Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.08.06

話題のクルマを品定め!
〈ドゥカティ〉スクランブラー1100

毎回魅力的なクルマをお届けしているこのコーナー。今回は特別にバイクをピックアップします。

つまり、今回は“話題のバイクを品定め!”、です。それにしても、毎日こ〜んなにも暑い日が続いたら、心もカラダもカラカラに干涸びてしまいそう。なにか爽快な体験をして、暑気払いしたい! そう思っているなら、いっそバイクに手を出してみる、なんていうのはどう? 熱風を切り裂いて駆け抜けるなんて、超気持ちよさそうな気がしない?



それに、クルマ好きで知られるLAセレブの中には、実はバイク愛好家もと〜っても多いのは有名なハナシ。なかでも、クラシカルな雰囲気を醸し出すネイキッドタイプは、引く手数多の大人気モデルなのだ。なぜならば、カスタムベースとしてもマルチプレーヤーだから。モーターサイクルの醍醐味は、多彩なカスタマイズパーツで自分好みの1台に作り上げることができる、ということ。その自由度はクルマより高いから、個性的なモノが大好きなセレブがバイクを好きになるのは当然のことなのかも。そんな人気のネイキッドタイプに、注目のニューモデルが登場した。〈ドゥカティ〉スクランブラー1100だ。






 

NEXT 実はラインナップは3タイプ!

2/4PAGE

 

装備の違いで楽しみが広がる!

スクランブラーといえば、すでに日本にも800cc、そして400ccの“Sixty2”がラインナップ。独自の世界観を展開している人気モデルだけれど、今年新たに追加されたのが、過去で最も大きい排気量となる1100ccのシリーズ。

バリエーションは3種類あり。スタンダードなのが、フロントに〈マルゾッキ〉の倒立フォーク、リアに〈KYB〉のサスペンションを備えた“スクランブラー1100 STD”。

1:スクランブラー1100STD

そして、ワイヤーホイールがよりクラシカルな印象を醸し出し、ステッチ入りシートも贅沢な上級装備の“スクランブラー1100スペシャル”。

2:スクランブラー1100スペシャル






で、もうひとつが、サスペンションに前後とも〈オーリンズ〉のフルアジャスタブルを備えた“スクランブラー1100スポーツ”。イチから自分好みに育てたい人はスタンダードを。納車のその日からドヤ感を出したい人はスペシャルを。ガッツリ走りたい人はスポーツを、と好みに合わせてチョイスできる。

3:スクランブラー1100スポーツ





 

NEXT 気になる走りの装備は?

3/4PAGE

やっぱり気になるのはエンジン!

1100ccモデルながら、スクランブラーならではのコンパクトなボディで、豊かなトルクを楽しめるところはリッターバイクならではの醍醐味!



※写真はスクランブラー1100スポーツ

エンジンは伝統の空冷L型ツインエンジンを踏襲しつつも完全なる新開発で、さらに最新の電子制御技術を搭載した。3つのライディングモードとトラクション・コントロール、コーナリングABSなどを備えることで、爽快な走りだけでなく、快適性や安全性も最高レベルに。大人のバイクライフをテクノロジーで支えてくれるから嬉しい。







排気量を考えれば充分に取り回しのしやすいサイズ感だけど、威厳は充分に感じさせるし、迫力は充分。シートも800ccモデルより少しゆったりしているから、彼女とのタンデムももちろんオススメ。湿度と暑さで普段はつれない彼女も、タンデム中なら密着してくれるかも⁉
 

NEXT 気になるスペックは?

4/4PAGE


★DATA(スクランブラー1100)

●全長×全幅×全高:2190×895×1330mm
●シート高:810mm
●車両重量:206kg
●エンジン:1.1ℓ水冷4ストロークV型2気筒SOHC
●最高出力:86ps/7500rpm
●最大トルク:9.0kg-m/4750rpm
●変速機:6段リターン
●税込み価格:158万4000円、174万8000円(1100スペシャル)、183万5000円(1100スポーツ)



まだ日本に導入されたばかりだが、スペシャルとスポーツは早めにチェックしておいたほうがいい。パッケージの内容を考えても、あとから個人的に手を入れるよりも断然オトクな価格だから!

Information

●ドゥカティジャパン 
TEL:0120-030-292 
URL:ducati.co.jp

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
PR
2019.04.19 NEW

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ