Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2021.01.27

“ベージュ流行り”の中で頼りになる、
〈ボッテガ・ヴェネタ〉の上質・大人服!

どうやらこの先もベージュアイテムが重宝される傾向。黒や白のアイテムとも馴染みがよく、なによりもその優しげなトーンが今の気分にフィットするのかも。となると、積極的にベージュアイテムを活用したいところだけど、大人の服選びには上質さも欠かせないポイント。素材が上質で気持ちいいものなら、優しげなベージュカラーもいっそう気持ちよく感じられるのは間違いない。で、そんな中おすすめしたいのが、〈ボッテガ・ヴェネタ〉のベーシックウエア“エッセンシャルズ”で展開されるベージュアイテムだ。

レザーアイテムの印象が強いブランドだけど、実は大人のお洒落を実現してくれるスグレモノがずらり。特に今回ご紹介する“エッセンシャルズ”は、その名のとおり今どきのお洒落に“欠かせない”もの。どれもベーシックなデザインで上質な素材を使用。ベージュ以外のアイテムを選んでも、大人にふさわしい上品さと落ち着き感が存分に味わえるのがいい。

ちなみに〈ボッテガ・ヴェネタ〉は、2018年に新クリエイティブ・ディレクターのダニエル・リーが就任。当時32歳という若さで抜擢されたこともあり、非常に注目されている存在に。職人技を駆使したエレガントさが持ち味だった〈ボッテガ・ヴェネタ〉にリーの感性が加わることで、これまでとひと味違う魅力が生まれている。ではさっそく、日常使いしやすい〈ボッテガ・ヴェネタ〉のベーシックウエアの中から、注目のベージュアイテムをご紹介しよう。

 

[ボッテガ・ヴェネタ]
BOTTEGA VENETA



カーディガン16万円(ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)

シンプル&エレガントな
カシミヤカーディガン!


白からベージュのカラーパレットが充実している〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作の中で、着まわしやすさで群を抜いているのがこのカーディガン。ソフトで肌触りのいいカシミヤを使用し、すっきりシンプルなデザインに落としこんだ。冬のインナー使いはもちろん、春や秋にはTシャツの上にサッと羽織るだけで大人の色気が漂うはず!




ニット16万円(ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)

ボリュームがある首元がユニークな
パーカ風プルオーバーニット!


伸縮性に富んだカシミヤ素材を使用したフード付き長袖ニット。顔を覆うようなフードを首元でクシュっとさせて、タートルネックのように着こなせる。袖口に親指を通す穴が開いているのも特徴で、スポーツウエアのようなミクスチャー感覚が非常にユニーク。冬のレイヤードスタイルにかなり重宝するはず!




パンツ8万円(ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)

どんなスタイルにも似合う
ミニマルなデザイン!


密度の高い平織りコットン生地で仕立てたベージュパンツ。フロントボタンが隠れたミニマルなデザインで、カジュアルなアイテムながら上品な雰囲気。ベルトループが背面に隠れていて、トライアングルモチーフに。膝部分には目立たないダーツが入っており、シルエットをきれいにキープしてくれる。




Tシャツ4万7000円(ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)

極上の肌触りがクセになる
使い勝手抜群のコットンT!


少しベージュがかったオフホワイトの優しい色合いで、ややオフショルダーになった柔らかいシルエットに仕上げたTシャツ。味のあるヘビーコットン素材を使っていて、まさに極上の着心地。休日のリラックスタイムから、カジュアルな着こなしのインナー使いまで、季節を問わず愛用できる1枚!

 

Information

●ボッテガ・ヴェネタ ジャパン
TEL:0120-60-1966

写真=丸益功紀 スタイリング=浅井秀規 文=野中邦彦
photo : Kouki Marueki(BOIL) styling : Hidenori Asai text:Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS.Inc)

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈三菱自動車〉のエクリプス クロス PHEV&アウトランダーPHEVを徹底比較!今どきのSUV選びは“PHEV”が常識⁉
SPONSORED
2021.02.25

〈三菱自動車〉のエクリプス クロス PHEV&アウトランダーPHEVを徹底比較!
今どきのSUV選びは“PHEV”が常識⁉

クルマ社会にも“サステイナブル”の動きが目立ち、各メーカーが競って電動化技術を開発中の昨今。そんな中、2013年に〈三菱自動車〉がいち早く投入したのが、プラグインハイブリッドシステム“PHEV”だ。しかもこの“PHEV”を採用した、アクテ…

TAGS:   Cars Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ