Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2024.02.28

あの映画監督の得意技! Vol.11
アリ・アスターの不穏さと徹底した作り込み!


【Profile】アリ・アスター(写真右)/1986年7月15日生まれ、ニューヨーク出身。『ヘレディタリー/継承』(2018年)で長編映画デビュー。

映画ファン、とりわけ近年のエッジの効いた洋画をチェックしているファンであれば、アリ・アスター監督の名を知らない人はいないだろう。ある一家の呪われた運命を描く長編デビュー作『ヘレディタリー/継承』(2018年)でホラーの新次元を切り拓き、カルトな夏至祭にやってきた大学生たちの恐怖奇談『ミッドサマー』(2019年)では、狂気の祝宴を鮮烈に描き切った。強迫観念を抱えた男の心象風景をたどる2月16日に公開した新作『ボーはおそれている』でも彼ならではの、観客を不穏の渦に巻き込む演出は健在だ。本稿では、そんなアスター作品の魅力について語ってきたい。
 

  

 

『ボーはおそれている』(2024年)

アスターの長編3作品の共通点として、まず挙げたいのは、主人公が精神的な問題を抱えていること。『ヘレディタリー/継承』の主人公アニーは夢遊病に悩まされ、『ミッドサマー』のヒロイン、ダニーはパニック障害を抱えている。『ボーはおそれている』の主人公ボーは、まともな社会生活をおくれないほどの不安症である。いうまでもなく、映画における主人公は観客が気持ちを重ねることのできるキャラクター。そんな人物が心の病を抱えているという設定は、観客の内面を不安に陥れる点で効果的だ。恐怖に歪む彼らの表情をクローズアップした映像のインパクトと併せて、強烈な印象を残す。
 

  

 

『ヘレディタリー/継承』(2018年)の撮影風景

さらに注目したいのは、いずれの主人公も家庭の問題を抱えていること。『ヘレディタリー/継承』のアニーは不仲だった母との死別を経験した矢先に幼い愛娘の事故死という悲劇に直面。『ミッドサマー』のダニーは、妹が両親を巻き込んで自殺したという過去のトラウマを引きずっている。そして『ボーはおそれている』のボーは中年となっても、母親に対するコンプレックスから抜け出せない。社会の最小限の単位である家族の物語を主人公に背負わせることで、観客にとって彼らがより身近な存在となるというワケだ。
 

  

 

『ミッドサマー』(2019年)

凄惨な死というエピソードも、アスター作品には欠かせない。『ヘレディタリー/継承』の幼い娘の事故死、『ミッドサマー』で崖から飛び降り、頭を割られる老人の儀式的な死は、その描写を含めて観客の脳裏に生々しく焼き付いた。『ボーはおそれている』では、そのようなバイオレントな描写は控えめだが、母親が落下したシャンデリアによって頭を砕かれて亡くなった……という前半のエピソードがセリフで説明されるだけで、イマジネーションを刺激してくる。
 

  

 

『ミッドサマー』(2019年)の撮影風景

ざっとアスター作品の特色を語ってみたが、これだけだと陰鬱な作品ばかりと思われるかもしれない。しかし、アスターはビジュアルを徹底して作り込むことで、これらの物語をアートへと高めてみせる。たとえば、建造物へのこだわり。『ヘレディタリー/継承』での主人公の屋敷や、子供用ツリーハウス、ヒロインが作っているミニチュアハウスなどは、どこか異様な空気が漂っている。『ミッドサマー』での、さわやかな平原に建てられた簡素な宗教施設の佇まいも同様だ。『ボーはおそれている』では、主人公の退廃的なアパートにはじまり、彼を助ける夫婦のクリーンな屋敷、そしてモダンで冷たい空気を漂わせた実家の豪邸へと舞台を変える。それらの内装を含めた造型の作り込みを、絵的な風格に昇華させるのは映画の醍醐味でもある。

アスター作品の作り込みは物語の伏線として機能しているケースも少なくなく、ネット上では多くの分析記事を見ることができる。裏を返せば、それはアスター作品にハマってしまうファンが多いことの証明。新作『ボーはおそれている』は前2作以上にシュールな展開だけに多様な解釈ができるので、それに拍車がかかるかもしれない。恐怖に震えつつも目が離せない、アスターの“沼”に、ぜひ一度沈んでみて欲しい。
 

  

 

文=相馬学 text:Manabu Souma
photo by AFLO
男のかっこよさはデニムで決まる! 着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 
SPONSORED
2024.04.19

男のかっこよさはデニムで決まる! 
着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 

男のファッションは“シンプル”が基本。だからこそ飾らないデニムの風合いは、いつの時代も魅力的に映るのだろう。シルエットや色落ちに多少のトレンドはあるけれど、ベーシックなデニムを長く愛用するのも、芯がとおっていてかっこいい。で、そんな王道デ…

TAGS:   Fashion
Always, My Dear Ocean海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。
SPONSORED
2024.03.29

Always, My Dear Ocean
海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。

いつか、海の近くに住んでみたい。そんな夢を思い描いている人は多いよう。というのも、仕事のリモート化が進んでからというもの、実際に海沿いの家の人気はうなぎのぼりだからです。ただ、都会の暮らしを手放したくないのも事実ですよね。だからといって、…

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック
SPONSORED
2024.03.29

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!
いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック

本格ピックアップトラックとして世界中で愛されてきた〈三菱自動車〉の“トライトン”が、12年ぶりに国内投入。三菱がラリーの世界で磨き抜いた4WDシステムで高い走破性を実現する一方、唯一無二の個性を主張する精悍なデザインは、「“冒険”の定義を…

TAGS:   Cars
俳優・山﨑賢人が〈サンローラン〉の新作レザーブルゾンを語る! 惹かれるのは大人の 色気と武骨さが漂う1着!
SPONSORED
2024.03.25

俳優・山﨑賢人が〈サンローラン〉の新作レザーブルゾンを語る!
惹かれるのは大人の 色気と武骨さが漂う1着!

〈サンローラン〉のシグネチャーアイテムといえるレザーアウターが、今シーズンもバラエティ豊かに出揃った。羽織るだけでさりげなく漂う、大人の色気と武骨な男らしさ。しなやかにカラダを包み込むラムスキンの風合い。そして緻密に計算された美しいシルエ…

TAGS:   Fashion
100周年を迎える〈カルティエ〉“トリニティ”の新作!タイムレスな魅力で日灼け肌を彩り続ける!
SPONSORED
2024.03.25

100周年を迎える〈カルティエ〉“トリニティ”の新作!
タイムレスな魅力で日灼け肌を彩り続ける!

〈カルティエ〉のアイコンジュエリーである“トリニティ”が、今年で100周年を迎える。3本のリングが描く独特なフォルムは、友人やパートナー、親子や家族など様々な愛のカタチを彩ってきた。そんなタイムレスな魅力をもつ“トリニティ”に、100周年…

TAGS:   Fashion
〈ヘルノ〉なら大人に似合う新作が揃っている!品があって爽やかなマリンカジュアル!
SPONSORED
2024.03.25

〈ヘルノ〉なら大人に似合う新作が揃っている!
品があって爽やかなマリンカジュアル!

春から初夏のビーチには、上品で爽やかなマリンカジュアルがよく映える。上質素材のカットソーに薄軽なアウターを羽織って、ボトムにはすっきりした大人ショーツなんて着こなしがソレっぽい。そこで注目すべきが〈ヘルノ〉の新作。マリンカジュアル気分もた…

TAGS:   Fashion
〈ベル&ロス〉の新作で男の手元にグッと個性出し!優しげコーデの引き締めに深緑ブロンズ時計!
SPONSORED
2024.03.25

〈ベル&ロス〉の新作で男の手元にグッと個性出し!
優しげコーデの引き締めに深緑ブロンズ時計!

優しげな淡いトーンの着こなしは、春らしさ感じる人気色のひとつ。でもワントーンでこなすほどに、少しだけ“物足りない”って感じる人も多いはず。そんなときは、深みのあるグリーンブロンズ時計のアクセント使いが頼りになる。ニットのアイボリーと、時計…

TAGS:   Fashion Watches
シーンレスで着まわしたい〈Gステージ〉の新作!無重力の着心地が叶う快適素材のセットアップ!
SPONSORED
2024.03.25

シーンレスで着まわしたい〈Gステージ〉の新作!
無重力の着心地が叶う快適素材のセットアップ!

リモートワークや旅先のレストラン、ゴルフ場のクラブハウスなど、大人のいろんなシーンにはセットアップが必要だ。さらにこれからの暑い時期は、より快適に着られる1着が理想的。であれば、〈Gステージ〉の“G-ゼロ”が狙いめ。着ていることを忘れてし…

TAGS:   Fashion
町田啓太が体感した〈Audi〉A3の魅力とは!?
SPONSORED
2024.02.29

町田啓太が体感した
〈Audi〉A3の魅力とは!?

エモーショナルな佇まいと先進の装備で人気を博す〈Audi〉A3を、今をときめく町田啓太さんがインプレッション! 意外にも免許取得以来一度も自分のクルマを所有したことがないそうだが、〈Audi〉が誇るプレミアムコンパクトは、彼の琴線に大いに…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ