Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2020.09.30

デニT姿もコレ1枚でこなれ度アップ!?
大人が着てサマになる“ポケロンT”!

そろそろお洒落を秋モードにシフトしたい季節。とはいえ、まだ暑い日もチラホラ。そんな日は、ライトなアウターであっても、重ね着してはちょっと汗ばんできてしまう。であれば、今の時期はTシャツを半袖から長袖にチェンジするくらいが実はちょうどいい。なかでもイチ押しなのが、胸ポケ付きのロンT!

どうしてポケット付きがこなれ度アップに役立つのか? たとえば、サングラスなんかをヒョイッと挿しておけば、それだけで雰囲気あるロンT姿が完成。さらに、長袖だから無造作に袖捲りするだけでこなれて見えるはず。要は、重ね着しなくともコレ1枚でサマになるってわけ。ということで、今まさにこの時期の即戦力になってくれるポケロンTの秀作を集めてみた! 

 


デニムパンツ2万6000円(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)、サングラス3万4000円(モスコット/モスコット トウキョウ)、スニーカー8500円(ヴァンズ ヴォルト/ブルーウッド バイ ハンドイントゥリーPR)、その他はスタイリスト私物

実際に、デニT姿を胸ポケ付きの長袖にしてみたのがコチラ。定番色のポケロンTももちろんありだけど、こんな感じのくすみベージュのような渋めの配色を選べば、色使いでも秋が感じられる。スマホだって胸ポケにサッと収納できるし、そこからヘッドホンを引っ張り出してもなんだか絵になるでしょ。アウターを着るにはまだちょっと早い季節の変わり目に、1枚持っていて損はナシ! 

 

[ピルグリム サーフ+サプライ]
PILGRIM SURF+SUPPLY

7800円(ピルグリム サーフ+サプライ)

胸ポケに加え、背中でも
アイコンをアピールできる!


これは〈ピルグリム サーフ+サプライ〉が、ほぼ毎シーズン手掛けている“ペナントプリント ティー”。胸ポケにブランドを象徴するペナントマークが描かれているので、胸ポケに自然と視線が集まり、“違い”を印象づけられる。実はこのペナントマークは、ブランド名入りで背中にもドカンとプリントされているので、後ろ姿も絵になるロンT姿に。 

 

[アクネ ストゥディオズ]
ACNE STUDIOS

2万8000円(アクネ ストゥディオズ/アクネ ストゥディオズ アオヤマ)

こういうロゴプリントなら
さりげなくてセンスを感じる!?


どデカい長方形で力強さを感じる胸ポケもさることながら、そのポケットを貫通して横切るように走らせたブランドロゴも印象的。身頃はゆったりしているけれど、着丈が短めのバランスなので、ビッグシルエットでも大人っぽい雰囲気で着こなすことが可能。ほどよい厚みのあるボディの生地は、オーガニックコットンで地球に優しい作りに。 

 

[ザ・ノース・フェイス パープルレーベル]
THE NORTH FACE PURPLE LABEL

各8800円(以上ザ・ノース・フェイス パープルレーベル/ナナミカ 代官山)

ドライタッチのUSコットンに加え、
補強したポケットもタフさ満点!


しっかりとコシのあるアメリカ製のコットンジャージにガーメントダイを施し、着こんだときに生まれる自然なユーズド感を表現。胸ポケにあえてプチサイズで施したロゴは、アクセントカラーの刺繍。ポケットの補強として施したヘリンボーンのテープがチラリと見えて、それがまた味のあるアクセントになる。 

 

[レミ レリーフ]
REMI RELIEF

1万5800円(レミ レリーフ/ユナイト ナイン)

裾まわりの印象変化も
楽しめる技ありロンT


ドロップショルダーのゆる〜いシルエットに映える両袖のボーダー柄が、よく見るとネイティブ柄風という遊びが、アメカジ好きにはたまらない1枚。しかもこれ、裾にドローコードが施されているので、ぐっと絞りこんでシルエット変化を楽しむことも。ビッグシルエットのボディに対し、胸ポケが小さめなバランスも新鮮。 

 

[イエスタデイズトゥモロウ]
YSTRDY’S TMRRW

1万2000円(イエスタデイズトゥモロウ/ベンダー)

シンプルな白無地ロンTでも
雰囲気よく着られるモックネック!


同じ胸ポケ付きのロンTでも、左胸に加え、首元にも見どころを作れるのがモックネックのいいところ。しかもこれは、身頃とアームにたっぷりとゆとりを持たせたバギーシルエットが特徴(なんと、Sサイズでも身幅が65cmもある!)。ハイネックほど首まわりが詰まって見えないほどのゆるい襟とも相まって、リラックス感全開の着こなしを楽しめそう。 

 

[ノンネイティブ]
NONNATIVE


1万2800円(ノンネイティブ/ベンダー)

ベーシックなロンTと思いきや
腰まわりで違いをアピール!


柔らかなコットンジャージのボディに、ボックス型の胸ポケで男らしさを加味した“ドウェラー L/S ティー”。ブランドの定番になっているこのロンTは、裾まわりも特徴的で、シャツのようにラウンドさせ、両脇にスリットを施したスクープカットを採用。よくある直線的な裾とはまた違う、力の抜けたロンT姿を演出できる。 

 

Information

●アクネ ストゥディオズ アオヤマ
TEL:03-6418-9923

●カイタックインターナショナル
TEL:03-5722-3684

●ナナミカ 代官山
TEL:03-5728-6550

●ピルグリム サーフ+サプライ
TEL:03-459-1690

●ブルーウッド バイ ハンドイントゥリーPR
TEL:03-3796-0996

●ベンダー
TEL:03-6452-3072

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

●ユナイト ナイン
TEL:03-5464-9976

写真=丸益功紀 スタイリング=浅井秀規 文=遠藤 匠
photo : Kouki Marueki(BOIL) styling : Hidenori Asai  text : Takumi Endo
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ