Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2021.06.24

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男!
ポール・ウォーカーを今も忘れない!

映画『ワイルド・スピード』シリーズで大人気となり、女性のみならず男性のハートも鷲掴みしたハリウッドスター、ポール・ウォーカーはご存知だろうか? クルマと海、そしてTシャツをこよなく愛した“男も憧れる男”の魅力を、改めて振り返る。

The Dude, Paul Walker!
[ポール・ウォーカー]
Paul Walker


クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!profile
1973年、カリフォルニア生まれ。188㎝の長身と、ブラジリアン柔術で培った身体能力を生かし、映画俳優として幅広い作品で活躍。特に映画『ワイルド・スピード』(2001年)のブライアン・オコナー役が高く評価され、シリーズの顔として人気を博した。シリーズ第7作めの撮影期間中、不慮の事故により40歳の若さで惜しくも亡くなった。

The Dude, Paul Walker!
今もなお輝きを失わない……
彼の魅力はいったいどこからくるものなのか?


クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!不慮の事故により、40歳という若さで、この世を去ったポール・ウォーカー。死後、肉親や共演者たちによって語られたのは、真っ直ぐで、正義感が強く、心の優しい男の姿だった。周囲の誰からも愛され、また頼られる人物だったのは確かなようだ。

甘いマスクで女性ファンの多かったポールだが、それ以上に“男が憧れる男”としての魅力を備えていた。Tシャツをサラリと着こなす、鍛え上げられた肉体。映画『ワイルド・スピード』さながらにスポーツカーを愛し、ときに無邪気に乗りまわす。そして高校卒業後に生物海洋学を学び、一時はクルマよりもハマっていたほどの海好き。男が憧れる要素をいくつも備え、それがしっかり仕事に生かされている。しかも嫌味は全く感じさせない、そんな魅力あふれる男だった。

このように、いつまでも多くの人々の心に残るポール・ウォーカー。そういえば、彼は夏が最も似合うセレブの1人でもあった。本格的な夏が来る前の今、もう一度、彼の魅力をファッション、プライベートなど多角的に掘り下げてみよう。

 ポール・ウォーカーの魅力 1 
 ハリウッド屈指の海が似合う男! 

海を愛する男だったポールだけに、海と関連する作品にも多数出演。とても自然な演技を見せていた。ジェシカ・アルバと共演した映画『イントゥ・ザ・ブルー』では、バハマで沈没船のお宝探しを夢見る青年を好演。若かりし頃に出演した『シーズ・オール・ザット』でも、意地悪な役柄ながら、印象的なサーファーを演じていた。これらの場面写真を見るとわかるはずだが、抜群に海が似合う男なのは間違いない。

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!映画『イントゥ・ザ・ブルー』

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!映画『イントゥ・ザ・ブルー』

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!映画『シーズ・オール・ザット』

 ポール・ウォーカーの魅力 2 
 本誌の表紙にも登場していた! 

ご存知のとおり、本誌の表紙に登場するのは旬のハリウッドスターたち。過去にはブラッド・ピット、ダニエル・クレイグ、オーランド・ブルームなど超有名俳優も登場している。そこに名を連ね、ポールが登場したのは、2008年の7月号。ビーチでの少しセクシーな濡れたシャツ姿は、まさしく海を愛するポールと本誌の夢のコラボレーション。当時はシリーズ4作めとなる『ワイルド・スピード MAX』のロケをメキシコで行っていた頃。

 ポール・ウォーカーの魅力 3 
 『ワイルド・スピード』の初代アイコンだった! 

ヴィン・ディーゼル演じるドミニク・トレット(ドム)とのコンビで、ポールを一躍スターの座に押し上げたのが、2001年に公開された映画『ワイルド・スピード』。以降、彼が亡くなるまでに撮影されたシリーズ7作品のうち6作品に登場し、シリーズの顔として活躍。レースマニアの潜入捜査官、ブライアン・オコナーは、まさに彼のハマり役。海と同様、クルマが似合う名俳優だった。

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!映画『ワイルド・スピード』

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!映画『ワイルド・スピード メガ・マックス』

The Dude, Paul Walker!
彼の魅力が最高に際立つ!
Tシャツ姿が格好いい!


シンプルなTシャツを格好よく着られる男は、誰見たって格好いい。これって、いつの時代も変わらない真理なのでは? で、そんな“永遠のいい男”といえるのが、まさにポール・ウォーカー。映画『ワイルド・スピード』シリーズではハリウッド屈指のマッチョ男として知られるヴィン・ディーゼルと共演したが、そのヴィンに負けず劣らずのたくましいTシャツ姿を披露。それでいてポールの場合、ムキムキのマッチョという印象もなく、ほどよいたくましさ。しかも、海を愛していた彼だから、Tシャツの似合う健康的な日焼け肌もちゃんとキープできていた。彼のTシャツ姿は、やはり色褪せない。

ヴィン・ディーゼルと甲乙つけ難い無地T姿!
クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!『ワイルド・スピード』で共演したヴィンとのTシャツでの2ショット。いかにもマッチョなヴィンに対して、ポールはほどよい筋肉量

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!ヘルシーな日焼け感もTシャツが似合う理由のひとつ!?

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!こんな真っ赤なTシャツも着こなせるのは、男らしい彼だからこそ!

日焼け肌だからT シャツがよく似合う!
クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!バハマの海を舞台にした映画『イントゥ・ザ・ブルー』では、まさに海の男らしい日焼けしたTシャツ姿を披露

単なる運転姿だってこんなに格好いい!
クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!クルマ(しかもボロボロ!?)を運転しているだけなのに、サマになる。坊主頭も男らしい!

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!クルマの窓から無造作に腕を出す仕草も、ポールのたくましさだからこそ絵になる

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!少し褪せているブルーTで、ワイルドな雰囲気を漂わせている

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!なんとも爽やかでヘルシーなブルーのTシャツ姿

海男だから!?  ヤシ柄がよくハマる!
クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!本物の海男だからこそ、ヤシの木モチーフのTシャツもサラリと着こなせる。「もっと彼のビーチ映画が見たかった!」という人は多いかも!?

ストリート感あるプリントTでも男らしい!
クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!こちらは、シリーズ2作め『ワイルド・スピード X 2』のポール。ストリート感のあるプリントTでも、色気があってちゃんと男らしい

シンプルなものを選び
さらりと1枚がポール流!

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!ポールが公私ともによく着ていたのは、シンプルなデザインのTシャツ。上質な大人の白は基本として、ワンポイントロゴを効かせたブルーや黒もイメージに近い。上から、白Tシャツ1万450円(ジェームス パース/ジェームスパース 青山店)、ブルーTシャツ、黒Tシャツ各4400円(以上ヴァンズ/ヴァンズ ジャパン)

The Dude, Paul Walker!
自他ともに認めるスピードマニア!?
無類のクルマ好き!


『ワイルド・スピード』で演じていたブライアンさながら、プライベートでも大のクルマ好きだったポール。なんと30台を超えるクルマを所有していて、そのほとんどがスピードとパワーが自慢の特別なものだったとか。といっても、単に珍しいクルマを集めるコレクターではなく、実際に走ることを愛していたのが彼らしいところ。なかでも映画にも登場した〈トヨタ〉の“スープラ”は、よく運転していたお気に入り。撮影期間中に亡くなってしまったシリーズ7作めには、オマージュとして彼の実際の愛車が登場するシーンまであった。そんなクルマ好きなのも、ポールの魅力のひとつ。男が憧れるレジェンドスターなのも、これに大きく起因する。

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!某レーシングチームのキャンペーンとして、サーキットでのタイムアタックに挑んでいたことも

 検証 1
 役柄そのままに走り好きだった! 

映画の中で何度もストリートレースに挑んだポールだが、実際に自他ともに認める走り好きだった。子供の頃から父親と一緒にクルマの改造をするなど、どうやら筋金入り。映画の撮影時、運転のトレーニングプログラムとしてサーキットに通い、実際のクラブカーレースにも参加。それゆえに『ワイルド・スピード』は彼にとって、本当にハマリ役だった。

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!
クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!
クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!レーサーの友人が運転するクルマに乗っている際、不慮の事故に遭って亡くなったポール。事故現場には多くのファンからの寄せ書きが残されている


 検証 2
 マニア垂涎のレースカーなどなんと30台以上所有! 

大きなガレージに30台以上のクルマを所有していたという、ポール。マニア垂涎のレーシングカーや希少なモデルも多く、すべてピカピカに磨いて、きちんと整備していたという。若い頃は愛車の軽量化やチューンナップに時間を割いていたというから、クルマ好きの度合いの深さが窺える。

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!

 検証 3
 なかでも関係が深かったのは映画でも登場した“スープラ”だった! 

『ワイルド・スピード』の第1作に登場したのが、〈トヨタ〉の名車“スープラ”。この映画がきっかけとなり、当時アメリカの若者の間で“スープラ”が爆発的な人気となったんだとか。そして実際、ポール自身もその走りに魅了され、白の“スープラ MK4”を所有。彼にとって“スープラ”は作品、役柄を超えた、特別なクルマだったようだ。

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!映画『ワイルド・スピード』/映画『ワイルド・スピード』で、“スープラ”がフェラーリとストリートレースを繰り広げる名シーン!

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!映画『ワイルド・スピード』/“スープラ”のあざやかなオレンジのボディは、『ワイルド・スピード』シリーズのイメージを象徴する存在

クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!7作めのラストシーン。実際のポールが所有する白の“スープラ”が使用された

劇中に登場するのは愛車の白スープラ!
クルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!トヨタ“スープラ”
ポールが実際に所有していた白い“スープラ”。通称“80スープラ”といわれ、〈トヨタ〉が誇る“2JZ型エンジン”を搭載。クルマ好きにはたまらない1台だった

北米での人気もあり、名車が進化して復活!

映画『ワイルド・スピード』のヒットにより、北米での“スープラ”人気が急上昇。その後押しもあり、満を持して2019年に〈トヨタ〉が17年ぶりに復活させたのが、この“GR スープラ”。直列6気筒、FR仕様を踏襲している。
トヨタ“GR スープラ”
エンジンを改良し加速性能が向上。よりスリリングな走りが楽しめるようになった“GR スープラ”。ロングノーズ&ショートデッキのフォルム、2シーターというところもソソる!

The Dude, Paul Walker!
マリンスポーツもこなす爽やかさとたくましさ!
海が似合う!


海が身近なカリフォルニア出身で、高校卒業後に海洋生物学を学んだこともあるポール。海は彼にとってなによりも大切な存在。もちろんサーフィンをはじめマリンスポーツも大の得意なのはいわずもがな。ビーチリゾートで休暇を楽しむ姿もたびたび目撃されていた。海洋環境保全のチャリティにも力を入れていたが、彼が亡くなった後は娘のメドウが基金を設立して遺志を引き継いでいるという。

 理由 1
 マリンスポーツが大得意だった!? 

映画『イントゥ・ザ・ブルー』の作中では、巧みにジェットスキーを乗りこなす姿が映し出されている。ジョン・ストックウェル監督の方針で、マリンスポーツが得意な俳優を集めて撮影したという。しかも、すべてノースタント! 本物のサメに囲まれながら水中シーンを撮影したというエピソードもあるとか。私生活ではボディサーフィンに興じたりと海遊びが得意だった!

ジェットスキークルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!

ボディサーフィンクルマと海とTシャツを愛した、最もLAセレブらしい男! ポール・ウォーカーを今も忘れない!


 理由 2
 日に焼けた肌がトレードマーク! 

ポールといえば、しっかり鍛えられたボディと、ほどよく日焼けしたブロンズ色の肌。これって、男女問わずに憧れる、最強の組み合わせかも。プライベートでもよく海に通っていた彼だからこそ、自然に焼けた肌が魅力的だったのかもしれない。

鍛えられた身体にブロンズ肌が最強!

 理由 3
 ビーチリゾートで毎年バカンスを楽しんでた! 

多くのセレブがバカンス期間にビーチリゾートを訪れるが、もちろん海好きのポールも然り。マウイ島、コパカバーナ、サンタバーバラと、各地でその姿が目撃されている。特に娘が暮らしていたハワイには何度も訪れていた。

ビーチリゾート❶ ハワイ・マウイ島

 

ビーチリゾート❷ コパカバーナビーチ

ビーチリゾート❸ サンタバーバラ

 
Information

●ジェームス パース 青山店
TEL:03-6418-0928

●ヴァンズ ジャパン
TEL:03-3476-5624

雑誌『Safari』8月号 P105~112掲載

スタイリング=榎本匡寛 文=野中邦彦 styling:Masahiro Enomoto(remix) text : Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS.Inc)
photo by AFLO, amanaimages
【Safari】TOSHIO MATSUMOTO Meets BLACK WOLF間が空いてもいい。とにかく続けることで、前向きになれる。
SPONSORED
2024.06.30

【Safari】TOSHIO MATSUMOTO Meets BLACK WOLF
間が空いてもいい。とにかく続けることで、前向きになれる。

パフォーマーから退いてはや9年が経つにもかかわらず、いまだ現役さながらの肉体を保ち、キレのいい動きで第一線で活躍する松本利夫さん。歳を重ねたことで円熟味が出てきたものの、まだまだ若々しく精悍で、エネルギーに満ちあふれた印象。彼のスタイルは…

TAGS:   Health&Beauty
【Safari me time】RYOHEI OHTANI Meets BLACK WOLFなりたい自分自身をイメージして、努力することが楽しい。
SPONSORED
2024.06.30

【Safari me time】RYOHEI OHTANI Meets BLACK WOLF
なりたい自分自身をイメージして、努力することが楽しい。

寡黙で優しく、それでいて芯が強い。最近出演する映画やドラマでは、そんな役どころを演じることが多い俳優の大谷亮平さん。実際にお会いすると、若々しくフレッシュな印象だ。きっと、いまだ鍛えているという身体と艶やかな黒髪が、そう感じさせるのだろう…

仕事も週末も両立する新ブランド〈MCFC〉。ビジネスマンのための時代を創造するバッグ。
SPONSORED
2024.06.30

仕事も週末も両立する新ブランド〈MCFC〉。
ビジネスマンのための時代を創造するバッグ。

クリエイティブディレクターを戸賀敬城、デザイン監修を橋本 淳が務める〈アウール〉から新しくバッグブランド〈MCFC〉がデビュー。ウエアと同じく、“ビジネスをより快適に”をテーマに使い勝手がよく、かつスタイリッシュなデザインが最先端で働くビ…

TAGS:   Urban Safari Fashion
ラグジュアリーを身近に感じさせてくれる〈フレデリック・コンスタント〉の新作。ビジネスシーンに映えるシンプルで優美な腕時計。
SPONSORED
2024.06.30

ラグジュアリーを身近に感じさせてくれる〈フレデリック・コンスタント〉の新作。
ビジネスシーンに映えるシンプルで優美な腕時計。

余裕を忘れがちな仕事中、手元にさりげなくラグジュアリーな腕時計があれば、忙しさの中にも優美さを保てる。1988年の創業から16年で自社製ムーブメントを製造する“マニュファクチュール”となった〈フレデリック・コンスタント〉。その真摯なウォッ…

TAGS:   Urban Safari Watches
〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションに注目!男らしさと品格がある都会で映える腕時計!
SPONSORED
2024.06.26

〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションに注目!
男らしさと品格がある都会で映える腕時計!

都市で暮らす男に必要なのは、荒々しい男らしさではなく、凛とした気品と力強さ。腕時計でいえば、〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションがそれにあたる。長い歴史に裏打ちされた自信と存在感、そして“サヴォアフェール(匠の技)”による精緻な作…

TAGS:   Fashion Watches
〈ルイ・ヴィトン〉のメンズのフレグランスが登場!存在感がひと際違う太陽の光と香りをまとう!
SPONSORED
2024.06.26

〈ルイ・ヴィトン〉のメンズのフレグランスが登場!
存在感がひと際違う太陽の光と香りをまとう!

生命の源であり、高揚感やエナジーの象徴である太陽光。その輝き“香り”として具体化したメンズフレグランス“LVERS”が〈ルイ・ヴィトン〉から登場した。メンズ クリエイティブ・ディレクターであるファレル・ウィリアムスのアイデアを形にした新し…

TAGS:   Fashion
〈ザ・ブセナテラス〉で過ごす、パートナーや家族との贅沢な時間!くつろぎと冒険が同居する特別な沖縄バカンス!
SPONSORED
2024.06.25

〈ザ・ブセナテラス〉で過ごす、パートナーや家族との贅沢な時間!
くつろぎと冒険が同居する特別な沖縄バカンス!

ホテルのエントランスを抜けると、目線に東シナ海の水平線。間にあるテラスは、日常と非日常の境目といった趣だ。チェックインからドラマチックな旅を予感させる〈ザ・ブセナテラス〉は、極上のくつろぎを備え、かつ海に面した立地ならではのアクティビティ…

TAGS:   Stay&Travel
沖縄の名門〈インターコンチネンタル〉で非日常的な体験を!海が輝くリゾートで味わう極上のホテルステイとは!?
SPONSORED
2024.06.25

沖縄の名門〈インターコンチネンタル〉で非日常的な体験を!
海が輝くリゾートで味わう極上のホテルステイとは!?

人生のスパイスとなる体験を求めるラグジュアリー・トラベラーが、沖縄での滞在先に選んで間違いないのが、国際的ブランド“インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ”だ。豊かな自然が織りなす絶景に囲まれた立地、ハイエンドな空間やサービスが、成熟…

TAGS:   Stay&Travel
さりげなバックシャンも叶う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!ワザありのロゴアイテムでひと味違う夏カジュアルに!
SPONSORED
2024.06.25

さりげなバックシャンも叶う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
ワザありのロゴアイテムでひと味違う夏カジュアルに!

派手な色柄アイテムを着こなすのも夏の醍醐味だが、あえてシンプルに装いつつ洗練度高めのロゴを効かせるのも大人っぽいワザ。さらに、バックシャンでさりげなく違い出しできればもっと差がつくはず。そんなわがままを叶えてくれるアイテムといえば……、〈…

TAGS:   Fashion
武知海青がこの夏、選んだ〈ベル&ロス〉の1本!男らしくも海の香りがする新星ダイバーズ!
SPONSORED
2024.06.25

武知海青がこの夏、選んだ〈ベル&ロス〉の1本!
男らしくも海の香りがする新星ダイバーズ!

THE RAMPAGEのパフォーマーとして活躍する一方、ボディメイクなど他ジャンルへの挑戦でも注目を集めている武知海青。アクティブ派アーティストは、鍛え上げた身体を手元から格上げしてくれる〈ベル&ロス〉の新作ダイバーズを、この夏の相棒に選…

TAGS:   Fashion Watches
夏カジュアルのインパクト出しは〈エドックス〉で!海男の手元に映えるマットな黒ダイバーズ!
SPONSORED
2024.06.25

夏カジュアルのインパクト出しは〈エドックス〉で!
海男の手元に映えるマットな黒ダイバーズ!

着こなしがシンプルになる夏こそ、個性的なタイムピースが本領を発揮するシーズン。そこで注目したいのが、スイスの老舗ブランド〈エドックス〉からリリースされた日本限定モデル。海のF1とも称されるパワーボートレースの世界観を投影したコレクションに…

TAGS:   Fashion Watches
上質でタイムレスなアイテムが揃う〈ボナベンチュラ〉!カラフルな個性派バッグで大人の休日を満喫!
SPONSORED
2024.06.25

上質でタイムレスなアイテムが揃う〈ボナベンチュラ〉!
カラフルな個性派バッグで大人の休日を満喫!

普段使いのレザーアイテムを、上質なものに変えるとその見た目や感触の快適さで幸せな気持ちになる。その小さな幸せが積み重なるといつもご機嫌でいられてさらに幸福を呼び込む。そんな"幸せループ"を作るラグジュアリーレザーグッズのブランドが〈ボナベ…

TAGS:   Fashion
〈アンスタンダード〉が造る“ニューオールドアメリカン”な家!憧れのライフスタイルはレイドバックした空間で!
SPONSORED
2024.06.25

〈アンスタンダード〉が造る“ニューオールドアメリカン”な家!
憧れのライフスタイルはレイドバックした空間で!

'50年代のアメリカカルチャーに影響を受けた大人も多いだろう。住宅デザインも、オールドアメリカンというキーワードが今、話題を集めている。そこに、新しい価値観を与えるのが〈アンスタンダード〉の“ニューオールドアメリカン”スタイル。憧れの時代…

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ