Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2022.01.08

【12月まとめ】『大人のお洒落コーデ集』
お洒落に差をつける冬の“オフ白”!


ダークになりがちな冬だけど、そんな傾向だからこそ、差の出るテクがあります! それが簡単に叶うのが“オフ白”投入テク。クリーンで爽快なイメージでもあるし、なんともいえない柔らかさがあるから、デート着にもぴったり。

大人のお洒落コーデをもっと見たい人はコチラ!


〈Off White Style 01


純白ではない白が
冬には持ってこい!

急に冷えこんできて、とりあえず安定の黒ダウンを羽織ってみる……な~んてことになっている人も多そう。そこで、今回はあえてその逆をいく着こなしを提案。それが、“全身オフ白”な着こなし。全身に白を使う着こなしって、夏のイメージがあると思うけど、実は冬こそよかったりする。でも、冬に着こなすにはちょっとしたポイントが。それは、オフ白を使うということ。というのも、太陽が眩しく薄着の季節には、全身で純白を使うのはさほど変ではない。だけど、厚着のこの季節に全身を真っ白で固めてしまうと、ちょっと悪目立ちする恐れがある。そこで、優しげな“オフ白”にすることで、インパクトを柔げながらも明るい印象に仕上げようってわけ。では、使うオフ白アイテムはどんな感じか。まずはジャケットから。ここでは、ミドル丈のカーバーオールをチョイス。着丈がやや長めだと、中に厚手のものを仕込めるので意外に冬も暖かく着られる。そこに、パンツは同じくオフ白。だけど、デニムではなくベイカーパンツを選んでみた。こんなふうにちょっとしたディテールで遊びを加えるのは、ワントーンコーデのポイント。さらに、手に持ったシャツはコーデュロイ素材にして、素材で立体感を足してみて。少し難易度は高くなるかもしれないけど、暗くなりがちな冬の着こなしの“変化球”になるから是非やってみて!

カバーオールジャケット5万7200円(スリードッツ/スリードッツ青山店)、スウェットシャツ1万1000円(オフショア/ザ センス)、手に持ったコーデュロイシャツ1万5400円、ベイカーパンツ1万6500円(以上デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、サングラス3万9600円(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)、ネックレス1万7600円(ノース ワークス/ヘムトPR)、スニーカー4万9500円(フィリップモデル/トヨダトレーディング プレスルーム) 

 

〈Off White Style 02


華やかな色合わせの
調整役は“オフ白”!

急に寒くなってきて、正直夏が恋しい……。大好きな海だって寒すぎると正直キツいもの。そこで、着こなしでテンションを上げてみようというのが、今回の提案。メインのアイテムは、今買って春先まで長~く使えそうなシャツジャケット。味のあるピンクが甘くなりすぎないので、大人の男が着てもマッチする。それにこの手のピンクは、冬のブロンズ肌にもぴったり。そこに、味のある赤いフーディをオンすればピンクもぐっと引き締まるってもの。そんな赤を1点投入しておけば、手持ちのニットもピンク系にしてもOK。これでもかとニット帽もピンク。同じピンク系でまとめているから、ここまで詰めこむとちょっと不安になる? でも、大丈夫。なぜなら、ここで調整役を努めるパンツを投入すればいい。今回チョイスしたのは、オフ白のスウェットパンツ。トップの暖かい雰囲気を壊さずにうまく落ち着かせてくれるのがいいところ。そしてダメ押しがブーツ。安定の茶スウェードにしておけば、柔らかいトーンなのにきっちり引き締めてくれる。これなら寒さ厳しい日でもテンションが上がりそうだし、まわりの人までハッピーになりそうでしょ⁉ 自分のご機嫌は、ファッションで取っていきましょう!

シャツジャケット3万800円(バグッタ/トレメッツォ)、パーカ1万4300円(オフショア/ザ センス)、手に持ったニット2万8600円(ロンハーマン)、スウェットパンツ1万8150円(スコッチ アンド ソーダ/コロネット)、ニット帽4400円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、サングラス3万5200円(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)、ブーツ3万6300円(ホワイトマウンテニアリング×アグ/ホワイトマウンテニアリング) 

 

〈Off White Style 03


オフ白を投入で
重ね着でも重くならない!

今年の夏のヒットカラーといえば、グリーン! この連載でも、『Safari』本誌でもかなり多くのアイテムが紹介されていたけど、その勢いは秋冬でも止まることはなさそう。現に、冬アイテムでもグリーンはかなり充実。暗くなりがちな冬の着こなしに、活気を与えてくれる。そこで、今回は秋冬バージョンの“グリーン”使いを紹介。主役は、この肉厚のフーディ。馴染みのあるアイテムでもグリーンにするだけでグッと今っぽさが出る。そこにブルーデニムを合わせ、夏にもよくやっていたブルー×グリーンの配色に。で、スニーカーと手持ちのチェックシャツもグリーンをベースにしている。ここで、ポイントなのがアウターに何色を選ぶかということ。もし、ここで黒やネイビーといったベーシックカラーのアウターを羽織るとどうだろう? やや重たさが出て、せっかくのブルー×グリーンの爽やかさ満点の着こなしが、無難な印象になってしまう。そこでアウターには、ブルーやグリーンと同じくらい、いやそれ以上の力を持つ色が必要である。で、おすすめなのが“オフ白”。これを羽織るだけでほかのアイテムのよさが引き立ち、さらに顔まわりが明るく見える。こんなふうに冬コーデの起爆剤になるのがグリーン。なんだか引き続き使いたくなるでしょ!

コーデュロイブルゾン1万6500円(オフショア/ザ センス)、パーカ1万9800円(サタデーズ ニューヨークシティ)、手に持ったチェックシャツ2万8600円(アウターノウン/RHC ロンハーマン)、デニムパンツ2万7500円(ラグ & ボーン/ラグ & ボーン 表参道店)、スニーカー8800円(ヴァンズ/ヴァンズ ジャパン) 

 

〈Off White Style 04


オレンジやピンクで
ベージュを陽気に見せる!

大人っぽくて真面目な印象のあるステンカラーコート。きちんとして見えるので、ビジネスシーンに着る人も多いアイテムですよね。それもベージュなんかの定番カラーだともっとコンサバな印象。だから、普段の休日なんかには出番はない!? いやいやそれはもったいない。で、これを休日の西海岸カジュアルに落としこむにはどうすればいいのかって話が今回のお題。ちょっと難しそう⁉ と、思いきや意外に色や柄使いで週末らしい見た目にすることができるんです。その好例がコチラ。まず大切なのが、暖色系のアイテムを合わせるということ。オレンジのチェックシャツ、ピンクのTシャツやキャップなど。こういった楽しげな色がベージュという定番色までをも華やかに見せてくれる。チェック柄が覗いているのもLAっぽくこなすポイント。で、そんな暖色系アイテムとコートの重要な橋わたし役となっているのが、白デニムだ。適度に上品さがありながら、上半身の陽気な空気も壊さず保ってくれる。こんな感じなら、コンサバ感もちょうどいい。LA感はあるんだけど、どこか大人っぽい。そんな着こなしができるのは、ステンカラーコートならではです。

ナイロンステンカラーコート7万6780円(ノンネイティブ/ベンダー)、中綿シャツジャケット7万1500円(アスペジ/トヨダトレーディング プレスルーム)、Tシャツ1万1000円(リプレイ/ファッションボックスジャパン)、デニムパンツ2万5300円(アッパーハイツ/ゲストリスト)、キャップ5500円(アーモンド/トライオン)、ブーツ3万7400円(リプロダクション オブ ファウンド/アイ ファウンド) 

Information

●アイヴァン 東京ギャラリー
TEL:03-3409-1972

●ザ センス
TEL:03-5579-2595

●ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム
TEL:03-3401-5001

●スリードッツ青山店
TEL:03-6805-1704

●トヨダトレーディング プレスルーム
TEL:03-5350-5567

●ヘムトPR
TEL:03-6721-0882

●アイヴァン 東京ギャラリー
TEL:03-3409-1972

●コロネット
TEL:03-5216-6518

●トレメッツォ
TEL:03-5464-1158

●ホワイトマウンテニアリング
TEL:03-6416-5381

●ロンハーマン
TEL:0120-008-752

●RHC ロンハーマン
TEL:0120-008-752

●ヴァンズ ジャパン
TEL:03-3476-5624

●サタデーズ ニューヨークシティ
TEL:03-5459-5033

●ラグ & ボーン 表参道店
TEL:03-6805-1630

●アイ ファウンド
TEL:03-6434-7418

●ゲストリスト
TEL:03-6869-6670

●トライオン
TEL:03-5820-7785

●ファッションボックスジャパン
TEL:03-6452-6382

●ベンダー
TEL:03-6452-3072

写真=正重智生 スタイリング=田川 匠、柳川武史
photo : Tomoo Syoju (BOIL) styling : Takeshi Yanagawa、Takumi Tagawa(remix)
※価格は例外を除きすべて税抜き価格です
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ