Safari Online

SEARCH

WATCHES ウォッチ

2022.05.24 PR

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part1

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革新性、細部に注がれるクラフツマンシップを振り返り、名作であり続ける理由を探る!

理由
STORY

伝説的デザイナーが手掛けた
時代を先行する時計!

ラグジュアリースポーツという新たなジャンルを開拓したこの名作時計の誕生を語るうえで、このデザイナーの存在は欠かせない。ジェラルド・ジェンタ。それは70年代という時代を背景に、時計の世界にもカウンターカルチャーの新風を吹き込んだ立役者だ。伝説的デザイナーが手掛けた革新的でタイムレスな時計、その物語に男心がくすぐられる。
[ジェラルド・ジェンタ]
Gerald Genta
時計史にその名を刻むウォッチデザインの巨匠

スイス人時計デザイナー(1931-2011)。ジュエリーでキャリアを積み、’60年代に〈オメガ〉の“コンステレーション”を手掛け、ウォッチデザインで頭角を現した。そしてロイヤル オークの成功で地位を確立し、以降〈パテック フィリップ〉のノーチラスなど傑作を数多く生み出した。

ジェンタがはじめて時計1本をデザイン

左が、ジェンタが依頼を受け、完成させたデザインスケッチ。当時の技術ではステンレススティール(SS)素材で実現するのは難しく、プロトタイプはホワイトゴールド(WG)で進められ、製作技術から新たに開発し当初のデザインと変わらぬスタイルを完成させた。そして、革新的なケース構造は特許を取得。薄さを損なわぬようケースは2ピースになり、クローズドバックの裏から貫通したビスでベゼルと連結する。ケースの正面構造や内蔵するパッキンなど防水性については発売以前に特許が申請され、承認まで約2年を要した。

時代は新たな時計の登場を待ち望んでいた。それは伝統的な高級時計も例外ではなかった。そこで〈オーデマ ピゲ〉は、革新的なステンレススティールウォッチの開発という英断を下した。抜擢したのがジェラルド・ジェンタだ。

依頼を受けたジェンタは、その夜を徹しデザインを仕上げた。完成したデザインは、異形ともいえる大径ケースに一体型ブレスレットを備え、八角形を描くベゼルには力強いビスが打ち込まれていた。それは、幼少期に見て深く記憶に刻まれたダイバーの潜水へルメットから着想を得たもので、後に“時計界のピカソ”と讃えられるようになる独創的なクリエイティビティはここに開花したのだ。

命運を賭けた一作につけられた名が、英国海軍の戦艦に由来するロイヤル・オークだ。17世紀にチャールズ2世が1本のオークの樹に身を隠して反乱の難を逃れ、王位を奪回。以来オークは英国で加護と安全と力の象徴になった。その栄誉ある名こそ新世代へと出帆する高級時計にふさわしかったのだ。

誕生した1970年代はこんな時代だった!
稀代の名作が誕生した’70年代。それは60年代から連綿と続く大きな変革期の延長にあった。自由を求める学生たちの革命運動から“ウッドストック”映画『イージーライダー』を経て、人類ははじめて月面に着陸。続く’70年代、日本では大阪万博が開催され、旧来の文化や価値観に飽き足らない若者たちと保守的な世代の分断が進むにつれ、やがてカウンターカルチャーが世界を席捲する。社会における世代交代も進み、新たなライフスタイルから多くのプロダクツが誕生した。ロイヤル オークもそうした時代の寵児だったのだ。そしてベトナム戦争の終結から超大国は衰退し、世界の構図は激変していく。
人類の進歩と調和をテーマにした大阪万博。だがモニュメントの“太陽の塔”は豊かさへの疑問を呈したとも。優雅な自然回帰から“レンジローバー”が登場。スポーツラグジュアリーという概念はここからはじまった

Information
日本特別コンテンツ

公式サイト


●オーデマ ピゲ ジャパン
TEL:03-6830-0789

雑誌『Safari』7月号 P94-95掲載

※記事内で紹介している商品はすべて税込みの価格です。

文=柴田 充
text:Mitsuru Shibata
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ