Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.06.18


運命の初戦コロンビア戦! ここですべてが決まる!

開幕して4日目が過ぎたFIFAワールドカップ2018ロシア。予選リーグでも優勝候補といわれるアルゼンチン、ドイツ、ブラジル、ベルギーなどが登場し、現地も盛り上がっている様子ですね。


ブラジル代表ネイマールは、サイドを刈り上げたヘアスタイルでスイスとの初戦に登場。試合は1−1で引き分けた

そして、いよいよ明日6月19日(火)は我らがサムライ・ブルー、日本代表の初戦であるコロンビア戦が行われます。
コロンビアは前回大会でベスト8に進出。もちろん今大会はそれ以上の成績を狙ってきます。優勝を見据えると初戦から決勝までペース配分を考える必要があるので、日本戦は全力で来ないまでも、初戦の重要度は知っているので、ある程度の力は出してくると思います。日本はペース配分もなにもありませんし、最初から捨て身でいかないと勝てないので、そのコロンビアの隙を突いていきたいですよね。コロンビアは8年間同じ監督(ペケルマン監督)でやってきているので相当チームとして成熟しているし、南米の中でも比較的組織を重んじている難敵。その中でも、キーマンはハメス・ロドリゲス選手でしょうね。チーム内で比較的自由を与えられている彼を、どうやって試合に入りこませないかが重要になってきます。


ハメス・ロドリゲスらコロンビア代表のキャンプ地は、日本代表と同じカザン。モスクワから約800km離れたロシア連邦タタールスタン共和国の首都だ

コロンビアも初戦なので、あまりリスクを冒さないように守ってカウンターという戦術で来ると思います。だから日本は絶対、中途半端にボールを繋ぐようなサッカーをしないほうがいいでしょう。なぜならパスを奪われてカウンターを食らうのが一番怖いからです。1点先制されるとコロンビアもリスクを冒さないようにガチガチに守ってくるはずなので、こちらが攻めていったところでまたボールを奪われてカウンターを食らってしまいます。2点めを奪われたら、試合としても非常に難しくなってくるので、日本も先制点を奪われないように守備でブロックを作り、ミスパスを奪ってカウンターという戦術が、一番チャンスがありそうだな……と。理想は、この初戦の難敵との試合を0-0の引き分けで終えること!どちらかが1点取ると、試合運びが難しくなりますからね。

実は、昨年の11月にコロンビアのサッカーアカデミーへ取材に行ってきました。そこで現地の子供たちに“君たちのヒーローは誰?”という質問をしてみました。こちらとしては当然“ハメス・ロドリゲス!”という言葉が返ってくるものだと思っていましたが、実際には“ネイマール!”や“メッシ!”という回答でした。これには驚きましたね(笑)。
現地のテレビ番組にも出演をしましたが、日本の代表チームに対する質問はひとつもありませんでした。こちらが熱心にサッカーの話をしているのに、まともに聞いてくれませんでしたし……(笑)。相当、日本には関心がないという証拠ですよね。腹立たしいことですけど、油断している隙を突いていきたいですね。


ハメス・ロドリゲスが少年時代に所属していたサッカースクール“アカデミア・トリメンセ”

初戦の会場であるサランスクは聞くところによると宿泊施設が少ないようです。現地で応援する予定のサポーターの方々は、移動の面も含め、いろいろと大変だと思います。ただ、サポーターの声援は、選手の力になります。実際に会場に足を運んで観戦する人も、日本で応援する人も、全力で日本代表を応援しましょう!


日本VSコロンビア戦が行われるスタジアム、モルドビア・アレーナ。モスクワから約650km離れた都市サランスクにある

北澤 豪|Kitazawa Tsuyoshi
元サッカー日本代表。現役時代は豊富な運動量と闘志あふれるプレースタイルから、“中盤のダイナモ”と称された。現在は日本サッカー協会の理事を務めながら、サッカーの普及などに尽力する傍ら、日本テレビ系『NEWS ZERO』のサッカー解説やサッカー中継の解説などでも活躍中。

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!
SPONSORED
2019.07.26

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!
大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!

もうひととおりのデニムは持っていて新たにどんなデニムを買っていいかわからない。似たり寄ったりのデニムではもうトキメキがない。そんな人でもナットクできる、ちょっと“ワザあり”の〈ディーゼル〉の新作デニムをピックアップ。といっても、やりすぎの…

TAGS:   Fashion Denim
手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!
SPONSORED
2019.07.25

手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!
王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!

ほかにはない唯一無二のオリジナリティと革新的な技術、そしてファッション性を兼ね備えた〈ウブロ〉は、時計愛好家ばかりでなく、アクティブな男たちの心を捉えて離さない。スポーティでいて、ラグジュアリー。その魅力はいつものアメカジを格上げするとと…

TAGS:   Watches
プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!
SPONSORED
2019.07.25

プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!
自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!

大自然から発想を得たデザインと、都会でも自然の中でも活躍する機能性。この2つをうまく融合させたアイテムを展開する〈ロエベ〉のライフスタイルライン“アイ/ロエベ/ネイチャー”。その魅力を伝えるべく今回登場してくれたのはプロサーファーの市東重…

TAGS:   Fashion
さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!
SPONSORED
2019.07.25

さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!
街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!

ダイバーズウォッチのハイスペックに、ラグジュアリーなスタイルを併せ持つ。それが“クロノオフショア1”だ。海での実力はもちろんのこと、街でもそれを持て余すどころか、むしろ秘めたポテンシャルがスタイリッシュに映る。“街ダイバーズ”は、まさに海…

TAGS:   Watches
オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!
SPONSORED
2019.07.25

オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!
遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!

昼も夜もオフの日は本気で遊ぶのが、アクティブな大人の信条。となれば、手元のお洒落もそのときどきに合った印象に着替えたくなるはず。そこで頼りになるのが、ナイロンと革のバンドを簡単に付け替えられる〈トゥルーム〉時計だ。どちらも素材や仕立てにこ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!
SPONSORED
2019.07.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03
心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!

セレブたちのライフスタイルに憧れを抱くのは、決して贅沢な旅をしているからではないと思う。おそらくそれは、彼らが人生も旅も自分らしく自由にゆとりを持って楽しんでいるからなのだ。そんな“自分らしさ”を大切にしたバカンスに共感し、実現したいと思…

TAGS:   Lifestyle
オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!
SPONSORED
2019.07.25

オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!
“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!

週末は大好きな趣味を存分に楽しむ。そんなリフレッシュ上手な大人が増えている。でももっと手軽にシーンを選ばずリフレッシュできたら、いいと思わない? 炭酸がほどよく効いた爽快な飲み口と、高麗人参をはじめとした栄養成分を配合した〈タフマン リフ…

TAGS:   Gourmet
最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!
SPONSORED
2019.07.25

最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?
サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!

海外のビーチリゾートにも憧れるが、もっとお手軽に夏を楽しむことはできる。たとえば愛車の四駆を駆って、ただひたすら、いい波を探しに行くサーフトリップもそのひとつ。目的地も宿の予定も、すべては波まかせ。海好き男なら誰もが羨む、そんな旅の相棒は…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ