Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.07.04


『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』『わがチーム、墜落事故からの復活』

テニスの女子の世界王者と男子の元世界王者という、女×男の世紀の一戦を描く『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』と、墜落事故に遭ったサッカーチームのその後を追ったドキュメンタリー『わがチーム、墜落事故からの復活』を紹介。

物語で選ぶ編①
ムネアツなポイントは? “女×男のテニス決戦!”
『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

テニス界最高峰の大会であるウィンブルドン選手権もはじまり、絶妙のタイミングで公開される、この『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』。1973年、全世界で9000万人が観たとされるテニスの試合が題材なのだが、なぜそこまで注目を集めたのか? 女子の世界王者と男子の元世界王者という、女×男の世紀の一戦だったからだ。


 

NEXT 女子テニス協会を設立する

2/10PAGE

 
女子テニス界のトップを走る29歳のビリー・ジーン・キングは、全米テニス協会に抗議。女子の賞金が男子の1/8という現状を訴えるが聞き入れられなかった。ビリー・ジーンは、協会を脱退し、女子テニス協会を設立する。その状況を知った55歳の元世界王者、ボビー・リッグスは、ビリー・ジーンに試合を申しこむ。彼女もその挑戦に応じたことから、世間は大騒ぎ。試合は大イベントとなるのだった……。


 

NEXT テニス界のセクハラを告発!

3/10PAGE

 
テニス界におけるあからさまな性差別を、女子選手たちが団結して訴える。この構図は、いまなにかと話題に上るセクハラ問題とも共通し、45年も前の実話なのに、実にタイムリー。女子選手たちの勇気や正義感が真っ当で、テニス協会上層部の男性たちが古き慣習にしがみついているのは明らかで、男性は観ていて居心地が悪いかもしれない。しかし要は、各自の価値観やモラルの問題。男とか女とかじゃなく、性を超えて登場人物たちの奮闘に清々しさを感じていく。そこが今作の大きな魅力だ。


 

NEXT エマ・ストーンの熱演が光る

4/10PAGE

 
ビリー・ジーン役は『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞した旬のスター、エマ・ストーン。性差別に屈せず、意思を貫いて生きる姿を熱演する。一方で、その行動は自己中心的で軽率なのに、どこか憎めない部分もある難役のボビー・リッグスを、こちらも演技巧者のスティーブ・カレルが、完全な悪役にならない微妙なラインで名演。2人がモデルとなった本人にそっくりなのは、エンドクレジットで確認でき、驚くばかり。


 

NEXT エンタメらしい仕上がりに!

5/10PAGE

 
男女差別を描く今作だが、ビリー・ジーンが同性への恋愛感情にめざめる物語も重要ポイントになっている。このあたりも“多様性”を求める現代に通じる部分があるし、ビリー・ジーンの夫が妻の本心を知りながら、選手としての彼女を支えるなど、周囲の言動も感動を呼ぶ。そして試合のシーンは意外なほど見やすい映像になっており、シンプルに興奮が高まるエンタメらしい仕上がりに拍手を贈りたい!

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
製作/ダニー・ボイル 監督/バレリー・ファリス、ジョナサン・デイトン 出演/エマ・ストーン、スティーブ・カレル、アンドレア・ライズボロー、ビル・プルマン 配給/20世紀フォックス 
2017年/アメリカ/上映時間122分

7月6日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
©2017 Twentieth Century Fox

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
 

NEXT 『わがチーム、墜落事故からの復活』を紹介!

6/10PAGE


物語で選ぶ編②
ムネアツなポイントは?“悲劇のサッカーチームの知られざる真実”
『わがチーム、墜落事故からの復活』



今回は“物語で選ぶ編”からもうひとつご紹介。シャペコエンセという言葉に聞き覚えはないだろうか? サッカー好きな人なら、すぐにピンときただろう。2016年に、南米大陸選手権コパ・スダメリカーナの決勝に向かう途中、コロンビアのメデジン郊外でチャーター機が墜落。選手、監督、クラブ関係者71人が命を落としたサッカーチームの名だ。本作は、その悲劇を追ったドキュメンタリー作品となっている。
 

NEXT 事故の先にある新たな苦悩

7/10PAGE


 ドキュメンタリーと聞くと、事故の裏側を検証する内容を想像するだろうが、本作は主に事故の翌年である2017年のシーズンを追いかけたもの。つまり、生き残った者、残された者たちがどう立ち直ろうとしているのかを描いている作品なのだ。事故の生存者3名を中心に展開する様々な出来事に、きっと心動かされるに違いない。


 

NEXT 急激なチーム改革に戸惑う

8/10PAGE


ゼロからの再出発を余儀なくされたシャペコエンセは、日本でもプレーしたことのある新監督ヴァグネル・マンシーニに再建を委ねる。しかし、勝ちにこだわる新監督は、これまでの家族的なムードを一掃。規律を重視し、反発する選手を外すなど急激にチームを変えようとする。生存者のひとりDFアラン・ルシェウは、過去をなかったものにするかのような新監督、クラブの対応に戸惑い、苦悩する。


 

NEXT 遺族はクラブを訴える事態に

9/10PAGE

 
一方で、夫を失った未亡人ら遺族は、クラブ経営陣との間で賠償金問題で亀裂。訴訟も辞さない事態となる。3人の生存者はクラブの顔としてイベントに駆り出されるが、徐々にチームに利用されているのではと不審に思いはじめる。チームは内外含めひとつになれずに負けが込み、サポーターたちも困惑。すべてが悪循環に陥り、事故前のアットホームなシャペコエンセは消え失せてしまう……。


 

NEXT 前向きな気持ちになれる!

10/10PAGE

 
本作のクライマックスでは、意外な存在が苦悩するシャペコエンセ関係者を救い、それにより彼らは自らのアイデンティティを再認識。事故前のような快進撃を再びはじめるのだが、そこは観てのお楽しみ。チームが復活する様は、たとえサッカーに詳しくなくても観ていて胸が熱くなるはず。悲劇が題材ではあるが、鑑賞後は前向きな気持ちになれるだろう。シャペコエンセを支える存在に気持ちが温かくなり、人の優しさが嬉しく思える作品だ。

『わがチーム、墜落事故からの復活』
監督・脚本/ジェフ&マイケル・ジンバリスト 配給/コムストック・グループ
2018年/ブラジル/上映時間101分

7月6日より新宿ピカデリーほか順次全国ロードショー

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!
SPONSORED
2019.11.26

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!

年に一度のスペシャルな日は目前。まだ彼女へのプレゼントに悩んでいる人も多いかと。だったら思い切って ペアアクセを狙うのもアリだけど、なんだか照れくさい……。いえいえ、モチーフをさりげな~く揃えるだけなら、 そんな心配は無用。しかもそれ…

TAGS:   Fashion
大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!
SPONSORED
2019.11.25

大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!
街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!

似たような服を着ていても、なんとな〜くまわりと違うというのがお洒落の極意。たとえば冬に大活躍する定番の黒ダウンも、街には街の、海には海の素材を選ぶことで、ぐっとこなれた印象になるって知っていた? そんな大人選びを実践するなら、頼りになるの…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!
SPONSORED
2019.11.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!
彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!

普段はアクティブ派でも、彼女と部屋でまったり過ごす時間がぐっと増えるホリデーシーズン。そんなときセンスが問われるのが、ルームウエアのチョイス。これが安っぽくて部屋着感丸出しだと、ドン引きされるのがオチ。その点、〈ポール・スミス アンダーウ…

TAGS:   Fashion
ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!
SPONSORED
2019.11.25

ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!
格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!

フード付きのアイテムは、"子供っぽく見えそうだから敬遠している"、なんて大人は多いよう。でも、それは大きな間違い。ほら、コチラの写真の〈ベルルッティ〉のフーディをご覧あれ。どちらも大人の風格たっぷりで、小僧な雰囲気なんて微塵もなし! こん…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!
SPONSORED
2019.11.26

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!
海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!

若造サーファーと同じようなスウェットパーカに物足りなさを感じるようになったら、アップデイトのタイミング。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけたニットフリース仕立ての1着で差をつけてみては!? 後ろ姿でさりげに個性…

TAGS:   Fashion
冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!
SPONSORED
2019.11.25

冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!
ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!

冬の海アメカジは個性出しが難しい。よ~く考えてみて。アウターが必要ない時季ならロゴ入りトップでインパクトが出せるけど、アウターを羽織るとそれも台無し。でも大丈夫。そんなときはラフな前開けコーデでしっかり見える、センターロゴのスウェットやパ…

TAGS:   Fashion
正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!
SPONSORED
2019.11.25

正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!

ダウンのイメージをいい意味で裏切る上品なチェック柄が目を引くこの2着は、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作。しかも、品格あふれるコーデに映えるコートは防水・防風性に優れ、カジュアルに合うブルゾンは色彩豊かなプリントが印象的。どち…

TAGS:   Fashion
タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!
SPONSORED
2019.11.25

タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!
見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!

たとえばデニムであっても、ストレッチを効かせることで穿き心地のよさを追求するように、“本物”であっても“快適さ”を犠牲にしないというのが、現代的な考え方になっている。それは時計も同じこと。審美性と機能性を併せ持ったタフウォッチは、最も今ど…

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion
今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!アクティブ男は上質“黒”ダウン!
SPONSORED
2019.11.12

今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!
アクティブ男は上質“黒”ダウン!

その暖かくて保温性に優れるダウンは、アクティブ男が波乗りに行くときに着る、ベストなアウターといってもいい。ただ、機能性ばかりを重視してしまっては、ちょっと物足りなさを感じる。もちろんそれが悪いワケではないが、いい年の大人であれば、やはり見…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ