Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2017.10.27


【Vol.12】〈マッキントッシュ〉の長丈コートはまさかの“デニム素材”!?

これならロングコートが苦手な人もOK?ステンカラーのデニムコート! 男っぽいファッションが好きな人の中には、ロングコートの“コンサバ感”が苦手という人も多いかと。でも、そんな人でもこの写真のような着こなしなら抵抗ないのでは? 長丈は長丈でも“デニム素材”なので、適度な男っぽさ…


これならロングコートが苦手な人もOK?
ステンカラーのデニムコート!

男っぽいファッションが好きな人の中には、ロングコートの“コンサバ感”が苦手という人も多いかと。でも、そんな人でもこの写真のような着こなしなら抵抗ないのでは? 長丈は長丈でも“デニム素材”なので、適度な男っぽさが感じられる。フォルムはかっちりとしたステンカラーコート。なのにクラシックとはまるで別の印象。それでいて、いつものアメカジよりは大人っぽい印象に。これはまさに年を重ねて大人になった“デニム好き”にぴったりのアウターかも。改めて説明するまでもないが、〈マッキントッシュ〉といえばゴム引きコートなどでも有名な英国の名門ブランド。その至高のクラフトマンシップはこのコートにもちゃ〜んと生かされてる。だから長く使えるパートナーになること間違いなし。この冬のワードローブに新しく加えてみては?

どう? 普通のコートとは
ひと味もふた味も違うでしょ!?



このコートは〈マッキントッシュ〉の名作ステンカラーコートをベースに素材をデニムに変えたもので、日本製の最高品質デニムを使用。デニムを使っていてもどこか端正な佇まいなのは、さすが名門ブランドの面目躍如といったところ。秋口は薄手のニットやスウェットを合わせればいいし、寒くなったら中に薄手のダウンジャケットなどを使えばOK。個性的なアイテムではあるけれど、インナーを変えるだけで、実は長いシーズン使えるのも魅力のひとつ。
デニムステンカラーコート6万9000円(マッキントッシュ/マッキントッシュ青山店) 

NEXT このアイテムのコーデ術は次ページで!

2/2PAGE


『Safari』のおすすめコーデはこちら!
長丈でこなす大人の
“新”デニム・オン・デニム!





ステンカラーコートにインナーはニット。で、パンツはデニム。着こなしとしてはごくごく普通の定番。悪くいえば取り立てて面白みのない着こなしとも言えるかもしれない。ところが、コートの素材が“デニム”というだけで、“脱・マンネリ”なスタイルに早変わりしてしまう。こんな“ひとクセ”あるコート姿なら街で他人と絶対カブりません!
グレーデニムコート6万9000円(マッキントッシュ/マッキントッシュ青山店)、ニット1万6000円(バブアー/バブアー 渋谷店)、デニムパンツ4万8000円(リプレイ/ファッションボックスジャパン)、メガネ2万7000円(モスコット/モスコット トウキョウ)、太シルバーバングル6万5000円、細シルバーバングル2万8000円(以上サンク/ハンクスPR)、その他はスタイリスト私物


Kim-Changのおすすめコーデはこちら!
“楽ちん”パンツに変えれば
ビーチ仕様としても使える!





チェスターコートやステンカラーコートといったクラシックなアウターは、普通ビーチにはあまり合わない。でもこのデニムコートは違う。素材がデニムだから当然といえば当然かもしれないが、海にも着ていける懐の広さがある。たとえばこんなロゴスウェットを合わせてパンツはストレスフリーなイージーパンツ。で、足元はサーファーの定番のスリッポン。こんな感じならビーチにもよく似合う。
グレーデニムコート6万9000円、黒スウェットパンツ2万3000円(以上マッキントッシュ/マッキントッシュ青山店)、グレースウェットシャツ2万800円(チャンピオン/スタンダードカリフォルニア)、赤チェックシャツ1万1800円(ビームス/ビームス 原宿)、ポケットに入れたグレーニット帽1万8000円(ハイドロゲン/三喜商事)、メガネ2万7000円(モスコット/モスコット トウキョウ)、スニーカー4500円(ヴァンズ/ヴァンズ ジャパン)

スタイリスト/Kim-Chang
『Safari』本誌でも活躍中のスタイリスト。アメリカ西海岸スタイルの大人カジュアルに関しては、業界随一のセンスを持つ。最近は、トークショーや別注アイテムのプロデュースでも独自の世界観を表現している。

 

Information

●マッキントッシュ青山店
TEL:03-6418-5711

SHOP LIST
●ヴァンズ ジャパン
TEL:03-3476-5624

●三喜商事
TEL:03-3238-1385

●スタンダードカリフォルニア
TEL:03-3770-5733

●バブアー 渋谷店
TEL:03-6450-5993

●ハンクスPR
TEL:03-6677-7741

●ビームス 原宿
TEL:03-3470-3947

●ファッションボックスジャパン
TEL:03-6452-6382

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

写真=土屋崇治 スタイリング=Kim-Chang ヘア&メイク=寺本彬人 文=早渕智之
photo : Takaharu Tsuchiya(TUCCI) styling : Kim-Chang
hair & make-up : Akito Teramoto(AVGVUT) text : Tomoyuki Hayabuchi
Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!
SPONSORED
2019.07.11

Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK
『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!

今春に大規模リニューアルした、有楽町の〈阪急メンズ東京〉でのスペシャルウィークが決定! 洗練されたファッションと、磨き上げたボディの融合。さまざまなプロダクトを実際に体験できる貴重なチャンスを見逃すな!

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!
SPONSORED
2019.06.26

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!
さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!

夏の海が大好きでたまらないアクティブ派ともなれば、そのウキウキ感を都会にもビーチにも持ちこみたくなるかと。かといって、小僧っぽい派手さはご法度。そこでおすすめは、〈ロイヤル フラッシュ〉が別注でオーダーしたショーツとバッグ。軽快なカモフラ…

TAGS:   Fashion
冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!
SPONSORED
2019.06.25

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3
贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!

かつては波乗りでもがむしゃらになって海に挑んだものだが、今はゆったりと海と向き合うことが多くなった。そんな気持ちの余裕とリラックスした時を楽しむことが、新しいラグジュアリーのスタイルなのかもしれない。

TAGS:   Watches
実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”
SPONSORED
2019.06.25

実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!
海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”

ハイスペックな機能を備え、海を愛する大人を魅了しつづける“クロノオフショア1”。ダイバーズといえば、計器のような武骨なデザインが多いが、この名シリーズには、見た目にも華がある。だから海に限らず、陸をフィールドに独自の世界観が自由に楽しめる…

TAGS:   Watches
西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!
SPONSORED
2019.06.25

西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!
ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!

いよいよ、待ちに待った夏本番。この短い季節を存分に楽しむためにも、今一度、買い足すべきアイテムを再確認しておきたいところ。とりわけ、夏カジュアルの主役となるTシャツは、何枚持っていてもいい。だったら、〈カリフォルニアデプト〉に足を運んでみ…

TAGS:   Fashion
〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!
SPONSORED
2019.06.25

〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!
海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!

サーフィンなどのマリンスポーツがライフスタイルの中心にある大人にとって、海はかけがえのない存在。だから、男の“名刺代わり”でもある腕時計には、高い性能に加え、海との繋がりを感じられる“物語”も求めたい。海洋保全活動に長年取り組んできた〈オ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!
SPONSORED
2019.06.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02
夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!

本誌で紹介している西海岸的ライフスタイルの根っこにあるのは、人生を自分らしいスタンスで楽しみたいと願う自由な価値観。そのマインドに共感するみなさんなら、きっと旅にだって自分らしさを求めたくなるはず。そこで〈アメリカン・エキスプレス〉の会員…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ