Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2021.06.12


【まとめ】ブラッド・ピット映画14本!

人気スター、ブラッド・ピットの代表作を14本セレクト! 若かりし頃から、深みが増した現代まで、どの時代もとにかくカッコいい! さて、アナタは、どの時代のブラピがお好き?



『リバー・ランズ・スルー・イット』
製作年/1992年 製作・監督/ロバート・レッドフォード 共演/クレイグ・シェイファー、トム・スケリット

光る川面の反射で、キラキラと輝くブラピ!
ブラッド・ピットという名が映画ファンに知られるようになった作品といえば、1991年の『テルマ&ルイーズ』。年上女性を夢中にさせる役どころで、ハリウッドの正統派イケメンスターの出現が話題になった。

雰囲気から「ロバート・レッドフォードの再来」とも言われたブラピ。そのレッドフォード監督の下、主演を飾ったことで、人気が世界レベルで爆発したのが、この作品。ブラッド・ピットの“原点”として今作を記憶している人も多いはず!

ブラピが演じたのは、牧師を父にもつポール。何事にも真面目で勉強も優秀な兄に対し、やんちゃで行動的な弟だが、兄弟の共通点はフライ・フィッシングが大好きなことだった。故郷を離れ、仕事に就くなど大人へと成長していく兄弟だが、やがて胸を締めつけられるような運命に直面することになる。

その運命と、モンタナ州の川でフライ・フィッシングを楽しむ兄弟の姿が重ねられ、熱い感動が届けられる一作。光る川面の反射で、ブラピのイケメン度が倍増され、理想のスターの輝きが立ち現れることを、観た人すべてが認めることだろう。
 

 


『カリフォルニア』
製作年/1993年 監督/ドミニク・セナ 共演/デビッド・ドゥカブニー、ジュリエット・ルイス

タフで危険な香りがするブラピ!
『リバー・ランズ・スルー・イット』で多くのファンを獲得したブラピだが、その直後、早くもそのイメージを裏切るような作品が公開された。現在に至るブラピのキャリアを振り返ると、要所で危険なまでにぶっとんだ役を演じている。

今作と同年の『トゥルー・ロマンス』で、彼のそんな志向が続けざまに表れ、アイドル的スターではない魅力が早くも映画ファンを虜にした。画面に出てくるだけで、怪しい香りが漂い、まるで鋭利にとがったナイフのように、いつ襲ってくるかわからない静かな狂気もたたえるのが、この『カリフォルニア』だ。

この作品でブラピが演じるアーリーは、恋人アデールとともに、作家と写真家という初対面のカップルの旅に同行する男。その作家はサイコキラーに関する本を出版しようとしており、目的は有名な殺人事件の現場を訪ねること。

2組のクルマの旅が進むうち、アーリーとアデールの本性がじわじわ明らかになっていく。冒頭では、ぶっきらぼうだが、どこにでもいそうな若者というムードを出しつつ、時折、危うさを漂わせるブラピ。演技にはまだ荒削りな部分も感じるが、つかみどころのない魅力がむしろ役にハマっている。
 

 ワイルドなブラピに惚れる!
ブラッド・ピット骨太映画5選!

『セブン』
製作年/1995年 監督/デヴィッド・フィンチャー 共演/モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー

ワイルドさと美しさが同居!
“GLUTTONY=暴食”として殺された肥満の男、“GREED=強欲”として殺された悪徳弁護士……。キリスト教の“七つの大罪”をモチーフにした猟奇連続殺人事件を追うことになった退職間近の刑事サマセット(モーガン・フリーマン)と、若手刑事のミルズ(ブラッド・ピット)。ジョン・ドゥ(ケヴィン・スペイシー。日本で言うところの“名無しの権兵衛”“山田太郎”的な偽名、匿名)を名乗る犯人が自首してきたが、“七つの大罪”の残るふたつ“ENVY=嫉妬”と“WRATH=憤怒”の死体はまだ発見できていない。取引を持ちかけたジョンは、サマセットとミルズをある場所に連れて行き……。

予測不可能な意外すぎる展開、彩度の低い映像で感じさせる不穏な空気、カイル・クーパーが担当した斬新なタイトルバックとエンドロール。さまざまな要素が話題となった傑作サスペンスで、一躍デヴィッド・フィンチャーの名を知らしめた。ブラッド・ピットはワイルドと美しさが同居した佇まいや、ラストでの衝動と決断の一連のシーンなど、キャリア初期の中でもベストアクト! 蛇足だが妻役のグウィネスとは本作をきっかけに交際した。
 

 
ワイルドなブラピに惚れる!
ブラッド・ピット骨太映画5選!

『デビル』
製作年/1997年 監督/アラン・J・パクラ 共演/ハリソン・フォード、マーガレット・コリン

若者らしい過激な情熱!
IRAの活動家フランキー(ブラッド・ピット)と引退間近の警察官トム(ハリソン・フォード)。立場は異なれど、同じアイルランド系というルーツを持つふたりの奇妙な友情と対峙を描いたサスペンス・アクション。武器調達のためにNYにやってきたフランキーは仲介者の紹介で準備が整うまでトムの家に居候することになる。ごく普通の家庭で束の間の穏やかさを感じるフランキーと、若いフランキーに親身になるトムの温かな描写と、銃撃戦などの激しいアクションシーンの対比に引き込まれる。

特にブラッド・ピットの、ハードでかっこいい役柄の中に時折見せる、庇護欲を駆り立てる子犬のような瞳と、お父さん然としたハリソン・フォードの渋みがいい。アイルランド独立運動を率いた武装組織IRAや、アメリカにはアイリッシュ系移民が多いことなど、背景もわかっているとより興味深いかも。もちろん何も知らずに見ても面白い!
 

 


『ファイト・クラブ』
製作年/1999年 監督/デビッド・フィンチャー 共演/エドワード・ノートン、ミートローフ

野心的な作品で、光るダークでワルなブラピ!
アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた『12モンキーズ』や、連続殺人犯を追う『セブン』など、ダークで過激な役が目立つようになったブラピにとって、その方向性の極致と言っていいのが『ファイト・クラブ』だ。ブラピが演じるのは、石鹸のセールスマンだと言って、主人公の“僕”に接近するタイラー。

本気で殴り合う喜びを教えるタイラーは、“ファイト・クラブ”を組織し、犯罪行為にも手を広げるようになる。タイラーは主人公の“鏡”のような存在。演じるブラピも、妙な親しみやすさと、ミステリアスな雰囲気を醸している。明らかにほかの作品と違う彼が、ここにいる。

役作りのためにボクシングやテコンドーのトレーニングを積んだというブラピ。ファイターとしての理想的な肉体美を作り上げたのには、ひたすら感心。タイラーは話芸も巧みで、人生や映画に対する“うんちく”も面白い。

『セブン』に続いてのデヴィッド・フィンチャー監督作品で、サブリミナルの画像が挟み込まれるなど、大胆な演出がぎっしり。衝撃のクライマックスまで、1999年の作品ながら、いま観ても“新しさ”を実感できる野心作だ。
 

 
ワイルドなブラピに惚れる!
ブラッド・ピット骨太映画5選!

『トロイ』
製作年/2004年 監督/ウォルフガング・ペーターゼン 共演/エリック・バナ、オーランド・ブルーム

勇敢で強靭、そして肉体美!
古代ギリシアのトロイア戦争をモチーフにした歴史アクションスペクタクル。よく知られているホメロスの叙事詩『イリアス』のように神々が登場するわけではなく、人間ドラマとして描いている。トロイの王子パリス(オーランド・ブルーム)が、恋に落ちたスパルタの王妃ヘレン(ダイアン・クルーガー)を連れ帰ってしまったことから、トロイVSスパルタをはじめとするギリシア連合軍の戦争が勃発。ギリシアの名武将アキレス(ブラッド・ピット)は、勇猛に戦うも、パリスに踵を射抜かれて……。

勇敢、強靭、ヒロイック、肉体美。ブラッド・ピットの英雄ぶりが際立つ。『トロイの木馬』のシーンや、アキレス腱の語源にもなっている弱点である踵を射抜かれるシーンなど有名なエピソードや、古代ギリシアの作り込まれた世界観も見どころ。ちなみに出演作の中で死んでしまう確率が高いことで知られるショーン・ビーンは本作ではオデュッセイア役なので最後まで生き延びます。
 

 
Mr.&Mrs.スミス

『Mr.&Mrs.スミス』
製作年/2005年 監督/ダグ・リーマン 共演/アンジェリーナ・ジョリー、ヴィンス・ヴォーン、アダム・ブロディ

ブラピと恋に落ちた作品!
建築設計事務所を経営するジョンと、サーバの管理会社を経営するジェーンは、コロンビアのボゴタで出会い、わずか6週間で結婚。NYで暮らしている。しかし結婚から6年が経ち、お互い忙しくすれ違うことも増え、それぞれ隠し事をしていることが発覚。改めてカウンセリングを受けることになるが、実はふたりはそれぞれプロの暗殺者という裏の顔を持っていた……。

クルマをぶつけ合い、ナイフを振り回し、家中に隠してあった武器で銃撃戦をするという、激しすぎる夫婦喧嘩が楽しい本作。アクションだけでなく軽妙な掛け合いも見どころ。この撮影でアンジーと出会い、恋に落ちたといわれている。『ボーン・アイデンティティ』のダグ・リーマン監督によるテンポのよい演出が際立つ。
 

 


『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』
製作年/2008年 監督/デビッド・フィンチャー 共演/ケイト・ブランシェット、タラジ・P・ヘンソン

ブラピのイケメンの変遷が一気に観られる!
若い時代から、中年になった現在まで、それぞれの年代でカッコいい男のトップに君臨し続けたブラピ。その“変貌”を一気に再現してくれるのが、この作品だ。

主人公のベンジャミン・バトンは、生まれたときに80歳の肉体で、時間とともに若返っていくという、“逆行人生”を歩む。背景となるのは、第一次世界大戦の終わりからの激動の歴史。かなり壮大で突飛なシチュエーションだが、軸になるのはベンジャミンのラブストーリー。

監督は、ブラピの起用が今回で3度めとなる鬼才、デヴィッド・フィンチャー。新たなビジュアルへの挑戦が大好きな監督ということで、特殊メイクや、顔の演技をキャプチャーしたCGなど、最大限に駆使される特殊効果が見どころ。

戦争アクションから、恋人デイジーの踊るバレエといった幻想的シーンの数々、エモーショナルな人間ドラマ……。あらゆる映画のジャンルが詰め込まれたぜいたくな内容でもある。
 

 

『オーシャンズ11』
製作年/2001年 監督/スティーヴン・ソダーバーグ 共演/ジョージ・クルーニー、マット・デイモン

凄腕の詐欺テクニックを知れば、対処すべきセキュリティ方法がわかる!
どんな警備も突破する凄腕たちを前にすると、その安全神話も崩壊気味だが、シンプルに普段と違う出来事や人がいたら怪しむことが第一と思わせるのが本作。

凄腕の詐欺師ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)が犯罪スペシャリストの仲間たちとともに、ラスベガスのカジノの金庫破りに挑む。金庫破りと一口に言っても、ダニーらが狙うのはセキュリティ万全の巨大金庫。実行当日、ベガス3大カジノの金が集まる金庫には1億6000万ドル以上の金が眠っているらしく、プロジェクトは壮大さを極めていく。

リーダーのダニーをはじめ、カジノのディーラー、事情通の資産家、爆破の専門家、中国雑技団の曲芸師、通信技師、スリなど、揃った面々は全員その道のプロフェッショナル。いわば、総力戦のため彼らの計画を見破るのはプロでもなかなか難しいうえに、そもそもカジノ経営者でもない限り気にする必要はなし? 

とはいえ、カジノの防犯カメラをハッキングする際のテクニックや変装のハウツー、時間ごとに変わる暗証番号にどう対応するか、街を停電させたいときはどうすればいいのかなど、その詐欺のやり口は知っておいて損はない。要するに、どんなにセキュリティが万全でも、破られない金庫などないということ。そう考えると、ホテルの部屋の小型金庫を過信するなんてのは大間違いかも……。
 

 

『マネーボール』
製作年/2011年 製作・出演/ブラッド・ピット 監督/ベネット・ミラー 共演/ジョナ・ヒル、フィリップ・シーモア・ホフマン

ブラピを一番身近に感じられる!
数あるブラピの出演作の中で、最も共感しやすいのは、この『マネーボール』のキャラクターかもしれない。メジャーリーガー時代は派手な成績を残せなかったビリー・ビーンは、スカウトに転身してその才能を発揮。オークランド・アスレチックスのGM(ゼネラルマネージャー)に就任する。

ビリーがGMとして取り入れたのが、データ重視で選手を評価する“セイバーメトリクス”。ほかの球団とは違う独自なアプローチだった。予算の少ない球団が、この方法で改革され、快進撃につながる物語が、軽快なエンタメ的ノリで描かれる。

ビリー・ビーンの奮闘が見ものである今作。頭の固い球団の古参たちとのバトルや、成績は目立たないがポテンシャルを秘めた選手への励まし。熱さと、きめ細やかさという“理想の上司”の姿が、ブラピのまっすぐな演技と化学反応を起こし、チームの変貌にぐいぐい引き込まれる感じだ。

辣腕をふるいながらも、あるジンクスを信じて重要なゲームではひとりで時間を過ごすビリー・ビーン。その孤独なシーンのブラピは、キャリアでも最高の演技をみせてくれる。
 

 
ワイルドなブラピに惚れる!
ブラッド・ピット骨太映画5選!

『ワールド・ウォーZ』
製作年/2013年 監督/マーク・フォースター 共演/ミレイユ・イーノス、ダニエラ・ケルテス

クールかつハードボイルド!
謎のウイルスが世界中で蔓延している中、ウイルスに感染したゾンビと人類の戦いを描いたパニック映画。ブラッド・ピットは元国連職員のジェリー・レイン役で、妻と娘を安全な空母に避難させ、自らはワクチン開発と情報収集のために、人類滅亡まであと90日と言われる終末世界へと旅立つ。

死者が蘇ったのではなく、“人間の感染症”という設定なので、本作のゾンビはめちゃくちゃ走る! 攻撃性の高いゾンビが群衆で押し寄せてくる描写は呆気にとられるほどの大迫力! 特にイスラエル‐パレスチナ間にある壁をゾンビが何十万と重なって超えてくるシーンは、民族間で分離している現実問題を彷彿とさせる。

ブラッド・ピットは何があっても妻と娘を守ろうとする父としての頼りがいや安心感、妻を優しくハグ&キスする際の夫としての愛情深さ、命を懸けた戦いに身を投じていく際のクールかつハードボイルドを体現していてかっこいい。
 

 
ワイルドなブラピに惚れる!
ブラッド・ピット骨太映画5選!

『フューリー』
製作年/2014年 監督/デヴィッド・エアー 共演/シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン

統率力のあるタフガイ!
第二次世界末期、ナチス・ドイツ内で戦う連合軍所属の戦車“フューリー”。クルーには歴戦の猛者が集まる中、“手違い”で配属されてしまった入隊2ヵ月で実戦経験のない若者ノーマン(ローガン・ラーマン)の目を通して戦争の残酷な実態を容赦なく描く。戦闘シーンはかなりリアルで生々しい描写もあり。

ブラッド・ピットは全身に激戦を潜り抜けてきたことを表す傷のある、リーダー的存在のドンを演じる。ナチス・ドイツをとことん憎み、白旗を振ってきたドイツ兵でも情け容赦なく殺す男だ。

一瞬の判断の遅れが味方陣地に多大な被害をもたらせることを知っていて、無言でも威圧感がある佇まいや鋭い眼光のみでほかのクルーを制するような、死すらも恐れていないような。それでいて戦地においてはこの男についていけば間違いないと思わせるような。そんなドンをブラッド・ピットが好演している。
 

 
【まとめ】こんな未来がきっとくる!?
何度でも観たい!SF映画22選!

『アド・アストラ』

製作年/2019年 製作・出演/ブラッド・ピット 製作・監督・脚本/ジェームズ・グレイ 共演/トミー・リー・ジョーンズ、リヴ・タイラー、ジョン・オーティス 

近未来の宇宙描写にワクワクする!
冒頭の大事故にはじまり、月や火星に建設された宇宙基地など、これまでのSFアクション映画では観たことのないビジュアルが展開。しかも、地球から月への移動が、まるで旅行のような手軽さになっているなど、近未来の風景に驚かされる。あまりのリアルさに、ついついスクリーンの端まで注意深く見てしまうほどだ。一方で月面でのカーチェイスなど、かなり思い切った描写も用意されているから面白い。特に、救難信号を出している宇宙船を救いに行く場面は、衝撃的なのでお見逃しなく!

地球から43億㎞もの旅を描く本作は、マクブライドの複雑な心理面にもフォーカスしている。SFアドベンチャーの興奮する映像に見入っているように思えるが、実は主人公の深〜い人間ドラマが作品世界へ引きこんでいるのだ。そう、これがまさにブラピマジック。彼の集大成といえる理由でもある。ちなみに、この映画をたとえるなら、クリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』に近いムードかも。なので、それにハマった人には生涯最高の作品になるかも!
 

 


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
製作年/2019年 製作・監督・脚本/クエンティン・タランティーノ 共演/レオナルド・ディカプリオ、マーゴット・ロビー、エミール・ハーシュ

ブルース・リーと戦うブラピ!
タランティーノがハリウッドへの果てしない愛を捧げた映画なので、オタク要素は満載。けれども、映画マニアでなくても入りこみやすい内容。ただ、ひとつだけ観る前に押さえておきたいのが、シャロン・テート殺害事件。当時、気鋭の監督だったロマン・ポランスキーの妻で新進女優だったシャロンが、カルト集団によって惨殺されてしまう。それにより、ハリウッドのムードが一変。果たしてタランティーノはそれをどう描くのか? 本作ではシャロンも登場し、その隣人がディカプリオ演じるスター俳優リック(架空の人物)。そんな設定になっている。

CGやセットを極力使わずに再現した1969年のLAの街並みやカルチャーは必見。さらにブルース・リーとブラピが闘うなど、見どころの連続だ。なかでも最大のポイントは、やはり2大俳優の輝きだろう。ピークをすぎた俳優リック役を味のある演技で表現するディカプリオもいいが、とにかくかっこいいのがブラピ。武骨なキャラ、クリフ・ブース役は彼のキャリアでも最高といってもおかしくない。スタントマンとしての身体能力や怖いもの知らずなタフガイぶり、はたまた愛犬とのやりとりなど、実に男らしくてチャーミングなのだ。この役でオスカーを獲得した。
 

 

文=斉藤博昭、渡邉ひかる、米原とおる text:Hiroaki Saito、Hikaru Watanabe、Toru Yonehara
大人が頼れるのはやっぱり〈ディーゼル〉!夏のTシャツに似合う主役級デニム!
SPONSORED
2021.07.21

大人が頼れるのはやっぱり〈ディーゼル〉!
夏のTシャツに似合う主役級デニム!

リラックスして過ごしたい週末は、Tシャツにデニムなんていうラフな着こなしが心地いい。でも、どうほかと違いを出すか? ここがお洒落の見せドコロ。で、やっぱり頼りになるのが〈ディーゼル〉の新作デニム。1本1本デザインに個性がちゃんとあるから、…

男心をくすぐるのは〈ティソ〉の骨太海時計!本格派ダイバーズでアクティブな夏を満喫する!
SPONSORED
2021.07.21

男心をくすぐるのは〈ティソ〉の骨太海時計!
本格派ダイバーズでアクティブな夏を満喫する!

本格的な夏に突入し、ダイバーズウォッチがひときわ活躍するシーズン。しかも本格機能を備えたものなら、鬼に金棒。“ティソ シースター コレクション”はまさにうってつけ。ダイバーズの伝統を受け継ぐ骨太な仕様に美しい文字盤を備えた才色兼備は、スポ…

TAGS:   Fashion Watches
新型Audi A3とともに郊外の美術館へ。建築とアートに魅せられる“静かで美しい”休日を。
SPONSORED
2021.06.30

新型Audi A3とともに郊外の美術館へ。
建築とアートに魅せられる“静かで美しい”休日を。

初夏の爽やかな気候に誘われて、気晴らしに出かけたい気分。さて、どこへ行こう? 自粛のライフスタイルも1年間の経験を積めば、注意すべきポイントもわかってくるものです。屋外で(できれば自然の中)、大声をあげる必要のない静かな環境などの条件を考…

〈ストレスレス〉のチェアは五郎丸 歩さんの特等席。“座る”で変わる、日常の風景。
SPONSORED
2021.06.30

〈ストレスレス〉のチェアは五郎丸 歩さんの特等席。
“座る”で変わる、日常の風景。

新しい生活様式の中、リモートワークはもちろん家で映画鑑賞やスポーツ観戦の機会が増え、“座る”という時間はこれまで以上に増えています。そんな時代だからこそ、極上の座り心地で心身を解放してくれるチェアがあれば、生活がより上質なものになるはずで…

オーダーシャツブランド〈ソルブ〉だからこそ作れた。“仕事Tシャツ”という新たな1枚。
SPONSORED
2021.06.30

オーダーシャツブランド〈ソルブ〉だからこそ作れた。
“仕事Tシャツ”という新たな1枚。

「出社の回数が減り、家で過ごす時間が長い生活が続いているせいで、どうも近頃時間の使い方にメリハリがなくなった」。“ニューノーマル”という言葉が叫ばれるようになってから、働く世代のこんな声をよく耳にします。確かに職場と家の境界はあいまいにな…

プロ仕様を手掛ける〈クレイジー〉で感動のゴルフ体験を。職人技のシャフトは飛距離が違う。
SPONSORED
2021.06.30

プロ仕様を手掛ける〈クレイジー〉で感動のゴルフ体験を。
職人技のシャフトは飛距離が違う。

密にならないスポーツとして、近頃ゴルフが人気です。いやいや前からやってるよという人も、案の定最近はじめてみたという人もいるでしょう。そんな玄人、素人問わずオススメなのが〈クレイジー〉。圧倒的飛距離を生むフルレングスカーボンシャフトで、高い…

TAGS:   Safari me time
〈バルザーリ〉が巷で“バズった”のにはワケがある。夏も快適、爽やかマスク。
SPONSORED
2021.06.30

〈バルザーリ〉が巷で“バズった”のにはワケがある。
夏も快適、爽やかマスク。

当たり前となったマスク生活。けれど、暑い夏のうっとうしさはなかなか慣れるものではありません。そんなとき、〈バルザーリ〉のマスクは強い味方。これまでに270万枚以上を売り上げた“バズった”マスクとしても有名な“バルマゼロ”はもともとアスリー…

速水もこみちさんの贅沢なオフ時間とは?気持ちを切り替えるスイッチはちょっと高級なビール“ザ・プレミアム・モルツ”です。
SPONSORED
2021.06.30

速水もこみちさんの贅沢なオフ時間とは?
気持ちを切り替えるスイッチはちょっと高級なビール“ザ・プレミアム・モルツ”です。

お家に帰って、よく冷えたビールをプシュッと開栓する瞬間、それまで張り詰めていた気持ちがほぐれ、寛ぎのオフタイムがスタートする。美味しいビールは、ときにそんな気持ちのスイッチのような役割も果たしてくれる。俳優の速水もこみちさんはそんなとき、…

〈ルシアン ペラフィネ〉と〈モラビト〉がコラボした存在感のあるレザー小物!スカルを相棒にして 大人の遊び心を刺激する!
SPONSORED
2021.06.28

〈ルシアン ペラフィネ〉と〈モラビト〉がコラボした存在感のあるレザー小物!
スカルを相棒にして 大人の遊び心を刺激する!

シンプルになりがちな夏カジュアルは、小物使いで違い出しするのが王道。なかでも品格ある存在感を出してくれるのが、ラグジュアリーなレザー小物。とくれば、スカルのアイコンでお馴染みの〈ルシアン ペラフィネ〉が、フランスの老舗高級レザーブランド〈…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ