Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.11.08

〈レクサス〉UXは
アクティブな都会派に似合うアーバン・クロスオーバー!

都会をアクティブに駆け回るなら、SUVだってコンパクトなほうがいいに決まっている。とはいえ、その中で大人が満足できるものとなると、途端に選択肢が狭くなるのも、またこのクラス。でも、ご安心を。この冬に登場する〈レクサス〉UXは、コンパクトSUVのカテゴリーにあって、ラグジュアリー感はもとより走りの楽しさにも満足できるもの。上質を極めたコンパクトSUVだからこそ、大人のライフスタイルにしっかりと寄り添ってくれるはずだ。

独自のコンセプトを纏ったSUV

SUVがクルマとして使い勝手がいいのは言わずもがな。背が高いぶん視界がよく、荷物もたくさん積める。しかもトランクルームを独立させた3ボックス型ではなく2ボックスなので全長が短い。もちろん、ちょっとした凸凹道や段差もお構いなしだから頼もしくもある。

 そんなSUVのトレンドがコンパクト化。すでに欧州のメーカーは実行しているが、〈レクサス〉もまた準じることとなった。それがこのUX。全長は4500mm以下に、全高も1540mm(アンテナ込み)におさえられている。都心に多い機械式駐車場のサイズ制限もクリアだ。

 だが、単なるダウンサイジングに止まらないのがUXの特徴。兄貴分のLXやRX、NXをそのままスケールダウンしたのではなく、新たなデザインコンセプトを立ち上げた。それがこの低く構えたシュッとしたデザイン。“アーバン・クロスオーバー”を意味するUXの名は伊達じゃない。街中をキビキビ走るスポーティさを前面に押し出したフォルムで誕生した。

※写真はUX 250h E Four
 そんなことができたのは、プラットフォームを新設計したから。“GA-C”と呼ばれるエンジン横置きのレイアウトがそれで、すでにトヨタブランドでは新型カローラスポーツなどで使われている。しかもそれを、〈レクサス〉は彼らの基準でアレンジしたのだから強いこだわりを感じる。剛性アップと軽量化で〈レクサス〉らしさを注入したわけだ。

※写真はUX 200

※写真はUX 250h
 そんなキャラクターだけに、UXが似合うのは活動的な人に違いない。趣味や仕事にフットワークよく動き回る人。対象はファッション業界的で使われる“ジェンダーレス”。男女の境界線がないという意味合いで捉えてほしい。というのも、高い運動性能を持ちながら、チーフエンジニアが女性というのが注目ポイント。つまりクルマ趣味人からキャラ一点突破で惚れこんだ人まで許容するのだ。それに、チーフエンジニアの加古慈さんはあるインタビュー記事で「年齢や性別は意識していない」と話している。たとえ小柄な人が運転席に座ってもスイッチ類やアームレストが使いやすい位置に来るよう配慮したそうだ。

 パワートレーンは2ℓ直4のガソリンエンジンと同排気量のガソリンユニットにモーターを組み合わせたハイブリッドの2種類が用意される。モデル名は前者がUX200、後者がUX250h。UX250hにはE-FourというAWDもラインナップする。試乗したのはその3モデルで、続けざまに乗ることでそれぞれのキャラクターを知ることができた。

 総体的にいえるのは、軽快なハンドリングと身のこなし。これは今〈レクサス〉が一番重要視しているポイントで、どのモデルもそれを見事に実現している。フルサイズ2ドアクーペのLC以降、この傾向はより強くなったようだ。そしてUX250hにいえるのは〈レクサス〉得意のハイブリッド技術の高さ。自然な切り替えはもちろん、モーターのアシストがイメージ以上に2ℓエンジンの力強さを体感させてくれる。スポーティにも走れるし、エコモードを駆使すれば省燃費も期待できそうだ。


※写真はUX 250h
 UX200では、今回取り付けられた発進用のギアに驚かされた。CVTの欠点を見事に払拭し、スムーズな走り出しを提供してくれる。〈レクサス〉らしい走りを具現化するためにこうしたアイデアは欠かせない。

そんな走りの印象はスタイリングとリンクする。まさにアーバン・クロスオーバー。ファーストカーとしてもセカンドカーとしても容赦なく使えそうだ。それとセンスのいいインテリアにも触れたい。スイッチ類を減らしたシンプルなダッシュボード、運転席を主人公とするドライバーオリエンテッドなレイアウトもまたUXの特徴。どことなく都会的だ。で、総合的に感じたのは、とにもかくにも元気に走り回るキャラクター。試乗会を思い起こしてもそんな印象の強いクルマであった。

気になるスペックは?

★DATA(UX200)
●全長×全幅×全高:4495×1840×1540mm
●ホイールベース:2640mm
●エンジン:直列4気筒2.0ℓ
●トランスミッション:Direct Shift-CVT
●駆動方式:前輪駆動

★DATA(UX250h)
●全長×全幅×全高:4495×1840×1540mm
●ホイールベース:2640mm
●エンジン:直列4気筒2.0ℓ+ハイブリッドシステム
●トランスミッション:電気式無段変速機
●駆動方式:前輪駆動、E-Four(電気式4輪駆動方式)

 

 

※写真はUX 200

Information

●レクサスインフォメーションデスク
TEL:0800-500-5577

文=九島辰也 text:Tatsuya Kushima(Kushima Office)
新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ