Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.11.22


〈メルセデス AMG〉GLC 63 S 4MATIC+

趣味のエクストリーム化に伴って、そこで使用するギヤやウエアがどんどん軽量化の方向に進みつつあるってことを肌で感じている読者も多いと思う。たとえばトレイルラン。ランナーのあいだでは“UL(ウルトラライト)”や“ライト&ファースト”“ファストパッキング”な〜んて言葉がジョーシキとなりつつある。確かに装備が軽ければ、自分の体力を重量に奪われずに済む。だから、より遠くへも、よりハードにも動けるってこと。コレ、ビジネスツールにも当てはまりそう。



で、もちろんクルマにだって同じコトがいえる。軽量なボディにハイパフォーマンスなエンジンが搭載されたら、一体どうなる? 答えはカンタン。超弩級の加速とハンドリングが楽しめるに決まってる! というわけで、F1をはじめレーシングカーが典型なんだけど、このクルマはSUVでソレをやってのけちゃった。〈メルセデスAMG〉のSUVシリーズ初となる“ロクサン”モデル、GLC 63 S 4MATIC+だ。












 

Cクラス感の微塵もナシ!

今、〈メルセデス・ベンツ〉と〈メルセデスAMG〉のモデルラインナップは至極シンプルだ。BクラスとVクラス、Gクラスはちょっと特殊だから置いといて、車名にA,C,E,Sがつくのがセダン、クーペ、ワゴンなど背の低いモデル。で、それに“GL”がつけばSUVになる。つまり、GLCはCクラスベースのSUVってこと。しかし、このGLC 63 S 4MATIC+に“Cクラス感”はない。1500万円に迫るプライスタグの印籠的威力もさることながら、エクステリアの押し出し感も、内装のゴージャスさも規格外。Cクラスという括りでは語れないゴージャスさなのだ。


 

さらに走りが悶絶級!

実はこの〈メルセデスAMG〉には、GLC 43 4MATICも存在する。コチラは3.0ℓV6ツインターボエンジンで367psを生むものなのだが、一度GLC 63 S 4MATIC+に試乗してしまえば、その差は歴然。断然GLC 63 S 4MATIC+の魅力にノックアウトされてしまうこと間違いナシだ。



GLC 63 S 4MATIC+の心臓部は4ℓV8ツインターボエンジン。ふたつのターボをVバンク内部に配置し、GLCのコンパクトなボンネットにも納めることに成功したというもの。これをトルコンではなく湿式多板クラッチの9速MCTで引っ張る。う〜ん、この加速、なんと表現したらいいのか。「まるで背中を蹴られるような」な〜んてよくいわれるけど、GLC 63 S 4MATIC+に関しては、まるでメイウェザーのパンチのごとし。トルクもキレも兼ね備えた、シャープでクイックなそれなのだ。これこそがCクラスベースの小さなボディ×鬼スペックエンジンの組み合わせのなせるワザ。C 63が玄人ウケする理由なのだ。





で、通常のGLC 63 4MATIC+だって476ps、650Nmと十二分に弩級なのだけど、今回おすすめするGLC 63 S 4MATIC+、名前に“S”を持つコチラはさらにハイパフォーマンスだから思わず生ツバを飲んでしまう。なんといっても最高出力が510ps。そして最大トルク700Nmを1750〜4500rpmという異様に低いところから高回転域まで発揮させるっていうんだから、まさに絶句モノ!





加えてこの“Sのついたほう”、スリップデフも電子制御式(通常はメカデフ)になったり、21インチホイールが装備されたり、ブレーキキャリパーが前後赤になったりと至れり尽くせり。この内容ならむしろバーゲンプライスなのかも⁉
 

 
★DATA 〈メルセデスAMG〉GLC 63 S 4MATIC+
●全長×全幅×全高:4682×1931×1625mm
●ホイールベース:2873mm
●エンジン:4ℓDOHC V型8気筒ツインターボチャージャー付
●最高出力:375kW(510PS)/5500~6250rpm
●最大トルク:700Nm(71.4kgm)/1750~4500rpm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:1433万円、1463万円(クーペ)
※2019年1月1日より新価格に変更予定。1462万円、1492万円(クーペ)



Information

●メルセデス・コール 
TEL:0120-190-610

文=今井優杏 text:Yuki Imai

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

アクティブな男の日常に必要なのはコレ!オフタイムを充実させる とっておきのアイテム!【Vol.1】
SPONSORED
2020.05.25

アクティブな男の日常に必要なのはコレ!
オフタイムを充実させる とっておきのアイテム!【Vol.1】

アクティブな男が大好きな夏はすぐそこ。が、楽しい時間は儚くも短い。だからこそ今のうちにしっかり夏支度を整えておくことが大事。もちろん本誌読者であれば、その点は抜かりなし!? いやいや、再度チェックしてみて。夏の着こなしで差をつけるアイテム…

TAGS:   Fashion Denim Lifestyle
アクティブな男の日常に必要なのはコレ!オフタイムを充実させる とっておきのアイテム!【Vol.2】
SPONSORED
2020.05.25

アクティブな男の日常に必要なのはコレ!
オフタイムを充実させる とっておきのアイテム!【Vol.2】

アクティブな男が大好きな夏はすぐそこ。が、楽しい時間は儚くも短い。だからこそ今のうちにしっかり夏支度を整えておくことが大事。もちろん本誌読者であれば、その点は抜かりなし!? いやいや、再度チェックしてみて。夏の着こなしで差をつけるアイテム…

TAGS:   Fashion Denim Lifestyle
〈ヒステリックグラマー〉でレトロな西海岸スタイルに!夏の大人カジュアルは’70年代風が気分!?
SPONSORED
2020.05.25

〈ヒステリックグラマー〉でレトロな西海岸スタイルに!
夏の大人カジュアルは’70年代風が気分!?

着こなしがシンプルになりがちな夏カジュアルは、どうしても個性出しが難しい。派手な色柄に頼るのもいいが、そこにテーマ性がないと大人の着こなしとはいえない。であれば、〝’70年代の西海岸〞を感じさせるアイテムを狙ってみるのもひとつの手。どこか…

TAGS:   Denim Fashion
〈ラコステ〉の新作で、ひと味違う大人のカジュアルに!重ねて遊べる1枚ならポロシャツ姿はもっと新鮮!
SPONSORED
2020.05.25

〈ラコステ〉の新作で、ひと味違う大人のカジュアルに!
重ねて遊べる1枚ならポロシャツ姿はもっと新鮮!

〝ポロシャツは1枚で着るもの〞という先入観がある人もいるかもしれないが、実は〈ラコステ〉の新作には重ね着が映えるフレッシュなポロシャツがたくさん。色・柄・シルエットがひと味違うアイテムで、新鮮な初夏のポロシャツレイヤードを楽しみたい。マン…

TAGS:   Fashion
カジュアルなのにほどよい品格もある〈MCM〉!大人の個性出しは〝ワザあり〞バッグで!
SPONSORED
2020.05.21

カジュアルなのにほどよい品格もある〈MCM〉!
大人の個性出しは〝ワザあり〞バッグで!

両手がフリーになるリュックはアクティブな男に欠かせないバッグ。だけど、どうも子供っぽかったり、無難な見た目のものが多い……。大人には、品格と個性のバランスがいいものが必要かと。そこで、ドイツ発〈MCM〉のリュックを。主張のある見た目ながら…

TAGS:   Fashion
大人サーファーに似合う〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉のフーディ!“波”乗り好きの男だったら 海上がりに快適パイルの1着を!
SPONSORED
2020.05.15

大人サーファーに似合う〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉のフーディ!
“波”乗り好きの男だったら 海上がりに快適パイルの1着を!

週末の海通いを充実させるには、アフターサーフを気分よく過ごせる服選びが大事。そこでおすすめしたいのが、機能的で洒落た大人の海アイテムで知られる〈ムータ〉と、人気セレクトショップ〈ロイヤル フラッシュ〉のコラボによるパイル地セットアップ。優…

TAGS:   Lifestyle Fashion
夏を先取りするなら、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で!爽やか男の着こなしはいつだって涼しげ!
SPONSORED
2020.05.15

夏を先取りするなら、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で!
爽やか男の着こなしはいつだって涼しげ!

爽やかな風や日差しに夏の兆しを感じたら、服だって清々しい気分になれるものを新調したい。素材感や色柄で夏を先取れる〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は、まさにそんな季節にお誂え向き。半袖トップはもちろん、パリッとしたシアサッカーの…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ

定期購読特別キャンペーン!

今なら3,000円分のギフト券をプレゼント!