Safari Online

SEARCH

STAY&TRAVEL ステイ&トラベル

2024.04.16

片道4時間ほどで行ける気軽な海外旅行先!
香港を旅する最新キーワードは、ずばり“アート”!



香港の魅力、それは東洋と西洋、新と旧、都市と自然、そしてハイ&ロウが隣り合わせに存在する点にある。雲を突き抜けるような摩天楼のすぐ横にディープな下町が広がり、ミシュラン三つ星の高級店からローカルフードの屋台まで名店がひしめく。スマートでいてカオス、だからこそ感じられる非日常感。気軽に行ける旅先ではあるが、香港のような街は世界中見渡してもなかなかお目にかかれない。

そんな香港を訪れる観光客のお目当てといえば、今も昔もビクトリア・ハーバー沿いの100万ドルの夜景、そして飲茶をはじめとした広東料理がメインだが、昨今ではアートを目的に香港を訪れる人も増えているという。そのムーブメントを生み出したのが、香港の威信をかけたプロジェクトとして2021年11月にオープンした『M+(エムプラス)』だ。
 

  

 


『M+』は20世紀以降の絵画や写真、建築、映像、文化など、広範囲に及ぶ“視覚芸術”をテーマにした美術館である。建物の設計は、ロンドンのテートモダンなどを手掛けたヘルツォーク&ド・ムーロン。展示空間の総面積は1万7000㎡とアジア最大級で、著名キュレーターによる展示方法やコレクションも非常にユニークだ。私もこれまで、ポンピドゥーセンターやグッゲンハイム美術館など、世界の著名なミュージアムに足を運んで来たが、遂にアジアにもハード面・ソフト面ともに世界で指折りのものが完成したと感じている。
 

  

 


日本人にとっては、アジアの美術や作品が数多く展示されているという点で、欧米のミュージアムよりも親しみやすいかもしれない。特に日本を含んだアジアにおけるデザインや建築の変遷を紹介した『East Galleries』は必見。東南アジアや南アジアで交通革命を起こした〈ダイハツ〉の三輪自動車ミゼットや、大阪万博のエキスポタワーのパネルやジョイントなどが展示されており、日本が誇るデザイン力、また香港における日本文化への関心度の高さがうかがえる。
 

  

 


『M+』がオープンした際に大きな話題になったのが『きよ友』だ。昭和の時代に活躍した著名デザイナー、倉俣史朗氏がデザインを手がけた新橋(東京)のすし店をまるごと買い取り、解体して香港で再構築したという異色の展示。倉俣のデザイン家具は世界中の美術館に飾られているが、このような大規模展示は前例がなく『M+』の資金力とキュレーション力が垣間見える。

ほかにも元駐中国スイス大使で中国現代美術コレクターのウリ・シグ氏が作品を寄贈した『Sigg Galleries』や、アジアの視点から現代アートの発展にフォーカスした『South Galleries』など見どころたっぷりな『M+』。コロナ禍以降、久々に香港を訪れるという方は、できれば半日ほど、少なくとも3時間は滞在するつもりで、余裕をもって旅程に組み入れてみてほしい。
 

  

 


もし香港でアート三昧な滞在を叶えたいならば、アートフェアの『アートバーゼル香港』と『アートセントラル』が同時開催されている3月末に訪問するのをおすすめする。アートフェアとは、数多くのギャラリーが出展し、作品やアーティストが集まるアートの見本市。作品の鑑賞はもちろん、実際に購入したり、アーティストのドローイングポップアップに参加したり、また業界関係者の意見討論会を傍聴したりと、一歩踏み込んだアート体験が可能となる。
 

  

 


202432830日に香港コンベンション&エキシビション・センターで開催された『アートバーゼル香港』は、もともとスイスの都市バーゼルで1970年にはじまった現代アートフェアだ。香港では2013年から開催しており、コロナ禍を経て昨年から再開。今年はアジア最大級の規模感が戻り、40の国と地域から242のギャラリーが出展した。会場に入るにはオンラインでチケットを事前購入する必要があり、1日券(HK620〜)、2日券(HK1100)、3日券(HK1650)などが用意されている。
 

  

 


会場内には『ハウザー&ワース』や『ガゴシアン』、『ペース』といった世界的に有名なギャラリーが出展。それらを巡回するだけで現代アートのトレンドを掴むことができるだろう。またインスタレーションに特化したEncounters(エンカウンターズ)では、日本の森美術館や岡山芸術交流でも人気の高かったヤン・ヘギュの《Contingent Spheres》など、大規模アートフェアならではのダイナミックな作品と出合えるのも魅力だ。
 

  

 


もうひとつ、セントラル・ハーバーフロントで3月28〜31日に開催された『アートセントラル』は、もう少しカジュアルなアートフェアだ。世界11カ国で展開する『オペラギャラリー』や、日本発『ホワイトストーンギャラリー(旧白石画廊)』の出展、砂山典子《むせかえる世界》のインスタレーションなど、話題性の高い展示もありつつ、全体的には次世代アーティストの作品が多く見受けられる。また作品名のプレートに販売価格が表示されているケースが多く、より気軽に購入を検討できるアートフェアと言えるだろう。
 

  

 


会場には数万円から購入可能なアートもあり、部屋のインテリアとしてお迎えしたり、価値が跳ね上がるのを期待して投資したり、楽しみ方は人それぞれだ。入場料はHK$250〜330とアートバーゼル香港に比べたらリーズナブルだが、草間弥生や奈良美智といった日本を代表する現代アーティストのほか、小松美羽やAruta Soupなどの注目株、はたまたマルク・シャガールやフェルナンド・ボテロといった作家の作品も飾られており、個人的な満足度はアートバーゼル香港以上だった。
 

  

 


また3月末にはこれらのアートフェアに合わせて、街のいたるところでインスタレーションの特別展示が行われている。アート集団チームラボによる《teamLab: Contiuous》では、タマール公園(添馬公園)からビクトリア・ハーバーにかけて、陸と海の両方に広がる大規模な屋外展示を実施。入場は無料だが事前予約制(InformationのURL参照)とのことで、既に争奪戦となるほどの人気ぶりとなっている。こちらの開催は2024年6月2日までとなっている。

今回は紹介しきれなかったが『M+』以外にも香港故宮文化博物館や大館、香港芸術館など、多くのアート施設が点在する香港。中環エリアや香港島南部の黄竹坑エリアを歩けば、徒歩圏内に多くのギャラリーやウォールアートを見つけることができる。もちろんこれまで通り、夜景やグルメ、街歩きにショッピングの楽しさも変わらないが、旅程にアートを組み入れるだけで、さらに香港という街の懐の深さに気付くことだろう。

※取材協力:香港政府観光局
 

  

 

 
Information

●M+(エムプラス)
住所:West Kowloon Cultural District, 38 Museum Drive, Kowloon
開館時間:10:00〜18:00(金曜は〜22:00)
定休日: 月曜
URL:https://www.mplus.org.hk/en/

●アートバーゼル香港
開催期間:2025年の会期と開催期間は近日発表予定
URL:https://www.artbasel.com/hong-kong

●アートセントラル
開催期間: 2025年の会期と開催期間は近日発表予定
URL:https://artcentralhongkong.com/

●teamLab: Contiuous
住所:Harcourt Road, Admiralty, Hong Kong
開催期間:2024年3月25日〜6月2日
開館時間:18:30 - 23:00(最終入場22:30)
定休日:なし
URL:https://www.teamlab.art/jp/e/tamarpark/
チケット予約:https://artatharbour.partner.klook.com/en-HK/activity/105549-artatharbour2024/

文・写真=伊澤慶一(トラベルエディター) text&photo : Keiichi Izawa
旅行ガイドブック『地球の歩き方』編集部にて国内外のガイドブックを多数手がけ、2017年に独立。現在は、〈パパ目線での旅育〉や〈ホテルステイ〉をテーマに連載を執筆。また雑誌の旅行特集からオウンドメディアの動画まで、幅広く旅行コンテンツの制作を行う。著書に『最高のハワイの過ごし方』。
ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!
SPONSORED
2024.05.10

ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!
週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!

着こなすアイテムが少なくなる夏カジュアルは、ロゴ使いで差をつけたい。そんなときに頼りになるのが、遊び心あふれるユニークなロゴがアイコンの〈ムータ)。なかでも〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムは、インラインとは一線を画すアレンジが絶妙。…

TAGS:   Fashion
〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。
SPONSORED
2024.04.30

〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?
移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。

歴史あるブランドの時計ならではの魅力のひとつが、背景にある“物語”を楽しめること。〈IWC〉の新作では、そんな物語を、移り変わる空を表現したダイヤルで視覚的に楽しめる。清々しい朝から夕暮れに至り、また新しい1日へ。そんなロマンを感じるスト…

TAGS:   Urban Safari Watches
玉木一史ジャパン ジェネラルマネージャーに聞くイタリアの至宝〈マセラティ〉の真の魅力とは?
SPONSORED
2024.04.25

玉木一史ジャパン ジェネラルマネージャーに聞く
イタリアの至宝〈マセラティ〉の真の魅力とは?

SUV“グレカーレ”が日本カー・オブ・ザ・イヤーの“10ベストカー”に選出されるなど、日本の高級車市場においてますます存在感を増しているイタリアの名門〈マセラティ〉。日本市場を統括する玉木一史に、このブランドが好調である理由を分析してもら…

TAGS:   Urban Safari Cars
俳優・山﨑賢人が語る〈サンローラン〉の新作バッグの魅力!大人のお洒落をキメるのは上質感と遊びのあるデザイン!
SPONSORED
2024.04.25

俳優・山﨑賢人が語る〈サンローラン〉の新作バッグの魅力!
大人のお洒落をキメるのは上質感と遊びのあるデザイン!

大人のお洒落を考えるうえで重要なポイントになるのがバッグ。上質な素材と丁寧な作り、そして“ワザあり”なデザインの三拍子が揃ったバッグが、着こなしをさりげなく格上げしてくれる。そこで注目したいのが〈サンローラン〉。見た目も使い勝手も申し分な…

TAGS:   Fashion
テーブス海が〈エンポリオ アルマーニ〉を華麗に着こなす!自分に限界を作らないから無限の可能性がある!
SPONSORED
2024.04.25

テーブス海が〈エンポリオ アルマーニ〉を華麗に着こなす!
自分に限界を作らないから無限の可能性がある!

空高く自由に舞うイーグルをあらゆるボーダーを超えていくシンボルとして掲げ、信念をもって挑戦する人々を鼓舞し続けている〈エンポリオ アルマーニ〉。様々な壁を越えて高く舞い上がり、まだ見ぬ理想の世界を求めて進む自由な精神を、今シーズンも体現し…

TAGS:   Fashion
大人の休日に似合う〈ポロ ラルフ ローレン〉の新作!夏のカジュアルはバカンス気分で!
SPONSORED
2024.04.26

大人の休日に似合う〈ポロ ラルフ ローレン〉の新作!
夏のカジュアルはバカンス気分で!

大人の休日ジュアルは、リラックス感と上質さを兼ね備えているのが理想的。〈ポロ ラルフ ローレン〉の新作なら、リゾートライクな心地よさやスポーティな快適さがありつつ、大人に似合う落ち着きや上質さもぬかりなし。バカンス気分で夏のコーディネート…

TAGS:   Fashion
〈UMITO〉で叶う新しい別邸スタイル!贅沢ステイはいつも“海のアリーナ席”!
SPONSORED
2024.04.25

〈UMITO〉で叶う新しい別邸スタイル!
贅沢ステイはいつも“海のアリーナ席”!

平日は都会、週末は海辺という二拠点のライフスタイルが叶うのがUMITO(ウミト)。最大の魅力は、オーシャンフロントの絶景を独占できること。さらにシェアリングサービスと、不動産・別荘やホテルのいいところを併せ持つ“新しい暮らしの形”が実現可…

TAGS:   Lifestyle
色と素材で差がつく〈タトラス〉の新作!初夏のビーチで差がつく格上ウエア!
SPONSORED
2024.04.25

色と素材で差がつく〈タトラス〉の新作!
初夏のビーチで差がつく格上ウエア!

大人のビーチスタイルに必要なのは、落ち着いた色使いと上質な素材感。そうすれば、肩肘張らず自然体でいられて、気持ちよく過ごせる。そこで注目したいのが、〈タトラス〉の新作ウエア。優しげなトーンから爽やかな色合いまで幅広く揃う。

TAGS:   Fashion
甘~いカラーが新鮮な〈ラルフ ローレン〉の新作!どこかに“ピンク”でレトロな夏スタイル!
SPONSORED
2024.04.25

甘~いカラーが新鮮な〈ラルフ ローレン〉の新作!
どこかに“ピンク”でレトロな夏スタイル!

ピンクは甘い雰囲気の中に、心理的に優しさや思いやりを与える効果があるカラー。だからといって、女性的で男性には似合わない……なんて、決めつけないで! 同じピンクでもスモーキーなトーンなら、南国テイストとレトロなムードがうま~くミックス。大人…

TAGS:   Fashion
〈テーラーメイドアパレル〉で真夏のラウンドをエンジョイ!夏のゴルフは快適&スタイリッシュが常識!
SPONSORED
2024.04.25

〈テーラーメイドアパレル〉で真夏のラウンドをエンジョイ!
夏のゴルフは快適&スタイリッシュが常識!

暑~い夏のラウンド。涼しく快適にプレイしたいけれど、それだけに気を取られているようではまだまだ。そこで、ゴルフファッションにもうるさいモデル&タレントの石倉ノアが、この夏にぴったりのゴルフコーデを紹介。〈テーラーメイドアパレル〉のふたつの…

TAGS:   Fashion
〈ラコステ〉のゴルフラインでオンもオフも充実!レトロなウエアで夏ゴルフを満喫する!
SPONSORED
2024.04.25

〈ラコステ〉のゴルフラインでオンもオフも充実!
レトロなウエアで夏ゴルフを満喫する!

ここ数年のゴルフファッションは“レトロ”がキーワード。色や柄を駆使して、どこか懐かしいムードが漂うアイテムが大豊作! そんななか、この春夏の新作として注目したいのが、〈ラコステ〉のゴルフウエアだ。マルチボーダーやクラシックな総柄をまとった…

TAGS:   Fashion
〈ベル&ロス〉の新作はセラミックのラグスポ顔!リゾート姿を格上げるタフな真っ黒時計!
SPONSORED
2024.04.25

〈ベル&ロス〉の新作はセラミックのラグスポ顔!
リゾート姿を格上げるタフな真っ黒時計!

解放感漂うビーチリゾートでは、コーディネートも自然とラフになってしまいがち。では着こなし以外で、大人らしいクラス感を演出できる手立てはないものか?その最適解は〈ベル&ロス〉の“BR 05 ブラック セラミック”モデルにある。ジュエリーのよ…

TAGS:   Fashion Watches
英国の老舗〈バブアー〉の新作に注目!ヘビロテ必至の大人の夏の定番!
SPONSORED
2024.04.25

英国の老舗〈バブアー〉の新作に注目!
ヘビロテ必至の大人の夏の定番!

大人の夏の定番アイテムといえば、Tシャツやポロシャツがその代表。そこに異論がある人はいないと思うが、肝心なのは、そんな定番にどんなものをチョイスするかということ。ここがセンスの分かれめというワケ。で、注目したいのが英国の老舗〈バブアー〉の…

TAGS:   Fashion
〈カシラ〉の新作は素材と柄で違い出し!モノトーンの帽子が“街映え”の決め手!
SPONSORED
2024.04.25

〈カシラ〉の新作は素材と柄で違い出し!
モノトーンの帽子が“街映え”の決め手!

被るだけで、コーデがぐっと見違える帽子。これからの季節、シンプルな着こなしが多くなってくるが、そんなときでも個性出しが簡単に叶う。とはいえ、主張がありすぎるとワル目立ちしたり、浮いて見えたり。で、おすすめは大人っぽくまとまるモノトーン。素…

TAGS:   Fashion
大人の男によく似合う〈エルケクス〉の新作!夏の休日に着たい“アースブルー”のシャツ!
SPONSORED
2024.04.25

大人の男によく似合う〈エルケクス〉の新作!
夏の休日に着たい“アースブルー”のシャツ!

空、海、建物、標識……、地球上には様々なブルーがあるけれど、シャツだって同じ。なにしろブルーシャツは濃度や柄のバリエが多彩。素材感が違うだけでもガラリと印象が変わってくる。そこで着目したいのが、地球上の“アースブルー”をシャツに落とし込ん…

TAGS:   Fashion
男のかっこよさはデニムで決まる! 着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 
SPONSORED
2024.04.19

男のかっこよさはデニムで決まる! 
着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 

男のファッションは“シンプル”が基本。だからこそ飾らないデニムの風合いは、いつの時代も魅力的に映るのだろう。シルエットや色落ちに多少のトレンドはあるけれど、ベーシックなデニムを長く愛用するのも、芯がとおっていてかっこいい。で、そんな王道デ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ