Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2023.12.28

映画評論家 森直人が選ぶ
年末年始に観てほしい! 2023年公開映画の傑作5選【洋画編】

今年も一年、どうもおつかれさまです! 仕事納めは済みましたでしょうか。さて本稿は2023年新作映画のざっくりした総まとめ的ガイド。年末年始、配信で観られるものか、現在映画館で公開中の作品に絞って、『Safari Online』ユーザーの諸兄に向けて計10本(洋画5本、邦画5本)をピックアップしてみました。メジャーなヒット作よりは、隠れた名作のほうを優先。少しでもお愉しみの参考になれば幸いです!


『レッド・ロケット』
製作年/2021年 製作・監督・脚本/ショーン・ベイカー 出演/サイモン・レックス、ブリー・エルロッド、スザンナ・サン

これは真っ先に、ユル~い気持ちで観ていただきたい傑作。時代設定は2016年の米大統領戦中のひと夏。落ちぶれた中年のポルノ男優マイキーが、ハリウッドから故郷であるテキサスの田舎町に帰ってくる。長らく別居していたヨメや義母からも邪魔者扱いされる彼は、やたらエロいドーナツ店のバイト女子高生ストロベリーを見かけて速攻ナンパ。彼女を新たなアダルト女優としてデビューさせ、業界への再起を夢見るようになるのだが……。

イチモツがデカいだけが取り柄の、ひたすらロクでもない愛嬌あるダメ男。ヒマを持て余している彼が地元をウロウロするだけの映画だが、「まあ人生、バカでも貧乏でも何とかなるよな」と、肩の力をほぐしてくれる不思議な解放感に満ちているのだ。

主人公マイキー役はサイモン・レックス(1974年生まれ)。ラッパーやコメディアンとしても活躍する彼(元カノのひとりはパリス・ヒルトン!)は実際にポルノ出演経験があり、その映像が流出したことで一時表舞台から姿を消していた。今作はまさにハマリ役。インディペンデント・スピリット・アワードなど立派なコンペで主演男優賞を受賞。作品は2021年の第74回カンヌ国際映画祭にも出品された。

監督は『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(2017年)のショーン・ベイカー。『ワイルド・スピード』のエロパロディ映画に出ていたというマイキーが「ポール・ウォーカーが死んで俺も役からハズされちまった」と言うあたりの台詞などもいちいち巧い。
 

  

 

『TAR/ター』
製作年/2022年 製作・監督・脚本/トッド・フィールド 出演/ケイト・ブランシェット、ノエミ・メルラン、ニーナ・ホス、マーク・ストロング 

今度は白熱の一本。あのケイト・ブランシェット(1969年生まれ)が、ハラスメント加害により大炎上して奈落の底へと叩き落とされる天才オーケストラ指揮者のリディア・ターを壮絶に怪演。『アイム・ノット・ゼア』(2007年/監督:トッド・ヘインズ)以来、二度目となるヴェネチア国際映画祭女優賞など数々の栄誉に輝いたが、あまりにもハイボルテージの演技に全身全霊で集中したためガチで燃え尽きたらしく、一時は引退を考えたというニュースも出回った。

本作の内容としては、まさに“激論を呼ぶ”一本。2017年、映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインを性的虐待で告発したことから本格的に火がついた#MeToo運動。これは女性のエンパワーメントを推進し、業界や社会の洗浄&健全化を一気に促す素晴らしい動きだった。しかし一方で、だんだんポリコレ棒を手にした人々のいたずらな暴走も目立つようになり、例えばキャンセルカルチャー(現在の問題行動や発言ばかりか、過去の発言までほじくり返して、特定の人物を表舞台から排除・抹殺しようとする動き)など、オーバーキル(=やり過ぎ)の嵐も吹き荒れるようになってきた。気づけばSNSは地雷だらけ。多様性を広めようとしていたはずが、どんどん窮屈に息苦しくなっていくというパラドックス地獄な今日この頃。

そんな風潮の中、まるで“昭和のおっさん”のような価値体系で生きてきたスーパーエリートウーマンである主人公リディア・ターは、いかなる審判を受けるのか? 彼女の転落劇は巨大な問題提起を現代に投げかけるのだが、しかしこの映画自体が答えを出すわけではない。「さあ、あなたはどう考える?」といった具合に、むしろ我々映画を観る者の価値観や思考をテストしてくるのだ。怖いね!

ちなみに本作は第95回アカデミー賞で6部門にノミネートされたが、無冠に終わった。批評家やジャーナリスト陣の評価は最高レベルだったため、結局アカデミー賞には尖りすぎていたということだろう。監督はトッド・フィールド。前作『リトル・チルドレン』(2006年)からなんと16年ぶりの新作であり、すっかり浮世離れしているかと思ったら、他の何よりも同時代的なテーマの熱作をぶっ込んできたことも驚愕であった。
 

  

 

『別れる決心』
製作年/2022年 監督・脚本/パク・チャヌク 出演/パク・ヘイル、タン・ウェイ、イ・ジョンヒョン、コ・ギョンピョ 

ただいまメンバー揃って兵役中であるBTSのRMも夢中になった韓国映画。お話自体は不倫メロドラマかつ犯罪サスペンスという人懐っこいジャンル系なのだが、多様すぎる解釈を呼ぶシュールな謎構造が底なし沼のような快楽を生み、リピーター続出。筆者もすっかり中毒になったひとりで、毎回鑑賞するたびに白日夢でも見ているような甘い眩惑感に襲われる。

主人公のひとりは、釜山の警察に勤務するエリート刑事のチャン・ヘジュン(パク・ヘイル)。彼は登山中に転落死したオッサンの怪死事件を捜索する中で、被害者の妻かつバチバチの容疑者である中国人女性、ソン・ソレ(タン・ウェイ)に接近。マジメな刑事だったはずが、独特の魅力を持った彼女の魔性にあっさりヤラられていく。

刑事の男と容疑者の女が惹かれ合う禁断の愛は、今年4K版が劇場公開された『氷の微笑』(1992年/監督:ポール・バーホーベン)のマイケル・ダグラス&シャロン・ストーン的パターンでもあるが、その原点にあるのはアルフレッド・ヒッチコック監督の名作『めまい』(1958年)である。主人公の男が、ファム・ファタール(運命の女)に翻弄されて迷宮状態を彷徨う展開は、まさしく『めまい』をベースに他のいろんなパーツを加えてゴリゴリに改造しまくった趣だ。なにより強気のヒロインを演じるタン・ウェイ(1979年生まれ)が凄まじく美しい。増村保造の『妻は告白する』(1961年)の若尾文子とも比較されつつ、自身の『ラスト、コーション』(2007年/監督:アン・リー)を凌駕する代表作と評価された。

監督は『オールド・ボーイ』(2003年)や『お嬢さん』(2016年)などの鬼才パク・チャヌク。2022年、第75回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。ちなみに『TAR/ター』と同じく、劇中でマーラーの交響曲第5番(ルキノ・ヴィスコンティ監督の1971年の映画『ベニスに死す』のテーマ曲として有名)が使用されているのは興味深い偶然である。
 

  

 

『ザ・ホエール』
製作年/2022年 原作・脚本/サム・D・ハンター 製作・監督/ダーレン・アロノフスキー 出演/ブレンダン・フレイザー、セイディー・シンク、ホン・チャウ、サマンサ・モートン、タイ・シンプキンス 

多くの人間は加齢と共にどうしても太りやすくなる。近頃メタボにお悩みのご同輩も多いと思うが、この映画の主人公であるチャーリーという中年男は600ポンド(約272kg)。椅子から立ち上がるのも歩行器が必要な状態という、通常なら即入院の半端ない危機的体型だ。彼は“ある事件”をきっかけに引きこもり、過食症という形で心の痛みを紛らわせた。クジラのように肥大した肉体には悲しみがたくさん詰まっている。そんな彼が自宅で過ごす最期の5日間を描く物語だ。

主人公チャーリーを演じたのは、ブレンダン・フレイザー(1968年生まれ)。身長191cmの元イケメンマッチョマン。『ハムナプトラ』シリーズ(1999年~2008年)の頃はアクションスターとして人気を博していたが、ゴールデングローブ賞を主催するハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)の元会長フィリップ・バークから『TAR/ター』顔負けのハラスメントを受けたりなど、様々な事情が重なったせいで心身の不調をきたし、しばらく表舞台から遠ざかっていた。キャリア復活に懸ける勝負作となった『ザ・ホエール』では、特殊メイクを施してワン・シチュエーションの室内劇に挑戦。ほぼ動かずして複雑な感情を伝えるとびきり繊細な「顔芸」を見せ、第95回アカデミー賞主演男優賞を獲得。長らくの低迷から奇跡のカムバックを果たしたことも巨大な感動を呼んだ。

監督は鬼才ダーレン・アロノフスキー。『ザ・ホエール』は彼の過去の映画作品の中でも、実際にズタボロ状態だったミッキー・ロークが自身の姿を重ねるようにステロイド剤まみれの中年レスラー役を演じ、久々の栄光をつかんだ『レスラー』(2008年)との共通点が多い。そもそも『ザ・ホエール』は2012年に初上演されたサミュエル・D・ハンターの同名戯曲が原作なのだが、まるでアロノフスキー監督のオリジナルのように彼の個性が発揮されている。

あらすじだけ聞くとお先真っ暗に思える内容だが、実は適度なユーモアがあり、やがてそれを通り越して贖罪と救済に向かう崇高なヒューマンドラマ。筆者は観終わったあと、澄明な感動に包まれたことをお伝えしておきたい。
 

  

 

『フェイブルマンズ』
製作年/2022年 製作・監督・脚本/スティーヴン・スピルバーグ 出演/ミシェル・ウィリアムズ、ポール・ダノ、セス・ローゲン、ガブリエル・ラベル 

『ジョーズ』(1975年)、『E.T.』(1982年)、『ジュラシック・パーク』(1993年)などなど、映画ファンのみならず地上に生きる人類なら知らぬ者がいない巨匠、スティーヴン・スピルバーグ監督(1946年生まれ)の自伝的作品。オートフィクションと呼ばれるベテラン映画監督の自分語りは、最近のちょっとした流行だが、本作はとにかくレベルが違う。天才が等身大のつもりで天才の秘密を語ってしまう、特殊な偉人伝に仕上がっているのだ。

物語は1952年の冬からはじまる。当時まだ幼い少年として登場するサミー・フェイブルマンがスピルバーグの自画像だ。まず本作で強めに描かれるのは両親のこと。特に母親への複雑な想いである。スピルバーグの実際の両親は、コンピューター・デザイナーの先駆者である電気技師の父アーノルド・スピルバーグ(1917年生~2020年没)と、コンサートピアニストとして活躍していた音楽家である母リア・アドラー(1920年生~2017年没)。ふたりはスピルバーグが高校を卒業した後に離婚している。それが『フェイブルマンズ』の父バート(ポール・ダノ)と、母ミッツィ(ミシェル・ウィリアムズ)に反映された。スピルバーグがこの映画を撮ろうと決意したのも、2017年に母が、2020年に父が亡くなった(両親とも約100歳のご長寿!)のが具体的なきっかけなのだ。要は「知られたらまずい」「メタクソに怒られる」くらいに生臭い両親の事情が描かれるのである。その内実は映画を観てのお楽しみということにしておきたい。

とはいえ本作は、今は亡き両親の赤裸々な私生活をわざわざ世間に暴露することがテーマではない(当たり前)。重要なのはスピルバーグの「表現者としての業」が露わになるところであり、特に白眉はカリフォルニアに引っ越してからのサミーのハイスクールライフを描くパートである。

青い空と海、陽光に包まれたビーチパーティがいつも身近にある1960年代前半のカリフォルニア。そんなチャラさ満点の環境の中で、ユダヤ系の小柄な転校生、さらに家庭内の不和ですっかり内気になった高校生サミー(=若き日のスピルバーグ)は、完璧に冴えない陰キャとして定着。スクールカースト上位やその取り巻きの同級生たちから苛酷ないじめを受けるようになるのだ。

特にサミーを執拗にいじめていたゴリゴリの“反ユダヤ野郎”でジョックス(体育会系)のローガン(サム・レヒナー)との交流がポイントになる。詳しい説明は長くなるので省略するが、筆者はホロコーストの悲劇をテーマにした映画『シンドラーのリスト』(1993年)を撮ったスピルバーグが、“政治”よりも“美”に反応してしまったことに驚いた(これは図らずも、『TAR/ター』が提示した芸術至上主義にまつわる設問への回答になっているとも言える)。また『桐島、部活やめるってよ』(2012年/監督:吉田大八)の、映画部・前田涼也(神木隆之介)と野球部・菊池宏樹(東出昌大)が最後に屋上で交わす会話を彷彿させるサミーとローガンの意外なやり取りに泣いた。

約2時間半の尺にスピルバーグの人生のエッセンスをぎゅっと詰め込んだ濃厚な破格作。最期に“ある役”で登場するもうひとりの天才(にして奇才)監督、デヴィッド・リンチ(スピルバーグと同じ1946年生まれ)の姿も見逃せない!
 

  

 

 
文=森直人 text:Naoto Mori
Photo by AFLO
〈サンローラン〉の新作スニーカーを俳優・山﨑賢人が履きこなす!所有欲を刺激するクラシックで洒脱な1足!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

〈サンローラン〉の新作スニーカーを俳優・山﨑賢人が履きこなす!
所有欲を刺激するクラシックで洒脱な1足!

大人カジュアルの定番といえば、シンプルで上品なスニーカー。絶大な人気を誇る〈サンローラン〉のスニーカー“バンプ”の新作は、王道のクラシックなデザインに、さりげない遊び心が効いている。まさに大人の週末にぴったり。そんな注目の1足を、自らスニ…

TAGS:   Fashion
〈マクラーレン〉アルトゥーラ スパイダーなら叶う!高揚を誘うドライブで爽快な夏を先取る!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

〈マクラーレン〉アルトゥーラ スパイダーなら叶う!
高揚を誘うドライブで爽快な夏を先取る!

プラグインハイブリッドの“アルトゥーラ”でスーパースポーツカーの新たな世界を創造した〈マクラーレン〉。今度はコンバーチブルバージョンの“アルトゥーラ スパイダー”が誕生した。爽快感のあるオープンエアで、どんな魅力が加わったのか。その答えを…

TAGS:   Cars
ポイントで効かせたい〈トム フォード アイウエア〉の柄フレーム!夏コーデが華やぐさりげないアクセント!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

ポイントで効かせたい〈トム フォード アイウエア〉の柄フレーム!
夏コーデが華やぐさりげないアクセント!

シンプルになりがちな夏姿の格上げには、小物使いがものをいう。そこで、サングラスの出番だ。〈トム フォード アイウエア〉の新作はフレームの柄がきらりと光り、コーデのアクセントに欠かせない!

TAGS:   Fashion
生地や仕様にこだわった〈エルケクス〉の新作!週末に着るTシャツは紺×白が頼りになる!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

生地や仕様にこだわった〈エルケクス〉の新作!
週末に着るTシャツは紺×白が頼りになる!

カラフルなTシャツもいいけれど、なんだかんだで頼りになるのは紺×白のTシャツ。そこで、今期こだわりたいのが“こなれ感”。たとえば軽く甘く編んで起毛させたスラブ素材、袖や裾、ネックまわりを味出ししたヴィンテージ仕様、そしてカレッジ調やミリタ…

TAGS:   Fashion
ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!
SPONSORED
2024.05.10

ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!
週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!

着こなすアイテムが少なくなる夏カジュアルは、ロゴ使いで差をつけたい。そんなときに頼りになるのが、遊び心あふれるユニークなロゴがアイコンの〈ムータ)。なかでも〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムは、インラインとは一線を画すアレンジが絶妙。…

TAGS:   Fashion
〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。
SPONSORED
2024.04.30

〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?
移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。

歴史あるブランドの時計ならではの魅力のひとつが、背景にある“物語”を楽しめること。〈IWC〉の新作では、そんな物語を、移り変わる空を表現したダイヤルで視覚的に楽しめる。清々しい朝から夕暮れに至り、また新しい1日へ。そんなロマンを感じるスト…

TAGS:   Urban Safari Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ