Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2019.06.17


ローストビーフ 温野菜添え

ローストビーフといえば、ボリュームたっぷりのごちそう感があるし、“ここぞ”というときの料理として自信を持って頼める一品。特に、彼女との特別なデートや意気ごむような日のディナーには、〈帝国ホテル 東京〉“ラ ブラスリー”の絶品ローストビーフがお誂え向き。歴史や伝統を感じさせてくれるローストビーフは、勝負の日の強い味方になってくれるはず!

日比谷にそびえ建つ1890年に開業した〈帝国ホテル 東京〉。初代総料理長を26年間も務めた村上信夫氏や前総料理長の田中健一郎氏らが帝国ホテルのフランス料理を継承してきたことでも有名。

タワー館地下1Fには、アールヌーボー様式の気品ある佇まいをした“ラ ブラスリー”があり、シェフの八坂繁之氏が中心となり、今でも帝国ホテルの伝統を受け継いだオーセンティックなフランス料理を提供している。
 

NEXT 食通たちが足繁く通ってオーダー!

2/2PAGE

 

そんな数ある伝統メニューの中でも、食通たちが足繁く通ってオーダーしているのがローストビーフ 温野菜添え(1枚カット4300円、2枚カット7500円、税込・サ別)。

45年前から行っている熟成の職人技!

帝国ホテルのローストビーフは、肉の仕入れを専門に行うブッチャーシェフによる素材の吟味からはじまる。ホテルの基準を満たした上質な赤身肉を、熟成の職人技を用いてエイジングルームで状態を毎日確認。そして1週間から10日間熟成させている。

ブッチャーシェフの見極めによって最高の状態でレストランに届けられ、表面に焼き色をつけて肉汁を閉じこめる。しかも、その肉の中身が美しいロゼ色となるのは、オーブンで約2時間半じっくり火を通した後で30分寝かせているから。

厚めにカットされたローストビーフは、牛肉のテクスチャが存分に感じられながらも、口溶け感があるのでしつこくない。ふんだんに閉じこめられた肉汁は秘伝のグレイビーソースと相性が抜群で、添えられたホースラディッシュ(西洋ワサビ)が心地よいアクセントに。

ローストビーフ 温野菜添えは1枚カットだけではなく2枚カットも提供されているので、別のメインディッシュをオーダーした彼女と2枚をシェアして食べる、な〜んて食べ方も。

ちなみに、1923年に日本ではじめてローストビーフワゴンが登場し、金属製の蓋が付いた専用のワゴンに塊肉を乗せ、ゲストの前でカットした。実は、この華やかな演出を生み出したのは、帝国ホテルなのだ。

伝統の味を変えずに守り続ける帝国ホテルのローストビーフラ ブラスリーだけではなく、バイキングの生みの親でもある帝国ホテルのブッフェレストランインペリアルバイキング サールでも楽しめる。

というわけで、最上級に喜んでもらえるディナータイムを過ごしたいなら、やっぱり歴史ある帝国ホテルのローストビーフに決まり!

 

 

Information

●〈帝国ホテル 東京〉ラ ブラスリー
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 東京 タワー館 B1
営業時間:11:30~14:30(L.O.)、17:30~21:30(L.O.)
※“ローストビーフ 温野菜添え”の提供時間は上記営業時間内
TEL:03-3539-8073
URL:https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/la_brasserie/

文=東龍 text:Toryu
1976年台湾生まれ、後に日本国籍。ブッフェ、フレンチ、鉄板焼、ホテルグルメ、スイーツをこよなく愛する。テレビ東京「TVチャンピオン」で2002年と2007年に優勝。テレビや雑誌で活躍し、料理コンクール審査員、講演、プロデュースも多数。2017年8月「一般社団法人 日本ブッフェ協会」設立、代表理事就任。

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!スポーティな装いも柄を足せば都会的!
SPONSORED
2019.08.28

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!
スポーティな装いも柄を足せば都会的!

アクティブ派にとっては、動きやすくてとても便利なスポカジ。でも、本気な運動着との差が微妙すぎる場合、大の男が街で着るにはちょっとキツイのも事実。ということで、ひと味違う柄を足した〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作を。柄自体がさり…

TAGS:   Fashion
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.08.24

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle
〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!
SPONSORED
2019.08.24

〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!
秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!

大人の男が格上のお洒落を目指すなら、服以上に大切なのがバッグと靴の選び方。無難なものばかり選んではつまらないし、当然ヤンチャすぎてもいただけない。で、注目したいのが、この辺のバランスを上手に表現している〈トッズ〉の新作。大人らしい品格を備…

TAGS:   Fashion
“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!
SPONSORED
2019.08.24

“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉
毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!

ファッションがそうであるように、いまや時計もインフォーマルなスポラグがトレンドだ。だがそれもブランドの品格や高いクオリティが伴ってこそ。“オーヴァーシーズ”が男たちの熱い注目を集める理由もそこにある。仕事や遊びを知り尽くす“通”が憧れる風…

TAGS:   Watches
プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!
SPONSORED
2019.08.24

プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!
大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!

クリス・ヴァン・アッシュによるはじめてのコレクションとなる今シーズンの〈ベルルッティ〉。これまでのシックで男らしい意匠に、あざやかさや柔らかさが加わったアイテムが揃う。そんなブランドの新たな魅力を伝えるべく登場するのは、浦和レッズの槙野智…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!
SPONSORED
2019.08.24

〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!
“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!

まだまだ残暑は厳しいけど、少しずつ着こなしに秋気分を取り入れていきたい時季。そんなときに頼りになるのが、ロンTやパーカなどの長袖トップ。そう、海好き男の大好きなアイテムだけど、個性出しを狙うならやっぱりロゴに頼りたいところ。しかもそれがワ…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!
SPONSORED
2019.08.24

〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!
カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!

大人がカジュアルな服装のときに気をつけないといけないのが“品格”。いい年してあまりにラフすぎるとみっともなかったり、身だしなみがなっていないと思われてしまうことも。でも〈ポール・スミス〉ならその点は安心。カジュアルなアイテムであっても、ど…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!
SPONSORED
2019.08.24

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04
プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!

〈アメリカン・エキスプレス〉プラチナ・カードとともに過ごした、自分らしい最高の旅も帰国のとき。あとは急いでチェックアウトをして、空港のロビーで何時間も搭乗を待って……。いえいえ、プラチナ・カード会員向けプログラム“ファイン・ホテル・アンド…

TAGS:   Lifestyle
〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!
SPONSORED
2019.08.24

〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?
どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!

海と街を行き来するデュアルライフの本場・アメリカで生まれたコンパクトSUV。憧れのクルマではあるが、日本の道路事情的に厳しいかも……なんて諦めないでほしい。〈ジープ〉の“コンパス”なら、力強い走りのおかげで海までのクルーズも快適。それでい…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ