Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.06.07


『30年後の同窓会』『メイズ・ランナー 最期の迷宮』

 物語で選ぶ編
ムネアツなポイントは?“50代の男なら共感必至の感動作!”
『30年後の同窓会』

『6才のボクが、大人になるまで。』などのリチャード・リンクレイター監督が、この新作で描くのは、50代になった男たち3人の再会と、短い旅のストーリー。イラク戦争で戦死した息子の遺体と対面しに向かうラリー(通称“ドク”)に、かつてベトナム戦争に従軍した戦友2人が付き添うことに……。なにやら胸が締めつけられる予感が漂うが、リンクレイター監督らしく、さまざまな感情に引きずられる作品になっている。

 

実は息子を亡くす前に妻もガンで失い、孤独になっていたドク。言動は控えめだが、1度決めたことは曲げない意思の強さの持ち主だ。一方、バーを経営するサルは、相手に遠慮なくなんでも口に出すキャラだが、正義感が強く嘘が大嫌い。そしてベトナム時代は暴れん坊だったミューラーは、名前まで変えて、まさかの神父になっていた。文字どおり三者三様。その性格の違いが、30年ぶりの再会劇でのセリフをどんどん面白くしていく。まさに脚本の妙で、3人がただ会話するシーンは、まるで観ているこちらも仲間に加わった気分にさせられるのだ。



3人を演じるキャストが、これまた完璧。特に注目してほしいのが、ミューラー役のローレンス・フィッシュバーンで、過去の自分を封印しており、旧友の突然の来訪に困惑。しぶしぶ旅に同行するのだが、突如として本来の“野獣”な性格がめざめ、神父としてはありえない言葉遣いになる瞬間のおかしさ! かつての3人の関係に戻るきっかけを、笑わせながら作ってしまう名シーンだ。メイン3人以外でも、息子の遺体をドクに“見ないほうがいい”と説得する軍の指揮官や、レンタカーの受付係など脇キャストに至るまで、そのハマり具合に感心するばかり。

この映画、1973年公開のアメリカン・ニューシネマの傑作『さらば冬のかもめ』の原作にインスピレーションを得て作られた。原作者も脚本に加わり、サル役のブライアン・クランストンが『さらば〜』に出たジャック・ニコルソンを少しだけ演技で意識しているなど、物語は違えど、男たちのロードムービーとしての精神は受け継いでいる。



50代のおっさんたちの軽妙で、心地よい会話劇が魅力の作品だが、“人生には真実ではなく嘘も必要”、“意思を曲げることは恥ずかしくない”など、人生経験を積んだからこその、感動エピソードも挿入。そしてなにより、映画を観る誰もが、懐かしい友人たちの顔を思い浮かべることだろう。

『30年後の同窓会』
製作・監督/リチャード・リンクレーター 出演/スティーブ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン 配給/ショウゲート
2017年/アメリカ/上映時間125分

6月8日から、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
 

NEXT →シリーズ完結編の『メイズ・ランナー 最期の迷宮』

2/2PAGE


セレブで選ぶ編
ムネアツなポイントは?“S級の匂いがするディラン・オブライエン!”
『メイズ・ランナー 最期の迷宮』



巨大な迷路を命がけで攻略するという設定の妙がウケて、大ヒットとなった『メイズ・ランナー』シリーズ。当時、若手俳優が数多く出演したこともあり、本シリーズをきっかけに飛躍をした者もいる。ヒロイン役のカヤ・スコデラリオは、メガヒットシリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に大抜擢され、世界的な地名度を得るようになった。しかし、将来性となると主役を演じたディラン・オブライエンのほうに分があるように思えてならない!

現在26歳のディラン・オブライエンは、テレビシリーズ『ティーン・ウルフ』で俳優デビュー。グルーグルの舞台裏を描いたコメディ『インターンシップ』の出演などを経て、第1弾となる『メイズ・ランナー』の主役に選ばれた。しかし、当時はあまりパッとせず、話題といえばゲーム性のある巨大迷路や、子役から活躍し、すでに知名度のあった共演者トーマス・ブロディ=サングスターに集まっていた。

しかし、完結編となる本作では、ディランの存在感が他を圧倒するほど増しているのだ。顔立ちは精悍になり、その立ち姿からもS級スターとなる匂いがプンプンと漂っている。特にアクションシーンではその印象が際立っていて、銃を構える、走る、ジャンプするといった動作や仕草はホレボレとするほど。『ミッション・インポッシブル』のトム・クルーズ、はたまた『スピード』のキアヌ・リーヴスに重ね合わせてしまうほど魅力的なのだ。これなら刑事モノや戦争モノといった本格アクション作品でも魅せられるに違いない、と期待せずにはいられない!



完結編となる今回は、仲間の救出と謎の解明のため、迷路を仕掛けた組織の本拠地へと乗りこみ直接対決をする物語。冒頭の『ワイルド・スピード』を彷彿とさせる強奪劇に、『バイオハザード』のような感染者との死闘と、アクション映画のよいところをふんだんに詰めこんでいる。序盤は、ややもたつく流れなのだが、終盤で繰り広げられる高層ビル内でのアクションはド迫力で手に汗握る展開に! 主要キャラとの別れもあり、完結編らしいクライマックスが用意されている。ちなみにディランは、この撮影中バイクアクションの事故で、顔の半分の骨を折ってしまうほどの大怪我を負ったそう。しかし臆することなく、次回作のアクション作『アメリカン・アサシン』にも出演を果たした。根性もS級ってわけか!

『メイズ・ランナー 最期の迷宮』
原作/ジェームズ・ダシュナー 監督/ウェス・ボール 出演/ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、トーマス・ブロディ=サングスター、バリー・ペッパー 配給/20世紀フォックス映画
2018年/アメリカ/上映時間142分

6月15日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

©2018 Twentieth Century Fox Film

Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!
SPONSORED
2019.07.11

Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK
『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!

今春に大規模リニューアルした、有楽町の〈阪急メンズ東京〉でのスペシャルウィークが決定! 洗練されたファッションと、磨き上げたボディの融合。さまざまなプロダクトを実際に体験できる貴重なチャンスを見逃すな!

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!
SPONSORED
2019.06.26

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!
さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!

夏の海が大好きでたまらないアクティブ派ともなれば、そのウキウキ感を都会にもビーチにも持ちこみたくなるかと。かといって、小僧っぽい派手さはご法度。そこでおすすめは、〈ロイヤル フラッシュ〉が別注でオーダーしたショーツとバッグ。軽快なカモフラ…

TAGS:   Fashion
冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!
SPONSORED
2019.06.25

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3
贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!

かつては波乗りでもがむしゃらになって海に挑んだものだが、今はゆったりと海と向き合うことが多くなった。そんな気持ちの余裕とリラックスした時を楽しむことが、新しいラグジュアリーのスタイルなのかもしれない。

TAGS:   Watches
実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”
SPONSORED
2019.06.25

実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!
海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”

ハイスペックな機能を備え、海を愛する大人を魅了しつづける“クロノオフショア1”。ダイバーズといえば、計器のような武骨なデザインが多いが、この名シリーズには、見た目にも華がある。だから海に限らず、陸をフィールドに独自の世界観が自由に楽しめる…

TAGS:   Watches
西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!
SPONSORED
2019.06.25

西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!
ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!

いよいよ、待ちに待った夏本番。この短い季節を存分に楽しむためにも、今一度、買い足すべきアイテムを再確認しておきたいところ。とりわけ、夏カジュアルの主役となるTシャツは、何枚持っていてもいい。だったら、〈カリフォルニアデプト〉に足を運んでみ…

TAGS:   Fashion
〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!
SPONSORED
2019.06.25

〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!
海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!

サーフィンなどのマリンスポーツがライフスタイルの中心にある大人にとって、海はかけがえのない存在。だから、男の“名刺代わり”でもある腕時計には、高い性能に加え、海との繋がりを感じられる“物語”も求めたい。海洋保全活動に長年取り組んできた〈オ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!
SPONSORED
2019.06.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02
夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!

本誌で紹介している西海岸的ライフスタイルの根っこにあるのは、人生を自分らしいスタンスで楽しみたいと願う自由な価値観。そのマインドに共感するみなさんなら、きっと旅にだって自分らしさを求めたくなるはず。そこで〈アメリカン・エキスプレス〉の会員…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ