈七賢〉の醸造責任者の北原亮庫氏が桜の樽での熟成、瓶内二次発酵という手法を用いて完成させたもの。豊かな瑞々しさをたたえる泡立ちの中にさくらんぼのニュアンスを持つ香りが漂い、樽熟成ならではの淡い苦味を帯びた甘味の波が押し寄せ、穏やかで心地よい余韻をもたらしてくれる。白州の清らかな水と、アラン・デュカス氏の心のテロワール、地中海のインスピレーションを礎に、表情豊かな味わいと口当たりを持つ。

特別なスパークリング日本酒“アラン・デュカス スパークリング サケ”右:アラン・デュカス氏 左:〈アラン・デュカス〉エグゼクティブ シェフソムリエのジェラール・マルジョン氏

1750年創業、十三代にわたる長い歴史を誇る〈七賢〉とアラン・デュカス氏との出会いはおよそ10年前。現当主の北原対馬氏は「アラン・デュカスの考え方や料理に対する哲学というものに非常にシンパシーを感じた」と語る。また創業以来初となる創業家出身の醸造責任者、北原亮庫氏がジェラール・マルジョン氏と出会ったのは2018年。「“日本らしく、それでいて世界が納得するSAKE”を造るべく、ジェラール・マルジョンから示された抽象的なワードの数々に、私自身(当初は)その言葉の真意をくみ取ることに苦労しました」と語っている。

“アラン・デュカス スパークリング サケ”は、「ブドウで造る最高峰のスパークリングがシャンパンであるなら、米で造る最高峰のスパークリングを生み出していきたい」という思いが結実したものだ。

特別なスパークリング日本酒“アラン・デュカス スパークリング サケ”右:〈七賢〉山梨銘醸の代表取締役社長北原対馬氏 左:〈七賢〉山梨銘醸の醸造責任者北原亮庫氏

無形文化遺産に登録された日本料理とともに日本酒が国際的に認知されつつある今、革新的なシェフたちは、フランス料理やイタリア料理に日本の食材を取り入れ、新しい料理の分野を開拓している。

特別なスパークリング日本酒“アラン・デュカス スパークリング サケ”“アラン・デュカス スパークリング サケ”は細かい泡が特徴

ジェラール・マルジョン氏は、「フランス料理と日本酒のマリアージュは非常に面白い組み合わせです。特に〈七賢〉のスパークリングは、桜の木の樽に入れることにより、ワインに含まれるタンニンのテクスチャーに近いものが生まれ、赤ワインを醸造する際に出る渋みのタンニンのように、ワインに近づくように思います。細かい泡が特徴のこの“スパークリング・サケ”は、フランス料理に合いますが、シャンパーニュのように、世界中のどんな料理にも合うように思います。現在、フランスで日本酒がブームなのは、世界中でワイン造りが活発な中、日本酒のようにまだ知られていない文化に出合いたい好奇心と日本の伝統と文化に対するリスペクトからなのだと思います」と語っている。

特別なスパークリング日本酒“アラン・デュカス スパークリング サケ”アラン・デュカス スパークリング サケ 720㎖ 5500円

この“アラン・デュカス スパークリング サケ”は、七賢公式オンラインショップ及び一部の百貨店や専門店で購入が可能。また、ベージュ アラン・デュカス東京、パレスホテル東京 エステール、ブノワ東京、ムニ・アラン・デュカス 京都では、まさにフランス料理と日本酒のマリアージュを堪能することができる。この新しい体験は、フェスティブシーズンに華を添えてくれるのでは?

 
Information

●山梨銘醸
TEL:0551-35-2236
URL:https://www.sake-shichiken.co.jp/

●七賢公式オンラインショップ
URL:https://shop.sake-shichiken.co.jp/

世界各地の時を刻む〈シチズン〉プロマスターSKY新作ジオ・トレッカーは旅と冒険のロマンを手元で語るパイロットウォッチ!
SPONSORED
2024.06.07

世界各地の時を刻む〈シチズン〉プロマスターSKY
新作ジオ・トレッカーは旅と冒険のロマンを手元で語るパイロットウォッチ!

TAGS:   Watches
都会的にアップグレードした〈キャデラック〉の世界。エスカレードの快適な居住空間を体験する。
SPONSORED
2024.05.31

都会的にアップグレードした〈キャデラック〉の世界。
エスカレードの快適な居住空間を体験する。

クルマヒエラルキーに頓着せず、自由な存在であるキャデラックは今なお独自の進化を遂げている。いい意味でアメリカ車らしくない、モダンさと先進性を兼ね備えている。とりわけエスカレードはその象徴ともいえる。走りも居住性もラグジュアリーを叶えた一台。

TAGS:   Urban Safari Cars
〈ヤーマン&ストゥービ〉はすべてのゴルファーの憧れ。伝統と革新が融合したゴルフカウンター付き腕時計。
SPONSORED
2024.05.31

〈ヤーマン&ストゥービ〉はすべてのゴルファーの憧れ。
伝統と革新が融合したゴルフカウンター付き腕時計。

デジタルガジェットを頼りに、ラウンドを楽しむ。今では当たり前の光景だけど自然の中で爽快にプレイするひとときには、ちょっとそぐわないと思うかも。ここはひとつ、本格的な機械式時計なのにゴルフのプレイにも役立つ、〈ヤーマン&ストゥービ〉のゴルフ…

TAGS:   Urban Safari Watches
シンプルで上品な〈ファルコネーリ〉の新作。リラックスムードが漂うタイムレスな上質ニット。
SPONSORED
2024.05.31

シンプルで上品な〈ファルコネーリ〉の新作。
リラックスムードが漂うタイムレスな上質ニット。

これからの季節、大人のカジュアルを手軽に格上げしてくれるサマーニット。シンプルで高品質なほど快適で、飽きがこず長く着られるのは、周知の事実。しかも、それが見た目にも上品ならオフタイムはもちろんオンにも活躍させたくなる。そんなわがままな大人…

TAGS:   Urban Safari Fashion
〈アウール〉の2大定番アイテムがさらに進化。軽いスニーカーとスーツでビジネスに驚きの快適さを。
SPONSORED
2024.05.31

〈アウール〉の2大定番アイテムがさらに進化。
軽いスニーカーとスーツでビジネスに驚きの快適さを。

クリエイティブディレクターを戸賀敬城、デザイン監修を橋本 淳が務める〈アウール〉。ジェットセッターが快適に過ごせるスタイルをベースにしており、この夏は暑さにも対応する軽くて涼しいセットアップスーツを提案。また大人気スニーカーの“デバイス1…

TAGS:   Urban Safari Fashion
〈サンローラン〉の新作スニーカーを俳優・山﨑賢人が履きこなす!所有欲を刺激するクラシックで洒脱な1足!
SPONSORED
2024.05.24

〈サンローラン〉の新作スニーカーを俳優・山﨑賢人が履きこなす!
所有欲を刺激するクラシックで洒脱な1足!

大人カジュアルの定番といえば、シンプルで上品なスニーカー。絶大な人気を誇る〈サンローラン〉のスニーカー“バンプ”の新作は、王道のクラシックなデザインに、さりげない遊び心が効いている。まさに大人の週末にぴったり。そんな注目の1足を、自らスニ…

TAGS:   Fashion
〈マクラーレン〉アルトゥーラ スパイダーなら叶う!高揚を誘うドライブで爽快な夏を先取る!
SPONSORED
2024.05.24

〈マクラーレン〉アルトゥーラ スパイダーなら叶う!
高揚を誘うドライブで爽快な夏を先取る!

プラグインハイブリッドの“アルトゥーラ”でスーパースポーツカーの新たな世界を創造した〈マクラーレン〉。今度はコンバーチブルバージョンの“アルトゥーラ スパイダー”が誕生した。爽快感のあるオープンエアで、どんな魅力が加わったのか。その答えを…

TAGS:   Cars
ポイントで効かせたい〈トム フォード アイウエア〉の柄フレーム!夏コーデが華やぐさりげないアクセント!
SPONSORED
2024.05.24

ポイントで効かせたい〈トム フォード アイウエア〉の柄フレーム!
夏コーデが華やぐさりげないアクセント!

シンプルになりがちな夏姿の格上げには、小物使いがものをいう。そこで、サングラスの出番だ。〈トム フォード アイウエア〉の新作はフレームの柄がきらりと光り、コーデのアクセントに欠かせない!

TAGS:   Fashion
生地や仕様にこだわった〈エルケクス〉の新作!週末に着るTシャツは紺×白が頼りになる!
SPONSORED
2024.05.24

生地や仕様にこだわった〈エルケクス〉の新作!
週末に着るTシャツは紺×白が頼りになる!

カラフルなTシャツもいいけれど、なんだかんだで頼りになるのは紺×白のTシャツ。そこで、今期こだわりたいのが“こなれ感”。たとえば軽く甘く編んで起毛させたスラブ素材、袖や裾、ネックまわりを味出ししたヴィンテージ仕様、そしてカレッジ調やミリタ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ