Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2017.11.26


『転落の街』×LA

人気作家マイクル・コナリーが描く、大人気ハードボイルドシリーズの1冊。主人公は、LA市警の未解決事件班で捜査にあたるハリー・ボッシュ。高級ホテルからの転落事件と、22年前に起きた殺害事件の捜査を進めていく彼だが事態は想像以上に困難を極めていく。結末を迎える頃には、両事件に関わる…

人気作家マイクル・コナリーが描く、大人気ハードボイルドシリーズの1冊。主人公は、LA市警の未解決事件班で捜査にあたるハリー・ボッシュ。高級ホテルからの転落事件と、22年前に起きた殺害事件の捜査を進めていく彼だが事態は想像以上に困難を極めていく。結末を迎える頃には、両事件に関わる社会構造にLAの特徴を垣間見ることができる。スリリングな謎解きはもちろん極上のエンターテイメントとしても楽しめる傑作。


LAを舞台にしたハードボイルドは
社会の闇に迫る極上のサスペンス!

LAの心臓部といえば、市庁舎を中心とする官庁街。LA市警やLAタイムズなどが立ち並ぶ、“LAの霞が関”だ。本書の冒頭、主人公のハリー・ボッシュ刑事が上司のデュヴァル警部補に呼ばれて市警本部の上階に赴くと、窓からはLAタイムズのビルが見える――「新聞記者たちが通りの向こうの編集室からこちらを見ているんじゃないかという誇大妄想から、デュヴァルはブラインドを半永久的に下ろしていた」(上巻P11)

一方、別方向の窓には市庁舎の尖塔が間近に見える。市議会と警察と新聞社が接しているわけだが、本書のひとつの軸はその三者のせめぎ合いだ。ボッシュは、相棒のデイヴィッド・チューとともに、ジョージ・アーヴィングの転落死を捜査することになる。ジョージが死んだのはシャトー・マーモントという最高級ホテル。現場や遺体の状態から、ボッシュは殺人事件と判断する。そこに絡むのがジョージの父であり、これまでのボッシュ・シリーズでも登場してきたアーヴィン・アーヴィング。かつてLA市警本部長だったが、あることの責任を取って辞めさせられ、市会議員に転身した男である。LA市警時代、なにかとボッシュと対立していたアーヴィンは、現在も市警に対して厳しい姿勢を取ることが多く、現役の警官たちからは嫌われている。

捜査を進めるうち、ボッシュはジョージの法律事務所が父アーヴィンのコネを利用し、LA市の仕事を斡旋することで利益を得ていたことを知る。アーヴィンも息子の仕事のためにかなり強引な手段を使っており、それでジョージはあるタクシー会社に恨まれていたらしい。ところが、その会社の配車係が犯人だという証拠固めをしているとき、このことがLAタイムズに漏れ、記事になりそうになる。どうやら相棒のデイビッドが恋人のLAタイムズの記者にリークしたらしい。

並行して、ボッシュはある未解決事件も担当する。それは22年前、若い女性が惨殺された事件。最近の調査で、遺留品に残された血液のDNAがペルという性犯罪者のものと一致したのだ。しかしペルが犯人だとすれば、8歳のときに女性を殺したことになる。それはあり得ない。この謎を解くべく、ボッシュはペルが更生のために通う施設を訪れる。それがあるのは、かつて高級住宅地として開発されながら、貧困地帯となった地区だ。ペルは貧困地区に育ち、母の恋人に虐待されるという、悲惨な人生を送ってきた。ボッシュはペルを虐待してきた男が事件の鍵を握ると考え、その行方を探す。

親子を巡る物語がLA上層部の権力に関わるものなら、ペルを巡る物語は見捨てられた最下層の人々のもの。両者が見事に呼応し合い、LAが主人公とさえいいたくなるほど、この街の特徴が現れ出る。謎解きあり、恋と友情ありの、見本のようなエンターテイメントだ。

Information

●『転落の街』
マイクル・コナリー 著
古沢嘉通 訳
講談社 上下各860円

雑誌Safari1月号 P261掲載

文=上岡伸雄 text : Nobuo Kamioka

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!スポーティな装いも柄を足せば都会的!
SPONSORED
2019.08.28

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!
スポーティな装いも柄を足せば都会的!

アクティブ派にとっては、動きやすくてとても便利なスポカジ。でも、本気な運動着との差が微妙すぎる場合、大の男が街で着るにはちょっとキツイのも事実。ということで、ひと味違う柄を足した〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作を。柄自体がさり…

TAGS:   Fashion
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.08.24

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle
〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!
SPONSORED
2019.08.24

〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!
秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!

大人の男が格上のお洒落を目指すなら、服以上に大切なのがバッグと靴の選び方。無難なものばかり選んではつまらないし、当然ヤンチャすぎてもいただけない。で、注目したいのが、この辺のバランスを上手に表現している〈トッズ〉の新作。大人らしい品格を備…

TAGS:   Fashion
“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!
SPONSORED
2019.08.24

“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉
毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!

ファッションがそうであるように、いまや時計もインフォーマルなスポラグがトレンドだ。だがそれもブランドの品格や高いクオリティが伴ってこそ。“オーヴァーシーズ”が男たちの熱い注目を集める理由もそこにある。仕事や遊びを知り尽くす“通”が憧れる風…

TAGS:   Watches
プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!
SPONSORED
2019.08.24

プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!
大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!

クリス・ヴァン・アッシュによるはじめてのコレクションとなる今シーズンの〈ベルルッティ〉。これまでのシックで男らしい意匠に、あざやかさや柔らかさが加わったアイテムが揃う。そんなブランドの新たな魅力を伝えるべく登場するのは、浦和レッズの槙野智…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!
SPONSORED
2019.08.24

〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!
“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!

まだまだ残暑は厳しいけど、少しずつ着こなしに秋気分を取り入れていきたい時季。そんなときに頼りになるのが、ロンTやパーカなどの長袖トップ。そう、海好き男の大好きなアイテムだけど、個性出しを狙うならやっぱりロゴに頼りたいところ。しかもそれがワ…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!
SPONSORED
2019.08.24

〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!
カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!

大人がカジュアルな服装のときに気をつけないといけないのが“品格”。いい年してあまりにラフすぎるとみっともなかったり、身だしなみがなっていないと思われてしまうことも。でも〈ポール・スミス〉ならその点は安心。カジュアルなアイテムであっても、ど…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!
SPONSORED
2019.08.24

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04
プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!

〈アメリカン・エキスプレス〉プラチナ・カードとともに過ごした、自分らしい最高の旅も帰国のとき。あとは急いでチェックアウトをして、空港のロビーで何時間も搭乗を待って……。いえいえ、プラチナ・カード会員向けプログラム“ファイン・ホテル・アンド…

TAGS:   Lifestyle
〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!
SPONSORED
2019.08.24

〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?
どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!

海と街を行き来するデュアルライフの本場・アメリカで生まれたコンパクトSUV。憧れのクルマではあるが、日本の道路事情的に厳しいかも……なんて諦めないでほしい。〈ジープ〉の“コンパス”なら、力強い走りのおかげで海までのクルーズも快適。それでい…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ