Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2021.07.22


進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオン

気温の上昇と時を同じくして、アツ〜く盛り上がっているのが〈フォルクスワーゲン〉! ティグアンからはじまって、新型ゴルフ、そして今日ご紹介するコレと、新型車が目白押し。さらにコチラは〈フォルクスワーゲン〉でも異彩を放つ超淡麗辛口モデル。新しいボディ形状の追加でさらに商品力を増した。〈フォルクスワーゲン〉アルテオンだ。

話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオンアルテオンは2017年に日本導入されたモデル。パッと見は人気の4ドアクーペのようだが、ガバッと開く大型リヤハッチドアを持つファストバックモデルとなっている。今回はマイナーチェンジ扱いだが、フェイスリフトに加えて、さらに少しだけ荷室容量を増やした“アルテオン シューティングブレーク”が追加された。
 

 
話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオンまずエクステリアを見てみよう。リファインされたのはフロントのライトとグリルの形状、それからリヤコンビライトとモデル名のフォントが追加されたこと。さらに、お馴染みVWのロゴも新世代デザインになっている。

話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオン話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオン話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオン話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオンこのアルテオン、発売当時からかなり攻めたデザインが好評だった。新規の若年層顧客をも招き入れたという実績を持つ。今見てもその先進感は健在で、さらにLEDライトの装飾がグリルの真ん中にまで一直線に引かれ、元からエッジの効いていたデザインをさらにキリッと引き締めている。

話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオン 

 

インターフェースに見どころあり!

しかし、最も大きな変化はやはりインターフェース。フルデジタルのメータークラスターと大型のメインディスプレイを手に入れ、外観に引けを取らないお洒落で先進的、かつ使いやすいコックピットを実現している。それこそティグアンからゴルフに至るまで、〈フォルクスワーゲン〉のこのモデルチェンジラッシュは、このインターフェースの到着によるもの。これによって主要モデルがいっぺんにブラッシュアップされたというわけだ。

話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオン話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオン話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオンメータークラスターの視認性の高さはいわずもがな。特筆すべきはスマートフォンのように使いやすいメインディスプレイだ。ホーム画面にはドライバーが欲しい情報を並べ替えてパーソナライズさせることも可能だし、最大5名までユーザーを登録し、そのホーム画面はシート位置などを記憶させておくこともできる。

また、ご自身のスマホにアプリを入れれば、車外から予めエアコンをかけておくこともできるし、ロック・アンロックの管理もできる。コレが案外便利で、炎天下のクルマに乗りこむときや、慌てていて「あれ? ロックしたっけ?」なんてときにも手元ですぐに確認&ロックをしておける。うっかり屋さんでも大丈夫ってわけ。 

 
話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオン話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオンパワートレーンは一種類。2.0ℓ TSIエンジンと7速DSGの組み合わせに、四輪駆動の4MOTIONの設定のみ。コレが猛烈にパワフルでリニア。個人的に〈フォルクスワーゲン〉の中でもスッキリとラグのない加速と4MOTIONのコーナリングがベストマッチングで、最も好みの走りを実現していると感じている。 

 
話題のクルマを品定め!進化した超淡麗辛口モデル! 〈フォルクスワーゲン〉アルテオン荷室の使い勝手もほかの欧州勢より実はよかったりして(かなり広い)、〈フォルクスワーゲン〉であって〈フォルクスワーゲン〉でないような、独特のムードも魅力。スタリングもいいし、使い勝手も満点。小型車だけじゃない〈フォルクスワーゲン〉の魅力が、このアルテオンにはぎっしりと詰まっているのだ。 

 

気になるスペックは?

★DATA 〈フォルクスワーゲン〉アルテオンTSI 4MOTION Rライン
●全長×全幅×全高:4870×1875×1445mm
●車両重量:1700kg
●ホイールベース:2835mm
●エンジン:2.0ℓ直列4気筒DOHCインタークーラー付きターボ
●最高出力:200kW(272PS)/5500~6500rpm
●最大トルク:350Nm(35.7kgm)/2000~5400rpm
●トランスミッション:7速DSG
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:567万9000円

Information

●フォルクスワーゲン カスタマーセンター
TEL:0120-993-199

文=今井優杏 text:Yuki Imai
大人が頼れるのはやっぱり〈ディーゼル〉!夏のTシャツに似合う主役級デニム!
SPONSORED
2021.07.21

大人が頼れるのはやっぱり〈ディーゼル〉!
夏のTシャツに似合う主役級デニム!

リラックスして過ごしたい週末は、Tシャツにデニムなんていうラフな着こなしが心地いい。でも、どうほかと違いを出すか? ここがお洒落の見せドコロ。で、やっぱり頼りになるのが〈ディーゼル〉の新作デニム。1本1本デザインに個性がちゃんとあるから、…

男心をくすぐるのは〈ティソ〉の骨太海時計!本格派ダイバーズでアクティブな夏を満喫する!
SPONSORED
2021.07.21

男心をくすぐるのは〈ティソ〉の骨太海時計!
本格派ダイバーズでアクティブな夏を満喫する!

本格的な夏に突入し、ダイバーズウォッチがひときわ活躍するシーズン。しかも本格機能を備えたものなら、鬼に金棒。“ティソ シースター コレクション”はまさにうってつけ。ダイバーズの伝統を受け継ぐ骨太な仕様に美しい文字盤を備えた才色兼備は、スポ…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ