Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2023.11.02


マジメなマイナーチェンジに感動! 〈アウディ〉Q8 e-tron

ただいま絶賛開催中の、東京モーターショー改め“ジャパンモビリティショー”。著者も数度足を運んだが、いやはや、会期が終盤に近づくにつれて、平日でもかなりの動員っぷりだ。で、そのショーで目につくのはやはりBEV。しかし、今回ご紹介したいのはショーモデルではなくて、そのBEVのプレミアムセグメントを開拓した、あのクルマのマイナーチェンジ。〈アウディ〉Q8 e-tronをご紹介しよう。

マジメなマイナーチェンジに感動! 〈アウディ〉Q8 e-tron「え? マイナーチェンジ? そんなクルマあったっけ?」と思うのも無理はない。実はこのQ8 e-tron、導入当時の2020年(日本)には“e-tron”として導入されていた。〈アウディ〉はBEV商品群にe-tronという名を冠し、かなり早い段階からブランド戦略を打ち立ててきた。私の記憶が確かならば、まだ市場にBEVのBの字もない2006年頃にはすでに、電動化戦略としてe-tronの文字が資料に散見されたほど。

で、その記念すべき市販モデル第一弾となったクルマは、ブランド戦略そのものであるモデル名で販売されたのだが、現在すでにS、Q4、GTと、10車種にまでラインナップが拡がっていることを受け、マイナーチェンジのタイミングで、SUVの中のトップモデルであるQ8の名を冠したというワケ。

マジメなマイナーチェンジに感動! 〈アウディ〉Q8 e-tronマジメなマイナーチェンジに感動! 〈アウディ〉Q8 e-tronマジメなマイナーチェンジに感動! 〈アウディ〉Q8 e-tronマジメなマイナーチェンジに感動! 〈アウディ〉Q8 e-tronさて、ルックスこそキープコンセプトながら、大きく変わったのはフォーリングスが2Dになったこと。センサー内蔵を思わせるツルンとしたフォントがお洒落だ。さらにこのフォーリングス含めたグリル周りがすべて艶ブラックになり、ストリートっぽいコナレ感を漂わせる。また、フロントとリアのデザインを小変更し、空力系を見直した。特にリアのディフューザー形状の変更は、e-tron時代から考えても、ずいぶん若々しさを強調しているから注目してほしい。

もちろんBEVのマイナーチェンジの常として、航続距離やバッテリー容量の向上も盛り込まれている。モデルラインナップには50と55というふたつの選択肢があるのだが、50には現行モデルの55に搭載されていたバッテリーをお下がりにし、55は新たにバッテリーセルのスタック方式を見直し、容量を拡大。これにより、55は一充電あたりの航続距離を+23%の501㎞とし、50は+34%の424㎞としている。また、モーターも従来の12コイルから14コイルに変更することで、トルクの向上や低電力&高出力化を叶えた。

マジメなマイナーチェンジに感動! 〈アウディ〉Q8 e-tronというわけで、実際にハンドリングを試してみると、なるほどめっちゃトルクの密度が高い! BEVならではの瞬間的な加速に〈アウディ〉お得意の“クワトロ”、つまり四輪駆動の合せ技で、もとより気持ちよかったコーナリングがさらに“ちゅるん”と快適になった。

今回、ステアリング比の改良や、シャシー(エアサス・ダンパーコントロール)も見直して、これまでちょっと気になっていたドスドス感(重いからね)や、ちょっとしたジタバタ感がきれいに払拭されていることに感動。そう、自動車メーカーらしい、実に生マジメで愚直なマイナーチェンジは、かなり好感の持てる内容だった!

気になるスペックは?


★DATA 〈アウディ〉Q8 50 e-tron Quattro S Line
●全長×全幅×全高:4915×1935×1635㎜
●車両重量:2600㎏
●ホイールベース:2930㎜
●一充電走行距離(WLTCモード):424㎞
●モーター最高出力:250kW
●モーター最大トルク:664N・m
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:1099万円~

Information

●アウディ コミュニケーションセンター
TEL:0120-598-106

話題のクルマを品定め!の記事をもっと読みたい人はコチラ!

●『Safari Online』のTikTokがスタート!
こちらからアクセスしてみて!

文=今井優杏 text:Yuki Imai
町田啓太が体感した〈Audi〉A3の魅力とは!?
SPONSORED
2024.02.29

町田啓太が体感した
〈Audi〉A3の魅力とは!?

エモーショナルな佇まいと先進の装備で人気を博す〈Audi〉A3を、今をときめく町田啓太さんがインプレッション! 意外にも免許取得以来一度も自分のクルマを所有したことがないそうだが、〈Audi〉が誇るプレミアムコンパクトは、彼の琴線に大いに…

TAGS:   Cars
品があって洒落感が出る〈ヘルノ〉の新作!大人の余裕は春アウターで決まる!
SPONSORED
2024.02.24

品があって洒落感が出る〈ヘルノ〉の新作!
大人の余裕は春アウターで決まる!

分厚い冬アウターを脱ぎ捨てて、身も心も軽やかになるこの季節。でもだからこそ気を抜かずに、しっかり大人の品格を意識して春アウターを選びたい。そこで注目したいのが〈ヘルノ〉の新作。品があって洒落ているうえ、ほどよくトレンドを加えた格上の1着が…

TAGS:   Fashion
槙野智章が着る〈ディーゼル〉の春スタイル!ラフなデニム姿こそアクティブ派の正装!
SPONSORED
2024.02.24

槙野智章が着る〈ディーゼル〉の春スタイル!
ラフなデニム姿こそアクティブ派の正装!

サッカー日本代表選手として活躍し、引退後も精悍なルックスと軽快なキャラクターでメディアを賑わす槙野智章。アクティブ派としての印象も強いだけに、ラフなスタイルがよく似合う。カジュアルなお洒落の定番、デニムアイテムに〈ディーゼル〉らしい現代的…

TAGS:   Fashion Denim
大人に似合う1着は〈タトラス〉にあり!海で差がつく映えるアウター
SPONSORED
2024.02.24

大人に似合う1着は〈タトラス〉にあり!
海で差がつく映えるアウター

少しずつ暖かくなってきて、週末のビーチ通いが待ち遠しくなる季節。海に映えるデザインで、サッと羽織れる春アウターがあれば、これほど心強いことはないのでは? であれば、チェックすべきは〈タトラス〉の新作。素材、デザイン、機能性のすべてを満たす…

TAGS:   Fashion
〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!
SPONSORED
2024.02.06

〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!
【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!

さる1月16日(木) 、パリにて開催された〈ルイ・ヴィトン〉2024 メンズ・ファッションショー。メンズ クリエイティブ・ディレクター ファレル・ウィリアムスが手掛けるショーとしては、2023年6月のパリ、11月30日の香港に続き3回め。…

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ