Safari Online

SEARCH

URBAN SAFARI アーバン サファリ

2021.12.18


好調〈ボルボ〉が取り組んでいること。

2021年上半期に、94年の歴史の中で過去最高の半期業績を記録したボルボ・カーズ社。7月発表時で、過去12カ月間の世界の販売台数は約77万5000台。さらに電動化された“リチャージ”ラインナップは総販売台数の25%に達したという。もちろんその勢いは日本でも同様。なぜ〈ボルボ〉は好調なのか。ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長マーティン・パーソン氏にその要因について聞いてみた。

最近、街で見る〈ボルボ〉が増えたと実感している人も多いだろう。事実、実際に売れている。まずは単刀直入に業績好調の理由について尋ねてみた。

「第一に、〈ボルボ〉は非常に強力で魅力的な製品ラインナップを持っています。現在の〈ボルボ〉は、より表情豊かなエクステリアデザイン、洗練されたインテリア、そしてエキサイティングなドライビングパフォーマンスを備えています。もちろん安全技術でもリードし続けています。第二に〈ボルボ〉のモデルは、より環境に優しいクルマを求めるお客様の需要の高まりにも合致しています。昨年、〈ボルボ〉はモデルラインナップ全体を電動化しました。現在、私たちはマイルドハイブリッドとプラグインハイブリッドを提供しています。そして間もなく、最初の完全な電気自動車である“C40リチャージ”が加わります。さらに半導体不足に関連する供給の課題をよい形で克服することができたことも挙げられるでしょう。これは、スウェーデンの本社が日本を重要視しているということです」

この5年間で〈ボルボ〉はクルマの電動化を急速に進め、日本市場においては、2025年に35%、2030年には100%をBEV(完全な電気自動車)にするという目標を打ち出している。さらに日本でBEVが普及するためにはどんなことが必要と考えているのだろうか。

「ひとつは現実的な課題、もうひとつは消費者の電気自動車に対するイメージや意識の問題です。まず現実的な問題としては、BEVのコストと充電へのアクセスが挙げられます。BEVはバッテリーの製造コストが高いため、現在はICE(内燃機関車)よりもかなり高価です。しかし、これは今後数年間で変化するでしょう。そうなれば、維持管理費が低く、持続可能性に優れたBEVが消費者に支持されるようになるはずです。これを加速させる要因のひとつが、政府によるBEVモデルへのインセンティブです。欧州でBEVの販売が本格化したのは、政府が的を射た支援を行ったことが大きな要因です。残念ながら、日本ではそのレベルはまだ低いと言わざるを得ませんが、最近ではこの状況が改善される兆しが見えてきています。充電に関しては、公共充電の拡大がポイントになります。日本には人口密度の高い都市部、高度な高速道路網、充電スポットとなる商業施設(ショッピングモールなど)が数多く存在しており、実は強力な公共充電ネットワークを構築するうえで有利な状況にあるのです」

また、消費者の心構えや姿勢の点では、BEVはまだ新しい存在のため、消費者が最初に躊躇するのは当然のことと理解を示す。

「現在、多くの消費者が充電ポイントへのアクセスを心配しています。一方で、日本のドライバーの平均的な走行距離は、他の国に比べてはるかに短いことを認識する必要があります。その平均的な走行距離は、週に200〜250㎞程度だと仮定しましょう。〈ボルボ〉のBEVである“C40リチャージ”の場合、航続距離は400㎞以上です。そうすると、ほとんどのドライバーは月に2〜3回しか充電しなくて済むことになります。その場合、お客様が公共の充電設備を利用できれば、必ずしも自宅で充電する必要はありません。そして、“充電の心配”がなくなれば、静かで楽しいドライブ、低コストでの購入、持続可能性など、BEVのメリットが前面に出てくるはずです」

また、BEVを推進する一方で、新しいターゲットに向けてブランドをアピールすることが課題と語るマーティン氏。どうやら多くの若い消費者は〈ボルボ〉に対して少し古いイメージを持っていると感じているようだ。

「私たちが、〈ボルボ〉の現代的な位置づけを説明できれば、彼らは〈ボルボ〉の価値観が自分たちに合うと感じ、興味を持つようになります。そのためには、マーケティングに使用するメディアチャネルとメッセージの両方を刷新する必要があります。“C40リチャージ”発売と同時に開始するサブスクリプション・プログラムがその一例です。これはクルマを必要としながらも所有には興味がない消費者に適しています。さらに〈ボルボ〉のサブスクリプション・プログラムは、任意保険が含まれるうえ、お客様を固定期間で縛るのではなく、3カ月前に予告すれば違約金なしでキャンセルできるという点でもユニークです。これは、若いお客様にとって非常に魅力的なものになるでしょう」

さらにオンライン販売も強化する〈ボルボ〉。未来への取り組みはまだまだ加速するようだ。

 

〈ボルボ〉C40リチャージ

C40リチャージは、今年4月に発表された〈ボルボ〉初のEV専用となるクロスオーバーモデル。前後に電気モーターを搭載し、航続距離は約485㎞。オンラインのみでの販売となる。日本導入を記念した特別な100台では、特別なサブスクリプション・プログラムの注文もオンラインで受け付け予定。


ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長
Martin Persson
マーティン・パーソン

1971年スウェーデン生まれ。1996年交換留学で初来日。翌年帰国し、リンショーピン大学大学院理学修士号、ボルボ大学院開発プログラムを取得。1999年ボルボ・ジャパンに入社。キャリアを積み、2008年本国のボルボ・カー・コーポレーションのグローバルCRM責任者に就任。その後、ロシア、中国に赴任し、ボルボ・カー・ロシア社長などを経て、2020年10月から現職。

 

Information

●ボルボ・カスタマーセンター
TEL:0120-922-662 
URL:volvocars.com

『Urban Safari』Vol.25 P29掲載

【試乗】やっぱり出来が違う!新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?
SPONSORED
2022.01.14

【試乗】やっぱり出来が違う!
新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?

7年ぶりにニューモデルとして登場した7代目レガシィ アウトバック。ご存知のとおり北米でも圧倒的な人気を誇る〈スバル〉ブランドの1台だが、“New Luxury”を掲げるこの新型は、果たしてどんなキャラクターを持つモデルなのか? 今回は、長…

TAGS:   Cars Lifestyle
信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!
SPONSORED
2022.01.07

信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、
自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!

TAGS:   Watches
大人の週末にふさわしい〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作!カジュアルさを格上げする色バッグ!
SPONSORED
2021.12.24

大人の週末にふさわしい〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作!
カジュアルさを格上げする色バッグ!

デニムを中心にしたベーシックな着こなしも、バッグのチョイスひとつで格上げできる。せっかくなら主役級の存在感を放つバッグで、一気に周囲と差をつけてみては? そこで注目したいのが、〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作バッグ。洗練されたカラーリングと個…

TAGS:   Fashion
都会派もアクティブ派も、名門〈オーデマ ピゲ〉に注目!大人の男に似合うのはどっちのクロノ!?
SPONSORED
2021.12.24

都会派もアクティブ派も、名門〈オーデマ ピゲ〉に注目!
大人の男に似合うのはどっちのクロノ!?

〈オーデマ ピゲ〉は、名門マニュファクチュールでありながら、その称号に安穏とせず、アバンギャルドに攻め続ける。代表格となるのがこの2モデル。全く違う2つの個性も、格式高い伝統と革新が息づくところは同じ。移ろいゆく時代だからこそ、圧倒的な存…

TAGS:   Watches
アクティブな大人にこそ〈ジラール・ペルゴ〉の“ロレアート アブソルート”を!タフでエレガントな1本が心地いい毎日の相棒!
SPONSORED
2021.12.24

アクティブな大人にこそ〈ジラール・ペルゴ〉の“ロレアート アブソルート”を!
タフでエレガントな1本が心地いい毎日の相棒!

たとえ街にいようとも、いつも海を身近に感じていたい。“ロレアート アブソルートTi 230”は、そんな海を愛する男の腕に似合う。ブルーのグラデーション文字盤に、渋銀チタンがタフネスを漂わせる。まるで愛着あるデニムのようにアクティブな日常を…

TAGS:   Watches
〈ロイヤル フラッシュ〉の別注セットアップで都会顔に!週末のスウェット姿は個性で違い出し!
SPONSORED
2021.12.24

〈ロイヤル フラッシュ〉の別注セットアップで都会顔に!
週末のスウェット姿は個性で違い出し!

季節を問わずに活躍するのが、スウェット素材のセットアップ。とはいえ、誰もが持っている定番だけに、どこかで差をつけたい。理想的なのは快適なリラックス感がありつつも、ワザありで個性出しが叶う都会派のデザイン。たとえば、〈ロイヤル フラッシュ〉…

TAGS:   Fashion
〈ズーム〉のデザインマンションで充実したライフスタイルに!オンとオフが共存する心地よい空間!
SPONSORED
2021.12.24

〈ズーム〉のデザインマンションで充実したライフスタイルに!
オンとオフが共存する心地よい空間!

在宅ワークがデフォルトになりつつある今、充実したオンと上質なオフのために必要なのは優れた住空間。Jリーグの浦和レッズでプロサッカー選手生活を貫き、現在実業家として活躍する鈴木啓太さん。そんな多忙な日々を過ごす鈴木さんと、高いデザイン性と心…

TAGS:   Lifestyle
週末は〈ホーンガーメント〉で気分もスコアもアップ⁉ゴルフだけじゃもったいないポップな柄の快適ニット!
SPONSORED
2021.12.24

週末は〈ホーンガーメント〉で気分もスコアもアップ⁉
ゴルフだけじゃもったいないポップな柄の快適ニット!

〈ホーンガーメント〉といえばゴルフというイメージが強いけれど、もともとサーフ、リラックス、エンジョイをテーマにした、大人の休日スタイルのためのブランド。数あるアイテムの中でも特にニットは動きやすさを重視して作られているので、機能的で実に快…

TAGS:   Fashion
仕事も遊びも頼りになる〈トヨタ〉カローラクロス。充実のワーケーションに楽しいSUVを選ぶ理由。
SPONSORED
2021.12.23

仕事も遊びも頼りになる〈トヨタ〉カローラクロス。
充実のワーケーションに楽しいSUVを選ぶ理由。

TAGS:   Safari me time Cars
女性の目も輝き出すダイヤとマザーオブパールをまとった〈ハミルトン〉。特別な日のクライマックスは眩いタイムピースの出番です。
SPONSORED
2021.12.23

女性の目も輝き出すダイヤとマザーオブパールをまとった〈ハミルトン〉。
特別な日のクライマックスは眩いタイムピースの出番です。

ホリデーシーズンには大切な人と特別な1日を。そんな計画をしている人もいるでしょう。そこで大事なのがギフト。当然ながら、その日のクライマックスを託すわけですから、なんでもいいというわけにはいきません。1年を締めくくる時期に感謝の意味も含めて…

TAGS:   Safari me time
見るほどに心が躍る〈ハミルトン〉の軍用クロノグラフ。本物だけが持つ存在感を毎日つけこなす楽しみ。
SPONSORED
2021.12.23

見るほどに心が躍る〈ハミルトン〉の軍用クロノグラフ。
本物だけが持つ存在感を毎日つけこなす楽しみ。

時計をアクセサリーのひとつと考えると、ファッション性の高さは気になるところ。普段のカジュアルに馴染むベーシックさがありつつも、普遍的な魅力があるもの。特に男性の場合は、そこにどっしりとした存在感があると長く愛せるはずです。

TAGS:   Safari me time
おウチ時間を大切にする北欧生まれの〈フィスカース〉。楽ちん・美味しい・お洒落なクックウエアで食卓が豊かに。
SPONSORED
2021.12.23

おウチ時間を大切にする北欧生まれの〈フィスカース〉。
楽ちん・美味しい・お洒落なクックウエアで食卓が豊かに。

究極のリラックスが〈ズーム〉にはある。どこよりも心地いい 「家が一番」といえる贅沢!
SPONSORED
2021.12.23

究極のリラックスが〈ズーム〉にはある。
どこよりも心地いい 「家が一番」といえる贅沢!

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ