Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2017.06.29

WEEKENDER 週末は国内リゾートへ逃避行!?
【Vol.31】江の島を眺めつつ 優雅なバスタイム!

都心からほど近い湘南の海辺リゾート! 鵠沼海岸の真正面に佇む、21室のプチリゾート。都心からも近い日帰りが主流のエリアだが、ここであえて1泊を。湘南の海を眺めながら、ゆったりとバスタイムを楽しみたい。 バスタイムは滞在のハイライト。リラックスした時間をあの手この手で演出…

都心からほど近い湘南の海辺リゾート!

鵠沼海岸の真正面に佇む、21室のプチリゾート。都心からも近い日帰りが主流のエリアだが、ここであえて1泊を。湘南の海を眺めながら、ゆったりとバスタイムを楽しみたい。



バスタイムは滞在のハイライト。リラックスした時間をあの手この手で演出する



国道134号線沿い。遮るものもない鵠沼海岸を望むロケーションに立つコチラのホテル。チェックイン時には、ちょっとしたサプライズが待っている。バーカウンターに10種の世界のビールなどを冷やしたボトルクーラーがドン! まずは冷たいビールで喉を潤しながら、バスアメニティ選び。〈ジョンマスターオーガニック〉や〈オムニサンス〉など、10種の人気コスメブランドのシャンプーやボディウォッシュ、そしてヒマラヤや死海など世界各国の7種のバスソルトから、好みのものをチョイスする。充実したバスタイムは、このホテルの大きなウリのひとつだ。

21室すべてのバスルームに、2種のジャクジー機能とミストサウナ、浴槽に浸かりながら観賞できるテレビを搭載。5階にあるスイートは、バスタブから江の島や伊豆半島、富士山も愛でられる。夜は海沿いの国道を埋める、クルマのテールランプも見下ろせる。もし長湯でのぼせたら、眺めのいいテラスのデッキチェアでひと息。この週末、ひと風呂浴びに旅するのはいかがだろう!?

床から天井までのガラス窓は開放感抜群。
特注のベッドは寝心地のいいポケットコイル式で、ソファはオーガニックのファブリック。
66㎡のスペースに調度品がゆったり配置される


5階オーシャンプレミアスイートのバスルームに隣接したテラス。喧騒ははるか下


話題作を手掛ける“NAKED”のプロジェクションマッピングが体験できる101号室

Information

●ブレスホテル[BREATH HOTEL]
場所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸1-7-11
料金:Breath the Illusion 3Dマッピングby NAKED1万1880円~、グランド江の島ツイン1万4580円~、グランドオーシャンダブル1万4580円~、オーシャンジュニアスイート2万1060円~、オーシャンプレミアムスイート2万7540円~ほか(2名利用時の1名料金)
TEL:0466-47-7722
URL:www.breath-hotel.com/

雑誌『Safari』8月号 P216掲載

文=古関千恵子 text : Chieko Koseki
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
PR
2019.04.19 NEW

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ