Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2018.06.07

旅慣れた人が集まる楽園はココ! Vol.3
セレブがハマる極上ビーチへ!

世界には無数のビーチリゾートがあるけれど、セレブがバカンスで集まってくる場所となると、そのうちのいくつかに限られてくる。セレブはどんな理由で、そこを訪れているのだろうか……。そんなことを探ってみると、バカンス先としての魅力もよ~く見えてくるはずだ。というわけで、今回取り上げるのは、地中海西端に浮かぶ楽園、イビサ島!


●イビサ編●
その開放感がたまらないセレブ島“イビサ”!

地中海西部、バレアレス諸島のひとつがイビサ島。大きさはマンハッタン島の約10倍で、すぐ北にあるマヨルカ島に比べても、地図上ではあまり目立たない存在だ。それなのに世界中のセレブや遊び人たちが集まってくるのは、とにかく開放感が格別だから。古くからヨーロッパのヒッピー文化の中心だったこともあり、自由でオープンな精神が根づいている。もちろんビーチの美しさは欧州随一で、豊かな食文化や中世を思わせる街並みも楽しめる。そしてなんといっても、世界の最先端をいくクラブシーンの存在も大きい。のんびり派もアクティブ派も好きなように過ごせる楽園、それがイビサ島。だから世界中からセレブたちがココを目指してやってくるのだ!


01〈カップルでも家族でも仲間とでも楽しい!〉

1:ビーチ大好きなサッカー界の伊達男!


Cristiano Ronaldo  [クリスティアーノ・ロナウド]

ロナウドがイビサ島に連れてきたのは、昨年、ロナウドの第4子になる娘を出産したモデルのジョルジーナ・ロドリゲス。2人揃ってストイックな黒のスイムウエアというのが、アスリートのカップルらしい!? 特にロナウドのクラシックな短丈スイムウエアは、鍛えられた肉体美もあって非常に男らしい。今年はトレンドの短丈に挑戦してみては?


2:新婚さんはイビサがお気に入り!


Michael Fassbender [マイケル・ファスベンダー]

映画の共演をきっかけに2014年から付き合いはじめた、俳優のマイケルと女優のアリシア・ヴィキャンデル。昨年11月に念願のゴールインを果たしたが、親しい人だけを集めた極秘挙式を、このイビサ島で挙げた模様。現在はロンドン在住のようで、イビサ島は距離的にも近い。何度もバカンスに訪れているところを見ると、すっかりお気に入りのようだ!とはいえ、アリシアの水着姿がキャッチされていないのはちょっと残念。


3:スーパーモデルの妻とビーチでのんびり!


Sunnery James [サネリー・ジェームズ]

売れっ子DJのサネリーと、妻で人気モデルのドウツェン・クロース。2人の子供を持つパパとママだけど、2人とも実にナイスバディ。サネリーの右肩には”愛”のタトゥーも見えて、そのラブラブぶりはもう誰にも止められません。こちらの2人もスイムウエアはスポーティで落ち着いた色味。仕事絡みでもよくイビサを訪れているサネリーだけに、イビサはお庭くらいの感覚かも!?


4:キュートで微笑ましい今どきカップル!


Oliver Cheshire  [オリバー・チェシャー]

モデルのオリバーと歌手のピクシー・ロットは、長年付き合いを続ける世界が注目するホットなカップル。トレンド感のある純白の水着を身につけたピクシーと、正統派デザインの赤スイムウエアを穿いたオリバーという、息ピッタリなカップル着こなしもお見事。忙しい毎日を送る2人だけど、イビサで羽を伸ばしている姿がピチピチで微笑ましい!
 

NEXT 02 2/3PAGE

 


02〈なぜかサッカー選手がたくさん訪れる!〉

アスリートのココロを癒すイビサの開放感!


Lionel Messi [リオネル・メッシ]

スペインはもちろん、イギリス、ドイツ、フランス、イタリアからの距離が近いこともあって、主要リーグに所属するサッカー選手も頻繁にイビサを訪れている。もちろんメッシもそのひとり。モノトーンのボタニカル柄スイムウエアで、リラックスしてクルージング!

James Rodriguez [ハメス・ロドリゲス]

コロンビア代表で、現在はドイツのバイエルン・ミュンヘンに所属するハメス。ピッチでは超攻撃的なプレイスタイルの彼も、イビサではのんびりとした時間を過ごしているよう。この写真ではわからないが、見事なシックスパックの持ち主でもある。

Kevin Trapp [ケヴィン・トラップ]

ドイツ代表の経験もあり、パリ・サンジェルマンでゴールマウスを守るケヴィン。ブラジル人モデルのイザベル・グラールとのラブラブぶりは有名で、ここイビサでもご覧のとおり。白で合わせたカップルコーデが眩しい!

Marco Verratti [マルコ・ヴェッラッティ]

パリ・サンジェルマン所属の守備的MFで、同じイタリア出身であるピルロの後継者ともいわれるマルコ。まだ25歳という若さながら、高校生の頃から付き合っていた美しい妻がいて、すでにジュニアもいる家庭人。楽園イビサでは、パパの顔!

Steven Gerrard [スティーブン・ジェラード]

イングランドを代表するMFとして長年君臨し、現在はスコットランドのクラブで監督を務めるジェラード。小学生の娘に日焼け止めを塗る姿は、かつて”レッド・ドラゴン”と異名をとった男とは思えない!? サイケデリック柄のスイムウエアも意外かも。

NEXT 3/3PAGE

 


03〈イビサがセレブを魅了するワケ!〉

1:カラリとした空気&灼熱の太陽!


地中海性気候に属するイビサは、年間を通じて過ごしやすく、長いシーズンで照りつける太陽を満喫することができる。特に夏場はカラッとしていて、海水浴を楽しむには最高! 冬は平均気温が20℃を下回り、雨も多くなるので、訪れるなら5~10月がベストシーズンだ。大きなイベントも夏に集中していて、セレブもその時期を狙ってバカンスに訪れる。


2:やっぱり期待通りのナイトライフ!


1990年代からクラブカルチャーの中心として君臨してきたイビサ。写真の泡パーティで有名な“Amnesia”、名箱“Space Ibisa”の跡地にできた“Hï Ibisa”、1万5000人のキャパでギネス記録をもつ超大箱“Privilege”など、一度は行ってみたいクラブがひしめいている。毎日のようにワールドクラスのDJプレイが楽しめるのも、やはりイビサならではだ。と同時に、海辺のカフェなどでは昼間のチルアウト系も充実。いったいいつ寝ればいいの!?


3:打って変わって静かなビーチ!


イビサはクラブシーンのイメージが強いので、パーティピープルだらけの騒がしい場所と思われがち。でも、そんなことはまったくない。島全体で210kmにも及ぶ美しい砂浜が広がっていて、言ってみればどこもかしこも穴場ビーチ。彼女と一緒にのんびりしたければ、中心地からちょっと離れるだけで十分。イビサは老若男女が楽しめる、自由でオープンな島なのだ。

4:世界一と言われるサンセットがロマンチック!


イビサのサンセットは世界で一番美しい――。これはこの島を訪れたほとんどの人が口にする言葉。特にチルアウト系ミュージックの聖地“カフェ・デル・マール”は、サンセットの名所としても非常に有名。リラクシングな音楽と波音をバックに、水平線に沈んでいく夕陽を眺めるなんて、これ以上の贅沢ってある?

5:スペインの食事が美味!


自然豊かなイビサは、地元でとれるオーガニック野菜や、新鮮な魚介類を使った食事にも定評がある。スペイン領ということもあり、パエリアなどの伝統料理も非常にハイクオリティだ。世界中のセレブが集まる島だから、求められる味のレベルも高いってことなのかも。そしてレストランの雰囲気がまた、センス抜群でとってもイイ感じ。バカンスに訪れるなら、お目当ての店は必ず予約しておこう。

※ちなみに……




実はイビザ島は世界遺産でもあった!

魅力たっぷりなイビサ島だけど、実は島全体が世界遺産に登録されている。しかも、豊かな生態系などを基準とする“自然遺産”と、歴史的な価値をもつ建築や景観などを基準とする“文化遺産”が共存した、世界でも珍しい複合遺産なのだ。ということは、自然の美しさも街の様子も、すべてにイビサならではの魅力があるということ。セレブのリピート率が飛びぬけて高いのは、イビサがもつ奥深さにハマったからなのかも。

 

 

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!
SPONSORED
2019.11.26

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!

年に一度のスペシャルな日は目前。まだ彼女へのプレゼントに悩んでいる人も多いかと。だったら思い切って ペアアクセを狙うのもアリだけど、なんだか照れくさい……。いえいえ、モチーフをさりげな~く揃えるだけなら、 そんな心配は無用。しかもそれ…

TAGS:   Fashion
大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!
SPONSORED
2019.11.25

大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!
街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!

似たような服を着ていても、なんとな〜くまわりと違うというのがお洒落の極意。たとえば冬に大活躍する定番の黒ダウンも、街には街の、海には海の素材を選ぶことで、ぐっとこなれた印象になるって知っていた? そんな大人選びを実践するなら、頼りになるの…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!
SPONSORED
2019.11.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!
彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!

普段はアクティブ派でも、彼女と部屋でまったり過ごす時間がぐっと増えるホリデーシーズン。そんなときセンスが問われるのが、ルームウエアのチョイス。これが安っぽくて部屋着感丸出しだと、ドン引きされるのがオチ。その点、〈ポール・スミス アンダーウ…

TAGS:   Fashion
ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!
SPONSORED
2019.11.25

ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!
格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!

フード付きのアイテムは、"子供っぽく見えそうだから敬遠している"、なんて大人は多いよう。でも、それは大きな間違い。ほら、コチラの写真の〈ベルルッティ〉のフーディをご覧あれ。どちらも大人の風格たっぷりで、小僧な雰囲気なんて微塵もなし! こん…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!
SPONSORED
2019.11.26

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!
海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!

若造サーファーと同じようなスウェットパーカに物足りなさを感じるようになったら、アップデイトのタイミング。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけたニットフリース仕立ての1着で差をつけてみては!? 後ろ姿でさりげに個性…

TAGS:   Fashion
冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!
SPONSORED
2019.11.25

冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!
ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!

冬の海アメカジは個性出しが難しい。よ~く考えてみて。アウターが必要ない時季ならロゴ入りトップでインパクトが出せるけど、アウターを羽織るとそれも台無し。でも大丈夫。そんなときはラフな前開けコーデでしっかり見える、センターロゴのスウェットやパ…

TAGS:   Fashion
正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!
SPONSORED
2019.11.25

正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!

ダウンのイメージをいい意味で裏切る上品なチェック柄が目を引くこの2着は、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作。しかも、品格あふれるコーデに映えるコートは防水・防風性に優れ、カジュアルに合うブルゾンは色彩豊かなプリントが印象的。どち…

TAGS:   Fashion
タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!
SPONSORED
2019.11.25

タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!
見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!

たとえばデニムであっても、ストレッチを効かせることで穿き心地のよさを追求するように、“本物”であっても“快適さ”を犠牲にしないというのが、現代的な考え方になっている。それは時計も同じこと。審美性と機能性を併せ持ったタフウォッチは、最も今ど…

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ