Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2019.01.15

〈ザ・ノース・フェイス〉から厳選ピックアップ!
大人にふさわしいグランピング服とは?

もうすっかり世の中に定着した感のある”グランピング”という言葉。自分でキャンプ道具を持っていったり苦労してテントを張ったりする必要がないという気軽さから、ここ数年でアウトドアがより身近なものになったようだ。なかには、大自然の中でホテル並みの豪華なサービスを受けられるものもあったりして、デートで“非日常”を演出したいときなんかにもぴったり。では、そんなリッチなグランピングを大人が楽しむときはどんな格好がふさわしいだろうか。

普通のキャンプとはひと味もふた味も違う贅沢なグランピングなんだから、いかにもアウトドア全開の格好はちょっと考えもの。もちろん自然の中で快適に過ごせる機能性は必要だけど、大人っぽい洗練された雰囲気もないとグランピングでは”場違い感”が出る恐れも(デートであればなおさら)。だからアウトドアウエアであっても、いかにもにならない“シックな色使い”でまとめるといい。こうすると、“アウトドア感”と“大人らしさ”がちょうどいいバランスに落ち着く。というわけで人気アウトドアブランド〈ザ ・ノース・フェイス〉で、贅沢グランピングにふさわしいコーディネートを考えてみた。

 

ライトシェルパーカ3万2000円(ザ・ノース・フェイス/ザ・ノース・フェイス 原宿店)、ニットパーカ1万6000円(ザ・ノース・フェイス/ザ・ノース・フェイス 原宿店)、モックネックカットソー1万1000円(フィルメランジェ)、ダメージデニムパンツ2万8000円(タヴァニティ ソー ジーンズ/カイタックインターナショナル)、サングラス3万4000円(モスコット/モスコット トウキョウ)、キャップ8100円(ルーツ 135°/ヘムト PR)、ブーツ2万8000円(ザ・ノース・フェイス/ザ・ノース・フェイス 原宿店)

ほら、これならリッチなグランピングでも浮かない!
 
足元以外はモノトーンで統一しているため、パッと見にはアウトドアウエアを着ているとは思えないくらい、洗練された雰囲気では? かといって、もちろん機能や快適さでも妥協はしてしない。アウターは防風性の高いシェルパーカを選びつつ、インナーにはパーカやモックネックカットソーを重ね着することで、首まわりを含めて保温性もきちんと確保。そして足元は自然の中での利便性を考えた機能性の高いブーツ(ただしこれも渋色で)。

 

 
 
右:グレーのライトシェルパーカ4万2000円 中:ブラックのライトシェルパーカ3万2000円 左:ブルゾン2万7000円(以上ザ・ノース・フェイス/ザ・ノース・フェイス 原宿店)
 
選ぶべきは黒やグレーなどのモノトーン、あるいは色ものであればカーキや茶などの渋色系がいい。定番のパーカタイプは汎用性が高く便利だし、左の1枚のようなMA-1風ブルゾンタイプであればちょっとした個性が出るので差別化もできる。 

 

右:グレーのニットパーカ16000 中:ブラックのスウェットパーカ15000 左:カーキのパーカ12000円(ザ・ノース・フェイス/ザ・ノース・フェイス 原宿店
 
インに重ねるパーカもアウターのシェルパーカと同系色を選ぶのがおすすめ。黒やグレーのアウターならインナーもモノトーン、カーキのアウターなら中のパーカもカーキといった具合。色を何色も使うよりも全体の色合いに統一感を出したほうが、落ち着き感が出て洗練された印象に見せられる。 

 

では、春に向けて実際にグランピングが楽しめる施設をチェックしておこう。今回は過去『Safari Online』で紹介した、週末に東京からクルマで行けるところをピックアップ。

 
01
ザ・キャラバン
 
グランピングという宿泊スタイルも、いまやほぼ定着。さらに進化をしているようだ。その1つがコチラ。コンセプトは旅するアウトドアホテル。四季と自然を感じる場所を厳選し、その地の食を味わう。これまでラグジュアリーホテルに滞在していた人こそ、是非体験してほしい。毎回場所を変え、季節や自然を感じながら、趣向を凝らしたワンランク上のアウトドア体験が楽しめる。
▶詳細「毎回場所と内容が変わるグランピングの進化形」
 

 

02
東京クラシックキャンプ
 
まずここの特徴は“会員制”。これはグランピング施設としては、日本初。キャンプのエキスパートたちが培ったアウトドアのノウハウを駆使し、充実のサービスや演出で迎えてくれる。自然の中での乗馬、木々の香りを感じながらのヨガ、プールサイドやハンモックでの読書やチルアウト……。ビギナーでも自然の魅力、非日常を存分に味わえるプログラムを用意。それも思い立ったときに、手ぶらで行けるというのだから、贅沢極まりない!
▶詳細「話題のグランピングは会員制だとなにが違う?」
 

 

03
スノーピーク・グランピング京急観音崎
 
観音崎京急ホテルの東京湾を一望するガーデンに、昨年6月、3つのハコがやってきた。建築家の隈研吾がデザインした〈住箱(じゅうばこ)〉は、底に車輪の付いたモバイルハウス。アウトドアメーカー〈スノーピーク〉による初のグランピング施設で、備品や食器、ウエアなどはすべて自社のアイテムをラインナップ。ヒノキの香りがする、幅2m×奥行き6m、高さ2.3mのスペースに、〈シモンズ〉社製のマットレスや空調を完備。バス・トイレは設置されていないが、併設の温浴施設“スパッソ”のフリーパス付きで快適に宿泊できる。
 

Information

●ザ・ノース・フェイス 原宿店
TEL:03-5466-9278

●フィルメランジェ
TEL:03-6447-1107

●カイタックインターナショナル
TEL:03-5722-3685

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

●ヘムト PR
TEL:03-6721-0882

写真=仲山宏樹 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=岩澤衣里 文=早渕智之
photo : Hiroki Nakayama(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix) hair&make-up : Eri Iwasawa(+nine)text : Tomoyuki Hayabuchi
※価格は例外を除きすべて税抜き価格です

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

夏の海の主役はやっぱり 西海岸ノリのTシャツ!
SPONSORED
2020.06.25

夏の海の主役はやっぱり 西海岸ノリのTシャツ!

お気に入りのTシャツを着るだけで、波乗りのテンションも上がるのがサーファーというもの。そんな1枚を探しているなら、ハンティントンビーチ発の〈トラヴィスマシュー〉に注目してみては?南カリフォルニアの空気をたっぷり含んだ、ビーチ映え間違いなし…

気持ちいいけど効果テキメン!男前への近道は〈ヤーマン〉メディリフト アイで!
SPONSORED
2020.06.25

気持ちいいけど効果テキメン!
男前への近道は〈ヤーマン〉メディリフト アイで!

男性も化粧水などのスキンケアをしているという人は増えた。だが、加齢や今の時代のストレス環境を考えると、もはやスキンケアだけでは十分とはいえないのかも。もう一歩進んだケアをはじめることで、10年後の印象はガラリと変わるはず。そこでおすすめす…

TAGS:   Health&Beauty
〈ラルフ ローレン〉なら、週末スタイルも別格の存在感!夏がもっと楽しくなる大人の柄ショーツ使い!
SPONSORED
2020.06.25

〈ラルフ ローレン〉なら、週末スタイルも別格の存在感!
夏がもっと楽しくなる大人の柄ショーツ使い!

夏になると開放的な気分になるからか、柄モノを着たくなる。でも、なんでもいいと思ったら大間違い。いい年の大人なら、品があるものを選びたい。で、そんな大人たちにおすすめなのが、〈ラルフ ローレン〉の柄ショーツ。トロピカル柄から、大人気のハワイ…

TAGS:   Fashion Lifestyle
〈LGエレクトロニクス〉の大画面テレビはなぜセンスがいいと言われるのか?
SPONSORED
2020.06.26

〈LGエレクトロニクス〉の大画面テレビは
なぜセンスがいいと言われるのか?

映像鑑賞や楽しい“家デート”の演出を考えると、テレビは大画画かつ高画質がマスト。とはいえ、みなさんは「テレビなんてどれを選んでもほぼ一緒」な~んて思っていないだろうか? そんな中で、「ほかとはひと味違う」と評判なのが〈LGエレクトロニクス…

TAGS:   Lifestyle
〈テーラーメイド ゴルフ〉で暑い季節もクールにラウンド!夏ゴルフに必要なのはセンスのよさと快適さ!
SPONSORED
2020.06.25

〈テーラーメイド ゴルフ〉で暑い季節もクールにラウンド!
夏ゴルフに必要なのはセンスのよさと快適さ!

夏のラウンドはとにかく暑い。でもその暑さにかまけて、ラウンド中の着こなしをおろそかにしてしまうのは大人ゴルファーとして失格!?そうならないためにも、この夏こそ〈テーラーメイド ゴルフ〉のウエアで!強い日差しにも負けない機能性素材を採用した…

TAGS:   Fashion Lifestyle
個性的な手元を演出する〈オロビアンコ〉の新作時計!ひと味違う知的な男は〝オクタゴン〞ケースを選ぶ!
SPONSORED
2020.06.25

個性的な手元を演出する〈オロビアンコ〉の新作時計!
ひと味違う知的な男は〝オクタゴン〞ケースを選ぶ!

デートの装いの仕上げとして手を抜けないのが、手元のお洒落。でもそれが普通のドレス時計では無難すぎるし、海用のダイバーズでも場違いな印象に。欲しいのは、八角形ベゼルが目を引く〈オロビアンコ〉の新作のような個性的かつ知的さも感じさせる大人顔時…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ

定期購読特別キャンペーン!

今なら3,000円分のギフト券をプレゼント!