Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2021.12.07

“つけてよかった”を実感できる
〈ハリー・ウィンストン〉のご褒美アイテム!

1年間頑張ったご褒美に、あるいは大切な人に感謝をこめて。ホリデーシーズンは、そんな気持ちをカタチにする絶好の機会ですよね? まあ、気持ちがこもっていれば正直どんなものでもアリ。だけど、せっかくならこの先ず~っと愛せるものをチョイス。特に時計やジュエリーなどは毎日つけられるものだけに、価値あるアイテムを選ぶのがいいに決まっている。その点〈ハリー・ウィンストン〉のものなら、どのアイテムも色褪せない普遍の価値が宿っているうえ、手にしたときの喜びも最高レベル。贈っても贈られても「大切にしたい」という気持ちまで高めてくれるから、まさにホリデーシーズンにふさわしい選択になるはず!

01:シールド・バイ・ハリー・ウィンストン

そんな〈ハリー・ウィンストン〉には気になるアイテムは数々あるけど、まずハズせないのが“シールド・バイ・ハリー・ウィンストン”だろう。比較的小ぶりなデザインで、つけるとさりげなくセンスのよさが滲み出るのがコチラ。そのデザインは、ブランドのデザイン画に完成と同時に押されるシール(印章)をモチーフにしたもので、ちょっと特別。つまり、〈ハリー・ウィンストン〉の名声と伝統、そして最高水準を追い求める揺るぎない努力の証がそこにあるというわけ。そんなチャームはイエローゴールドとプラチナがあり、それぞれ2個のラウンド・ダイヤモンドがアクセントに。モチーフの意味に思いを馳せれば、ちょっと誇らしい気持ちにもさせてくれそうだ。

ニットパーカ3万5200円(メキパ/アンシングス)
さらに、このアイテムを購入すると、売り上げの一部が公益社団法人"チャンス・フォー・チルドレン"に寄付されることに。毎日身につけるジュエリーが誰かのためになると思うだけで、もっとハッピーな気持ちになれるはず。 

 

このモチーフは"完璧な美"と認められた証!?

〈ハリー・ウィンストン〉のジュエリーのデザインスケッチが完成したとき、その証として押される印章(=シール)がモチーフ。装いを選ばない普遍的なデザインだからこそ毎日身につけたい。さりげなくセットされたダイヤモンドも上品。YGとプラチナの2色展開。右:チャーム39万6000円、チェーン24万2000円 左:チャーム31万9000円、チェーン20万9000円(以上ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)

〝チャンス・フォー・チルドレン"とは?

子供たちの教育格差是正を目的に活動を行う公益社団法人。寄付金をもとに、家庭の経済状況により学校外教育を受けられない子供たちへ学習塾や予備校、英会話や音楽教室などの利用機会を提供。〝シールド・チャーム〞を購入すると、税抜き価格の20%が〈ハリー・ウィンストン〉を通じ寄付される。

 

 

02:プロジェクト Z15

最上級のダイヤモンドで名を馳せる〈ハリー・ウィンストン〉は、その卓越した時計つくりでも時計愛好家を虜にしてやまない。たとえば新作の“プロジェクト Z15”の新作。独自に採用する特殊合金ザリウムを使った人気シリーズの15作めは、軽量かつ耐蝕性を備えたザリウムケースに、前衛的なスケルトンダイヤルが際立つもの。ブランド初採用のレギュレーターは、それぞれの針が独立し、表示する。かつて時計師たちが精度の基準とした伝統機構を現代的に解釈した。6時位置にあって30秒ごとに始点にジャンプする赤い秒針は、新たな日常をしっかりと刻んでくれる。

ジャケット49万5000円、シャツ参考商品(以上ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

分表示のセンター針を主役に
NYテイストが際立つ!

“プロジェクト Z”シリーズの新作は、ブランドカラーをアクセントに用いたスケルトンの分針がポイント。20世紀初頭のNYを想起させるブリッジも美しい。世界限定300本。ケース径42.2mm、自動巻き、ザリウムケース、テキスタイルエフェクトのラバーストラップ。297万円(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション) 

 

Information

●ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション
TEL:0120-346-376
URL:http://www.harrywinston.com/


●アンシングス
TEL:03-6447-0135

●ジョルジオ アルマーニ ジャパン
TEL:03-6274-7060

写真=今江寿之、野口貴司 スタイリング=田川 匠、中川原 寛 ヘア&メイク=城生なみ子、中嶋竜司 
photo : Toshiyuki Imae、Takashi Noguchi styling : Takumi Tagawa(remix)、Kan Nakagawara(CaNN) hair&make-up : Namiko Shiroo(+nine)、Ryuji Nakashima(HAPP'S)
大人のカジュアルに映える〈トッズ〉の新作!レトロなスニーカーでキャッチーな足元を作る!
SPONSORED
2022.01.25 NEW

大人のカジュアルに映える〈トッズ〉の新作!
レトロなスニーカーでキャッチーな足元を作る!

早くも春の訪れを告げる(!?)ような新作スニーカーをキャッチ! 〈トッズ〉からリリースされたこの春の新作は、スマートなレトロランシューをモチーフにしながら、ポップなカラーリングで楽しげな印象に仕上げた1足。それにどうやら特別なカラーの用意…

街着としても侮れない、〈プーマ〉のお洒落アイテムとは?
SPONSORED
2022.01.18

街着としても侮れない、〈プーマ〉のお洒落アイテムとは?

今、ファッションブランドに負けないデザイン性の高さで注目されているのが、スポーツブランド。日常のスタイルにスポーティなウエアを取り入れることがトレンドの昨今、その存在感はよりいっそう増している。なかでも機能性はもちろん、大人が都会で着られ…

TAGS:   Fashion
【試乗】やっぱり出来が違う!新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?
SPONSORED
2022.01.14

【試乗】やっぱり出来が違う!
新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?

7年ぶりにニューモデルとして登場した7代目レガシィ アウトバック。ご存知のとおり北米でも圧倒的な人気を誇る〈スバル〉ブランドの1台だが、“New Luxury”を掲げるこの新型は、果たしてどんなキャラクターを持つモデルなのか? 今回は、長…

TAGS:   Cars Lifestyle
信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!
SPONSORED
2022.01.07

信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、
自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ