Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.06.18


運命の初戦コロンビア戦! ここですべてが決まる!

開幕して4日目が過ぎたFIFAワールドカップ2018ロシア。予選リーグでも優勝候補といわれるアルゼンチン、ドイツ、ブラジル、ベルギーなどが登場し、現地も盛り上がっている様子ですね。


ブラジル代表ネイマールは、サイドを刈り上げたヘアスタイルでスイスとの初戦に登場。試合は1−1で引き分けた

そして、いよいよ明日6月19日(火)は我らがサムライ・ブルー、日本代表の初戦であるコロンビア戦が行われます。
コロンビアは前回大会でベスト8に進出。もちろん今大会はそれ以上の成績を狙ってきます。優勝を見据えると初戦から決勝までペース配分を考える必要があるので、日本戦は全力で来ないまでも、初戦の重要度は知っているので、ある程度の力は出してくると思います。日本はペース配分もなにもありませんし、最初から捨て身でいかないと勝てないので、そのコロンビアの隙を突いていきたいですよね。コロンビアは8年間同じ監督(ペケルマン監督)でやってきているので相当チームとして成熟しているし、南米の中でも比較的組織を重んじている難敵。その中でも、キーマンはハメス・ロドリゲス選手でしょうね。チーム内で比較的自由を与えられている彼を、どうやって試合に入りこませないかが重要になってきます。


ハメス・ロドリゲスらコロンビア代表のキャンプ地は、日本代表と同じカザン。モスクワから約800km離れたロシア連邦タタールスタン共和国の首都だ

コロンビアも初戦なので、あまりリスクを冒さないように守ってカウンターという戦術で来ると思います。だから日本は絶対、中途半端にボールを繋ぐようなサッカーをしないほうがいいでしょう。なぜならパスを奪われてカウンターを食らうのが一番怖いからです。1点先制されるとコロンビアもリスクを冒さないようにガチガチに守ってくるはずなので、こちらが攻めていったところでまたボールを奪われてカウンターを食らってしまいます。2点めを奪われたら、試合としても非常に難しくなってくるので、日本も先制点を奪われないように守備でブロックを作り、ミスパスを奪ってカウンターという戦術が、一番チャンスがありそうだな……と。理想は、この初戦の難敵との試合を0-0の引き分けで終えること!どちらかが1点取ると、試合運びが難しくなりますからね。

実は、昨年の11月にコロンビアのサッカーアカデミーへ取材に行ってきました。そこで現地の子供たちに“君たちのヒーローは誰?”という質問をしてみました。こちらとしては当然“ハメス・ロドリゲス!”という言葉が返ってくるものだと思っていましたが、実際には“ネイマール!”や“メッシ!”という回答でした。これには驚きましたね(笑)。
現地のテレビ番組にも出演をしましたが、日本の代表チームに対する質問はひとつもありませんでした。こちらが熱心にサッカーの話をしているのに、まともに聞いてくれませんでしたし……(笑)。相当、日本には関心がないという証拠ですよね。腹立たしいことですけど、油断している隙を突いていきたいですね。


ハメス・ロドリゲスが少年時代に所属していたサッカースクール“アカデミア・トリメンセ”

初戦の会場であるサランスクは聞くところによると宿泊施設が少ないようです。現地で応援する予定のサポーターの方々は、移動の面も含め、いろいろと大変だと思います。ただ、サポーターの声援は、選手の力になります。実際に会場に足を運んで観戦する人も、日本で応援する人も、全力で日本代表を応援しましょう!


日本VSコロンビア戦が行われるスタジアム、モルドビア・アレーナ。モスクワから約650km離れた都市サランスクにある

北澤 豪|Kitazawa Tsuyoshi
元サッカー日本代表。現役時代は豊富な運動量と闘志あふれるプレースタイルから、“中盤のダイナモ”と称された。現在は日本サッカー協会の理事を務めながら、サッカーの普及などに尽力する傍ら、日本テレビ系『NEWS ZERO』のサッカー解説やサッカー中継の解説などでも活躍中。

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!
SPONSORED
2019.11.26

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!

年に一度のスペシャルな日は目前。まだ彼女へのプレゼントに悩んでいる人も多いかと。だったら思い切って ペアアクセを狙うのもアリだけど、なんだか照れくさい……。いえいえ、モチーフをさりげな~く揃えるだけなら、 そんな心配は無用。しかもそれ…

TAGS:   Fashion
大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!
SPONSORED
2019.11.25

大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!
街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!

似たような服を着ていても、なんとな〜くまわりと違うというのがお洒落の極意。たとえば冬に大活躍する定番の黒ダウンも、街には街の、海には海の素材を選ぶことで、ぐっとこなれた印象になるって知っていた? そんな大人選びを実践するなら、頼りになるの…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!
SPONSORED
2019.11.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!
彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!

普段はアクティブ派でも、彼女と部屋でまったり過ごす時間がぐっと増えるホリデーシーズン。そんなときセンスが問われるのが、ルームウエアのチョイス。これが安っぽくて部屋着感丸出しだと、ドン引きされるのがオチ。その点、〈ポール・スミス アンダーウ…

TAGS:   Fashion
ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!
SPONSORED
2019.11.25

ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!
格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!

フード付きのアイテムは、"子供っぽく見えそうだから敬遠している"、なんて大人は多いよう。でも、それは大きな間違い。ほら、コチラの写真の〈ベルルッティ〉のフーディをご覧あれ。どちらも大人の風格たっぷりで、小僧な雰囲気なんて微塵もなし! こん…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!
SPONSORED
2019.11.26

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!
海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!

若造サーファーと同じようなスウェットパーカに物足りなさを感じるようになったら、アップデイトのタイミング。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけたニットフリース仕立ての1着で差をつけてみては!? 後ろ姿でさりげに個性…

TAGS:   Fashion
冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!
SPONSORED
2019.11.25

冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!
ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!

冬の海アメカジは個性出しが難しい。よ~く考えてみて。アウターが必要ない時季ならロゴ入りトップでインパクトが出せるけど、アウターを羽織るとそれも台無し。でも大丈夫。そんなときはラフな前開けコーデでしっかり見える、センターロゴのスウェットやパ…

TAGS:   Fashion
正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!
SPONSORED
2019.11.25

正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!

ダウンのイメージをいい意味で裏切る上品なチェック柄が目を引くこの2着は、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作。しかも、品格あふれるコーデに映えるコートは防水・防風性に優れ、カジュアルに合うブルゾンは色彩豊かなプリントが印象的。どち…

TAGS:   Fashion
タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!
SPONSORED
2019.11.25

タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!
見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!

たとえばデニムであっても、ストレッチを効かせることで穿き心地のよさを追求するように、“本物”であっても“快適さ”を犠牲にしないというのが、現代的な考え方になっている。それは時計も同じこと。審美性と機能性を併せ持ったタフウォッチは、最も今ど…

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion
今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!アクティブ男は上質“黒”ダウン!
SPONSORED
2019.11.12

今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!
アクティブ男は上質“黒”ダウン!

その暖かくて保温性に優れるダウンは、アクティブ男が波乗りに行くときに着る、ベストなアウターといってもいい。ただ、機能性ばかりを重視してしまっては、ちょっと物足りなさを感じる。もちろんそれが悪いワケではないが、いい年の大人であれば、やはり見…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ