Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2020.11.26

ネットフリックスで観られる!
美味しくて楽しいグルメ番組3選!

数多くのコンテンツを抱えているネットフリックス。そのなかで、人気ジャンルのひとつがグルメ番組。そこで、美味しそうでかつ面白い番組をセレクト。これなら観ているだけで、満腹感が得られるかも!?

 

 
ネットフリックスで観られる!
美味しくて楽しいグルメ番組3選!
『アメリカン バーベキュー 最強決戦!』
出演/ライリック・ルイス、ラトリッジ・ウッド、ケビン・ブラッドソー、メリッサ・クックストン
シーズン1/8話

アメリカ版TVチャンピオンBBQ編!
全米から集まった8 人のバーベキューの達人たち。彼らが、バーベキューチャンピオンの称号を目指し、様々な課題をクリアしながら熱い勝負を繰り広げる番組。

見どころは、達人たちが仕上げてくるバーベキュー料理。バーベキューというと、食材をそのまま網で焼いて楽しむ、なんてことを思い浮かべるけど、そこは本場アメリカ。趣向を凝らしたメニューが次々と登場。“豚とテンダロイン、チーズグリッツのレッドアイ・ソース”など、いずれも美味しそうでたまらなくなるはず。
 

 
ネットフリックスで観られる!
美味しくて楽しいグルメ番組3選!

けれども本作の見どころはそこだけではない。勝ち抜き戦なので、単にバーベキュー料理を作るだけでなく、そこに意地悪な(?)課題が出現。『50人分のパーティ料理』や『トカゲやイグアナなどの野生動物を使え』、『原始的な調理法のみ使用可』などなど。チャレンジャーは、いずれも腕に覚えがある者たちなのだが、さすがに「初めて経験する!」なんて人も出てくる。その悪戦苦闘ぶりが実に面白い。
 

 
ネットフリックスで観られる!
美味しくて楽しいグルメ番組3選!
写真右が審査員のケビン、隣がBBQ女王のメリッサ

さらに審査員のメリッサ(8回もバーベキュー大会を制した女王!)やケビンの厳しい指摘や解説に納得。「絶対にこの人は落ちる!」と、心の中で脱落フラグが立った人が勝ち抜くなど意外性もある。

終盤にかけては、挑戦者同士の絆が深まるのも見どころ。勝ったことを喜ぶより、敗者へ敬意を払うことを優先するシーンには思わず涙してしまうはず。

1シーズン8話で、決勝戦は窯作りからはじめる、丸一日かけての大勝負。しかも豚一頭をさばくという豪快対決となる。果たしてどんな料理が、そして誰が栄冠を手にする!?
 

 
ネットフリックスで観られる!
美味しくて楽しいグルメ番組3選!
『ストリートグルメを求めて』
シーズン1/9話(アジア編)
シーズン2/6話(ラテンアメリカ編)

世界を食べ歩きしている気分に!
台湾、インド、ベトナム。アルゼンチンに、ブラジル、コロンビア。これまでは何不自由なく旅ができたけど、今はこんなご時世。外国は遠い国となってしまった。「海外に行きたい!」そんなストレスを解消してくれるのが、こちらのグルメ番組。

アジアとラテンアメリカにあるストリートグルメ=屋台の絶品料理をひたすら紹介してくれる番組だ。登場するのは、各地のフードライターなどの専門家がオススメする屋台。台湾嘉義市の“魚頭入り鍋”や、セブ島の“ウツボのスープ”、ボリビアの“ブニュエロ”など、馴染みのないメニューが紹介されるのだが、いずれもヨダレが出るほど美味しそう!
 

 
ネットフリックスで観られる!
美味しくて楽しいグルメ番組3選!
チーズがたっぷり入ったポテト・トルティージャ

なかでもオススメなのが、ラテンアメリカ編で登場するアルゼンチン ブエノスアイレスのポテト・トルティージャ。モッツェレラチーズなどがたっぷりと入ったトルティージャで、持ち上げるとチーズがとろ〜り。味は絶品らしく、地元の有名シェフと足繁く通うほどだとか。

こちらの店は、ブエノスアイレス中央市場の内に屋台を構えるラス・チカス・デ・ラ・トレス“。パト・ロドリゲスという女性が、極上のトルティージャを提供している。

本作が面白いのは、土地の歴史や文化など背景も伝えているところ。なぜその料理が地域で発展していったのか、などの過程がわかり、いい勉強にもなる。

ちなみにアジア編では日本も登場。大阪のたこ焼き屋台が紹介されているので、気になった人は是非視聴してみて!
 

 
ネットフリックスで観られる!
美味しくて楽しいグルメ番組3選!
『ザ・シェフ・ショー 〜だから料理は楽しい!〜』
出演/ジョン・ファブロー、ロイ・チョイ

『アイアンマン』の監督が料理を披露!
『アイアンマン』や『アベンジャーズ』シリーズを手がけた監督でプロデューサーのジョン・ファブロー(スタークの秘書役としても出演)。彼がシェフで友人のロイ・チョイと絶品料理をクッキングしていく番組。ジョンは料理が好きで、自身が監督、脚本、出演を務めたグルメ映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(ロイ・チョイもスタッフで参加)を作ったほど。番組ではその劇中料理の再現もしている。

ジョン・ファブローの番組だけに、グウィネス・パルトロウやロバート・ダウニー・Jr.、トム・ホランドなどがゲストで登場。牡蠣を食べたことのないトム・ホランドが初挑戦する、なんて場面も登場する。また、映画ファンに興味深いのが、映画製作の裏話も随所に盛り込まれているところ。『アイアンマン』の制作秘話などが語られている。
 

 
ネットフリックスで観られる!
美味しくて楽しいグルメ番組3選!
写真中央がジョン・ファブロー。右がロイ・チョイ。ロイ・チョイはLAでフードトラックを流行らせた人物

番組では、ジョン・ファブローとロイ・チョイがクッキングするだけでなく、一流シェフの店に訪れては、そのテクニックを習ったりもする。その姿がとても楽しいそうで、観ているこちらも思わず幸せな気持ちになってしまう。それは彼らが心底、料理が好きで、美味しいものが大好き(みんなそうだけど!)ということが伝わってくるからに違いない。
 

 
ネットフリックスで観られる!
美味しくて楽しいグルメ番組3選!
番外編『マリファナ・クッキングバトル』
出演/ケリス、レザー・ストアズシーズン1/6話

みんながハイになって審査できない!?
こちら番外編的な1本としてご紹介。番組名にあるとおり、マリファナを使った絶品コース料理対決、という内容。勝者は1万ドルを獲得できるとあって、真剣そのもの。けれども、ほかの料理対決番組よりは、登場するシェフがタトゥー多めだったり、と実に怪しい雰囲気。

料理には様々な大麻が使用され、そのレシピも紹介。何g入れているのかも、対決のポイントとなっている。

この番組の面白さは、「料理が美味しそう」というより、審査員が試食しているうちにどんどんハイになっていくところ。ミュージシャンや俳優たち(初回には、『24 -TWENTY FOUR-』のクロエ役で活躍した、メアリー・リン・ライスカブが登場!)が、ご陽気になり、自由気ままに発言。際どいワードを連発するなど、なんとも型破りなグルメ番組なのだ。

司会は、『ミルクシェイク』でヒット飛ばしたシンガーのケリスと、シェフのレザー・ストーンズ。日本では考えられない内容だけに、珍品ものとしてご覧ください!?

American Barbecue Showdown. Cr. NETFLIX © 2020 The Chef Show, Courtesy of Netflix/2020.
AFLO

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。