Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.07.04


『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』『わがチーム、墜落事故からの復活』

テニスの女子の世界王者と男子の元世界王者という、女×男の世紀の一戦を描く『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』と、墜落事故に遭ったサッカーチームのその後を追ったドキュメンタリー『わがチーム、墜落事故からの復活』を紹介。

物語で選ぶ編①
ムネアツなポイントは? “女×男のテニス決戦!”
『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

テニス界最高峰の大会であるウィンブルドン選手権もはじまり、絶妙のタイミングで公開される、この『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』。1973年、全世界で9000万人が観たとされるテニスの試合が題材なのだが、なぜそこまで注目を集めたのか? 女子の世界王者と男子の元世界王者という、女×男の世紀の一戦だったからだ。


 

 
女子テニス界のトップを走る29歳のビリー・ジーン・キングは、全米テニス協会に抗議。女子の賞金が男子の1/8という現状を訴えるが聞き入れられなかった。ビリー・ジーンは、協会を脱退し、女子テニス協会を設立する。その状況を知った55歳の元世界王者、ボビー・リッグスは、ビリー・ジーンに試合を申しこむ。彼女もその挑戦に応じたことから、世間は大騒ぎ。試合は大イベントとなるのだった……。


 

 
テニス界におけるあからさまな性差別を、女子選手たちが団結して訴える。この構図は、いまなにかと話題に上るセクハラ問題とも共通し、45年も前の実話なのに、実にタイムリー。女子選手たちの勇気や正義感が真っ当で、テニス協会上層部の男性たちが古き慣習にしがみついているのは明らかで、男性は観ていて居心地が悪いかもしれない。しかし要は、各自の価値観やモラルの問題。男とか女とかじゃなく、性を超えて登場人物たちの奮闘に清々しさを感じていく。そこが今作の大きな魅力だ。


 

 
ビリー・ジーン役は『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞した旬のスター、エマ・ストーン。性差別に屈せず、意思を貫いて生きる姿を熱演する。一方で、その行動は自己中心的で軽率なのに、どこか憎めない部分もある難役のボビー・リッグスを、こちらも演技巧者のスティーブ・カレルが、完全な悪役にならない微妙なラインで名演。2人がモデルとなった本人にそっくりなのは、エンドクレジットで確認でき、驚くばかり。


 

 
男女差別を描く今作だが、ビリー・ジーンが同性への恋愛感情にめざめる物語も重要ポイントになっている。このあたりも“多様性”を求める現代に通じる部分があるし、ビリー・ジーンの夫が妻の本心を知りながら、選手としての彼女を支えるなど、周囲の言動も感動を呼ぶ。そして試合のシーンは意外なほど見やすい映像になっており、シンプルに興奮が高まるエンタメらしい仕上がりに拍手を贈りたい!

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
製作/ダニー・ボイル 監督/バレリー・ファリス、ジョナサン・デイトン 出演/エマ・ストーン、スティーブ・カレル、アンドレア・ライズボロー、ビル・プルマン 配給/20世紀フォックス 
2017年/アメリカ/上映時間122分

7月6日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
©2017 Twentieth Century Fox

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
 


物語で選ぶ編②
ムネアツなポイントは?“悲劇のサッカーチームの知られざる真実”
『わがチーム、墜落事故からの復活』



今回は“物語で選ぶ編”からもうひとつご紹介。シャペコエンセという言葉に聞き覚えはないだろうか? サッカー好きな人なら、すぐにピンときただろう。2016年に、南米大陸選手権コパ・スダメリカーナの決勝に向かう途中、コロンビアのメデジン郊外でチャーター機が墜落。選手、監督、クラブ関係者71人が命を落としたサッカーチームの名だ。本作は、その悲劇を追ったドキュメンタリー作品となっている。
 


 ドキュメンタリーと聞くと、事故の裏側を検証する内容を想像するだろうが、本作は主に事故の翌年である2017年のシーズンを追いかけたもの。つまり、生き残った者、残された者たちがどう立ち直ろうとしているのかを描いている作品なのだ。事故の生存者3名を中心に展開する様々な出来事に、きっと心動かされるに違いない。


 


ゼロからの再出発を余儀なくされたシャペコエンセは、日本でもプレーしたことのある新監督ヴァグネル・マンシーニに再建を委ねる。しかし、勝ちにこだわる新監督は、これまでの家族的なムードを一掃。規律を重視し、反発する選手を外すなど急激にチームを変えようとする。生存者のひとりDFアラン・ルシェウは、過去をなかったものにするかのような新監督、クラブの対応に戸惑い、苦悩する。


 

 
一方で、夫を失った未亡人ら遺族は、クラブ経営陣との間で賠償金問題で亀裂。訴訟も辞さない事態となる。3人の生存者はクラブの顔としてイベントに駆り出されるが、徐々にチームに利用されているのではと不審に思いはじめる。チームは内外含めひとつになれずに負けが込み、サポーターたちも困惑。すべてが悪循環に陥り、事故前のアットホームなシャペコエンセは消え失せてしまう……。


 

 
本作のクライマックスでは、意外な存在が苦悩するシャペコエンセ関係者を救い、それにより彼らは自らのアイデンティティを再認識。事故前のような快進撃を再びはじめるのだが、そこは観てのお楽しみ。チームが復活する様は、たとえサッカーに詳しくなくても観ていて胸が熱くなるはず。悲劇が題材ではあるが、鑑賞後は前向きな気持ちになれるだろう。シャペコエンセを支える存在に気持ちが温かくなり、人の優しさが嬉しく思える作品だ。

『わがチーム、墜落事故からの復活』
監督・脚本/ジェフ&マイケル・ジンバリスト 配給/コムストック・グループ
2018年/ブラジル/上映時間101分

7月6日より新宿ピカデリーほか順次全国ロードショー

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

今季の〈ディースクエアード〉は遊びの効いたトラッドが気分!大人だからこそ着こなしたいカレッジライクな休日服!
SPONSORED
2020.07.29

今季の〈ディースクエアード〉は遊びの効いたトラッドが気分!
大人だからこそ着こなしたいカレッジライクな休日服!

イタリア発の人気ブランド〈ディースクエアード〉が今季提案するのは、英国の〝カレッジスタイル〞からインスパイアされた個性的なカジュアル。要所にトラディショナルなモチーフをちりばめつつも、伝統の枠組みに囚われない遊びの効いたデザインがお洒落心…

TAGS:   Fashion Denim
〈ファーブル・ルーバ〉のほどよく主張する1本!毎日の相棒にはこんなシンプル時計で!
SPONSORED
2020.07.27

〈ファーブル・ルーバ〉のほどよく主張する1本!
毎日の相棒にはこんなシンプル時計で!

いつだってファッションは気負うことなく自分らしくいられるスタイルがいい。ならば、いつものアメカジの出番。手元には、シンプルだけどケース径43㎜でほどよく存在感のある〈ファーブル・ルーバ〉を。シーンを選ばないし、汎用ムーブでメンテも楽。時代…

TAGS:   Fashion Watches
 おいしさで人気の〈キリンビール〉"一番搾り"があればいつもの家呑みがよりしあわせに。
SPONSORED
2020.07.22

おいしさで人気の〈キリンビール〉
"一番搾り"があればいつもの家呑みがよりしあわせに。

ニューノーマルな生活スタイルにも慣れはじめ、家呑みがなんだか楽しくなってきた。そんなふうに感じている人、多いのでは?

〈シチズン〉だから信頼できる。自分だけの時間にふさわしい腕時計。
SPONSORED
2020.07.22

〈シチズン〉だから信頼できる。
自分だけの時間にふさわしい腕時計。

発毛効果で選ぶなら〈リアップX5プラスネオ〉。1日2回で"強く、太く、発毛"。
SPONSORED
2020.07.22

発毛効果で選ぶなら〈リアップX5プラスネオ〉。
1日2回で"強く、太く、発毛"。

〈山田養蜂場〉でウイルスに負けないカラダ作り。高栄養サプリ"プロポリス300"に注目。
SPONSORED
2020.07.22

〈山田養蜂場〉でウイルスに負けないカラダ作り。
高栄養サプリ"プロポリス300"に注目。

リモートワークで目の疲れを感じたら〈ヤーマン トウキョウ ジャパン〉が強い味方に。見た目の印象も気分もすっきり。
SPONSORED
2020.07.22

リモートワークで目の疲れを感じたら〈ヤーマン トウキョウ ジャパン〉が強い味方に。
見た目の印象も気分もすっきり。

〈ドクターブロナー〉は地球想いでカラダ想い。心地よく洗いあげる"魔法"のソープ。
SPONSORED
2020.07.22

〈ドクターブロナー〉は地球想いでカラダ想い。
心地よく洗いあげる"魔法"のソープ。

敏感肌も安心の〈緑の森〉。刺激は少なく、うるおいはたっぷり。
SPONSORED
2020.07.22

敏感肌も安心の〈緑の森〉。
刺激は少なく、うるおいはたっぷり。

1台で何役もこなすテレビ〈LGエレクトロニクス〉が家にあれば自然とリビングにみんなが集まる。
SPONSORED
2020.07.22

1台で何役もこなすテレビ〈LGエレクトロニクス〉が家にあれば
自然とリビングにみんなが集まる。

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ