Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2021.07.27


ディーゼルモデルの正当進化! 〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d

突然やってきた今年の夏! 梅雨明けと同時にトップギアの日差しが降り注ぎ、すでにバテ気味、な〜んて人も多いのでは? そんなときこそアガるクルマに想いを馳せて、レジャーの計画を立てましょ。エクストリームな季節にピッタリなのはコチラ、〈メルセデス・ベンツ〉G 350 dだ。

話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d みんな大好きGクラスだけど、現在のラインナップ中、最も安価に手に入るのがこのG 350 d。ちなみにごく最近、同じ3ℓ直6ディーゼルエンジン搭載ながら高出力版のG 400 dが追加されたばかり。まあ、迷う気持ちも重々承知だが、普段使いならベーシックなG 350 dでも充分に満足できる仕上がりではある。 

 
話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d 話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d 話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d 話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d 話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d なんといってもこの直6ディーゼルターボのOM656エンジンは、個人的にも近年〈メルセデス・ベンツ〉の中でもトップレベルの完成度。ほかの大型SUVに多く搭載されている汎用エンジンだが、特にこのGクラスとのマッチング、つまり電子制御式の9速ATと四輪駆動との組み合わせが抜群にイケてるのだ。

ほかには4ℓV8ターボのガソリンエンジンを積むG 550と、その高出力版の〈メルセデスAMG〉G 63がラインナップされているGクラス。そんな中、先代モデルでも7割を超えるユーザーがディーゼルを選んでいたというから、このG 350 dは期待に応えた正当進化、といってもいいのかも。

話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d  


さて、この現行型のGクラスは、2018年に大幅改良を受けて登場したモデル。現在の市販車のモデルサイクルでいえば「そろそろ新型……?」という次期ではあるが、いやいや、それは気が早すぎるというもの。この2018年の改良こそが〈メルセデス・ベンツ〉によれば“1987年以来のマイナーチェンジ”(!)というのだからシャレが効いている。

話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d 話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d そう、Gクラスは初代のラダーフレーム構造を実に40年ものあいだ守り続けて、現代まで踏襲してきた。そのラダーフレームに手を入れて寸法まで変化し、サスペンションも進化しているのだから、一般的な自動車業界セオリーからするとフルモデルチェンジに違いない。だけど、そこをシレッと“マイナーチェンジ”な~んて言っちゃうところが、〈メルセデス・ベンツ〉流の、これまでのGクラスファンへの最大のリスペクトなんだろう。

というわけで先代のイメージをそのまま踏襲したG 350 dだが、さすがに穴にキーを差しこんで解錠、というまでは行かずとも、タッチセンサー式でキーレスエントリーできるというような、人に優しい機能はハナから排除されている。まずドライバーはキーを手に持ち、解錠ボタンを押す、なんていうところからエントリーがはじまるのだ。

さらに試練(?)は続く。小山のようなシート位置まで「どっこらしょ」とよじ登り、ドライバーシートに身を埋めねばならない。う~ん、これはある意味、「Gクラスと繋がるための聖なる儀式なのか?」とも思えてくる。

最新世代のマルチインターフェース“MBUX”はしかし、他のモデルと違って通信機能を持たない。ナビなどは車載で対応するのでボイスコマンドに問題はないが、周辺の天気などは表示されないので気をつけてほしい。 

 
話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d 話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d 話題のクルマを品定め!ディーゼルモデルの正当進化!〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d とはいえ、やはり、それでもG 350 dの底なしの魅力が褪せることはない。一旦ドライブをはじめると、降りる頃にはこの独特の世界観やドライブフィールに、メロメロに骨抜きされてしまうのだ。ほかの〈メルセデス・ベンツ〉にはないややユルめのステア。ガッチリ剛性に豊かなトルク。先代よりも洗練されたレスポンス。なんというか、もう、唯一無二。

時代や国を越えてずっと愛されている理由は、ルックスだけにあらず、なのだ。 

 

気になるスペックは?

★DATA 〈メルセデス・ベンツ〉G 350 d
●全長×全幅×全高:4660×1930×1975mm
●車両重量:2460kg
●ホイールベース:2890mm
●エンジン:3ℓ直列6気筒直噴ディーゼルターボ
●最高出力:210kW(286PS)/3400~4600rpm
●最大トルク:600Nm(61.2kgm)/1200~3200rpm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:1251万円 

 

Information

●メルセデスコール
TEL:0120-190-610

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ベル&ロス〉の銀座店で俳優・杉野遥亮がショップクルーズ!すべてのモデルを手にできるブランド初の旗艦店!
SPONSORED
2021.08.25

〈ベル&ロス〉の銀座店で俳優・杉野遥亮がショップクルーズ!
すべてのモデルを手にできるブランド初の旗艦店!

1994年にフランスで誕生し、世界有数の高級時計ブランドとして知られる〈ベル&ロス〉。そのすべてのコレクションを集結させた国内初の旗艦店“ベル&ロス銀座ブティック”に、人気急上昇中の俳優・杉野遥亮が足を踏み入れた。確かな演技力と独特の存在…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ