Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.08.02

〈マクラーレン〉720S スパイダー 
スーパースポーツが乗りやすくて快適って、どういうこと!?

スーパースポーツって「案外乗りやすい」と言ったら、みなさんはどう思うだろうか? まあ確かに、そのへんを走っている小型SUVやセダンに比べたら語弊があるかも。でも、見るからに乗り手を選びそうな低い車体の印象からすると、今どきのスーパースポーツは以前と比べて運転がイージー。慣れてしまえば、誰だって「あれ? 普通に乗れるじゃん」と思うはずだ。たとえば、今回ご紹介する〈マクラーレン〉720S スパイダーも、実はそんな1台だったりする

 



走りと快適性がケタ違い!
ドライブデートを彩るのは
演出上手なスーパースポーツ!





じゃあ、乗りやすいとどうなるかといえば答えは明白。気軽に彼女とドライブしようという気にもなるってこと。それに〈マクラーレン〉720S スパイダーは屋根が開くオープンモデル。避暑地に向って涼しげな林の中を駆け抜ける、な~んてシーンでは気分爽快。また、海好きなら、潮風を感じながら海岸線を走るというロマンチックなシーンにも心ときめくはず。いずれにせよ、自然と一体になってドラマチックな走りを満喫できるのはこのクルマならでは。そのへんを一度でも体験したら最後。隣で歓声を上げる彼女の顔を見るにつけ、この楽しさに背を向けることができなくなるのは間違いない。







実際に乗りこんでみると、意外なほど室内がゆったりと感じるのはこのクルマのいいところ。スーパースポーツだから「タイトな空間?」と思いきや、フロントウインドウに圧迫感を感じることもなく眺めは驚くほど良好。低いヒップポイントで脚を投げ出すスタイルはスポーツカーらしくも、窮屈さとは無縁だ。それどころか、むしろ足元は広々としているから、お隣の彼女もゆったりとくつろげるだろう。そして、わずか11秒で開くリトラクタブルハードトップ(50km/h以下なら開閉可能)を開けると、そのゆったり感はさらに増す。太陽の光を取り込んだ室内は開放感たっぷりに。また、丁寧な仕立てでレザーをあしらった室内も、その印象はあくまで上質。必要以上にスパルタンな雰囲気で圧倒してくることもないから、ロングドライブも快適そう。そんな部分も、もしかして乗りやすさに貢献しているのかもしれない。
 

NEXT コンフォートモードがある!

2/5PAGE

コンフォートモードがある!


そしていよいよエンジンのスタート。ボタンを押すと、背中に積まれた4ℓV型8気筒ツインターボエンジンが豪快に目を覚ます。そのパワーは720PS(527kW)/7250rpmで、トルクも770Nmと超ド級。おまけに最高速度は341km/hで0-100m加速は2.9秒! これが、乾燥重量でわずか1332kg のボディを押しまくるのだから、クルマ好きにはたまらない。でもちょっと待って。いくら自慢の720S スパイダーとはいえ、デートでいきなりパワー自慢は野暮というもの。だって、彼女には気持ちよいドライブを味わってほしいでしょ? 



であれば、“コンフォート”“スポーツ”“トラック”と3つあるドライビングモードは、“コンフォート”をキープしたい。このモードで走行すると、革新的な油圧サスペンションによりスムースで快適な走りを提供。それに、たとえ高速道路で思い余って(?)アクセルを踏みこんでも、賢いコンピュータがすぐに高いギアを選択。自動的にシームレスな加速に変えてくれるのはありがたい。さらに、高速道路でオープンドライブを楽しむときは、サイドウインドウを上げるとともに座席後ろのウインドウも上げると快適。これにより風の巻きこみが最低限に抑えられ、彼女の髪が不快になびくってこともないはず。こんな細かな配慮ができると、オープンカー乗りとしては合格点がもらえるかも!?
 

NEXT ディヘドラルドアは意外とイージー

3/5PAGE

ディヘドラルドアは意外とイージー


高速道路を降りたらいったん休憩。駐車場に止めたら、今度は〈マクラーレン〉720S スパイダーを2人で眺める時間がやってくる。上方に跳ね上がるディヘドラルドアは、やっぱりスーパースポーツの証。まあ、まわりからの注目を浴びるのは致し方ない。その一方で、このドアは実用性が高いって知ってました? というのは、ドアが上方に開くため、狭い駐車スペースではお隣のクルマにヒットする恐れがないから。ドアは重そうに見えるが、実際はわずかな力ですっと上がるから女性でも楽チン。これなら乗り降りで彼女にストレスを与えることもないだろう。





クルマを降りて、あらためて見る〈マクラーレン〉720S スパイダーは、やはりエレガントだ。極力無駄を省いたスムースなボディは流れるようなフォルム。デザインのインスピレーションは“ホホジロザメ”から受けたということだが、そう思って見ると確かに流麗にして獰猛かも。低く構えたボディも、なんだか獲物を狙っているような体勢に思えてくる。目はサメにしては大きい気がするが、その理由はフロントライトがエアインテークと一体化しているから。確かにこのクルマは最高のエアロダイナミクスを謳っているのだが、全体を見渡すと、随所に備えられたエアの取り込み口やセクシーにくびれたボディからもその性能の高さが窺えるってもの。そう、まさにこれは機能美。こんな美しいボディを纏ったクルマなら、きっと彼女も鼻高々。ドライブするのが楽しくないはずがない。




 

NEXT 快適さと獰猛さの二面性にやられる!

4/5PAGE

快適さと獰猛さの二面性にやられる!


とはいえ、走りが自慢の〈マクラーレン〉720S スパイダー。一体どこで走りを楽しめるの?というと、それは彼女を家に送り届けてから。1人の時間がやってきたら、さっそくドライビングモードを“スポーツ”へ。エンジンの音が明らかに変わり、めくるめくスポーツ走行の世界へと誘ってくれる。ボタン1つで? そう、ボタン1つで。回転数を上げるとカーンと高音のエンジンサウンドが轟き渡り、加速は圧倒的。公道ではさすがに速度を自制しないといけないが、パドルシフトでギアチェンジを繰り返し、高速コーナーを駆け抜ける快感ったらない。まあ、それでもこのクルマのパフォーマンスからしたら、公道ではまだまだ序の口といったところだろうが、さらにその上にサーキット走行に適した“トラック”というドライビングモードが控えているのだから開いた口が塞がらない。





〈マクラーレン〉といえばF1でその名を知っている人も多いだろうが、いまは押しも押されもせぬスーパースポーツカーブランド。2011年にMP4-12Cを世に出して以来、スポーツシリーズ、スーパーシリーズ、アルティメットシリーズと市販車のラインナップを拡大。今年6月には新たにGTを発表するなど、とにかくその勢いはとどまるところを知らない。ちなみに、あのデヴィッド・ベッカムも以前、〈マクラーレン〉最初のロードカーMP4-12Cをドライブ。現在ではクーペタイプの720SをLAで乗りこなしているのだが、洒落者と知られるベッカムのお眼鏡に適うくらいなのだから、〈マクラーレン〉のイメージはやっぱりお洒落。もちろん今回ご紹介した〈マクラーレン〉720S スパイダーもそんなイメージだが、コチラはさらに“走り”と“快適さ”の二面性を持った1台。まさに日常使いで乗りやすい面を備えているから、これなら臆することなく“スーパースポーツの世界”へと足を踏み入れられるかも!
 

NEXT 気になるスペックは?

5/5PAGE

 
★DATA〈マクラーレン〉720S スパイダー
●全長×全幅×全高:4544×2161×1194mm
●車両重量:1468kg(DIN)
●ホイールベース:2670mm
●エンジン:4ℓV8ツインターボ
●最高出力:527kW(720PS)/7500rpm
●最大トルク:770Nm(78.5kgm)/5500rpm
●トランスミッション:7速AT
●駆動方式:後輪駆動
●税込み価格:3788万8000円



Information

●マクラーレン・オートモーティブ 
https://jp.cars.mclaren.com/

●マクラーレン東京  
TEL:03-6438-1963

●マクラーレン麻布  
TEL:03-3446-0555

●マクラーレン名古屋 
TEL:052-528-5855

●マクラーレン大阪  
TEL:06-6121-8821

●マクラーレン福岡  
TEL:092-611-8899

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

『Safari』『Urban Safari』×〈ジープ〉写真家・田中丸善治さんが試乗した“コンパス”と“グランドチェロキー”の特別動画を公開!
SPONSORED
2019.10.18 NEW

『Safari』『Urban Safari』×〈ジープ〉
写真家・田中丸善治さんが試乗した“コンパス”と“グランドチェロキー”の特別動画を公開!

以前『Safari』本誌で〈ジープ〉“コンパス”と、『Urban Safari』で“グランドチェロキー”を紹介させてもらった。今回は、その2台に本誌でも活躍するフォトグラファー、田中丸善治さんに試乗してもらい、語ってもらった。性格の違う2…

TAGS:   Cars
〈リアップエナジー〉は海好き男の強い味方!アフターサーフは頭皮ケアにも手を抜かない!
SPONSORED
2019.09.30

〈リアップエナジー〉は海好き男の強い味方!
アフターサーフは頭皮ケアにも手を抜かない!

アクティブな週末を過ごしている人って、なんだか若々しく見えません!? とりわけ波乗りがライフスタイルの一部になっている海好き男は、1年中日焼けしているせいか精悍さもひとしお。でも、実はその日焼けや海水が頭皮にダメージを与えているのはご存知…

〈Gステージ〉で秋のカジュアルは見違える!使えるスリーピースがあれば週末スタイルはカンペキ!
SPONSORED
2019.09.30

〈Gステージ〉で秋のカジュアルは見違える!
使えるスリーピースがあれば週末スタイルはカンペキ!

サーフィン、ジム、ショッピング、デート……、大人の週末はなにかと忙しい。それに合わせて着こなしも考えなきゃいけないから大変だ。そんな悩みを解消してくれるのが、〈Gステージ〉のセットアップ。ジャケット、ブルゾン、パンツが同素材で揃うから、着…

TAGS:   Fashion
都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion
ひと味違う海スタイルは〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉で!さりげなお目立ちアイテムで海上がりにも差をつける!
SPONSORED
2019.09.26

ひと味違う海スタイルは〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉で!
さりげなお目立ちアイテムで海上がりにも差をつける!

自分がかっこいいと思えるスタイルを追い求めながら波に乗ることは、サーフィンの醍醐味のひとつ。海上がりのファッションだって、それは同じ。ひと味違うスタイルで、まわりとさりげなく差をつけたい。〈ムータ〉と〈ロイヤル フラッシュ〉がコラボしたス…

TAGS:   Fashion
ひと味違う着こなしが狙える〈ディーゼル〉の新作!都会派のミリタリーなら黒デニムも“ワザあり”で!
SPONSORED
2019.09.25

ひと味違う着こなしが狙える〈ディーゼル〉の新作!
都会派のミリタリーなら黒デニムも“ワザあり”で!

男らしいコーデを楽しむのに一番確実な方法は、ミリタリーの要素を取り入れること。そのとき、タフな印象を格上げすべくデニムを合わせる、なんてのも常套手段。それも黒デニムなら、ミリタリー要素の野暮ったさのみを打ち消し、すっきりしたコーデに。特に…

TAGS:   Fashion Denim
〈ボス〉の1着は機能的なのにラグジュアリーさりげない大人の色気は“艶あり”のダウンで狙う!
SPONSORED
2019.09.25

〈ボス〉の1着は機能的なのにラグジュアリー
さりげない大人の色気は“艶あり”のダウンで狙う!

最近のダウンJKは、選択肢が多彩。だからといって、クセのある柄やデザインを選ぶと、大人の品格に欠けるってことも。であれば、色はいさぎよくシンプルな無地にし、質感で勝負してみるのはどう!? 〈ボス〉の“艶あり”ダウンJKなら、さりげなく男の…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉のエキシビションが開催!“時計以上”の価値を求めたブランドの神髄を探る!
SPONSORED
2019.09.25

〈オーデマ ピゲ〉のエキシビションが開催!
“時計以上”の価値を求めたブランドの神髄を探る!

〈オーデマ ピゲ〉といえば誰もが知っている高級時計の代名詞。とはいえ、そんな〈オーデマ ピゲ〉の存在は知っていても、その“本当の価値”を知っている人は案外少ないのでは? 10月19日から11月4日の間、六本木は東京ミッドタウンにて〈オーデ…

TAGS:   Watches
あえての脱・定番狙いは〈タトラス〉の1着で!2着めのダウンなら渋色の柄モノを選ぶ!
SPONSORED
2019.09.25

あえての脱・定番狙いは〈タトラス〉の1着で!
2着めのダウンなら渋色の柄モノを選ぶ!

街でも海でも頼りになるのがダウンジャケット。着まわしの効く定番色はすでに持っている人も多いと思うけれど、大人の洒落感で差をつけたいなら、渋いトーンの柄モノを選ぶのも手。良質かつスタイリッシュなダウンで人気の〈タトラス〉なら、2着めにぴった…

TAGS:   Fashion
着こなしのアップデイトは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!お洒落上手な大人ならデニム選びで差をつける!
SPONSORED
2019.09.25

着こなしのアップデイトは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
お洒落上手な大人ならデニム選びで差をつける!

デニム遍歴の長い大人ともなれば、その好みは大抵決まっているもの。でも、同じようなものばかり穿いているせいで、ワンパターンな男に見られているかも!? そうならないためにも、〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉の個性派デニムで、いつものスタイ…

TAGS:   Fashion Denim
寒いシーズンにも着たいのは〈ラコステ〉のあの1枚!定番のポロシャツも秋冬なら“長袖”が正解!
SPONSORED
2019.09.25

寒いシーズンにも着たいのは〈ラコステ〉のあの1枚!
定番のポロシャツも秋冬なら“長袖”が正解!

夏場には、不動の定番として活躍したフランスのプレミアム カジュアルブランド〈ラコステ〉のポロシャツ。秋を迎えたら、それを長袖に選手交代してみては!? ちょっとした外出もラフになりすぎずに品格が出るし、旅先では旅慣れた大人にふさわしいさりげ…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 05“ゴルフ・デスク”を使って憧れのコースで優雅にプレイ!
SPONSORED
2019.09.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 05
“ゴルフ・デスク”を使って憧れのコースで優雅にプレイ!

ゴルフというスポーツは、ビジネスパートナーとの仕事を超えた関係作りに役立つことも多い。単なる仕事上の付き合いから、本当に信頼できるパートナーとして、その関係性を深められるようコースの手配をすることもあるだろう。そんなときに頼りになるのが、…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ